Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C618] 買っちゃった!

安かったから、買っちゃった!
私、女性のイラストについては、いつも思うことがあるのだけど・・・あ、これネタにしよう。じゃ、いーわないっと!
v-8
とにかく、この人の絵は上手いわ。可愛いわ。線や形のスッキリ感が、なんとも言えません。中が早く見てみたい!
で、私も絵手紙作って、ブログに載せようっと!
  • 2006-08-31
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C619] >失敗だらけだフニャさん

す、すばやいですね。もう買っちゃったんですか?びっくり。
安いのは文庫だからかな。
杉浦さんの絵は、「ああ、こういう風に描けたらなぁ。」という絵なんですよね。
フニャさんの絵手紙、楽しみだなぁ。

[C620] 絵は

とても苦手です。
私が描くと、到底人間の絵とは思えない素晴らしい?作品になってしまいます。
要するに、描けません…

こういった本で勉強してみようかな…

[C621] >刀舟さん

私も、以前勤めていた会社で企画書にイラストを添付する必要があったとき、同僚から「お前が絵を描くと通る企画も通らなくなる。」と言われ、代わりに描いてもらっていました。(笑)

失敗だらけだフニャさんのブログ“芸術的イエローカード”によると、絵は練習すればするほど上達するんですって!この本には技法はあまり載っていないけど、練習する価値はありそうですよ。

[C622]

わたしも買っちゃいました^^;

milesta さんが紹介した本、随分買ってしまったような。。。

プチ・ニコラも5冊買っちゃったし^^;
でも、ごめんね。。。送料がかかるからセブンアンドワイで購入したのよ。。。<(_ _)>

  • 2006-08-31
  • 投稿者 : ちさと
  • URL
  • 編集

[C623] >ちさとさん

ええっ、ちさとさんも買っちゃったんですか?
どこで買ってもいいですよ~。

日本に帰ったら本の営業ウーマンになろうかしら。(笑)

[C624] そでスよねー

>下手でも心を込めれば伝わるんだ!

あちしも、字が下手でス。
が。
一生懸命に書くと喜ばれたりしまスよね。
昔手紙書いたこと思い出しまスただ。
ナチカシー。
  • 2006-08-31
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C626] 手紙を書く余裕を

絵手紙ブームがあったころ、母がよくやってましたよー^^我が母ながら結構雰囲気のある水彩画で(静物画ですけど)、お友達にも好評だったみたいです。離れて一人暮らしをしていた学生の私にも時折描いてくれました。

一筆近況をサラリと手紙に出来るような、ゆったりした気持ちで暮らしたいですよね。

[C627] >かっぱやろうさん

>昔手紙書いたこと思い出しまスただ。

おおっ、そういう時はきっと「ナムナム」とか「ペッ」とか書いたりはしないんですよね?

[C628] >きゆさん

お母さまは水彩画で描かれるんですね。尊敬しちゃいます。

私も最近はついついメールですませて手紙を書かなくなりました。

[C630] な、なるほど、納得です・・・

>いて・・・というのが思い浮かぶけれど、題材も画材も紙も画風も本当は自由。この本を覗いたら、それがわかる。私だってコピー用箋と鉛筆とサインペンだけで描いていた。絵手紙は楽しい! ・・・
milestaさん、おわりの一行!
なっとくです。
私も、絵手紙?書いて見たくなりました。(ならば、軍艦長門の絵でも書くか?それともゼロ戦か?加藤隼戦闘隊!そんなの贈る方も貰う方も恥ずかしい?・・・やっぱ、止めとときますか・・・なになに、tonoさんか刀舟さんなら大丈夫ですって?そうかなあ~・・・)
失礼しました!
でも、
私は本当は絵が大好きなのです。観るよりも、描く方が・・・

[C631] 絵手紙は憧れ!!

ずっと前から絵手紙に憧れていますが、なかなか描けないです。
叔母が教室に通っていてとても素敵な絵手紙を時々くれるのですが、私は教室に通うのもな~なんて思いながらPCメール・デジカメ専門です。
お年寄りは手書きでというと凄く喜ばれます。
それが絵手紙だったらもっと喜ばれますね。
私も、この本で少し勉強してみようかな~
  • 2006-08-31
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C632] >エセ男爵さん

tonoさんと刀舟さん、さぞお喜びになるでしょう!
でも私も見たいので、ブログで公開していただけたら、もっと嬉しいです。

[C633] >マリリンさん

この本を見ると、従来の絵手紙のイメージがガラリと変わるかもしれません。
筆がなくたって描けるし、描けなかったら切り貼りしてもいいんです。そんな柔軟な発想が生まれてくる楽しい本ですよ。

[C634] 素敵ですねぇ

絵手紙、素敵ですね。
わたしは筆不精で子供の頃から手紙は苦手でした。
最近はメールなどで気軽に送れるので、余計に「手紙」からは遠ざかってしまいました。
直筆の方が、いかに下手でも気持ちは伝わるものですけどね。
  • 2006-08-31
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C635] >cyber_bird さん

メールの時代だから、直筆の手紙は余計に嬉しいですね。私の友達は、直筆でくれる人が多いので幸せです。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T53] 美術教育私見2 発信の喜び

前回、子どもの描く絵は、「コミュニケーションを楽しむための手段だ」と述べました。そして、それが美術の基本だと。今回はその続き。
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/43-6c373ada
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『絵てがみブック』 杉浦さやか

絵てがみブック 絵てがみブック
杉浦 さやか (2002/04)
角川書店
この商品の詳細を見る


生まれ育った東京から北海道に行くことになって祖母に「もう会えないのね。」と泣かれてしまった私は、どうにかして安心させなくちゃと思い、北海道での出来事を手紙に書くことにした。

ところが予想外のことが起こった。北海道には、東京人が見たこともない物や、やったことがないことが多くて、説明が難しい。例えば雪かきの様子は、その服装や道具、シャベルの持ち方のコツ、どこにどのように雪をなげるか(捨てるか)など、どれをとっても言葉では表しにくい。まだデジカメの時代でもなくイラストでの説明が必要だった。ところが私は絵が大の苦手。それでも描いて伝えなくちゃ!と思うようなカルチャーショックが次々と起こり、月に1回は絵手紙を描いた。時間をかけて苦労して描くので、祖母だけに送るのは勿体ないとコピーを友人達にも送っていた。

何年か経って、この『絵てがみブック』を発見し、あの時この本が手元にあったらなぁと思った。
絵心ゼロの私にもわかりやすく、最初に紙や画材の説明がかわいらしいイラストで描かれている。へぇ、プロの人はこんなに道具を使い分けているんだね。そして、どんなことをどんな風に描くかの例・アイデアがたくさん載っている。

杉浦さんの個性が、とても私の好みに合っているところがいい。イラストがシンプルで、いろいろなことを説明するのにはぴったりだし、杉浦さんの“描きたい”と思うことと私の興味の対象が似ている。
この本の中に「巣鴨とげ抜き地蔵(通称おばあちゃんの原宿)のカッコイイおばあちゃん」が描かれていたが、私も「○○町のベストドレッサー(おばあちゃん部門)」という企画でおしゃれなおばあちゃんを採り上げた。
他の著書にはベトナムでへんてこな雑貨を探し歩いたと書いてあったが、私もタイで友人と「へんてこな雑貨探し競争」をした。
描きたいと思う物は同じなのに、イラストの出来はなぜこんなに違うのだろう。

下手な絵だったけど、絵手紙を描いていて良かったと思う。
一つには、送った相手が喜んでくれたこと。デジカメとパソコンで手紙を書くようになってからも「あの手描きの手紙、良かったよね~。」と友人に言われることがある。下手でも心を込めれば伝わるんだ!
もう一つは、絵手紙に描くぞ!と思うと、何にでも興味が沸き、よく観察したり味わったりするようになる。正直言って都会暮らしに慣れていると、北海道での暮らしは不便だし、寒いし、退屈だ。それでも「違いを楽しむ」ということに徹すると、あれあれ不思議、北海道の生活は、自然が身近にあり、地域社会が機能していて、おいしいものを堪能できる魅力的な暮らしに一転する。

「絵手紙」というと、野菜や花や風景を筆でさらさらと描き、気の利いた一言を墨で書いて・・・というのが思い浮かぶけれど、題材も画材も紙も画風も本当は自由。この本を覗いたら、それがわかる。私だってコピー用箋と鉛筆とサインペンだけで描いていた。絵手紙は楽しい!

 

16件のコメント

[C618] 買っちゃった!

安かったから、買っちゃった!
私、女性のイラストについては、いつも思うことがあるのだけど・・・あ、これネタにしよう。じゃ、いーわないっと!
v-8
とにかく、この人の絵は上手いわ。可愛いわ。線や形のスッキリ感が、なんとも言えません。中が早く見てみたい!
で、私も絵手紙作って、ブログに載せようっと!
  • 2006-08-31
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C619] >失敗だらけだフニャさん

す、すばやいですね。もう買っちゃったんですか?びっくり。
安いのは文庫だからかな。
杉浦さんの絵は、「ああ、こういう風に描けたらなぁ。」という絵なんですよね。
フニャさんの絵手紙、楽しみだなぁ。

[C620] 絵は

とても苦手です。
私が描くと、到底人間の絵とは思えない素晴らしい?作品になってしまいます。
要するに、描けません…

こういった本で勉強してみようかな…

[C621] >刀舟さん

私も、以前勤めていた会社で企画書にイラストを添付する必要があったとき、同僚から「お前が絵を描くと通る企画も通らなくなる。」と言われ、代わりに描いてもらっていました。(笑)

失敗だらけだフニャさんのブログ“芸術的イエローカード”によると、絵は練習すればするほど上達するんですって!この本には技法はあまり載っていないけど、練習する価値はありそうですよ。

[C622]

わたしも買っちゃいました^^;

milesta さんが紹介した本、随分買ってしまったような。。。

プチ・ニコラも5冊買っちゃったし^^;
でも、ごめんね。。。送料がかかるからセブンアンドワイで購入したのよ。。。<(_ _)>

  • 2006-08-31
  • 投稿者 : ちさと
  • URL
  • 編集

[C623] >ちさとさん

ええっ、ちさとさんも買っちゃったんですか?
どこで買ってもいいですよ~。

日本に帰ったら本の営業ウーマンになろうかしら。(笑)

[C624] そでスよねー

>下手でも心を込めれば伝わるんだ!

あちしも、字が下手でス。
が。
一生懸命に書くと喜ばれたりしまスよね。
昔手紙書いたこと思い出しまスただ。
ナチカシー。
  • 2006-08-31
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C626] 手紙を書く余裕を

絵手紙ブームがあったころ、母がよくやってましたよー^^我が母ながら結構雰囲気のある水彩画で(静物画ですけど)、お友達にも好評だったみたいです。離れて一人暮らしをしていた学生の私にも時折描いてくれました。

一筆近況をサラリと手紙に出来るような、ゆったりした気持ちで暮らしたいですよね。

[C627] >かっぱやろうさん

>昔手紙書いたこと思い出しまスただ。

おおっ、そういう時はきっと「ナムナム」とか「ペッ」とか書いたりはしないんですよね?

[C628] >きゆさん

お母さまは水彩画で描かれるんですね。尊敬しちゃいます。

私も最近はついついメールですませて手紙を書かなくなりました。

[C630] な、なるほど、納得です・・・

>いて・・・というのが思い浮かぶけれど、題材も画材も紙も画風も本当は自由。この本を覗いたら、それがわかる。私だってコピー用箋と鉛筆とサインペンだけで描いていた。絵手紙は楽しい! ・・・
milestaさん、おわりの一行!
なっとくです。
私も、絵手紙?書いて見たくなりました。(ならば、軍艦長門の絵でも書くか?それともゼロ戦か?加藤隼戦闘隊!そんなの贈る方も貰う方も恥ずかしい?・・・やっぱ、止めとときますか・・・なになに、tonoさんか刀舟さんなら大丈夫ですって?そうかなあ~・・・)
失礼しました!
でも、
私は本当は絵が大好きなのです。観るよりも、描く方が・・・

[C631] 絵手紙は憧れ!!

ずっと前から絵手紙に憧れていますが、なかなか描けないです。
叔母が教室に通っていてとても素敵な絵手紙を時々くれるのですが、私は教室に通うのもな~なんて思いながらPCメール・デジカメ専門です。
お年寄りは手書きでというと凄く喜ばれます。
それが絵手紙だったらもっと喜ばれますね。
私も、この本で少し勉強してみようかな~
  • 2006-08-31
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C632] >エセ男爵さん

tonoさんと刀舟さん、さぞお喜びになるでしょう!
でも私も見たいので、ブログで公開していただけたら、もっと嬉しいです。

[C633] >マリリンさん

この本を見ると、従来の絵手紙のイメージがガラリと変わるかもしれません。
筆がなくたって描けるし、描けなかったら切り貼りしてもいいんです。そんな柔軟な発想が生まれてくる楽しい本ですよ。

[C634] 素敵ですねぇ

絵手紙、素敵ですね。
わたしは筆不精で子供の頃から手紙は苦手でした。
最近はメールなどで気軽に送れるので、余計に「手紙」からは遠ざかってしまいました。
直筆の方が、いかに下手でも気持ちは伝わるものですけどね。
  • 2006-08-31
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C635] >cyber_bird さん

メールの時代だから、直筆の手紙は余計に嬉しいですね。私の友達は、直筆でくれる人が多いので幸せです。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T53] 美術教育私見2 発信の喜び

前回、子どもの描く絵は、「コミュニケーションを楽しむための手段だ」と述べました。そして、それが美術の基本だと。今回はその続き。
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/43-6c373ada
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。