Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C435] 夢中になりました

大学受験の時も、会場まで持ち込んで、試験直前まで読んで笑ってました。
もちろん、試験が終わったら、またすぐ続きを読みましたよ。
\(^O^)/
  • 2006-08-10
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C436] エスプリシャワー

ぜひ浴びてみたいので、待合室の備品ということにして全巻購入することにいたします。
でも、milestaさんご紹介の絵本どれも読んでみたくなって、絵本ばかり置いてある診療所で有名になってしまいそう・・・
実は家は子供さんは診てません。バレバレ(笑)
  • 2006-08-10
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C437] この本は

知らなかったっス。
一番受けたのは、

>「どうにもならないよ、パパなんて、どこも似たようなもんさ。ふざけすぎるんだよ。ぼくらが気をつけてやらないと、あの人たちは、自転車をこわして、けがをしてしまうんだよ。」

ここでスねー。
ヤロウなんて年取っても子供みたいなもんでスな。
あちしもだけど。
そんなおっさんになりたいと思うことしきり。
オヤジが無邪気だと、子供もまっすぐ育つんじゃないかなあ、
なんて思うんですが、そんなことないでせうか。
まあ無邪気すぎるのもなんでスが。
  • 2006-08-10
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C438] >失敗だらけだフニャさん

えっ、ご存じだったんですか?
この本、知ってしまったら夢中になりますよね。でも知名度が低い。何でだろう?

[C439] >マリリンさん

この本なら、大人向きだから備品でいけます。
子供が読みたいと言っても、「これは大人向けだ。」と言って譲らないお父さんや、大人同士で本を取り合って取っ組み合う光景が見られるようになったら、患者さんたち、かなりのニコラ通になったと見て良いでしょう。(笑)

[C440] >かっぱやろうさん

この本めちゃくちゃ面白いのに、なぜか知られていないんですよね。失敗だらけだフニャさん↑が、ご存じだったのが不思議なくらい。

日本のお父さんたちも、こうですか?
かっぱやろうさんのコピー思いつきました。
“平成の頑固親父、実は無邪気”

[C441] 連投失礼

あちし、
子供と一緒に泥んこ遊びして、
子供と一緒にかみさんから怒られるタイプだと思われ。
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C442]

子供のちょっとひいた視点もいいですね。
でもその子供たちもあんなパパみたいになっていくのでしょうね。
僕も中学生のころの感覚が今でも顔を出します。
結構無邪気かも。
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C443] 面白そうな本!

まさにトルシエだらけの世界ですね。
だけどずっと大人ぶってるのは人生の半分損してますよ。
時には子供のように感動したり、はしゃいだりする方が健全というものです。
僕ですか、僕は6歳の甥っ子にマリオカートで負けた時、僕が勝つまで付き合わせましたが何か?
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : コウノスケ
  • URL
  • 編集

[C445] >かっぱやろうさん

やはり無邪気だ!

[C446] >ウナムさん

>子供のちょっとひいた視点

これがおもしろいんですよね。パパが木に縛り付けられて大騒ぎしていても「へぇ、パパって一人で楽しめるほど西部劇ごっこが好きだったんだぁ。」という具合です。

ネコに囲まれたときのウナムさん、無邪気が洋服着てるって感じですよね。(笑)

[C447] >コウノスケさん

この本、とーっても面白いですよ。

>だけどずっと大人ぶってるのは人生の半分損してますよ。

そうかもしれませんね。子供と一緒に本気で遊んでいると、そういうことに気づきますね。子供がいなかったらずっと大人ぶっていたかも。

しかし・・・甥っ子さん、泣いちゃったりしないんですか?泣かせちゃダメですよ。(笑)

[C448]

甥っ子は何度泣かされても僕に会いたがる可愛いヤツです。
僕が走り出すと追い抜こうと必死になるし。ライバル視されてる予感。抜かさせませんけども。
追伸:勝手にリンクさせていただきました。ご了承下され。
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : コウノスケ
  • URL
  • 編集

[C449] >コウノスケさん

子供って自分が半人前扱いされるのを嫌がるから、真剣勝負してくれるコウノスケさんが好きなのかも。

リンクありがとうございます。こちらも貼らせてもらいました。

[C450]

僕は去年学校にいたときちょっと大人ぶっていたんですよ。
でも、それだとどんどん生徒の気持ちが離れるばかりだったんです。
ありのままの自分をみせる、ある程度バカを見せることが大事とわかりました。
もちろん本当のバカではなく、尊敬を失ってはだめですけどね。
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C451] 面白そう

子供だけではなく、大人までも剥きになってハチャメチャな事をするところが、たまらなく可笑しいですね。

またそれを、子供達が客観的と言うか、「僕達が気を付けて見ないと、自転車を壊してしまう」と言うところが、なんとも生意気で、でも可笑しい。

これ読んで見たいです
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : ちさと
  • URL
  • 編集

[C452] >ウナムさん

そんな体験をされたんですね。
ウナムさんやコウノスケさんのお話を伺い、大人と子供が交流することって、大人にとっても大切なことなのかもしれないなぁと思いました。

[C453] >ちさとさん

本当にたまらなく可笑しいんですよ。
子供の生意気な発言も随所にでてきます。
ぜひ読んでみてください。

[C506] 私の方もTBしました

TBありがとうございます。せっかく、TBしていただけたんですもの。milestaさんのニコラ好きを、私も宣伝いたしますわ。
v-207v-238
  • 2006-08-19
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C508] >失敗だらけだフニャさん

TBありがとうございます。
ニコラ君がだんだんメジャーになっていくようで嬉しいです。

[C1110] ちょっと違いますが

先日「僕の名前はセザール。身長は1m39cm」というフランス映画を見ました。特典映像の中で出演していた俳優が「プチニコラみたいな映画だから出演を決めた」と話していたので、とっても気になったのでコメントしました。直接関係なくてすみません。この映画もなかなか面白かったですよ♪

[C1113] >ゆうさん

その映画、とても気になります。見てみたいなぁ。
フランス映画で、エスプリを感じたのは
ジャックタチの「ぼくの叔父さん」です。ニコラとはちょっと違うけど。

[C2238] 今読んでいます

こんにちは
はじめまして

今、ニコラと仲間たちの本をフランス語で読んでいます。でも、自分の解釈で合っているか、自信がいまいちないのですが・・。でも、主人がこれは簡単だし、とてもいい本だよと言うので、頑張って読んでいます。
すごく素敵な本ですよね!
  • 2007-04-20
  • 投稿者 : ここまっと
  • URL
  • 編集

[C2241] >ここまっとさん

初めまして。ご訪問とコメントありがとうございます。
ここまっとさんのブログも拝見しましたら、何とニコラの国にお住まいなんですね!
本当に楽しい本で、大好きです。
最近作者の遺族かどなたかが、今まで本になっていなかった原稿を発見されたとかで、新しいシリーズが出たそうなので、そちらも読みたいと思っていたところです。
よろしかったら、また遊びにいらしてくださいね。

[C3206] プチニコラ

もーおもしろすぎ!!だってー、ニコラのウンコがねー!(‘~‘)

[C3274]

プチ・ニコラいつも、かりています。
  • 2008-03-11
  • 投稿者 : くろりん
  • URL
  • 編集

[C3282] >くろりんさん

お返事、大変遅くなってすみません。
コメントありがとうございました。ニコラは一度読むと次々読みたくなるシリーズですよね。
  • 2008-03-27
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T42] 問題解決の交渉学 その4

さて、『問題解決の交渉学』に載っている、コンフリクトの解決策を、ざっと見てきたのですが、著者の野沢聡子さんは、こんなこともおっしゃっています。「とりあえずは話し合ってみなければ何もわからないわけですから、『ま

[T700] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2008-10-10
  • 発信元 :

[T768] 『Le petit Nicolas』読了

なんと、この前読み始めた 2冊目のフランス語原書『Le petit Nicolas』が、もう終わってしまった。うーん、やはり児童書は簡単だったな~。 でも、わからない単語やフレーズもちょこちょこあったので、勉強になった。学校での表現とか子供のスラングとかが頻出してたので偏...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/33-4426187d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『プチ・ニコラ』 ジャン=ジャック サンペ・絵 ルネ ゴシニ ・文

プチ・ニコラ〈1〉集まれ、わんぱく! プチ・ニコラ〈1〉集まれ、わんぱく!
ジャン=ジャック サンペ、ルネ ゴシニ 他 (1996/02)
偕成社
この商品の詳細を見る


このシリーズを読みたくて読みたくて読みたくて、20年以上思い続けてやっと入手したときの気持ちと言ったら・・・あのとき地震や火事があったら、きっとこの五冊だけを持って逃げていただろう。

ニコラに初めて出会ったのは、4~5年生くらいの頃だった。祖父母の家にあった文春文庫版『わんぱくニコラ』をパラパラとめくっているうちに、ニコラと仲間たちの虜になってしまった。

ニコラはフランスの小学生。同級生には、いつも何か食べている食いしん坊のアルセスト、誰かの「鼻先に一発食わせ」たくてしかたがない力自慢のユード、ガリ勉アニャン、警察官の父を持つリュフュス・・・個性的な面々が勢揃い。彼らの起こす事件で学校生活はハチャメチャだ。

記念撮影をするだけだって大変な騒ぎ。大金持ちのジョフロワは火星人の服を着てくる。一番背が高く写りたいユードはみんなを威嚇し、とうとう火星人が頭に被っているドームを殴ってへこませ脱げなくしてしまう。そんな騒動でアルセストはジャムパンを落として服がベトベト。アニャンの眼鏡がはたき落とされ大声で泣き叫ぶ。「もう目がみえないよう。みんなぼくのことをきらっているんだ。死にたいよう。」
全員がきちんと並んでニコニコ笑ったときは、もう写真屋さんは帰ってしまっていた。

子供だけでなく大人までもがすぐにムキになる。ニコラに新しい自転車を買ってやったパパはこう言う。

「パパはものすごい自転車競技のチャンピオンだったんだよ。おまえのママと会いさえしなけりゃ、パパはたぶんプロの選手になってただろうね。」
 そんなこと、ぼくは知らなかった。ぼくはパパが、サッカーや、ラグビーや、水泳や、ボクシングのすごい選手だったことは知っていたけど、自転車のことははじめて聞いたんだ。


これだけでニコラのお父さんを大好きになってしまう。そこに隣家のブレデュールさんが登場して自分は自転車のすごい選手だったと言う。そして自慢合戦、けなし合いが始まり、とうとう大人二人が町内一周タイムレースをすることになる。ニコラの新しい未だ誰も乗っていない自転車で。挿絵には、小さな自転車の上に前屈みに卵のように丸く縮こまって、必死に自転車をこぐブレデュールさんが描かれている。パパの絵は・・・ハンカチで顔をぬぐいながら、ひしゃげた自転車を片手に歩いてくる姿だ。勢い余ってゴミ箱に突っ込んだのだ。
翌日学校で、ニコラからその話を聞いたクロテールの言うことがふるっている。

「どうにもならないよ、パパなんて、どこも似たようなもんさ。ふざけすぎるんだよ。ぼくらが気をつけてやらないと、あの人たちは、自転車をこわして、けがをしてしまうんだよ。」

この二人の大人はニコラたちの西部劇ごっこにも口を出し、最後にパパは木に縛り付けられて放置されてしまう。もちろん縛り付けたのはブレデュールさんだ。

そんな彼らが、私のフランス人男性観を形作り、近年カルロス・ゴーンさんやトルシエさんが経済界やスポーツ界で辣腕をふるうニュースを見ても「この人たちだって子供みたいなところがあるに違いない。」と何だか親しみがわいて仕方がないのだ。
そういえば、TV番組『料理の鉄人』で必死になってフランス人シェフを勝たせようとしていたフランス人審査員のお歴々には、ニコラのパパやブレデュールさんと同じ精神構造を感じ、彼らが真剣になればなるほど笑いがこみ上げてきた。

さて、この本が気に入り、二冊の文庫本は購入したが、待てど暮らせど全部で五巻あるはずの残りの三巻が出てこない。しびれを切らして、文藝春秋社の読者カードに催促の手紙を書いたが、何の効果もなかった。

成人してから友人と行ったパリ。私は一人で本屋をぶらついていた。そして何気なく本棚に目を向けると“NICOLAS”の文字だけが目に飛び込んできた。「もしかして・・・でも、まさか・・・。」そして手に取ると、そこには見慣れたニコラのイラストが描いてあった。あわててシリーズ全巻をその場で購入した。日本に帰ってから辞書を引き引き訳してみたが、英語さえままならない私にフランス語など言語道断。二章余りで挫折してしまった。

我が子が本に親しむようになったので児童書の目録を見ていると、今度は『ニコラ』の文字を発見。『プチ・ニコラ』シリーズが偕成社文庫から復刊し、残りの三巻も新たに翻訳されたのだった。我が子がこれを読むにはまだ早い。それでも即座に購入を決めた。20年も待ったのに買いそびれたくはなかったからだ。
読んでみて、相変わらずのハチャメチャさに大いに笑った。偕成社文庫のキャッチフレーズ「子どもとおとなのための偕成社文庫」にふさわしい、大人も楽しめる作品だ。

フランスに憧れ、フランスのセンスを身につけたい方には、有名ブランドのバッグなどよりも、この『プチ・ニコラ』ブランドの書籍をお薦めしたい。きっとエスプリという名のシャワーを浴びることができるから。

   

27件のコメント

[C435] 夢中になりました

大学受験の時も、会場まで持ち込んで、試験直前まで読んで笑ってました。
もちろん、試験が終わったら、またすぐ続きを読みましたよ。
\(^O^)/
  • 2006-08-10
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C436] エスプリシャワー

ぜひ浴びてみたいので、待合室の備品ということにして全巻購入することにいたします。
でも、milestaさんご紹介の絵本どれも読んでみたくなって、絵本ばかり置いてある診療所で有名になってしまいそう・・・
実は家は子供さんは診てません。バレバレ(笑)
  • 2006-08-10
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C437] この本は

知らなかったっス。
一番受けたのは、

>「どうにもならないよ、パパなんて、どこも似たようなもんさ。ふざけすぎるんだよ。ぼくらが気をつけてやらないと、あの人たちは、自転車をこわして、けがをしてしまうんだよ。」

ここでスねー。
ヤロウなんて年取っても子供みたいなもんでスな。
あちしもだけど。
そんなおっさんになりたいと思うことしきり。
オヤジが無邪気だと、子供もまっすぐ育つんじゃないかなあ、
なんて思うんですが、そんなことないでせうか。
まあ無邪気すぎるのもなんでスが。
  • 2006-08-10
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C438] >失敗だらけだフニャさん

えっ、ご存じだったんですか?
この本、知ってしまったら夢中になりますよね。でも知名度が低い。何でだろう?

[C439] >マリリンさん

この本なら、大人向きだから備品でいけます。
子供が読みたいと言っても、「これは大人向けだ。」と言って譲らないお父さんや、大人同士で本を取り合って取っ組み合う光景が見られるようになったら、患者さんたち、かなりのニコラ通になったと見て良いでしょう。(笑)

[C440] >かっぱやろうさん

この本めちゃくちゃ面白いのに、なぜか知られていないんですよね。失敗だらけだフニャさん↑が、ご存じだったのが不思議なくらい。

日本のお父さんたちも、こうですか?
かっぱやろうさんのコピー思いつきました。
“平成の頑固親父、実は無邪気”

[C441] 連投失礼

あちし、
子供と一緒に泥んこ遊びして、
子供と一緒にかみさんから怒られるタイプだと思われ。
ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C442]

子供のちょっとひいた視点もいいですね。
でもその子供たちもあんなパパみたいになっていくのでしょうね。
僕も中学生のころの感覚が今でも顔を出します。
結構無邪気かも。
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C443] 面白そうな本!

まさにトルシエだらけの世界ですね。
だけどずっと大人ぶってるのは人生の半分損してますよ。
時には子供のように感動したり、はしゃいだりする方が健全というものです。
僕ですか、僕は6歳の甥っ子にマリオカートで負けた時、僕が勝つまで付き合わせましたが何か?
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : コウノスケ
  • URL
  • 編集

[C445] >かっぱやろうさん

やはり無邪気だ!

[C446] >ウナムさん

>子供のちょっとひいた視点

これがおもしろいんですよね。パパが木に縛り付けられて大騒ぎしていても「へぇ、パパって一人で楽しめるほど西部劇ごっこが好きだったんだぁ。」という具合です。

ネコに囲まれたときのウナムさん、無邪気が洋服着てるって感じですよね。(笑)

[C447] >コウノスケさん

この本、とーっても面白いですよ。

>だけどずっと大人ぶってるのは人生の半分損してますよ。

そうかもしれませんね。子供と一緒に本気で遊んでいると、そういうことに気づきますね。子供がいなかったらずっと大人ぶっていたかも。

しかし・・・甥っ子さん、泣いちゃったりしないんですか?泣かせちゃダメですよ。(笑)

[C448]

甥っ子は何度泣かされても僕に会いたがる可愛いヤツです。
僕が走り出すと追い抜こうと必死になるし。ライバル視されてる予感。抜かさせませんけども。
追伸:勝手にリンクさせていただきました。ご了承下され。
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : コウノスケ
  • URL
  • 編集

[C449] >コウノスケさん

子供って自分が半人前扱いされるのを嫌がるから、真剣勝負してくれるコウノスケさんが好きなのかも。

リンクありがとうございます。こちらも貼らせてもらいました。

[C450]

僕は去年学校にいたときちょっと大人ぶっていたんですよ。
でも、それだとどんどん生徒の気持ちが離れるばかりだったんです。
ありのままの自分をみせる、ある程度バカを見せることが大事とわかりました。
もちろん本当のバカではなく、尊敬を失ってはだめですけどね。
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C451] 面白そう

子供だけではなく、大人までも剥きになってハチャメチャな事をするところが、たまらなく可笑しいですね。

またそれを、子供達が客観的と言うか、「僕達が気を付けて見ないと、自転車を壊してしまう」と言うところが、なんとも生意気で、でも可笑しい。

これ読んで見たいです
  • 2006-08-11
  • 投稿者 : ちさと
  • URL
  • 編集

[C452] >ウナムさん

そんな体験をされたんですね。
ウナムさんやコウノスケさんのお話を伺い、大人と子供が交流することって、大人にとっても大切なことなのかもしれないなぁと思いました。

[C453] >ちさとさん

本当にたまらなく可笑しいんですよ。
子供の生意気な発言も随所にでてきます。
ぜひ読んでみてください。

[C506] 私の方もTBしました

TBありがとうございます。せっかく、TBしていただけたんですもの。milestaさんのニコラ好きを、私も宣伝いたしますわ。
v-207v-238
  • 2006-08-19
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C508] >失敗だらけだフニャさん

TBありがとうございます。
ニコラ君がだんだんメジャーになっていくようで嬉しいです。

[C1110] ちょっと違いますが

先日「僕の名前はセザール。身長は1m39cm」というフランス映画を見ました。特典映像の中で出演していた俳優が「プチニコラみたいな映画だから出演を決めた」と話していたので、とっても気になったのでコメントしました。直接関係なくてすみません。この映画もなかなか面白かったですよ♪

[C1113] >ゆうさん

その映画、とても気になります。見てみたいなぁ。
フランス映画で、エスプリを感じたのは
ジャックタチの「ぼくの叔父さん」です。ニコラとはちょっと違うけど。

[C2238] 今読んでいます

こんにちは
はじめまして

今、ニコラと仲間たちの本をフランス語で読んでいます。でも、自分の解釈で合っているか、自信がいまいちないのですが・・。でも、主人がこれは簡単だし、とてもいい本だよと言うので、頑張って読んでいます。
すごく素敵な本ですよね!
  • 2007-04-20
  • 投稿者 : ここまっと
  • URL
  • 編集

[C2241] >ここまっとさん

初めまして。ご訪問とコメントありがとうございます。
ここまっとさんのブログも拝見しましたら、何とニコラの国にお住まいなんですね!
本当に楽しい本で、大好きです。
最近作者の遺族かどなたかが、今まで本になっていなかった原稿を発見されたとかで、新しいシリーズが出たそうなので、そちらも読みたいと思っていたところです。
よろしかったら、また遊びにいらしてくださいね。

[C3206] プチニコラ

もーおもしろすぎ!!だってー、ニコラのウンコがねー!(‘~‘)

[C3274]

プチ・ニコラいつも、かりています。
  • 2008-03-11
  • 投稿者 : くろりん
  • URL
  • 編集

[C3282] >くろりんさん

お返事、大変遅くなってすみません。
コメントありがとうございました。ニコラは一度読むと次々読みたくなるシリーズですよね。
  • 2008-03-27
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3件のトラックバック

[T42] 問題解決の交渉学 その4

さて、『問題解決の交渉学』に載っている、コンフリクトの解決策を、ざっと見てきたのですが、著者の野沢聡子さんは、こんなこともおっしゃっています。「とりあえずは話し合ってみなければ何もわからないわけですから、『ま

[T700] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2008-10-10
  • 発信元 :

[T768] 『Le petit Nicolas』読了

なんと、この前読み始めた 2冊目のフランス語原書『Le petit Nicolas』が、もう終わってしまった。うーん、やはり児童書は簡単だったな~。 でも、わからない単語やフレーズもちょこちょこあったので、勉強になった。学校での表現とか子供のスラングとかが頻出してたので偏...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/33-4426187d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。