Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C851] エセ男爵

すてきな「一冊」ですね。
ご承知のように、料理本・食文化の本の大好きな私にとって、ほしくてほしくて仕方のない一冊です。
しかししかし、アジアの食文化は、まことに奥が深いですね。
そしてたぶん、森枝卓士さんの「写真作品」は、今までに、どこかで拝見しているような気がします。
そして、
milestaさんの締め括りがすばらしい!
>外国出身の人達と仲良くなるきっかけは、料理の話であることが多い。この本のおかげで、たいていの東南アジア人とは、話すきっかけが作れる。とても役に立つ本だ。しかもおいしい。 ・・・
この「くだりと〆」・・・
milestaさん流ですな!さすがに、巧い!

[C852]

生春巻き!
ウマイ。
簡単。
野菜いっぱい。
手巻き寿司大会みたいにできるからスキでス。

>「うちで“アドボ”を時々作るんだけど・・・。」

すみません、「ドアホ」に見えた・・・
_| ̄|○
アドボってなんでスか?
  • 2006-09-26
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C853] 今度買い込む

本のリストに加えました。
読むのが楽しみです。
どうもありがとうございます。

[C856] >エセ男爵さん

>ほしくてほしくて仕方のない一冊

そんな気がしました。
レシピだけでなく、食文化についても詳しく書いてあるし、とてもおもしろいですよ。写真を見ているだけでも飽きません。

[C857] >かっぱやろうさん

ドアホじゃなくアドボは、鶏の骨付き肉と豚バラ(どちらか片方でも)をニンニク入り酢醤油(酢:醤油:水=1:1:2~3)に漬けておいてから煮て、柔らかくなったらフライパンで焼き、再び煮汁に浸けた料理です。さっぱりして、肉はやわらかく、おいしいですよ。

ここも料理ブログですか?(笑)

[C858] >ハツさん

お気に召しましたか。見て良し、読んで良し、食べてよし、のお買い得本だと思いますよ。

[C859]

milestaさん
この素敵なブログ、今日はじめて知りました。
これからもお邪魔させて戴きます。

[C860] >釣りキチおやじさん

こんにちは。ご無沙汰しております。ご訪問頂きありがとうございました。
釣りキチおやじさんに、発見していただけて嬉しいです。
最新記事、アップされていたのですね。関連記事をTBさせてもらいますね。

[C867] コメントありがとうです。

vivaさんからのサーフィンでコメントいただき、どうもありがとう、本ブログですね、いつもvivaさんにコメントを出していますので機会があればまた遊びに来てください、vivaさんとはリンクしています、こちらはニュースブログですが内容はどうも社会性が強く、怖い感じがすると思いますが本人はいたってそうではありませんのでご安心を(苦笑)
今後ともよろしくお願いいたします。

[C868] >kazu4502さん

ご訪問とコメントをありがとうございます。
kazu4502さんのブログは、内容が濃く、考察も鋭く、仰るとおりちょっと怖い感じがしていました。(笑)でも、そうではないと知り安心いたしました。

私の方はテンプレートが穏やかなイメージの割に、社会性が強く怖い感じの記事もしばしばあり、そして本人は・・・?

また、そちらに伺います。

[C869] 必読書!!

これはもう、多国籍食堂の主としては何としても手に入れなければならない本ですね。(笑)
冗談ではなく、本気で購入します。
美味しいアジア料理を発掘すると今までにない食卓の賑わいが出てきますものね。
知らずに作っていて、ああこれだったのね~というようなのもありそうでとても楽しみです。
ご紹介ありがとうございます。
milestaさんご紹介の本は、気合いを入れないと読めないものも多々ありますが、これなら私の緩んだ頭でも大丈夫かも・・・・(笑)
  • 2006-09-28
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C870] >マリリンさん

マリリンさんにはぴったりの本かも。
トートマン(タイ風薩摩揚げ)も出てますよ。

作られたらぜひブログでご紹介くださいね!

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T92] 東ジャワ紀行(5)「今もって食文化は語れない・・・」

 ヌヌ!?! 苦し紛れ!に?  ちがう。ノーテンキに!やっている。。 飴風呂から引越記事である、一度ご覧の方はどうかお許しいただきたい。。。毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)  ----------------------------------------------<オリジナル投

[T94] 美しい国づくりへ、第90代安倍晋三内閣発足

平成18年9月26日、第90代安倍晋三内閣が発足した。日本の内閣総理大臣としては歴代5番目に若く、また戦後では田中角栄元総理の54歳を抜いて最年少の総理大臣が誕生した。余談として、歴代首相で一番若く就任したのは初代伊藤博文で44
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/55-69662b09
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『食は東南アジアにあり』 星野 龍夫、森枝 卓士

食は東南アジアにあり 食は東南アジアにあり
星野 龍夫、森枝 卓士 他 (1995/12)
筑摩書房
この商品の詳細を見る


これはお得な本だ。

著者のお一人、森枝卓士さんはフォトジャーナリスト。文庫とは思えない枚数の写真が掲載されている。
米作りの風景、市場の様子、市場で売られている魚、唐辛子、青菜、果物・・・。同じ市場でも、タイの水上マーケットでは、バナナの専門店も、食材がぎっしり並び炒め物を作っている総菜屋も、店は一層の小舟だ。屋台や家庭に並ぶ料理、それを作る人々と食べる人々。食に関心のある写真家が撮ると、何とおいしそうに、楽しそうに見えることだろう。

森枝さんのすごいところは、写真を撮るだけでは終わらないところだ。実際に食べてみて、舌で味を覚え、自分で作ってみる。そうして書き起こしたレシピが50近くも紹介されている。珍しい食材の解説と食材が手に入らない場合の代用品まで書かれていて、かなり実用的だ。

もう一人の著者星野龍夫さんは、文学や歴史の研究で20年余り東南アジアと関わってこられたそうだ。星野さんの担当は、東南アジア食文化について。食材や調理法の分布、調理用具や食慣習について、フィールドワークを元に考察している。比較文化の研究論文のような内容だが、一般の読者にもわかりやすく、ご本人は「エッセイ」と称している。

オーストラリアは、西欧社会の一員というイメージが強いが、実はインドネシアのすぐ隣に位置しており、地理的には東南アジアの一員といってもいいくらいだ。近いからか、東南アジアからの移住者も多く、食文化もかなり入り込んでいる。

タイ料理、ベトナム料理など、東南アジア料理のレストランはたくさんあるし、アジア食材の店にも事欠かない。スーパーにも、東南アジア料理の名前が付いた商品が数え切れないほど並ぶ。

ラクサ(マレー風カレースープヌードル)、シンガポールヌードル(カレー味の焼きビーフン)、ナシゴレンとミーゴレン(インドネシアの炒飯と焼きそば)、サテ(マレー風焼き鳥)、ベトナム風生春巻き、タイカレー、トムヤムクン(タイのスープ)・・・。

日本ではあまり馴染みのないものもあるが、上記のほとんどのレシピが、20年前に書かれたこの本に載っている。

先日、フィリピン出身の女性に
「うちで“アドボ”を時々作るんだけど・・・。」
と言うと、とても驚いた顔をして、それから嬉しそうに、
「えっ?“アドボ”知ってるの?作れるの?」
と聞かれた。もちろん作れる。この本の中にレシピがあるのだ。
外国出身の人達と仲良くなるきっかけは、料理の話であることが多い。この本のおかげで、たいていの東南アジア人とは、話すきっかけが作れる。とても役に立つ本だ。しかもおいしい。

書いていたら“アドボ”が食べたくなった。よ~し、鶏肉を買いに行こう!


12件のコメント

[C851] エセ男爵

すてきな「一冊」ですね。
ご承知のように、料理本・食文化の本の大好きな私にとって、ほしくてほしくて仕方のない一冊です。
しかししかし、アジアの食文化は、まことに奥が深いですね。
そしてたぶん、森枝卓士さんの「写真作品」は、今までに、どこかで拝見しているような気がします。
そして、
milestaさんの締め括りがすばらしい!
>外国出身の人達と仲良くなるきっかけは、料理の話であることが多い。この本のおかげで、たいていの東南アジア人とは、話すきっかけが作れる。とても役に立つ本だ。しかもおいしい。 ・・・
この「くだりと〆」・・・
milestaさん流ですな!さすがに、巧い!

[C852]

生春巻き!
ウマイ。
簡単。
野菜いっぱい。
手巻き寿司大会みたいにできるからスキでス。

>「うちで“アドボ”を時々作るんだけど・・・。」

すみません、「ドアホ」に見えた・・・
_| ̄|○
アドボってなんでスか?
  • 2006-09-26
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C853] 今度買い込む

本のリストに加えました。
読むのが楽しみです。
どうもありがとうございます。

[C856] >エセ男爵さん

>ほしくてほしくて仕方のない一冊

そんな気がしました。
レシピだけでなく、食文化についても詳しく書いてあるし、とてもおもしろいですよ。写真を見ているだけでも飽きません。

[C857] >かっぱやろうさん

ドアホじゃなくアドボは、鶏の骨付き肉と豚バラ(どちらか片方でも)をニンニク入り酢醤油(酢:醤油:水=1:1:2~3)に漬けておいてから煮て、柔らかくなったらフライパンで焼き、再び煮汁に浸けた料理です。さっぱりして、肉はやわらかく、おいしいですよ。

ここも料理ブログですか?(笑)

[C858] >ハツさん

お気に召しましたか。見て良し、読んで良し、食べてよし、のお買い得本だと思いますよ。

[C859]

milestaさん
この素敵なブログ、今日はじめて知りました。
これからもお邪魔させて戴きます。

[C860] >釣りキチおやじさん

こんにちは。ご無沙汰しております。ご訪問頂きありがとうございました。
釣りキチおやじさんに、発見していただけて嬉しいです。
最新記事、アップされていたのですね。関連記事をTBさせてもらいますね。

[C867] コメントありがとうです。

vivaさんからのサーフィンでコメントいただき、どうもありがとう、本ブログですね、いつもvivaさんにコメントを出していますので機会があればまた遊びに来てください、vivaさんとはリンクしています、こちらはニュースブログですが内容はどうも社会性が強く、怖い感じがすると思いますが本人はいたってそうではありませんのでご安心を(苦笑)
今後ともよろしくお願いいたします。

[C868] >kazu4502さん

ご訪問とコメントをありがとうございます。
kazu4502さんのブログは、内容が濃く、考察も鋭く、仰るとおりちょっと怖い感じがしていました。(笑)でも、そうではないと知り安心いたしました。

私の方はテンプレートが穏やかなイメージの割に、社会性が強く怖い感じの記事もしばしばあり、そして本人は・・・?

また、そちらに伺います。

[C869] 必読書!!

これはもう、多国籍食堂の主としては何としても手に入れなければならない本ですね。(笑)
冗談ではなく、本気で購入します。
美味しいアジア料理を発掘すると今までにない食卓の賑わいが出てきますものね。
知らずに作っていて、ああこれだったのね~というようなのもありそうでとても楽しみです。
ご紹介ありがとうございます。
milestaさんご紹介の本は、気合いを入れないと読めないものも多々ありますが、これなら私の緩んだ頭でも大丈夫かも・・・・(笑)
  • 2006-09-28
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C870] >マリリンさん

マリリンさんにはぴったりの本かも。
トートマン(タイ風薩摩揚げ)も出てますよ。

作られたらぜひブログでご紹介くださいね!

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2件のトラックバック

[T92] 東ジャワ紀行(5)「今もって食文化は語れない・・・」

 ヌヌ!?! 苦し紛れ!に?  ちがう。ノーテンキに!やっている。。 飴風呂から引越記事である、一度ご覧の方はどうかお許しいただきたい。。。毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)  ----------------------------------------------<オリジナル投

[T94] 美しい国づくりへ、第90代安倍晋三内閣発足

平成18年9月26日、第90代安倍晋三内閣が発足した。日本の内閣総理大臣としては歴代5番目に若く、また戦後では田中角栄元総理の54歳を抜いて最年少の総理大臣が誕生した。余談として、歴代首相で一番若く就任したのは初代伊藤博文で44
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/55-69662b09
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。