Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1712]

私も子供のころ、近所が男の子が多かった事もあり、男女関係無く遊び、探偵染みた事をやったこと思い出しました。
それぞれ得意分野に合ったものをやりましたよ。
私の場合は、遊びの中での探偵ごっこでしたけど、今思えば、その当時の遊びが今に生きて、警察官になった人や消防署で働いている人がいます。
遊ぶことってとても大事な社会勉強ですね。
  • 2007-01-14
  • 投稿者 : ちさと
  • URL
  • 編集

[C1713]

こんばんは~milestaさん。
今年もたくさん良い本を紹介してくださいね。
それにしてもmilestaさんの読書量ってほんとうに凄いなあ~!!
  • 2007-01-14
  • 投稿者 : カエル♪
  • URL
  • 編集

[C1714] >ちさとさん

>その当時の遊びが今に生きて、警察官になった人や消防署で働いている人がいます。

そうなんですか。
私の時は探偵というより、「戦いごっこ」。神社で基地を作って、銀玉でっぽう(北海道にもありました?)で撃ち合いしたり、誰かがお父さんか何かに教えてもらった「駆逐水雷」という古めかしい名前の鬼ごっこをしていました。でも警察官や、自衛官になった人はいないみたいです。

[C1715] >カエル♪さん

こんにちは。
今は夏休みで、全然本が読めないんですよ。子供の勉強(漢字とか日本の勉強)を見たり、どこかに連れて行ったり・・・。だから紹介しているのも以前に読んだ本ばかりです。

[C1716]

>「きみはうちに帰って、電話のそばに
>いるんだ。それはとても責任の重い役だ。」

  こう言われたら納得がいかなかった子供であった私は、徒党を組むのが苦手でした(笑)。
  それでも、今時の子供(あまり好きな言い方ではないが)と比べると他人と一緒に遊んだことは多かった気がします。そもそも、外での遊びが危ない(と過保護になっている親が多い)という現実がありますから・・・。

[C1717] >ろろさん

そうですよね。私もそういわれたら納得いかない。そこを我慢したのが、えらい!と思ったところ。ガキ大将に人徳があるとできちゃうのかな?そしてこの子はちゃんと最後に報われるんです。

今は都会では遊ぶところが限られてたり、ゲームの方が人気があったりして、子供同士で遊ぶことは少ないみたいですね。それに、戦ったり競ったり役割分担する遊びは平和や平等に反するからダメという先生もいたりして。(笑)

[C1725] 今気づいた事

私、いま気付きました。
「エーミール」なんですね。ずっと「エミール」って読んでいました。

この本は子供の頃、図書館で借りて読んだんですけど、途中でやめる事が出来なくて一気読みしたんですよね。面白かったです。読後感が爽快な一冊ですよね。
私は登場人物の中ではグスタフが一番好きです。警笛を鳴らして仲間を呼び集めるシーンとか、「かっこいい…!」と思ってしまいましたね。私の日常生活には、そんなリーダーシップを持った男の子はいませんでしたから。
milestaさんと同じく、この「徒党を組む男の子の世界」に憧れましたね。

[C1732] >asayakeさん

お返事遅くなって申し訳ありません。

爽快ですよね。グスタフはリーダーシップがありますよね。こういう子がガキ大将でいてくれると、子供達が団結していいですよね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T313] エーミールと探偵たち

エーミールと探偵たち小さな少年が、盗まれたお金を取り戻すべく、町で知り合った男の子とたちとともに、奮闘し、成長していく物語。子供向けなので、最初に、一人ひとり、重要人物の説明が、きちんと入り
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/94-d325fa2b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『エーミールと探偵たち』 ケストナー・作/高橋 健二・訳

エーミールと探偵たち エーミールと探偵たち
ケストナー、高橋 健二 他 (1962/01)
岩波書店
この商品の詳細を見る


「徒党を組む」-なんとすてきな響きだろう。小さい頃から徒党を組みたくて、男の子に生まれれば良かったと思っていた。女の子はなかなか徒党を組まない。仲良しグループはあっても、冒険や企みごとはしないから徒党にはならないのだ。

『エーミールと探偵たち』は、正義のために立ち上がり徒党を組んで、本物の悪漢をやつけようと協力し合う子供達の物語だ。
田舎町から祖母の住むベルリンに一人で出てきたエーミールは、電車の中でお金を擦られてしまった。お母さんが働いてコツコツと貯めたお金だ。犯人を見張っているときに出会ったのが、その町内の少年の中で親玉的なグスタフ。グスタフが町中の少年を集めて、犯人を捕らえる計画を練る。頭の切れる“教授くん”とグスタフで、少年たちの役割分担をしていく。電話を持っていて親の理解がある“ちびの火曜日くん”は連絡係となり、家で待機することになった。

「つまんないな。ぼくは、犯人をつかまえる時、はたらきたいんだ。そういうときは、ちいさいものはとても役にたつんだぜ。」
「きみはうちに帰って、電話のそばにいるんだ。それはとても責任の重い役だ。」
「みんながそうしろっていうなら、まあいいよ。」


えらいっ!徒党を組んだときは、みんなが一致団結しないといけないとわかっているんだ。涙ぐましい!

犯人を追い詰めていって、最後に少年たちがとった作戦がまたすばらしい。武器も持たず、指一本触れず、言葉の攻撃もせず、こんな形で犯人をいらだたせるなんて、これは「徒党」の力以外の何ものでもない。ああ、私もこの中に潜り込めたらなぁ。

事件は解決し、途中でこの本の作者である“ケストナーさん”まで登場して、お話はほぼ終わり。少年たちがみなエーミールのおばあちゃんの家へ、事件解決のお祝いに集まった。皆が大はしゃぎをする中で、おばあちゃんは立ち上がり演説を始めた。

「さて、よくきいてください、みなさん。わたしが一場の演説をいたします。つまり、うぬぼれちゃいけないというのです!わたしはみなさんをほめません。・・・」

子供達が静かになった後、おばあちゃんが続けた言葉には泣けてくる。嗚呼おばあちゃん、よくぞ言ってくださった。
少年たちのしたことはメチャクチャでとても愉快だけれど、エーミールは普段非常に模範的で優しい子供だ。それと同じように、この愉快な物語の下には、正義感や義務感や思いやりというとても大切なものが隠れていたのだ。
そういうケストナーの教訓的なところを嫌がる大人もいるけれど、それによって作品がつまらなくなっているようには感じないし、子供達は意外とこういう道徳的なものに立脚した冒険物語が好きなのではないかと思う。自分たちだって、後ろめたい思いをしながら冒険をするよりも、正義感に燃え、義務感を誇りにしながら、事を為した方が気持ちがいいに違いないもの!

8件のコメント

[C1712]

私も子供のころ、近所が男の子が多かった事もあり、男女関係無く遊び、探偵染みた事をやったこと思い出しました。
それぞれ得意分野に合ったものをやりましたよ。
私の場合は、遊びの中での探偵ごっこでしたけど、今思えば、その当時の遊びが今に生きて、警察官になった人や消防署で働いている人がいます。
遊ぶことってとても大事な社会勉強ですね。
  • 2007-01-14
  • 投稿者 : ちさと
  • URL
  • 編集

[C1713]

こんばんは~milestaさん。
今年もたくさん良い本を紹介してくださいね。
それにしてもmilestaさんの読書量ってほんとうに凄いなあ~!!
  • 2007-01-14
  • 投稿者 : カエル♪
  • URL
  • 編集

[C1714] >ちさとさん

>その当時の遊びが今に生きて、警察官になった人や消防署で働いている人がいます。

そうなんですか。
私の時は探偵というより、「戦いごっこ」。神社で基地を作って、銀玉でっぽう(北海道にもありました?)で撃ち合いしたり、誰かがお父さんか何かに教えてもらった「駆逐水雷」という古めかしい名前の鬼ごっこをしていました。でも警察官や、自衛官になった人はいないみたいです。

[C1715] >カエル♪さん

こんにちは。
今は夏休みで、全然本が読めないんですよ。子供の勉強(漢字とか日本の勉強)を見たり、どこかに連れて行ったり・・・。だから紹介しているのも以前に読んだ本ばかりです。

[C1716]

>「きみはうちに帰って、電話のそばに
>いるんだ。それはとても責任の重い役だ。」

  こう言われたら納得がいかなかった子供であった私は、徒党を組むのが苦手でした(笑)。
  それでも、今時の子供(あまり好きな言い方ではないが)と比べると他人と一緒に遊んだことは多かった気がします。そもそも、外での遊びが危ない(と過保護になっている親が多い)という現実がありますから・・・。

[C1717] >ろろさん

そうですよね。私もそういわれたら納得いかない。そこを我慢したのが、えらい!と思ったところ。ガキ大将に人徳があるとできちゃうのかな?そしてこの子はちゃんと最後に報われるんです。

今は都会では遊ぶところが限られてたり、ゲームの方が人気があったりして、子供同士で遊ぶことは少ないみたいですね。それに、戦ったり競ったり役割分担する遊びは平和や平等に反するからダメという先生もいたりして。(笑)

[C1725] 今気づいた事

私、いま気付きました。
「エーミール」なんですね。ずっと「エミール」って読んでいました。

この本は子供の頃、図書館で借りて読んだんですけど、途中でやめる事が出来なくて一気読みしたんですよね。面白かったです。読後感が爽快な一冊ですよね。
私は登場人物の中ではグスタフが一番好きです。警笛を鳴らして仲間を呼び集めるシーンとか、「かっこいい…!」と思ってしまいましたね。私の日常生活には、そんなリーダーシップを持った男の子はいませんでしたから。
milestaさんと同じく、この「徒党を組む男の子の世界」に憧れましたね。

[C1732] >asayakeさん

お返事遅くなって申し訳ありません。

爽快ですよね。グスタフはリーダーシップがありますよね。こういう子がガキ大将でいてくれると、子供達が団結していいですよね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T313] エーミールと探偵たち

エーミールと探偵たち小さな少年が、盗まれたお金を取り戻すべく、町で知り合った男の子とたちとともに、奮闘し、成長していく物語。子供向けなので、最初に、一人ひとり、重要人物の説明が、きちんと入り
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/94-d325fa2b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。