Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1477] きっと好い顔してお戻りになりますよ!

家の子は、キャンプには行かなかったけど、いきなり外国企業に就職してしまいました。数年して、そこを辞めて帰国したけど、その頃より、今の方が子どもっぽくなっちゃった(笑)。
きっと、成長って一直線じゃないんでしょうね。でも、確実に能力が高まっていくことだけは、間違いないですね。
v-14
  • 2006-12-06
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C1478]

うちのシュンも今年の夏初めてのキャンプへ行きました。親のほうが心配で気になってばかりの一泊・・彼は心なしか男らしくなって帰ってきましたよ。なほちゃんみたいなこういう経験は、本当に大切ですね。

 色数が少ない効果がとても高く、その場の気配がこちらにも伝わってくる。しーんとした感じ、懐中電灯の明かりでは照らし切れない外の広さ、星のまたたき、・・・・素敵ですね~♪
  • 2006-12-06
  • 投稿者 : カエル♪
  • URL
  • 編集

[C1479]

成長ってすばらしい。弱者は強者が守ったり、保護をするものです。弱者を守る事は、弱者に特別の権利を与えることではありません。弱者は強者から利権を奪いとるということも筋違いです。子供は弱者です。子供に特別の権利を与えるのは間違いで、ましてや大人から権利を子供が奪い取るものではありません。
それは子供の成長を妨げるものです。子供は努力をしなくなり、成長もせず、弱者のままで権利を奪い取ろうとし続けます。
この本の、おばさんは偉い。なほちゃんも偉い。
  • 2006-12-06
  • 投稿者 : さんぼ
  • URL
  • 編集

[C1481] 懐かしいな

わたしも小学生の高学年くらいのときに、地元の子供会のキャンプに行きました。テント張りも食事も自分達でやって、大変だったけど言い経験でした。

うちに帰ってきたとき、何の気なしに弟に気を使うと、母から「お兄ちゃんらしくなったね」と言われて、少し照れくさい気がしたものです。
  • 2006-12-06
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C1483] >失敗だらけだフニャさん

>いきなり外国企業に就職してしまいました。

ってすごいですね。そして

>今の方が子どもっぽくなっちゃった

へぇ、なんでだろう?

[C1484] >カエル♪さん

シュンくんもなほちゃんくらいで行ったということですよね。えらいなぁ。

この色遣いは素敵です。子供の本でもカラフルなだけがいいんじゃないんだなぁと気づかされます。

[C1485] >さんぼさん

>弱者を守る事は、弱者に特別の権利を与えることではありません。

そうなんですよね。弱者なりに自分の出来ることはやらせることで成長させる。
それができている。

>この本の、おばさんは偉い。なほちゃんも偉い。

ですよね。

[C1486] >cyber_bird さん

ご経験有りですか。

こちらでは、スクールキャンプはだんだん減ってきているそうなんです。学校側が、子供をまとめるのが大変だから。でもうちの学校は続けてくれていて、有り難いです。

[C1488]

>うちの子はもう「ちっちゃいこ」ではないけれど、やはり誇らしげな顔で帰ってくるのだろう。
>なにしろ「はじめてのキャンプ」だから。

はじめてのキャンプ楽しんで帰ってきてくれるのが一番ですね(^^)
「一人でできるんだ!」って、ちょっと自信もついて帰ってきてくれたらいいですね☆
  • 2006-12-07
  • 投稿者 : 旭ひなた
  • URL
  • 編集

[C1492] >旭ひなたさん

一度行けなくなって以来ずっと待ち続けていたので、きっと楽しんでくれているでしょう!初日に雨が降って、私の方がハラハラしましたが、本人はそれも楽しんでいたりして・・・。

[C1497] おはようございます

私がはじめてキャンプに行ったのも「ちっちゃい子」だった頃です。小学校に上がる前でしたね。
今でも記憶鮮明ですから、日常生活の枠から出た体験って子供にとって非常に貴重なものだという事なのでしょうね。
お子様もひとまわり成長して帰ってくることでしょう^^

リンクしていただいて、ありがとうございました。私もリンクさせていただきました。これからもよろしくお願いします^^

[C1498] >asayakeさん

「ちっちゃい子」だったときに行ったんですか。すごいなぁ。
日常生活の枠から出た体験って確かによく覚えていますよね。

リンクありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

[C1548] はじめてのおつかい

私の好きな日本のテレビ番組の一つに「はじめてのおつかいシリーズ」があります。確か日テレ系列だったはず。幼い我が子にはじめて一人でお使いに行かせ、その様子を一般人に扮したカメラマンが隠し撮りする、というもの。涙あり、笑いあり、(姉弟の場合)喧嘩あり、様々なドラブルあり、ですが、無事使命を果たし終えた子供の顔はどれも皆逞しく成長していて、見ていてこちらも誇らしくなってきます。そう言う経験が子供を育てるのですね。我が子も「自分で出来た!」と言って私を見るときの顔はちょっと誇らしげに見えます。子供の成長は本当に早いですね~。

[C1551] >ゆうさん

私もあの番組好きです。子供が生まれて、テレビをほとんど見なかった時期も、あの番組だけは見ていました。

ゆうさんのブログに何度かコメントしたのですが、うまくいきませんでした。またチャレンジしてみます。

[C1556] 何でかな~?

お忙しい中私のブログにコメント下さったのに投稿できなかったそうで、申し訳ありません!何でだろう?また同じ様になったら是非知らせて下さい。すぐに楽天に問い合わせて対処してもらいますので。

[C1558] >ゆうさん

やはりだめでした。今回12月14日の記事にコメントしましたが、反映されていませんでした。

[C3863]

こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
  • 2009-10-18
  • 投稿者 : 藍色
  • URL
  • 編集

[C3864] >藍色

トラックバックありがとうございました。
懐かしい本を思い出させてもらいました。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T979] はじめてのキャンプ 林明子

大きな子どもたちにまじって、一晩をすごす小さな女の子。 気持ちのたかぶりや不安、そして勇気。 小さな女の子なほちゃん。どうしても行...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/89-415a4e70
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『はじめてのキャンプ』  林 明子

20061206124937.jpgはじめてのキャンプ / 林 明子

我が子の一人が今日からスクールキャンプに行った。本当は去年が「はじめてのキャンプ」だったけれど、当日に熱を出して行かれなくなった。だから、今回が実際のところ「はじめてのキャンプ」になる。一年経って成長したのか、前回は私が手伝った準備をさっさと自分でやってしまった。キャンプの鉄則は何でも自分でやること。準備段階は合格だね。

さて、本の中ではじめてのキャンプに行くのは、幼稚園か一年生くらいのなほちゃん。隣のうちのともこおばさんが、何人かの大きい子供達をキャンプに連れて行くと聞いて、なほちゃんも行きたいと言う。

「ちっちゃいこは だめ!」
と、おおきいこがいいました。
「ちっちゃいこは おもいにもつを もってあるけないし、」
「ちっちゃいこは すぐなくし、」
「ちっちゃいこは ごはんをたく まきを あつめられないし、」
「ちっちゃいこは よる、くらいとこわがるから だーめ!」


なほちゃんは怒って、全部ちゃんと出来ると宣言する。

「じゃ、くらいそとに ひとりで おしっこに いける?」と、おばさんがいうと、
「わたし、くらいそとに ひとりで おしっこに いける!」といいました。
すると おばさんは、なほちゃんにも みんなと おなじかみを くれて、
「なほちゃんも つれていきますよ」
といいました。


宣言通りなほちゃんは、よく働き、泣くのもがまんした。怖い話を聞いた後、みんなは寝てしまったけれど、なほちゃんはおしっこに行きたくなった。おばさんを起こしてみたけれど、ぐーぐー寝ているみたい。しかたなく一人で外に這いだしていく。

この絵本は、色数が少ない。昼間は黒と黄色の二色。スイカを食べるときだけ赤が入る。夕方は水色とグレーに、キャンプファンヤーの赤。その後の夜の様子は特に、色数が少ない効果がとても高く、その場の気配がこちらにも伝わってくる。しーんとした感じ、懐中電灯の明かりでは照らし切れない外の広さ、星のまたたき、そして、なほちゃんが怖い気持ちを思いだしたときに見たもの・・・。

急いで逃げ帰ったテントでは、おばさんが「えらかったわ。」と褒めてくれた。翌朝、なほちゃんの顔のなんと誇らしげなこと!

うちの子はもう「ちっちゃいこ」ではないけれど、やはり誇らしげな顔で帰ってくるのだろう。なにしろ「はじめてのキャンプ」だから。

18件のコメント

[C1477] きっと好い顔してお戻りになりますよ!

家の子は、キャンプには行かなかったけど、いきなり外国企業に就職してしまいました。数年して、そこを辞めて帰国したけど、その頃より、今の方が子どもっぽくなっちゃった(笑)。
きっと、成長って一直線じゃないんでしょうね。でも、確実に能力が高まっていくことだけは、間違いないですね。
v-14
  • 2006-12-06
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C1478]

うちのシュンも今年の夏初めてのキャンプへ行きました。親のほうが心配で気になってばかりの一泊・・彼は心なしか男らしくなって帰ってきましたよ。なほちゃんみたいなこういう経験は、本当に大切ですね。

 色数が少ない効果がとても高く、その場の気配がこちらにも伝わってくる。しーんとした感じ、懐中電灯の明かりでは照らし切れない外の広さ、星のまたたき、・・・・素敵ですね~♪
  • 2006-12-06
  • 投稿者 : カエル♪
  • URL
  • 編集

[C1479]

成長ってすばらしい。弱者は強者が守ったり、保護をするものです。弱者を守る事は、弱者に特別の権利を与えることではありません。弱者は強者から利権を奪いとるということも筋違いです。子供は弱者です。子供に特別の権利を与えるのは間違いで、ましてや大人から権利を子供が奪い取るものではありません。
それは子供の成長を妨げるものです。子供は努力をしなくなり、成長もせず、弱者のままで権利を奪い取ろうとし続けます。
この本の、おばさんは偉い。なほちゃんも偉い。
  • 2006-12-06
  • 投稿者 : さんぼ
  • URL
  • 編集

[C1481] 懐かしいな

わたしも小学生の高学年くらいのときに、地元の子供会のキャンプに行きました。テント張りも食事も自分達でやって、大変だったけど言い経験でした。

うちに帰ってきたとき、何の気なしに弟に気を使うと、母から「お兄ちゃんらしくなったね」と言われて、少し照れくさい気がしたものです。
  • 2006-12-06
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C1483] >失敗だらけだフニャさん

>いきなり外国企業に就職してしまいました。

ってすごいですね。そして

>今の方が子どもっぽくなっちゃった

へぇ、なんでだろう?

[C1484] >カエル♪さん

シュンくんもなほちゃんくらいで行ったということですよね。えらいなぁ。

この色遣いは素敵です。子供の本でもカラフルなだけがいいんじゃないんだなぁと気づかされます。

[C1485] >さんぼさん

>弱者を守る事は、弱者に特別の権利を与えることではありません。

そうなんですよね。弱者なりに自分の出来ることはやらせることで成長させる。
それができている。

>この本の、おばさんは偉い。なほちゃんも偉い。

ですよね。

[C1486] >cyber_bird さん

ご経験有りですか。

こちらでは、スクールキャンプはだんだん減ってきているそうなんです。学校側が、子供をまとめるのが大変だから。でもうちの学校は続けてくれていて、有り難いです。

[C1488]

>うちの子はもう「ちっちゃいこ」ではないけれど、やはり誇らしげな顔で帰ってくるのだろう。
>なにしろ「はじめてのキャンプ」だから。

はじめてのキャンプ楽しんで帰ってきてくれるのが一番ですね(^^)
「一人でできるんだ!」って、ちょっと自信もついて帰ってきてくれたらいいですね☆
  • 2006-12-07
  • 投稿者 : 旭ひなた
  • URL
  • 編集

[C1492] >旭ひなたさん

一度行けなくなって以来ずっと待ち続けていたので、きっと楽しんでくれているでしょう!初日に雨が降って、私の方がハラハラしましたが、本人はそれも楽しんでいたりして・・・。

[C1497] おはようございます

私がはじめてキャンプに行ったのも「ちっちゃい子」だった頃です。小学校に上がる前でしたね。
今でも記憶鮮明ですから、日常生活の枠から出た体験って子供にとって非常に貴重なものだという事なのでしょうね。
お子様もひとまわり成長して帰ってくることでしょう^^

リンクしていただいて、ありがとうございました。私もリンクさせていただきました。これからもよろしくお願いします^^

[C1498] >asayakeさん

「ちっちゃい子」だったときに行ったんですか。すごいなぁ。
日常生活の枠から出た体験って確かによく覚えていますよね。

リンクありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

[C1548] はじめてのおつかい

私の好きな日本のテレビ番組の一つに「はじめてのおつかいシリーズ」があります。確か日テレ系列だったはず。幼い我が子にはじめて一人でお使いに行かせ、その様子を一般人に扮したカメラマンが隠し撮りする、というもの。涙あり、笑いあり、(姉弟の場合)喧嘩あり、様々なドラブルあり、ですが、無事使命を果たし終えた子供の顔はどれも皆逞しく成長していて、見ていてこちらも誇らしくなってきます。そう言う経験が子供を育てるのですね。我が子も「自分で出来た!」と言って私を見るときの顔はちょっと誇らしげに見えます。子供の成長は本当に早いですね~。

[C1551] >ゆうさん

私もあの番組好きです。子供が生まれて、テレビをほとんど見なかった時期も、あの番組だけは見ていました。

ゆうさんのブログに何度かコメントしたのですが、うまくいきませんでした。またチャレンジしてみます。

[C1556] 何でかな~?

お忙しい中私のブログにコメント下さったのに投稿できなかったそうで、申し訳ありません!何でだろう?また同じ様になったら是非知らせて下さい。すぐに楽天に問い合わせて対処してもらいますので。

[C1558] >ゆうさん

やはりだめでした。今回12月14日の記事にコメントしましたが、反映されていませんでした。

[C3863]

こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
  • 2009-10-18
  • 投稿者 : 藍色
  • URL
  • 編集

[C3864] >藍色

トラックバックありがとうございました。
懐かしい本を思い出させてもらいました。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T979] はじめてのキャンプ 林明子

大きな子どもたちにまじって、一晩をすごす小さな女の子。 気持ちのたかぶりや不安、そして勇気。 小さな女の子なほちゃん。どうしても行...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/89-415a4e70
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。