Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C825] お久しぶりです

  外国人労働者の話題や、燃料電池の記事に熱中しすぎて、親しくさせていただいている方のブログに伺いそびれていました。
  東京地裁の「画期的」判決については、十分理論を練って、明日か明後日にぶった斬る記事を上梓します。ご期待ください。それまで、TBした環境問題の記事でもご覧ください。
  
  これからもよろしくお願いします。

[C828] >ろろさん

こんにちは。お久しぶりです。ろろさんのブログは拝見していましたが、最近はコメント欄が高度な内容になっていて、書き込みしにくく、読み逃げしていました。(笑)

>ぶった斬る記事

楽しみにしています。

[C829] TB有り難うございます。

週刊文春販売停止仮処分(東京地裁・鬼沢友直判事)に並ぶ暴挙かと。酷いもんです。昨日は祝日で日の丸を掲げましたが、抗議の意も…
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C830] なるほど

戦後間もない頃から60年代の中ごろまで。
そんなに左翼色が強くなかったって聞きます。
戦後第一世代が教師になりだしてからおかしくなってるんでスね・・・
良い本、ありがとうございまス。
<(_ _)>
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C831] 国歌と国旗

いろいろな意味で、納得できない事が沢山ありますね。
>国策を間違った過去があったとしても・・・・・・・・過去をリセットできると思うのは甘すぎる。
私もまったく同意見です。
なんだか訳判らない事が最近多すぎます。
私の頭に問題があるのかな~???
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C832] >練馬のんべさん

日の丸揚げましたか。すばらしいですね。

オーストラリアは毎日至る所に国旗が揚がっています。学校、役所はもちろん、スーパーの駐車場、トヨタのカーディーラー、マクドナルドまで。仏教寺にもありました。

[C833] >かっぱやろうさん

この記事を書いて改めて思いましたけれど、沖縄は左翼に利用されているなぁと。返還前は「アメリカ憎し、早く日本に戻りたい。」という運動の舞台となり、返還後は「日米安保(米軍基地)憎し、戦前の軍国主義憎し。」に変わっていくんですね。その運動の中で、先日ウソが発覚した大江健三郎の『沖縄ノート』が書かれたというわけですね。
沖縄返還辺りから、攻撃の相手がアメリカではなく、戦前の日本になってきたのかもしれません。

[C834] >マリリンさん

私も納得できないことが多過ぎて、国歌・国旗の意義に絞って書きましたが、今判決での最も腑に落ちないのは、

・公務員なのに国や都の決めたことに従わなくていいのか。

というところですね。しかも先生なのですから生徒達の前で決まりを破るというのは良くないと思います。どうしても嫌なら、そういう決まりのない私立の先生になるなり、他の職業を選べばいいんですよね。

>なんだか訳判らない事が最近多すぎます。

本当ですね。何か大袈裟かもしれませんが、時代の転換期に入っているのかもしれませんね。良い方に転換してくれるといいのだけど・・・。

[C835] まったくもって

このエントリーに同感です。

自国の国旗や国歌を違和感なく受け入れるのがオリンピックだけという国も時代も悲しすぎますね。
誰もが自分の国を愛せよとは言いませんが、愛したい時に大事にしたい時によりどころになる物が、未だに過去にとらわれた偏見の渦中にあるというのは、どうにもこうにも。

私が海外に住んで思うのは、何が有ろうと、現政権に反対であろうと、自発的に、家族を愛するように自国を愛しているところからスタートしている人々がマジョリティである国は健全であると。

国旗掲揚がイヤだとか、国歌斉唱がイヤだとか、そういう個人的なことを大きく振りかざす人々には嫌悪感すら覚えます。

[C836] 岩波?

というのを見て、一瞬、引いてしまったのですが、今や絶版になっているというのも頷ける気がします。
この当時の左翼の人たちには、まだ「愛国心」が残っていたのかもしれませんね。
現在のサヨクは、日の丸・君が代を政治利用しているに過ぎないと思います。
だから、余計に赦せないのですが…。
勝手なことを申し上げました(礼)。
また、遊びにきます(笑)。
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : おしょう
  • URL
  • 編集

[C837] >ハツさん

ちょっと過激なエントリだったかな?と心配していたのですが、ご賛同いただけて安心しました。

>私が海外に住んで思うのは、何が有ろうと、現政権に反対であろうと、自発的に、家族を愛するように自国を愛しているところからスタートしている人々がマジョリティである国は健全であると。

正にその通りですね。「現政権に反対」と「国を愛する」は両立するはずですよね。
ハツさんも海外在住でいらしたんですね。

[C838] >おしょうさん

>この当時の左翼の人たちには、まだ「愛国心」が残っていたのかもしれませんね。

仰るとおりだと思います。この沖縄の小学生が日章旗を振りたがった1953年は「遺族援護法」が改正されて、戦犯を国内法では罪人とみなさず、遺族に年金と弔慰金が支給されることとなった年。これは旧社会党の議員が熱心に活動した結果だったそうですよね。あの頃は、立場は違っても皆日本を愛していたのではないでしょうか。

岩波少年文庫は、結構良い本がありますよ。私が子供の頃は、ソ連や東欧の作品がかなり多く入っていましたが、文学作品なのでそれほど政治色もなかったですし、古典的な名作も揃っていました。

[C839] まったく同感です。

僕もこの判決について記事を書こうと思っていたのですが、一週間後に迫った試験のため書けそうにないし、あちこちのブログで記事になっており、言いたいことが同じなのでコメントだけにさせていただきます。裁判長が「君が代・日の丸」を軍国主義の支柱だと言っていますが大変な誤りだと、僕も思います。また日教組の教師達の認識は「日の丸・君が代」=軍国主義という考えです。どう思おうとそれは自由でしょうが、生徒達に「日の丸・君が代」は悪だと教えるのは、中国や朝鮮の反日教育と全く同じです。僕も事実そう教えられてきました。教育委員会も職務命令ではなく、論破すべきです。教育委員会と教師との板ばさみになり自殺する校長まで出てしまうのは、民主国家ではありません。長くなりました、ごめんなさい。^_^;
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : HIRO。
  • URL
  • 編集

[C840] 同感です

お久しぶりです。
ぐうたらブログ「しましまえん」のcyber_birdです。

まったく同感です。最近の地裁レベルの判決は酷いものが多い気がします・・・靖国違憲判決も確か地裁でしたよね?

思い出すと、わたしが子供の頃にもこういう先生がいました。小学1,2年生のころでしたが、担任の先生の印象をまったく覚えていなかったのですが、ふと年賀状を整理しているときにこの担任から来た賀状を見て理由がわかりました。広島がどうの、戦争反対がなんやらと長々と書いてありました。要は、この男の頭の中には教え子であるわたしのことなど、全く無いのでした。
自分の「思想」(などというほど立派なものでもないけれど)だけが大切で、子供と向き合おうという気持ちが皆無なのが、こうした日教組先生なのでしょう。酷いものです。
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C841] >HIROさん

>僕も事実そう教えられてきました。

そうなのですか!それはお気の毒でした。自分の国が悪い国だと教えられて育つのは悲しいことですよね。

私も校長先生しか君が代を歌っていない式典に出たことがあり、本当に驚き、心配になりました。自殺にまで至らなくても、異様な事態ですよね。本当におかしいです。

昇段試験頑張ってください!

[C842] >cyber_bird さん

年賀状に広島や戦争反対のことを書いてくるんですか?強烈ですね。

>自分の「思想」(などというほど立派なものでもないけれど)だけが大切で、子供と向き合おうという気持ちが皆無

私もそういう先生のクラスを知っていますが、まとまりがなく、トラブルが多く、酷いクラスでした。子供がかわいそうです。

[C843]

自分がいままで生きてきた中でも、喜びや反省、思い出したくもないことも多く経験しました。
でも、すべてを含めて自分として受け止めています。
それと同様に国旗もいろんな歴史を重ねていってよいものだと思いますね。
だから一時的に軍国主義の象徴だったとかということを認めたとしても、日の丸君が代でいいと思います。
すべて受け入れて国とともに存在していけばいいのですよね。
  • 2006-09-25
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C844] >ウナムさん

そうですよね。個人に置き換えたらわかりやすいですね。失敗しない人はいないし、失敗を乗り越えてこそ成長するんですよね。

私の認識としては、「軍国主義」のために戦う人はいないと思うので、戦時中であっても日の丸や君が代は「日本」の象徴であり「軍国主義」の象徴であったわけではないと思っています。そこが裁判長の「歴史的事実」という発言に引っかかったところです。

[C845] こんにちは

milestaさん、コメント&TBありがとうございました。こういう記事のTBだったのですね。いつも貴重なご意見で、非常に参考になります。私は、塾講師ですので、学校が荒れることが、まず何よりの心配事です。本当に、学校の先生たちと話してみたい気がします。

こちらからもTBさせていただきました。

[C846] >VIVAさん

>学校が荒れることが、まず何よりの心配事です。

とてもよくわかります。学校に通うお子さん達と毎日接していらっしゃるわけですものね。
本当は、教育正常化に熱心な先生など立派な先生もいらっしゃるんですよね。でもどんな先生に当たるかはわからないから、私立志向が進んだり、公立の評判が悪くなるのですよね。
今のような事態は、子供にも常識的で教育熱心な先生方にも気の毒だと思います。それに公教育の存在価値を不当に低めているとも思います。

塾の先生と学校の先生とが話すことってあまりないのですか。何となくそんな気はしていましたけど。(笑)

私の意見はあまり当てになりませんよ。学校ではあまり勉強熱心な方ではなかったので。自分の体験とか身近な人から聞いたことから出てくる発想ばかりで普遍的なものではないと思います。だからいつも、コメント欄にどんな意見が書かれるかドキドキです。(笑)

[C848] 実は

私立の先生とは、よく話すんですよ。入れ替わり立ち代り、うちのような零細塾でも、しょっちゅ来られますし、時にはこちらからおうかがいすることもあります。

あっ、そういえばキムタツ先生は灘高校の立派な先生です(見てないだろうな~)。おもしろいメールもくれますし、前向きです。

やはり問題は公立なんです。

こうなった元凶は、鳩山邦夫さんらの政治家、寺脇研さんなどの文部官僚。

まだまだ書きそうなので、この辺で。すいません、ついついmilestaさんのブログだとリラックスして書いてしまいます。

これからもよろしくお願いします。

[C849] >VIVAさん

あっそうですよね。公立の学校は塾がライバルという感じだけど、私立はちょっと違う関係ですね。キムタツ先生のブログを拝見したことがありますが、勉強ばかりでなく、いろいろなことを生徒に伝えようとされているという印象でした。

寺脇さんは「ゆとり教育」で有名な方ですよね。鳩山邦夫さんも関係していたのですか。

>ついついmilestaさんのブログだとリラックスして書いてしまいます。

どうぞどうぞ本音や愚痴はいつでもこちらで受け付けております。(笑)

こちらこそよろしくお願いします。

[C854] お言葉に甘えて(笑)

学校をおかしくした、元凶は彼の文部大臣当時のパフォーマンスですよ。

学校で、業者模試を実施することを禁止してしまったんです。これで、学校の進路指導の機能は完全に停止しました。ベテラン先生は、長年の経験から何とか形になっていましたが、そうでない人はひどいもんです。

塾にはデータがありますが、学校は定期テストのものしかなく、本番のテストのできが読めなぃ状態で、進路指導するものですから、もうメチャクチャ。

それでも数年は何とかしようと模索していましたが、いまや完全進路指導放棄!

そこへ追い討ちをかけるように、ゆとり教育で、絶対評価に通知表が変わってしまった。そうなると、親はもちろん、本人だって自分の学力がわからないんです。

ハッキリ言って、できない子も通知表で3がつきますから、あっ“普通”だと勘違いします。

おそらくネットで調べればすぐにお分かりになると思いますが、元凶は彼だと、私は信じて疑っておりません。

ふ~、すっきりしました。何かの折に記事にしようとは思っておりましたが…。
本当にながながとすみませんでした。

[C855] >VIVAさん

そうですか。ゆとり教育の前段階に関わっていたのですね。
学校が評価を嫌うというのは、変な体質ですよね。受験に限らず、実態を把握しなければ対策が打てるわけ無いですよね。
受験の現状には疎いので、知りませんでした。
また、いろいろと教えてくださいね。

[C861] さすがです

理論と感情がしっかり入っていて、
仰りたいことがよくわかります。
全く同感です。

国旗は国旗であり、
軍国主義の象徴ではなく日本の象徴です。
軍国主義を理由にそれを拒む筋合いなどどこにもありません。

PS
VIVAさんのコメントを読ませていただき、
現状に対する認識や状況は似てるなーと思いました。
仰りたいことが非常に良くわかります。

[C862] >刀舟さん

言いたいことが伝わったようで良かったです。
国歌・国旗問題は、日教組問題だと思うので、きちんと片を付けないと、必ず繰り返されると思うんですよね。公務員の義務の問題、歴史認識の問題、あらゆる方向から彼らの矛盾を指摘していくべきだと思っています。

VIVAさんと同様の認識だそうで、ふと思ったのですが、政府や文部科学省が教育問題について論じるときに、塾の先生の意見を聞いたりしないのでしょうかね。現場に近く、問題点を一番冷静に把握している気がするのですが。

[C863] 簡単な話なんです

  過去にどんなことが有ろうと、受け継がれてきたものを引き受けることです。日の丸にどんな経緯があろうと、君が代の「君」にどんな意味があろうと、大した問題じゃない。もし、サヨクが言うように、くらーい過去があったとしても、それは「今」でもないし、「未来」でもない。
  フジテレビの番組で、シンガポールのインド系のおっさんがインタビューに答えた一言が印象的です。「戦争はもう終わったんだ。これからどうするかが大切なんだ」と。
  あることないこと過去を蒸し返そうという人間は、要するに別れたブス・ブ男(朝鮮・支那)によるストーカー行為のきっかけを作ろうとしているわけです。ある意味、ポツダム宣言で大陸と手を切ったおかげで日本は発展できたわけですが、魅力も自信もない向こうとしては振り向いてもらわないと困る(笑)。だから、戦争責任だとかアジアの一員だとか言ってくるんです。
  無視すればいいんです。引きずっているのは向こうです。我々が戦うべきは、大陸の手先になっている日本人です。
  
  そうそう、例の国旗・国歌訴訟をやっている人たちが、判決後報告会を行った場所があるんですね。どこでしょう?
  答えは、以下のURLで。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-09-27/2006092704_01_0.html

  ただの、政治運動というわけですね。(笑)あ、TBさせていただきます。

[C864]

TBありがとうございました。
心温まるお話ですね。
オーストラリアの国旗も片隅にイギリスのユニオンジャックを付けているのに誰も反対していませんよね。
日の丸が軍国主義の象徴?
そう思っているのはごく一部の異端者だけですよ。
  • 2006-09-27
  • 投稿者 : Killkorea
  • URL
  • 編集

[C865] >ろろさん

すぐに報告に行っちゃうんですね。(笑)

>我々が戦うべきは、大陸の手先になっている日本人です。

そうですね。それぞれの国は国益を守らなければならないから、敵対することがあるのは当たり前だけど、日本人が日本を貶めようとするのは理解できませんね。

ろろさんの記事、さすが立て板に水でしたね。(笑)

[C866] >Killkorea さん

本当に異端者だけのはずですよね。
恐ろしいのは裁判長が異端者だったということです。

実はオーストラリアの旗は、カンガルー柄にしようかという論議もあるんです。もう独立国ですからね。でも、法律で替えることが決まったわけでもないので、今までの国旗にみな敬意を払っています。替えたいと思っている人も、今の国旗をないがしろにしたりはしていません。

ご訪問とコメントありがとうございました。

[C887]

コメントをどうぞ
  • 2006-09-29
  • 投稿者 : たけ坊
  • URL
  • 編集

[C1335]

はじめまして。
さんぼさんの所のトラックバックから来ました。
沖縄の小学生の話は初めて知りました。当時の子供の気持ちがよくわかるエピソードですね。

[C1336] >asayakeさん

はじめまして。
マスコミを通した報道ではないものに触れると、意外な真実がわかったりしますね。
asayakeさんのところも拝見しましたが、ご自身の見たことやお祖母様のお話など、実際に体験されたことを書かれていて、良い内容ですね。またお邪魔しますね。

[C1802] >naさん

せっかくご紹介いただきましたが、この記事にどのような関連があるのかわからないので削除いたします。

[C1963] 最高裁は幼稚園か?

TBを有難うございます。朝日新聞はじめ、社会が次第に幼児化しているように思えます。国旗国家法は、そろそろ罰則付きにしないといけませんね。
  • 2007-03-01
  • 投稿者 : hoihoihoi
  • URL
  • 編集

[C1965] >hoihoihoiさん

「幼稚園」もよかったですが、「罰則つき」もいいですね。そこまでしなくちゃわからないのか!って感じですよね。

[C3128] トラックバックありがとうございます。

お元気でしょうか?トラックバックを返信します。
  • 2007-12-27
  • 投稿者 : 西村幸祐
  • URL
  • 編集

[C3129] >西村幸祐さん

ただ今、身辺が慌ただしく、自分のブログの更新は休んでいますが、西村さんのブログが再開したので拝読しております。ネットラジオも楽しみにしています。
  • 2007-12-27
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T85] 燃料電池は「現代の箱船」になるか?②

  代替エネルギー分野は、今大きく動き出しているようです。それだけ、昨今の石油情勢が深刻だということでしょう。前回、「ニゲロンパ」さんからコメントいただいたニュースです。ホンダ、バイオマスからエタノールを製造http://response.jp/issue/2006/0914/article8592

[T86] 燃料電池は「現代の箱船」になるか?①

  中国も、こういう面では一気に先進国の仲間入りをしたようですねぇ。以下のニュースが面白いので紹介しておきます。北京の大学生、4人に1人がうつ病症状 自殺増も問題化 http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060912/K2006091203430.html (以下引用) 北京

[T87] 祝日には日の丸を掲げよう

秋分の日。お彼岸。風が気持ちのいい秋の日です。こういう日はぜひ日の丸を掲げたい

[T88] 血塗られた国旗

君が代、日の丸の話が続いたので。ちらっと書いときまス。へ(゜∇、°)へ ケケケケちょと壊れかけてるので。そこら辺は差っぴいて読んでくだしぇ。(`Д´≡`Д´)??だって・・・息抜きなんだも

[T89] 君が代訴訟、不当判決!

今回は『立ち返るべき「この国のかたち」』シリーズをUPするつもりでしたが、看過出来ないニュースがありましたので、産経新聞(平成18年9月22日)より関連記事を引用します。■「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める

[T90] 『熱血!ジャージ校長奮闘記』 鈴木高弘

学校で、国旗・国歌を強制することは、違憲であるという判決が、東京地裁から出されました。これでますます、学校の現場は混乱しますね。読売・産経 の両新聞の社説では、この判決に強く反発し、逆に 朝日新聞 は高く評価。 この決定は、これまでの他の判決とも矛盾して

[T91] 許せない東京地裁判決!「国旗国歌強制は違憲」か?とんでもない!

  ??!!? まずは驚いた!  そして嘆いた。 かくして我輩、腹の底に響く「重低音の如き怒り」が込み上げてきた・・・ 昨日の不愉快極まりないHNKニュースを見つつ、朝になれば地元ノンポリシー新聞(中国新聞)一面記事しかもトップにでかでかと・・・ 未だに

[T93] 【国旗・国歌】裁判官こそ「価値中立的」に!

入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代の斉唱を強要するのは不当だとして、東京都立の高校や養護学校などの教職員が都教委などを相手に、起立や斉唱義務がないことの確認などを求めた訴訟で、東京地裁(難波孝一裁判長)は、原告旬覆糧酬茲鮓世づ呂靴拭+ いくら

[T95] 国旗・国歌を否定する「画期的」判決に対する反論

  ※以下の小話はフィクションです。(笑)  私は常々「受験というのは若者に丸暗記を強制し、創造性を殺す」ということで、入試制度には疑問を抱いていました。こうして塾の講師をやっていますが、それは「子どもが好き」なのと、時間に余裕のある仕事がそれしかないか

[T100] 国旗・国歌論争

各紙の社説を読んで・・・

[T101] 【道新社説】今日も日教組・北教組の代弁マシーン

本日の北海道新聞社説http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?&d=20061001&j=0032&k=200610015790指導力不足*教員の質を高めるには(10月1日)  いたずらに子どもをしかりつける。児童生徒との関係がつくれない。こんな「指導力不足」と認定された教員が、

[T128] 国旗「日の丸」の制定

阿部正弘はこの事を斉昭に書面で知らせ、斉昭は 「ほかの事とは違い、この国旗制定は日本の後々の代までも国印として大切にされる物である。今、我々が制定しようと努力している国旗は日本の宝であり、制定された上は必ず西洋で出版される万国旗章図などにも掲載されるので

[T438] 沖縄集団自決教科書検定。 河野談話に匹敵する文科省の暴挙!

危惧されていた通りの内容になった。政治主義の横暴がついに教科書検定の原則を踏みにじり、歴史が政治に踏みにじられ、歴史教育が政治とイデオロギーの道具に成り果てた。しかも、この、学問・言論の自由の危機を指摘するメディアはない。 客観的な歴史認識をどこまで担...

[T439] ・沖縄「集団自決」問題の続報 ~大きな声をあげれば歴史が書き換わるのは当たり前なのか~

「強制」外し、怒りの声 軍隊美化を指摘「集団自決」検定問題:琉球新報 高校歴史教科書の「集団自決」(強制集団死)検定問題で、訂正申請の記述内容について文部科学省の教科書調査官と教科書出版社が、日本軍による「強制」の文言使用を避ける形で調整しているこ
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/54-332f310c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『おばあさんの村』 中野 重治

この本は岩波少年文庫の中の一冊として1957年に初版が発行されたもので、今は絶版となっているようだが、興味深い一文が載っているので紹介したい。

著者の中野重治氏はプロレタリア文学者で、共産党員だったこともある。一時期参議院議員を務めてもいた。『おばあさんの村』は童話集だが、巻末に『子供のための、少年少女のための文学について』という論文も載せている。その中に、火野葦平氏の文章を引用して、沖縄でのペリー来航100年祭の模様が書かれている。

「・・・当日、小学生を動員して、アメリカの旗を持たせようとした。日米親善の意味で、日章旗と星条旗とを交互に持たせたらしいが、小学生が日の丸を持ちたがって、どうしても星条旗を手にしない。そこで、日章旗班と星条旗班と二隊に分けたところ、星条旗組はみんな旗をすてて歩き出したという。・・・」(火野葦平「沖縄はフタカチヤの御代」からの引用)

ペリー来航は1853年だから、この100年祭は1953年のことである。当時、沖縄はまだアメリカの施政下にあり、「アメリカに抵抗する小学生」という意味で採り上げられているのだが、戦後10年も経っていない時に、戦況厳しかった沖縄の小学生が「日の丸を持ちたがって」いるのである。日の丸に嫌悪感を抱いたり、精神的苦痛を感じている様子はない。

先日、国歌・国旗を巡る東京地裁での裁判で、裁判長が
「日の丸、君が代は第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」
と述べていたことに違和感をもった。それは裁判長の歴史認識であって、「歴史的事実」ではないのではないか。そのような個人的な認識に基づいて判決を下して良いものだろうか。

私が子供の頃は、戦争を経験された先生方がまだ多くいらしたが、学校行事に日の丸を掲揚し君が代を歌うのは当たり前のことだった。音楽の時間に君が代の歌唱指導もしてくださった。
「君が代・日の丸によって精神的苦痛を感じる。」という声が聞こえはじめたのは、戦後生まれの先生が増えてきてからだ。

穿った見方をすれば、戦後生まれの人達が、君が代や日の丸を「あれは戦前・戦中のもので、自分たちとは関係ないもの」と切り捨てることで、戦争をしていた国とは別の生まれ変わった新しい国の国民になろうとしているのではないかと思ってしまう。

原爆を落とした国も、植民地から搾取を繰り返していた国も、いまだに他国への侵略をする国や、国主導での拉致を行っている国も、国歌や国旗を替えるつもりはないだろう。国策を間違った過去があったとしても、それを含めて、その国の歴史であり、その国そのものなのだから。国歌や国旗を捨てて過去をリセットできると思うのは甘すぎる。

ましてや君が代や日の丸の源を辿れば、どちらも千年の歴史があるという。60年前の一時期に、今の自分達とは切り離したい暗い出来事が有ったからと、短絡的に捨て去って良いものではないと思う。

過去の良いことも悪いことも、苦労も喜びも、みんな背負っている国旗だからこそ、どこの国も自国の国旗に敬意を表す。国歌を歌いながら、自国の過去や未来に思いを馳せる。
私が、オーストラリアの国旗に向かってオーストラリア国歌を歌う度に感動に近いものを感じるのは、この国がアボリジニ迫害や白豪主義を乗り越えて、多民族国家として発展しつつあることを知っているからだ。
日本には、オーストラリア以上の長くて豊かな歴史がある。それを背負った国歌と国旗は、本当は深い感慨を与えてくれるもののはずである。
そろそろ、沖縄で日章旗を持ちたがった小学生の素直な気持ちに立ち返ってみるべきではないだろうか。


追記
裁判長の「日の丸、君が代は第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」という言葉について私が違和感をもった理由を補足しておきます。
私の認識としては、「軍国主義」という思想のために戦う人はいないと思うので、戦時中であっても日の丸や君が代は「日本」の象徴であり「軍国主義」の象徴であったわけではないと思っています。そこが裁判長の認識とは違うので「歴史的事実」という発言に引っかかりました。「軍国主義」の象徴ではなく「日本」の象徴であったからこそ、沖縄の小学生は屈託なく日の丸を持ちたがったのではないでしょうか。




38件のコメント

[C825] お久しぶりです

  外国人労働者の話題や、燃料電池の記事に熱中しすぎて、親しくさせていただいている方のブログに伺いそびれていました。
  東京地裁の「画期的」判決については、十分理論を練って、明日か明後日にぶった斬る記事を上梓します。ご期待ください。それまで、TBした環境問題の記事でもご覧ください。
  
  これからもよろしくお願いします。

[C828] >ろろさん

こんにちは。お久しぶりです。ろろさんのブログは拝見していましたが、最近はコメント欄が高度な内容になっていて、書き込みしにくく、読み逃げしていました。(笑)

>ぶった斬る記事

楽しみにしています。

[C829] TB有り難うございます。

週刊文春販売停止仮処分(東京地裁・鬼沢友直判事)に並ぶ暴挙かと。酷いもんです。昨日は祝日で日の丸を掲げましたが、抗議の意も…
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C830] なるほど

戦後間もない頃から60年代の中ごろまで。
そんなに左翼色が強くなかったって聞きます。
戦後第一世代が教師になりだしてからおかしくなってるんでスね・・・
良い本、ありがとうございまス。
<(_ _)>
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C831] 国歌と国旗

いろいろな意味で、納得できない事が沢山ありますね。
>国策を間違った過去があったとしても・・・・・・・・過去をリセットできると思うのは甘すぎる。
私もまったく同意見です。
なんだか訳判らない事が最近多すぎます。
私の頭に問題があるのかな~???
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C832] >練馬のんべさん

日の丸揚げましたか。すばらしいですね。

オーストラリアは毎日至る所に国旗が揚がっています。学校、役所はもちろん、スーパーの駐車場、トヨタのカーディーラー、マクドナルドまで。仏教寺にもありました。

[C833] >かっぱやろうさん

この記事を書いて改めて思いましたけれど、沖縄は左翼に利用されているなぁと。返還前は「アメリカ憎し、早く日本に戻りたい。」という運動の舞台となり、返還後は「日米安保(米軍基地)憎し、戦前の軍国主義憎し。」に変わっていくんですね。その運動の中で、先日ウソが発覚した大江健三郎の『沖縄ノート』が書かれたというわけですね。
沖縄返還辺りから、攻撃の相手がアメリカではなく、戦前の日本になってきたのかもしれません。

[C834] >マリリンさん

私も納得できないことが多過ぎて、国歌・国旗の意義に絞って書きましたが、今判決での最も腑に落ちないのは、

・公務員なのに国や都の決めたことに従わなくていいのか。

というところですね。しかも先生なのですから生徒達の前で決まりを破るというのは良くないと思います。どうしても嫌なら、そういう決まりのない私立の先生になるなり、他の職業を選べばいいんですよね。

>なんだか訳判らない事が最近多すぎます。

本当ですね。何か大袈裟かもしれませんが、時代の転換期に入っているのかもしれませんね。良い方に転換してくれるといいのだけど・・・。

[C835] まったくもって

このエントリーに同感です。

自国の国旗や国歌を違和感なく受け入れるのがオリンピックだけという国も時代も悲しすぎますね。
誰もが自分の国を愛せよとは言いませんが、愛したい時に大事にしたい時によりどころになる物が、未だに過去にとらわれた偏見の渦中にあるというのは、どうにもこうにも。

私が海外に住んで思うのは、何が有ろうと、現政権に反対であろうと、自発的に、家族を愛するように自国を愛しているところからスタートしている人々がマジョリティである国は健全であると。

国旗掲揚がイヤだとか、国歌斉唱がイヤだとか、そういう個人的なことを大きく振りかざす人々には嫌悪感すら覚えます。

[C836] 岩波?

というのを見て、一瞬、引いてしまったのですが、今や絶版になっているというのも頷ける気がします。
この当時の左翼の人たちには、まだ「愛国心」が残っていたのかもしれませんね。
現在のサヨクは、日の丸・君が代を政治利用しているに過ぎないと思います。
だから、余計に赦せないのですが…。
勝手なことを申し上げました(礼)。
また、遊びにきます(笑)。
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : おしょう
  • URL
  • 編集

[C837] >ハツさん

ちょっと過激なエントリだったかな?と心配していたのですが、ご賛同いただけて安心しました。

>私が海外に住んで思うのは、何が有ろうと、現政権に反対であろうと、自発的に、家族を愛するように自国を愛しているところからスタートしている人々がマジョリティである国は健全であると。

正にその通りですね。「現政権に反対」と「国を愛する」は両立するはずですよね。
ハツさんも海外在住でいらしたんですね。

[C838] >おしょうさん

>この当時の左翼の人たちには、まだ「愛国心」が残っていたのかもしれませんね。

仰るとおりだと思います。この沖縄の小学生が日章旗を振りたがった1953年は「遺族援護法」が改正されて、戦犯を国内法では罪人とみなさず、遺族に年金と弔慰金が支給されることとなった年。これは旧社会党の議員が熱心に活動した結果だったそうですよね。あの頃は、立場は違っても皆日本を愛していたのではないでしょうか。

岩波少年文庫は、結構良い本がありますよ。私が子供の頃は、ソ連や東欧の作品がかなり多く入っていましたが、文学作品なのでそれほど政治色もなかったですし、古典的な名作も揃っていました。

[C839] まったく同感です。

僕もこの判決について記事を書こうと思っていたのですが、一週間後に迫った試験のため書けそうにないし、あちこちのブログで記事になっており、言いたいことが同じなのでコメントだけにさせていただきます。裁判長が「君が代・日の丸」を軍国主義の支柱だと言っていますが大変な誤りだと、僕も思います。また日教組の教師達の認識は「日の丸・君が代」=軍国主義という考えです。どう思おうとそれは自由でしょうが、生徒達に「日の丸・君が代」は悪だと教えるのは、中国や朝鮮の反日教育と全く同じです。僕も事実そう教えられてきました。教育委員会も職務命令ではなく、論破すべきです。教育委員会と教師との板ばさみになり自殺する校長まで出てしまうのは、民主国家ではありません。長くなりました、ごめんなさい。^_^;
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : HIRO。
  • URL
  • 編集

[C840] 同感です

お久しぶりです。
ぐうたらブログ「しましまえん」のcyber_birdです。

まったく同感です。最近の地裁レベルの判決は酷いものが多い気がします・・・靖国違憲判決も確か地裁でしたよね?

思い出すと、わたしが子供の頃にもこういう先生がいました。小学1,2年生のころでしたが、担任の先生の印象をまったく覚えていなかったのですが、ふと年賀状を整理しているときにこの担任から来た賀状を見て理由がわかりました。広島がどうの、戦争反対がなんやらと長々と書いてありました。要は、この男の頭の中には教え子であるわたしのことなど、全く無いのでした。
自分の「思想」(などというほど立派なものでもないけれど)だけが大切で、子供と向き合おうという気持ちが皆無なのが、こうした日教組先生なのでしょう。酷いものです。
  • 2006-09-24
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C841] >HIROさん

>僕も事実そう教えられてきました。

そうなのですか!それはお気の毒でした。自分の国が悪い国だと教えられて育つのは悲しいことですよね。

私も校長先生しか君が代を歌っていない式典に出たことがあり、本当に驚き、心配になりました。自殺にまで至らなくても、異様な事態ですよね。本当におかしいです。

昇段試験頑張ってください!

[C842] >cyber_bird さん

年賀状に広島や戦争反対のことを書いてくるんですか?強烈ですね。

>自分の「思想」(などというほど立派なものでもないけれど)だけが大切で、子供と向き合おうという気持ちが皆無

私もそういう先生のクラスを知っていますが、まとまりがなく、トラブルが多く、酷いクラスでした。子供がかわいそうです。

[C843]

自分がいままで生きてきた中でも、喜びや反省、思い出したくもないことも多く経験しました。
でも、すべてを含めて自分として受け止めています。
それと同様に国旗もいろんな歴史を重ねていってよいものだと思いますね。
だから一時的に軍国主義の象徴だったとかということを認めたとしても、日の丸君が代でいいと思います。
すべて受け入れて国とともに存在していけばいいのですよね。
  • 2006-09-25
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C844] >ウナムさん

そうですよね。個人に置き換えたらわかりやすいですね。失敗しない人はいないし、失敗を乗り越えてこそ成長するんですよね。

私の認識としては、「軍国主義」のために戦う人はいないと思うので、戦時中であっても日の丸や君が代は「日本」の象徴であり「軍国主義」の象徴であったわけではないと思っています。そこが裁判長の「歴史的事実」という発言に引っかかったところです。

[C845] こんにちは

milestaさん、コメント&TBありがとうございました。こういう記事のTBだったのですね。いつも貴重なご意見で、非常に参考になります。私は、塾講師ですので、学校が荒れることが、まず何よりの心配事です。本当に、学校の先生たちと話してみたい気がします。

こちらからもTBさせていただきました。

[C846] >VIVAさん

>学校が荒れることが、まず何よりの心配事です。

とてもよくわかります。学校に通うお子さん達と毎日接していらっしゃるわけですものね。
本当は、教育正常化に熱心な先生など立派な先生もいらっしゃるんですよね。でもどんな先生に当たるかはわからないから、私立志向が進んだり、公立の評判が悪くなるのですよね。
今のような事態は、子供にも常識的で教育熱心な先生方にも気の毒だと思います。それに公教育の存在価値を不当に低めているとも思います。

塾の先生と学校の先生とが話すことってあまりないのですか。何となくそんな気はしていましたけど。(笑)

私の意見はあまり当てになりませんよ。学校ではあまり勉強熱心な方ではなかったので。自分の体験とか身近な人から聞いたことから出てくる発想ばかりで普遍的なものではないと思います。だからいつも、コメント欄にどんな意見が書かれるかドキドキです。(笑)

[C848] 実は

私立の先生とは、よく話すんですよ。入れ替わり立ち代り、うちのような零細塾でも、しょっちゅ来られますし、時にはこちらからおうかがいすることもあります。

あっ、そういえばキムタツ先生は灘高校の立派な先生です(見てないだろうな~)。おもしろいメールもくれますし、前向きです。

やはり問題は公立なんです。

こうなった元凶は、鳩山邦夫さんらの政治家、寺脇研さんなどの文部官僚。

まだまだ書きそうなので、この辺で。すいません、ついついmilestaさんのブログだとリラックスして書いてしまいます。

これからもよろしくお願いします。

[C849] >VIVAさん

あっそうですよね。公立の学校は塾がライバルという感じだけど、私立はちょっと違う関係ですね。キムタツ先生のブログを拝見したことがありますが、勉強ばかりでなく、いろいろなことを生徒に伝えようとされているという印象でした。

寺脇さんは「ゆとり教育」で有名な方ですよね。鳩山邦夫さんも関係していたのですか。

>ついついmilestaさんのブログだとリラックスして書いてしまいます。

どうぞどうぞ本音や愚痴はいつでもこちらで受け付けております。(笑)

こちらこそよろしくお願いします。

[C854] お言葉に甘えて(笑)

学校をおかしくした、元凶は彼の文部大臣当時のパフォーマンスですよ。

学校で、業者模試を実施することを禁止してしまったんです。これで、学校の進路指導の機能は完全に停止しました。ベテラン先生は、長年の経験から何とか形になっていましたが、そうでない人はひどいもんです。

塾にはデータがありますが、学校は定期テストのものしかなく、本番のテストのできが読めなぃ状態で、進路指導するものですから、もうメチャクチャ。

それでも数年は何とかしようと模索していましたが、いまや完全進路指導放棄!

そこへ追い討ちをかけるように、ゆとり教育で、絶対評価に通知表が変わってしまった。そうなると、親はもちろん、本人だって自分の学力がわからないんです。

ハッキリ言って、できない子も通知表で3がつきますから、あっ“普通”だと勘違いします。

おそらくネットで調べればすぐにお分かりになると思いますが、元凶は彼だと、私は信じて疑っておりません。

ふ~、すっきりしました。何かの折に記事にしようとは思っておりましたが…。
本当にながながとすみませんでした。

[C855] >VIVAさん

そうですか。ゆとり教育の前段階に関わっていたのですね。
学校が評価を嫌うというのは、変な体質ですよね。受験に限らず、実態を把握しなければ対策が打てるわけ無いですよね。
受験の現状には疎いので、知りませんでした。
また、いろいろと教えてくださいね。

[C861] さすがです

理論と感情がしっかり入っていて、
仰りたいことがよくわかります。
全く同感です。

国旗は国旗であり、
軍国主義の象徴ではなく日本の象徴です。
軍国主義を理由にそれを拒む筋合いなどどこにもありません。

PS
VIVAさんのコメントを読ませていただき、
現状に対する認識や状況は似てるなーと思いました。
仰りたいことが非常に良くわかります。

[C862] >刀舟さん

言いたいことが伝わったようで良かったです。
国歌・国旗問題は、日教組問題だと思うので、きちんと片を付けないと、必ず繰り返されると思うんですよね。公務員の義務の問題、歴史認識の問題、あらゆる方向から彼らの矛盾を指摘していくべきだと思っています。

VIVAさんと同様の認識だそうで、ふと思ったのですが、政府や文部科学省が教育問題について論じるときに、塾の先生の意見を聞いたりしないのでしょうかね。現場に近く、問題点を一番冷静に把握している気がするのですが。

[C863] 簡単な話なんです

  過去にどんなことが有ろうと、受け継がれてきたものを引き受けることです。日の丸にどんな経緯があろうと、君が代の「君」にどんな意味があろうと、大した問題じゃない。もし、サヨクが言うように、くらーい過去があったとしても、それは「今」でもないし、「未来」でもない。
  フジテレビの番組で、シンガポールのインド系のおっさんがインタビューに答えた一言が印象的です。「戦争はもう終わったんだ。これからどうするかが大切なんだ」と。
  あることないこと過去を蒸し返そうという人間は、要するに別れたブス・ブ男(朝鮮・支那)によるストーカー行為のきっかけを作ろうとしているわけです。ある意味、ポツダム宣言で大陸と手を切ったおかげで日本は発展できたわけですが、魅力も自信もない向こうとしては振り向いてもらわないと困る(笑)。だから、戦争責任だとかアジアの一員だとか言ってくるんです。
  無視すればいいんです。引きずっているのは向こうです。我々が戦うべきは、大陸の手先になっている日本人です。
  
  そうそう、例の国旗・国歌訴訟をやっている人たちが、判決後報告会を行った場所があるんですね。どこでしょう?
  答えは、以下のURLで。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-09-27/2006092704_01_0.html

  ただの、政治運動というわけですね。(笑)あ、TBさせていただきます。

[C864]

TBありがとうございました。
心温まるお話ですね。
オーストラリアの国旗も片隅にイギリスのユニオンジャックを付けているのに誰も反対していませんよね。
日の丸が軍国主義の象徴?
そう思っているのはごく一部の異端者だけですよ。
  • 2006-09-27
  • 投稿者 : Killkorea
  • URL
  • 編集

[C865] >ろろさん

すぐに報告に行っちゃうんですね。(笑)

>我々が戦うべきは、大陸の手先になっている日本人です。

そうですね。それぞれの国は国益を守らなければならないから、敵対することがあるのは当たり前だけど、日本人が日本を貶めようとするのは理解できませんね。

ろろさんの記事、さすが立て板に水でしたね。(笑)

[C866] >Killkorea さん

本当に異端者だけのはずですよね。
恐ろしいのは裁判長が異端者だったということです。

実はオーストラリアの旗は、カンガルー柄にしようかという論議もあるんです。もう独立国ですからね。でも、法律で替えることが決まったわけでもないので、今までの国旗にみな敬意を払っています。替えたいと思っている人も、今の国旗をないがしろにしたりはしていません。

ご訪問とコメントありがとうございました。

[C887]

コメントをどうぞ
  • 2006-09-29
  • 投稿者 : たけ坊
  • URL
  • 編集

[C1335]

はじめまして。
さんぼさんの所のトラックバックから来ました。
沖縄の小学生の話は初めて知りました。当時の子供の気持ちがよくわかるエピソードですね。

[C1336] >asayakeさん

はじめまして。
マスコミを通した報道ではないものに触れると、意外な真実がわかったりしますね。
asayakeさんのところも拝見しましたが、ご自身の見たことやお祖母様のお話など、実際に体験されたことを書かれていて、良い内容ですね。またお邪魔しますね。

[C1802] >naさん

せっかくご紹介いただきましたが、この記事にどのような関連があるのかわからないので削除いたします。

[C1963] 最高裁は幼稚園か?

TBを有難うございます。朝日新聞はじめ、社会が次第に幼児化しているように思えます。国旗国家法は、そろそろ罰則付きにしないといけませんね。
  • 2007-03-01
  • 投稿者 : hoihoihoi
  • URL
  • 編集

[C1965] >hoihoihoiさん

「幼稚園」もよかったですが、「罰則つき」もいいですね。そこまでしなくちゃわからないのか!って感じですよね。

[C3128] トラックバックありがとうございます。

お元気でしょうか?トラックバックを返信します。
  • 2007-12-27
  • 投稿者 : 西村幸祐
  • URL
  • 編集

[C3129] >西村幸祐さん

ただ今、身辺が慌ただしく、自分のブログの更新は休んでいますが、西村さんのブログが再開したので拝読しております。ネットラジオも楽しみにしています。
  • 2007-12-27
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

14件のトラックバック

[T85] 燃料電池は「現代の箱船」になるか?②

  代替エネルギー分野は、今大きく動き出しているようです。それだけ、昨今の石油情勢が深刻だということでしょう。前回、「ニゲロンパ」さんからコメントいただいたニュースです。ホンダ、バイオマスからエタノールを製造http://response.jp/issue/2006/0914/article8592

[T86] 燃料電池は「現代の箱船」になるか?①

  中国も、こういう面では一気に先進国の仲間入りをしたようですねぇ。以下のニュースが面白いので紹介しておきます。北京の大学生、4人に1人がうつ病症状 自殺増も問題化 http://news.goo.ne.jp/news/asahi/kokusai/20060912/K2006091203430.html (以下引用) 北京

[T87] 祝日には日の丸を掲げよう

秋分の日。お彼岸。風が気持ちのいい秋の日です。こういう日はぜひ日の丸を掲げたい

[T88] 血塗られた国旗

君が代、日の丸の話が続いたので。ちらっと書いときまス。へ(゜∇、°)へ ケケケケちょと壊れかけてるので。そこら辺は差っぴいて読んでくだしぇ。(`Д´≡`Д´)??だって・・・息抜きなんだも

[T89] 君が代訴訟、不当判決!

今回は『立ち返るべき「この国のかたち」』シリーズをUPするつもりでしたが、看過出来ないニュースがありましたので、産経新聞(平成18年9月22日)より関連記事を引用します。■「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める

[T90] 『熱血!ジャージ校長奮闘記』 鈴木高弘

学校で、国旗・国歌を強制することは、違憲であるという判決が、東京地裁から出されました。これでますます、学校の現場は混乱しますね。読売・産経 の両新聞の社説では、この判決に強く反発し、逆に 朝日新聞 は高く評価。 この決定は、これまでの他の判決とも矛盾して

[T91] 許せない東京地裁判決!「国旗国歌強制は違憲」か?とんでもない!

  ??!!? まずは驚いた!  そして嘆いた。 かくして我輩、腹の底に響く「重低音の如き怒り」が込み上げてきた・・・ 昨日の不愉快極まりないHNKニュースを見つつ、朝になれば地元ノンポリシー新聞(中国新聞)一面記事しかもトップにでかでかと・・・ 未だに

[T93] 【国旗・国歌】裁判官こそ「価値中立的」に!

入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代の斉唱を強要するのは不当だとして、東京都立の高校や養護学校などの教職員が都教委などを相手に、起立や斉唱義務がないことの確認などを求めた訴訟で、東京地裁(難波孝一裁判長)は、原告旬覆糧酬茲鮓世づ呂靴拭+ いくら

[T95] 国旗・国歌を否定する「画期的」判決に対する反論

  ※以下の小話はフィクションです。(笑)  私は常々「受験というのは若者に丸暗記を強制し、創造性を殺す」ということで、入試制度には疑問を抱いていました。こうして塾の講師をやっていますが、それは「子どもが好き」なのと、時間に余裕のある仕事がそれしかないか

[T100] 国旗・国歌論争

各紙の社説を読んで・・・

[T101] 【道新社説】今日も日教組・北教組の代弁マシーン

本日の北海道新聞社説http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?&d=20061001&j=0032&k=200610015790指導力不足*教員の質を高めるには(10月1日)  いたずらに子どもをしかりつける。児童生徒との関係がつくれない。こんな「指導力不足」と認定された教員が、

[T128] 国旗「日の丸」の制定

阿部正弘はこの事を斉昭に書面で知らせ、斉昭は 「ほかの事とは違い、この国旗制定は日本の後々の代までも国印として大切にされる物である。今、我々が制定しようと努力している国旗は日本の宝であり、制定された上は必ず西洋で出版される万国旗章図などにも掲載されるので

[T438] 沖縄集団自決教科書検定。 河野談話に匹敵する文科省の暴挙!

危惧されていた通りの内容になった。政治主義の横暴がついに教科書検定の原則を踏みにじり、歴史が政治に踏みにじられ、歴史教育が政治とイデオロギーの道具に成り果てた。しかも、この、学問・言論の自由の危機を指摘するメディアはない。 客観的な歴史認識をどこまで担...

[T439] ・沖縄「集団自決」問題の続報 ~大きな声をあげれば歴史が書き換わるのは当たり前なのか~

「強制」外し、怒りの声 軍隊美化を指摘「集団自決」検定問題:琉球新報 高校歴史教科書の「集団自決」(強制集団死)検定問題で、訂正申請の記述内容について文部科学省の教科書調査官と教科書出版社が、日本軍による「強制」の文言使用を避ける形で調整しているこ
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/54-332f310c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。