Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1350] 読んでるはずなのに

この表紙、絶対見覚えがあります。でも中身が思い出せません。どこか、記憶があるんですよ。
仕事で、絵本に埋もれてた時があるから、その時かなぁ。
私は、一人でいることが多い子だったそうです。両親はハラハラしたと言っていました。でもね、私が覚えているのは、みんなと遊んでいられるほどヒマじゃないって思ってたこと!毎日が冒険でしたから。
ホホホ!(^O^)
  • 2006-11-18
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C1352] >失敗だらけだフニャさん

これ、ずいぶん昔からある絵本みたいですから、子供の頃に読まれたとか・・・?

>私は、一人でいることが多い子だったそうです。

フニャさんのブログに紹介されていた子供時代の話を読んだら、そうだろうなぁと思います。あれに付いていける友達はなかなかいないですよ。

私は「みんなで楽しく」も「一人で好きなことをする」のも両方好き。だからどちらもさせて欲しい。決めつけないで欲しいんですよね。これって我が儘?

[C1354] じゃあ私もワガママかも^^

こんばんはー!
ご無沙汰しております^^;
今年は何かと慌しい秋でした☆もうすぐ冬を迎えようかという今、落ち着いた日常は戻ってきましたが、久し振りに行ったライブの余韻に浮かれる毎日です♪

何だかとっても優しい雰囲気の絵本ですね^^
牛かあさん、大きくてかっこいい、ステキなおかあさん。
図書館にあるかな?探して読んでみたいです。
>「みんなで楽しく」も「一人で好きなことをする」のも両方好き。
私もそうですよ!小さい頃からヒトリ遊びが上手な子だったらしいです(笑)。

[C1355] こんばんは

ほんとにそうですね~。
うちの子も、友達と遊ぶのも大好きですが、学校の休み時間には、一人で絵を描いていることもあると、先生が気を使って、個人面談の時などに、言いにくそうに教えてくれるのです。
本人に確認したところ、やりたいようにやっているだけで、まったく気にしていなかったので、問題なしでしたが・・
気にされる親御さんが多いことの裏返しだったのでしょうか。
昨今のいじめも、一人一人マイペースでいられないことの苛立ちが影響しているのかも知れませんね。
  • 2006-11-20
  • 投稿者 : さるすべり
  • URL
  • 編集

[C1356] >きゆさん

きゆさんも両方好きですか。確かにブログを拝見していると、友達と会うのも、本を読んだり映画を観たりするのも、両方とも満喫されていますよね~。

この本は図書館にはあるのではないかしら。私はたいていの図書館で、見かけました。

[C1357] >さるすべりさん

お嬢さんもそうでしたか。
いじめなどではなく、本人が一人でいたいときは、本当はそっとしておいて欲しいですよね。
それを特別視して「協調性がない」とか「友達がいない」というレッテルが貼られてしまうと、逆にいじめに繋がったりするのではないかと思うんですよね。

また「みんなと同じじゃなくちゃかわいそう。」と親が何でも同じにしてやっていた子が、いつも誰かを仲間はずれにするようになってしまったことがあるんです。「一人になるのが自分じゃないように、先に誰かを一人にしてしまおう。」という気持ちが強かったようなんです。
そんなことを思い出して、書いた記事です。

[C1361] 思うに

一人になるのって、大事だと思まス。
あちしは一人になれるからバイクに乗ってるのかも。
たまにそう思うことがあるでス。
カコイイ? ←そんなことわない
  • 2006-11-21
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C1363] >かっぱやろうさん

カコイイでしょう。たぶん。だって、バイク乗っているときは、悪さをしないし、バカ話もしないし・・・。(笑)

私は以前、原付に乗っていて、麻布で迷子になりました。カコヨクナイですね。だけどあの辺りの裏道、謎めいた曲がり方していませんか?
  • 2006-11-21
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C1396] とても好きな話です!

こんばんは。

「はなのすきなうし」は、どこかで読んだことがあります・・・。どこだったんだろう?
とても好きな話だったので、あらすじを読んで、「ああ!」って思い出しました(^^)

milestaさんのような解釈は、とてもふいをつかれたような感じです。
「なるほど、そうか!」という気持ちになりました!!

学校というのは、集団生活を営む場所ですから、そこでは他の人と関わって、そして学んでいくのだと思います。けれど、そこで、なかなかスムーズに生活を営めなくても、その子に「何か足りないのかな?」なんて不安に思う必要はないんですよね!!もし自分の子どもが学校にうまく馴染めなくても、どっしり構えなくちゃ。

とても勉強になりました(^^)ありがとうございましたー。
  • 2006-11-25
  • 投稿者 : 旭ひなた
  • URL
  • 編集

[C1399] >旭ひなたさん

こんばんは。
このお話は、記事で引用した部分が、とても印象に残ったんですよね。

学校では、きちんとルールは守るべきだと思うけれど、自由な時間くらいは右へ倣えじゃなくてもいいんじゃないかな?と思います。

>とても勉強になりました(^^)ありがとうございましたー。

私の勝手な戯言に、身に余るお言葉です。こちらこそ、コメントありがとうございました。
  • 2006-11-25
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C1491] 本屋で見かけて

こんばんは。
今日、仕事の帰りに本屋へ立ち寄ったら、この本が置いてありました!
milestaさんの紹介していた絵本だと思い、その場で眺めてみました(立ち読みですみません)。
なんだか、とってもほのぼのとしたお話ですね。ふぇるじなんどの気持ち、わかります。わたしも一人の方が好きです。でも、大人になると難しいですね。
  • 2006-12-07
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C1496] >cyber_bird さん

こんばんは。
紹介した本を覚えていてくださって、立ち読みでも何でも手にとってくださるのは、とても嬉しいです。

ほのぼのとした話と、あのキリッとした絵の組み合わせが好きなんですよ。よく見ると、「コルクの木」にワインのコルク栓が実のようになっているジョークも描かれているのですが、気づきましたか?

[C1500] そこまでは・・・

ぱらぱらとめくって粗筋だけ追いかけたので、そこまでは気付きませんでした。細かいところまで遊び心のある本なんですねえ。

ちょっと仕事のことで悩んでいたので、ふぇるじなんどのサクセスストーリーに嫉妬したりして(笑)
  • 2006-12-08
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C1504] >cyber_bird さん

仕事に悩んでいるときには、ふぇるじなんどに憧れますね、たぶん。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/82-1a840c36
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『はなのすきなうし』 マンロー・リーフ・さく、ロバート・ローソン・え、光吉夏弥・やく

はなのすきなうし はなのすきなうし
マンロー・リーフ、ロバート・ローソン 他 (1954/01)
岩波書店
この商品の詳細を見る


本を開くと、表紙の明るい色から一転して、モノクロの世界が広がる。絵本らしからぬ地味なつくりだが、ちょっとユーモラスで個性的な挿絵が活きている。子供の頃からあったけれど、大人になってから、この感性に魅了されて好きになった絵本だ。

ふぇるじなんどは、牧場の片隅で花の匂いを嗅いでいるのが好きな雄牛。どんどん体が大きくなって、ひょんなことから猛牛だと勘違いされて、闘牛場に駆り出される。観客も、闘牛士達も、ふぇるじなんどがどんなに大暴れしてくれるかと、ドキドキしながら待っている。本当は、花の好きなのんびりした牛なのに。

ふぇるじなんどのことを一番良くわかってくれていたのはお母さん。ふぇるじなんどがまだ小さい仔牛だったときに、お母さんが尋ねた。

「どうして、おまえは ほかの こどもたちと いっしょに、とんだり、はねたりして あそばないの?」
と、おかあさんは ききました。
けれども、ふぇるじなんどは あたまをふって、いいました。
「ぼくは こうして、ひとり、はなの においを かいで いるほうが、すきなんです」

そこで おかあさんには、ふぇるじなんどが さびしがっていないことが わかりました。-うしとは いうものの、よく ものの わかった おかあさんでしたので、ふぇるじなんどの すきなように しておいて やりました。


一人でいることを容認し、好きなようにしておいてやる懐の深さは、人間のお母さんも見習うべきかもしれない。
学校では「みんな仲良くしましょう。」と教えられるから、一人でいることはいけないことなのかと思ってしまうことがある。だけど子供だって一人でいたいときもある。特に成長期には、各々の成長度合いが違うので、一人だけ取り残されているように感じたり、周りが子供っぽく見えたりすることもあるだろう。ちょっと「みんな仲良く」を一休みしたいことだってあるのだ。
一人でいる子を、「協調性のない子」と決めつけず、ゆったりと構えて見守ってやることも、時には必要ではないだろうか。

「話題が合わずに一人でいることになったらかわいそう。」という思いから、我が子に皆と同じおもちゃを買い与え、皆と同じ服を着せてやり、皆と同じテレビ番組を見せるようになる気持ちもわからないではない。(私も日本に帰ったら、きっとそういうことが気になるだろう。)
けれども、自分に皆と同じではないところがあることを感じたときに子供はどう対処するのだろう。同じでない子がクラスにいたら、どのようにお付き合いするのだろう。あまりに「一人でいるのはいけないこと」という呪縛に縛られすぎて、子供達が窮屈になっていないだろうか。
もちろん「みんな仲良く」するのも大切だけれど、「一人でいる」ことがあってもいいんだよと子供達には教えてやりたい。

14件のコメント

[C1350] 読んでるはずなのに

この表紙、絶対見覚えがあります。でも中身が思い出せません。どこか、記憶があるんですよ。
仕事で、絵本に埋もれてた時があるから、その時かなぁ。
私は、一人でいることが多い子だったそうです。両親はハラハラしたと言っていました。でもね、私が覚えているのは、みんなと遊んでいられるほどヒマじゃないって思ってたこと!毎日が冒険でしたから。
ホホホ!(^O^)
  • 2006-11-18
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C1352] >失敗だらけだフニャさん

これ、ずいぶん昔からある絵本みたいですから、子供の頃に読まれたとか・・・?

>私は、一人でいることが多い子だったそうです。

フニャさんのブログに紹介されていた子供時代の話を読んだら、そうだろうなぁと思います。あれに付いていける友達はなかなかいないですよ。

私は「みんなで楽しく」も「一人で好きなことをする」のも両方好き。だからどちらもさせて欲しい。決めつけないで欲しいんですよね。これって我が儘?

[C1354] じゃあ私もワガママかも^^

こんばんはー!
ご無沙汰しております^^;
今年は何かと慌しい秋でした☆もうすぐ冬を迎えようかという今、落ち着いた日常は戻ってきましたが、久し振りに行ったライブの余韻に浮かれる毎日です♪

何だかとっても優しい雰囲気の絵本ですね^^
牛かあさん、大きくてかっこいい、ステキなおかあさん。
図書館にあるかな?探して読んでみたいです。
>「みんなで楽しく」も「一人で好きなことをする」のも両方好き。
私もそうですよ!小さい頃からヒトリ遊びが上手な子だったらしいです(笑)。

[C1355] こんばんは

ほんとにそうですね~。
うちの子も、友達と遊ぶのも大好きですが、学校の休み時間には、一人で絵を描いていることもあると、先生が気を使って、個人面談の時などに、言いにくそうに教えてくれるのです。
本人に確認したところ、やりたいようにやっているだけで、まったく気にしていなかったので、問題なしでしたが・・
気にされる親御さんが多いことの裏返しだったのでしょうか。
昨今のいじめも、一人一人マイペースでいられないことの苛立ちが影響しているのかも知れませんね。
  • 2006-11-20
  • 投稿者 : さるすべり
  • URL
  • 編集

[C1356] >きゆさん

きゆさんも両方好きですか。確かにブログを拝見していると、友達と会うのも、本を読んだり映画を観たりするのも、両方とも満喫されていますよね~。

この本は図書館にはあるのではないかしら。私はたいていの図書館で、見かけました。

[C1357] >さるすべりさん

お嬢さんもそうでしたか。
いじめなどではなく、本人が一人でいたいときは、本当はそっとしておいて欲しいですよね。
それを特別視して「協調性がない」とか「友達がいない」というレッテルが貼られてしまうと、逆にいじめに繋がったりするのではないかと思うんですよね。

また「みんなと同じじゃなくちゃかわいそう。」と親が何でも同じにしてやっていた子が、いつも誰かを仲間はずれにするようになってしまったことがあるんです。「一人になるのが自分じゃないように、先に誰かを一人にしてしまおう。」という気持ちが強かったようなんです。
そんなことを思い出して、書いた記事です。

[C1361] 思うに

一人になるのって、大事だと思まス。
あちしは一人になれるからバイクに乗ってるのかも。
たまにそう思うことがあるでス。
カコイイ? ←そんなことわない
  • 2006-11-21
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C1363] >かっぱやろうさん

カコイイでしょう。たぶん。だって、バイク乗っているときは、悪さをしないし、バカ話もしないし・・・。(笑)

私は以前、原付に乗っていて、麻布で迷子になりました。カコヨクナイですね。だけどあの辺りの裏道、謎めいた曲がり方していませんか?
  • 2006-11-21
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C1396] とても好きな話です!

こんばんは。

「はなのすきなうし」は、どこかで読んだことがあります・・・。どこだったんだろう?
とても好きな話だったので、あらすじを読んで、「ああ!」って思い出しました(^^)

milestaさんのような解釈は、とてもふいをつかれたような感じです。
「なるほど、そうか!」という気持ちになりました!!

学校というのは、集団生活を営む場所ですから、そこでは他の人と関わって、そして学んでいくのだと思います。けれど、そこで、なかなかスムーズに生活を営めなくても、その子に「何か足りないのかな?」なんて不安に思う必要はないんですよね!!もし自分の子どもが学校にうまく馴染めなくても、どっしり構えなくちゃ。

とても勉強になりました(^^)ありがとうございましたー。
  • 2006-11-25
  • 投稿者 : 旭ひなた
  • URL
  • 編集

[C1399] >旭ひなたさん

こんばんは。
このお話は、記事で引用した部分が、とても印象に残ったんですよね。

学校では、きちんとルールは守るべきだと思うけれど、自由な時間くらいは右へ倣えじゃなくてもいいんじゃないかな?と思います。

>とても勉強になりました(^^)ありがとうございましたー。

私の勝手な戯言に、身に余るお言葉です。こちらこそ、コメントありがとうございました。
  • 2006-11-25
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C1491] 本屋で見かけて

こんばんは。
今日、仕事の帰りに本屋へ立ち寄ったら、この本が置いてありました!
milestaさんの紹介していた絵本だと思い、その場で眺めてみました(立ち読みですみません)。
なんだか、とってもほのぼのとしたお話ですね。ふぇるじなんどの気持ち、わかります。わたしも一人の方が好きです。でも、大人になると難しいですね。
  • 2006-12-07
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C1496] >cyber_bird さん

こんばんは。
紹介した本を覚えていてくださって、立ち読みでも何でも手にとってくださるのは、とても嬉しいです。

ほのぼのとした話と、あのキリッとした絵の組み合わせが好きなんですよ。よく見ると、「コルクの木」にワインのコルク栓が実のようになっているジョークも描かれているのですが、気づきましたか?

[C1500] そこまでは・・・

ぱらぱらとめくって粗筋だけ追いかけたので、そこまでは気付きませんでした。細かいところまで遊び心のある本なんですねえ。

ちょっと仕事のことで悩んでいたので、ふぇるじなんどのサクセスストーリーに嫉妬したりして(笑)
  • 2006-12-08
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C1504] >cyber_bird さん

仕事に悩んでいるときには、ふぇるじなんどに憧れますね、たぶん。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/82-1a840c36
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。