Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1316] なるほど

>テストの平均点が良かったという話を聞いたことがある

みんなそういう話を欲してる、ってことなんでしょか。
教材に取り上げるの、大賛成でス。
  • 2006-11-14
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C1317] 杉原さん

ずっと以前に本で読み感動し、その後TVのドキュメンタリー番組でも観て、さらに感動した覚えがあります。
しかし、帰国後の晩年はあまり恵まれずに亡くなられたと聞きました。
ユダヤ人で杉原さんに助けられた方々は本当に感謝してあちらではとても有名な方なのに・・・・・
こういう日本人がいた事を日本人こそがもっともっと知って誇りに思うべきですよね。
  • 2006-11-14
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C1318] 理屈抜きに伝わってくるもの

正しい行為って、理屈じゃなく分かる部分がありますよね。たいていは、命に関する態度で、難しい理屈は抜きに、心に直に入ってきます。
マンガでさえ、そうだと思います。
そういうものこそ、教科書に載せるに相応しいのだと思います。
  • 2006-11-14
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C1319] こんにちは

自国に対して誇りの持てる話を取り入れることは、子どもたちにとって、有意義ですね。
杉原千畝といえば、テレビで反町くんがやっていたイメージが・・実際はこんな方だったのですね。
  • 2006-11-14
  • 投稿者 : さるすべり
  • URL
  • 編集

[C1320]

杉原千畝をテスト問題にしたら、平均点が上がったというのは、聞いた事あります。

日本人であるなら、日本人としての誇りが欲しいのだと思いますよ。
「日本人」として「日本」に誇りを持つのは、アイデンティティ形成の為に重要ですから。

それを右翼呼ばわりする輩には、反吐がでます。


日本を憎むように教えるような教師には、止めてもらいたいです。どこの国でも、自国にプライドを持つようにするのは当たり前なんですけどね。
  • 2006-11-15
  • 投稿者 : NS大川
  • URL
  • 編集

[C1321] >かっぱやろうさん

>みんなそういう話を欲してる、ってことなんでしょか。

今は、道徳の授業もなくなってしまったみたいで、こういう感動的な話を読んだり聞いたりする機会が無いからかもしれませんね。
立派な人の逸話を知ることで、「こういう人間になりたい。」と思ったりすることも大事だと思うのですけどね。

[C1322] >マリリンさん

>こういう日本人がいた事を日本人こそがもっともっと知って誇りに思うべきですよね。

そうですよね。他国から尊敬されたり、感謝されたりしているのに、日本人が知らないという話って、たくさんあるみたいですよね。

[C1323] >失敗だらけだフニャさん

>理屈抜きに伝わってくるもの

そうなんですよ!良い話は下手な説明なしに伝わるんですよね。
どなたかが、道徳の教科書に動物が主人公の作り話で「みんな仲良く」とか書いてあるけど、子供をばかにしていると書いていました。良い実話がいっぱいあるのに。

[C1324] >さるすべり さん

>自国に対して誇りの持てる話を取り入れることは、子どもたちにとって、有意義ですね。

そうですよね。子供達に「この国に生まれて良かった。」と思って欲しいですよね。

本の後ろに写真も載っていましたが、このイラストにそっくりです。写真の方が笑顔でやさしそうな感じだったかな?

[C1325] >NS大川さん

>「日本人」として「日本」に誇りを持つのは、アイデンティティ形成の為に重要

その通りですよね。日本を憎むように教えるなんて、以ての外ですよね。

[C1326]

日本人も捨てたもんじゃ~ないですね!
以前テレビドラマで見たことがあります。

[C1327] >ゆたさん

捨てたもんじゃ~ないですよね。
ドラマになっていたんですね。偉い日本人のことは、テレビでもたくさん採り上げて欲しいですね。

[C2416] TB有り難うございます。

今回、両陛下が行幸なさったのはほんと嬉しいことでした。両陛下ばんざーい。日本の誇り、杉原千畝氏ばんざーい。
  • 2007-05-29
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C2423] >練馬のんべさん

両陛下が行幸されたことは、練馬のんべさんのブログで初めて知りました。良いニュースをご紹介くださり、ありがとうございました。ばんざーい。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T137] 城内実氏と藤原正彦氏の対談(教育について)

7月7日に日本文化チャンネル桜(スカパー)にて放送されたニュース番組にて、城内実氏(元衆議院議員)と、著書『国家の品格』で知られる藤原正彦氏の対談が行われました。今回は、その中から教育について語られた部分を引用しま

[T253] 両陛下の杉原千畝記念碑行幸、ばんざーい

『両陛下がリトアニアの杉原千畝記念碑訪問』(朝日) 天皇皇后両陛下、ばんざーい。
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/77-4ef5119a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

“Passage to Freedom The Sugihara Story” Ken Mochizuki (杉原千畝物語)

Passage to Freedom: The Sugihara Story Passage to Freedom: The Sugihara Story
Ken Mochizuki (2003/09)
Lee & Low Books
この商品の詳細を見る


子供達の学校の国語(つまり英語)のリーディング学習のシステムは、とても良くできている。一クラスが、五段階くらいのレベルに分かれ、授業でも、家でも、各段階の本を読む。本は何種類も用意されていて、それぞれの段階に色分けされたボックスにぎっしり入っている。持ち帰り用はそこから選んで借りてきて、読み終わったら別の本を借りてくる。中にはカセットテープ付きの本もあり、テープを聴いて正しく読む練習をすることもある。

町の図書館にも、このカセットつきの本のコーナーがあり、その中に日本人が主人公の本を見つけた。リトアニアの領事時代に、多くのユダヤ人の命を救った杉原千畝の物語である。

杉原千畝は、ナチスに追われポーランドから逃げてきたユダヤ人達に、ビザを発給したいと考える。日本政府に二度も“No.”と言われたにもかかわらず、またナチスからどんな報復があるかもわからないというのに、それでも個人の責任でビザにサインをすることに決めた。

それからというもの、千畝は寸暇を惜しんでビザにサインをし続けた。目がまっ赤になり、喋ることが出来なくなり、肩凝りがひどく、妻は毎晩肩もみをした。そして、千畝が疲れ切ってサインをやめたくなったときには、妻が「出来るだけ多くの人達の命を救いましょう。」と励まし続けた。転勤が決まっても、引っ越す道すがら、サインをし続けた。

後書きに書かれているが、命が助かったユダヤ人の多くが、このビザを家宝として大事に取ってあるそうだ。

オーストラリアの子供がリーディングの勉強を通じて、この物語を知ってくれたら嬉しい。
日本でも、英語の教材に杉原千畝の物語(この本かどうかは未確認)を使ったら、テストの平均点が良かったという話を聞いたことがある。感動を与える物語は、子供達の学習意欲を高める力もあるのだろうか。私は日本の英語学習については何も知らないが、日本人なら誰もが誇りに思うこのような物語は、英語学習に積極的に取り入れても良いのではないかと思っている。

14件のコメント

[C1316] なるほど

>テストの平均点が良かったという話を聞いたことがある

みんなそういう話を欲してる、ってことなんでしょか。
教材に取り上げるの、大賛成でス。
  • 2006-11-14
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C1317] 杉原さん

ずっと以前に本で読み感動し、その後TVのドキュメンタリー番組でも観て、さらに感動した覚えがあります。
しかし、帰国後の晩年はあまり恵まれずに亡くなられたと聞きました。
ユダヤ人で杉原さんに助けられた方々は本当に感謝してあちらではとても有名な方なのに・・・・・
こういう日本人がいた事を日本人こそがもっともっと知って誇りに思うべきですよね。
  • 2006-11-14
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C1318] 理屈抜きに伝わってくるもの

正しい行為って、理屈じゃなく分かる部分がありますよね。たいていは、命に関する態度で、難しい理屈は抜きに、心に直に入ってきます。
マンガでさえ、そうだと思います。
そういうものこそ、教科書に載せるに相応しいのだと思います。
  • 2006-11-14
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C1319] こんにちは

自国に対して誇りの持てる話を取り入れることは、子どもたちにとって、有意義ですね。
杉原千畝といえば、テレビで反町くんがやっていたイメージが・・実際はこんな方だったのですね。
  • 2006-11-14
  • 投稿者 : さるすべり
  • URL
  • 編集

[C1320]

杉原千畝をテスト問題にしたら、平均点が上がったというのは、聞いた事あります。

日本人であるなら、日本人としての誇りが欲しいのだと思いますよ。
「日本人」として「日本」に誇りを持つのは、アイデンティティ形成の為に重要ですから。

それを右翼呼ばわりする輩には、反吐がでます。


日本を憎むように教えるような教師には、止めてもらいたいです。どこの国でも、自国にプライドを持つようにするのは当たり前なんですけどね。
  • 2006-11-15
  • 投稿者 : NS大川
  • URL
  • 編集

[C1321] >かっぱやろうさん

>みんなそういう話を欲してる、ってことなんでしょか。

今は、道徳の授業もなくなってしまったみたいで、こういう感動的な話を読んだり聞いたりする機会が無いからかもしれませんね。
立派な人の逸話を知ることで、「こういう人間になりたい。」と思ったりすることも大事だと思うのですけどね。

[C1322] >マリリンさん

>こういう日本人がいた事を日本人こそがもっともっと知って誇りに思うべきですよね。

そうですよね。他国から尊敬されたり、感謝されたりしているのに、日本人が知らないという話って、たくさんあるみたいですよね。

[C1323] >失敗だらけだフニャさん

>理屈抜きに伝わってくるもの

そうなんですよ!良い話は下手な説明なしに伝わるんですよね。
どなたかが、道徳の教科書に動物が主人公の作り話で「みんな仲良く」とか書いてあるけど、子供をばかにしていると書いていました。良い実話がいっぱいあるのに。

[C1324] >さるすべり さん

>自国に対して誇りの持てる話を取り入れることは、子どもたちにとって、有意義ですね。

そうですよね。子供達に「この国に生まれて良かった。」と思って欲しいですよね。

本の後ろに写真も載っていましたが、このイラストにそっくりです。写真の方が笑顔でやさしそうな感じだったかな?

[C1325] >NS大川さん

>「日本人」として「日本」に誇りを持つのは、アイデンティティ形成の為に重要

その通りですよね。日本を憎むように教えるなんて、以ての外ですよね。

[C1326]

日本人も捨てたもんじゃ~ないですね!
以前テレビドラマで見たことがあります。

[C1327] >ゆたさん

捨てたもんじゃ~ないですよね。
ドラマになっていたんですね。偉い日本人のことは、テレビでもたくさん採り上げて欲しいですね。

[C2416] TB有り難うございます。

今回、両陛下が行幸なさったのはほんと嬉しいことでした。両陛下ばんざーい。日本の誇り、杉原千畝氏ばんざーい。
  • 2007-05-29
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C2423] >練馬のんべさん

両陛下が行幸されたことは、練馬のんべさんのブログで初めて知りました。良いニュースをご紹介くださり、ありがとうございました。ばんざーい。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2件のトラックバック

[T137] 城内実氏と藤原正彦氏の対談(教育について)

7月7日に日本文化チャンネル桜(スカパー)にて放送されたニュース番組にて、城内実氏(元衆議院議員)と、著書『国家の品格』で知られる藤原正彦氏の対談が行われました。今回は、その中から教育について語られた部分を引用しま

[T253] 両陛下の杉原千畝記念碑行幸、ばんざーい

『両陛下がリトアニアの杉原千畝記念碑訪問』(朝日) 天皇皇后両陛下、ばんざーい。
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/77-4ef5119a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。