Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C815] 昔

まだ小学生の頃、
NHKの教育番組が好きでした。
中でも、理科に関する番組!
また、学研の『化学と学習』なんかも好きでしたね。
その影響はすごく受けたと思います。

理系離れが問題視されてる中、
こういった絵本は良いですね。
自然に興味が持てるって言うのが何よりもいいことだと思います。

[C816] おおっ

なんか言葉で説明するより(゚∀゚)イイ!でスねえ。
これ、買った!!
  • 2006-09-22
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C817] >刀舟さん

>NHKの教育番組
>学研の『化学と学習』

うちの主人とそっくりです。
そんな主人の肝いりで、子供のために学研の『化学と学習』をとろうと思ったら、付録がやたらと大きくて送料が高そうだったのでやめました。

[C818] >かっぱやろうさん

とてもわかりやすいですよ。子供は読んでいて、科学の本という意識は持たないかも。それくらい、絵本としてもよくできています。

[C819] 懐かしい^^

子どもの頃読みました~^^
氷になってしまうところが衝撃的でした(笑)
あの鮮やかな水色が思い浮かびます。
子ども達も、こういう絵本は大好きです。

[C821] >新歌さん

うちの子供たちも科学もの、結構好きです。擬人化してあると科学がぐっと身近に感じますよね。
やはり氷は衝撃的でしたか。(笑)

[C847] 面白そうな絵本ですね

しずく君の形が「しずく」としてありえない形だ・・・とか薀蓄になってしまうのが理系の駄目なところでしょうか(^^;
本当は雨粒も水滴も球形、丸いんですよ。さてこの「しずく」の形、だれが発明したのでしょう??

水蒸気と湯気、普段あまり意識して使い分けてないですけど、言われてみれば違うんですね。水蒸気は気体、湯気は雨粒と同じように液体で、ただその粒の大きさがとても小さいということでしょうか。

なかなか高度な内容みたいですね。子供ができたら呼んで聞かせたいです。さていつになるか(笑)
  • 2006-09-25
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C850] >cyber_bird さん

>本当は雨粒も水滴も球形、丸いんですよ。

わっ、またまたびっくりです。この本はずっとしずく型なので、理系の方は気になるかも。

>子供ができたら読んで聞かせたいです。さていつになるか(笑)

cyber_bird さんのような方が子供を育てたら、すごくバランスのとれた人になりそうですね。日本の将来のためにも、早くその日が来ることをお祈りします!


[C3046] トラックバックどうも!

確かに水滴は丸いですね。
うん。
僕のブログでも確認しましたw
水は冒険してるんですよね。
つまり水の絶対量は決まってるってことでしょうかね?
海になったり雨になったり雲になったり水蒸気になったり。
トラックバックありがとうございました
  • 2007-11-20
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C3047] >ウナムさん

神魂神社としずくって似合いますね。
どちらも、こぢんまりしていて清いからかな?
絶対量、決まっているんでしょうかね。この本を読んでいる限りは、決まっているような気がします。こんなことも知らないのに、今宇宙の本(文系向け)を読んでいて頭がビックバンをおこしそうになっています。
  • 2007-11-20
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T84] 今こそ日本人が歴史に学ぶとき

昨日はあの忌まわしい「国旗・国歌訴訟」であちこち暴言を吐きまくった(?)ので今日は少し休憩を。私たちが今こうして平和に暮らし、いろいろなことを自由に言えるのはなぜだろうと考えたことはありますか?私は皇室典範改正
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/53-902a0f4f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『しずくのぼうけん』 マリア・テルリコフスカ作・絵 うちだ りさこ訳

しずくのぼうけん しずくのぼうけん
マリア・テルリコフスカ、うちだ りさこ 他 (1969/08)
福音館書店
この商品の詳細を見る


主人が子供に「水蒸気と湯気の違いは・・・。」と言っているのを聞いて私はびっくり。「えーっ、水蒸気と湯気って違うんだ?」
そう、私は理科が大の苦手だ。だから子供達に「雨って何で降るの?」などと聞かれたら、黙ってこの本を差し出すしかない。まぁ、子供達も「お母さんに聞いても無駄だ。」と思っているから、聞かれる心配はないけれど・・・。

しずくくんは、バケツの中から飛び出した一粒の水滴。おひさまに当たって、どんどんやせながら空へのぼり、仲間と出会って雲になり、雨になってポロポロと地面に落ちる。氷になったり、水道の蛇口から飛び出したり、と冒険の旅を続ける。

しずくというものは、もともとかわいらしい形をしているけれど、とぼけたような表情と、かぼそい手足を見ると、冒険の行方がを心配してやりたくなる。

しずくくんの行方を追っていくだけで、へぇこれも水だったの?あれも水だったの?と、小さな子供にもわかるように描かれている。
「水がね・・・。」
と説明するよりも
「しずくくんがね。」
と言った方が子供の興味の持ち具合がぐっと増す。実は子供だけでなく私もだ。

科学的にわかりやすくできているのが、雲がたくさんのしずくからできていて、そのしずくがまた雨になって落ちていくところ。それから、しずくが岩の隙間で氷になると体積が増えて岩を粉々に壊してしまうところ。この絵を見た子供は「水は氷になると大きくなる。」これを一生忘れないだろう。

この本は、科学のことをわかりやすく教えてくれるだけでなく、絵が洗練されていて大人の鑑賞にも堪えるものだと思う。
線がシンプルではっきりしていて、懐かしいような感じ。
そして色遣いがすてきだ。日本の絵本に使われているのはあまり見たことがない地味に抑えた中間色は、真面目だけど温かい印象で、「科学に親しむ」というテーマに似合っている。
いろいろな国の色鉛筆やクレヨンを並べてみると、国によって採用されている色が違ったり、同じ名前の色でもトーンが違ったりするが、この絵本が描かれたポーランドの色鉛筆を見てみたくなる。

「水蒸気と湯気の違い」は残念ながらこの本を読んでもわからない。でも、この本を使って、こう説明することはできる。「しずくくんの輪郭が点線の時は水蒸気で、はっきりとした実線の時は湯気なのよ。」と、ちょっと得意気に。

10件のコメント

[C815] 昔

まだ小学生の頃、
NHKの教育番組が好きでした。
中でも、理科に関する番組!
また、学研の『化学と学習』なんかも好きでしたね。
その影響はすごく受けたと思います。

理系離れが問題視されてる中、
こういった絵本は良いですね。
自然に興味が持てるって言うのが何よりもいいことだと思います。

[C816] おおっ

なんか言葉で説明するより(゚∀゚)イイ!でスねえ。
これ、買った!!
  • 2006-09-22
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C817] >刀舟さん

>NHKの教育番組
>学研の『化学と学習』

うちの主人とそっくりです。
そんな主人の肝いりで、子供のために学研の『化学と学習』をとろうと思ったら、付録がやたらと大きくて送料が高そうだったのでやめました。

[C818] >かっぱやろうさん

とてもわかりやすいですよ。子供は読んでいて、科学の本という意識は持たないかも。それくらい、絵本としてもよくできています。

[C819] 懐かしい^^

子どもの頃読みました~^^
氷になってしまうところが衝撃的でした(笑)
あの鮮やかな水色が思い浮かびます。
子ども達も、こういう絵本は大好きです。

[C821] >新歌さん

うちの子供たちも科学もの、結構好きです。擬人化してあると科学がぐっと身近に感じますよね。
やはり氷は衝撃的でしたか。(笑)

[C847] 面白そうな絵本ですね

しずく君の形が「しずく」としてありえない形だ・・・とか薀蓄になってしまうのが理系の駄目なところでしょうか(^^;
本当は雨粒も水滴も球形、丸いんですよ。さてこの「しずく」の形、だれが発明したのでしょう??

水蒸気と湯気、普段あまり意識して使い分けてないですけど、言われてみれば違うんですね。水蒸気は気体、湯気は雨粒と同じように液体で、ただその粒の大きさがとても小さいということでしょうか。

なかなか高度な内容みたいですね。子供ができたら呼んで聞かせたいです。さていつになるか(笑)
  • 2006-09-25
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C850] >cyber_bird さん

>本当は雨粒も水滴も球形、丸いんですよ。

わっ、またまたびっくりです。この本はずっとしずく型なので、理系の方は気になるかも。

>子供ができたら読んで聞かせたいです。さていつになるか(笑)

cyber_bird さんのような方が子供を育てたら、すごくバランスのとれた人になりそうですね。日本の将来のためにも、早くその日が来ることをお祈りします!


[C3046] トラックバックどうも!

確かに水滴は丸いですね。
うん。
僕のブログでも確認しましたw
水は冒険してるんですよね。
つまり水の絶対量は決まってるってことでしょうかね?
海になったり雨になったり雲になったり水蒸気になったり。
トラックバックありがとうございました
  • 2007-11-20
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C3047] >ウナムさん

神魂神社としずくって似合いますね。
どちらも、こぢんまりしていて清いからかな?
絶対量、決まっているんでしょうかね。この本を読んでいる限りは、決まっているような気がします。こんなことも知らないのに、今宇宙の本(文系向け)を読んでいて頭がビックバンをおこしそうになっています。
  • 2007-11-20
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T84] 今こそ日本人が歴史に学ぶとき

昨日はあの忌まわしい「国旗・国歌訴訟」であちこち暴言を吐きまくった(?)ので今日は少し休憩を。私たちが今こうして平和に暮らし、いろいろなことを自由に言えるのはなぜだろうと考えたことはありますか?私は皇室典範改正
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/53-902a0f4f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。