Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/307-effc34ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『神道と日本人 魂とこころの源を探して』 山村 明義

神道と日本人 魂とこころの源を探して神道と日本人 魂とこころの源を探して
(2011/09/14)
山村 明義

商品詳細を見る


題名から、宗教に関する学術的な本か、または民俗学のような本を思い浮かべていた。ところが意外なことに、現代の神道と現代の日本人の話が軸になっている、とても読みやすい本なのである。
著者の山村明義氏は、全国の神職の方々を訪ね歩いてインタビューを行った。そこで語られるのは、神社の由来や神話の話から現代社会と神社や神道の関わりまで、実に多岐にわたる。

個別にインタビューしているのに、何人もの神職からしばしば同じような言葉や考えが述べられる。
特に、現代社会がおかしくなっていることについて、多くの神職は、日本人らしい心が失われているからだと考えているようだ。何事にも感謝する心、家族や先祖を大切にする心、自分のことより他人のことや公のことを心配する心。
また現代人は心の制御ができていないと仰る方もいる。人間は誰もが荒魂と和魂を持っているが、それを制御できるのが本来の日本人だった。しかし現代の日本人は、その制御ができず、すぐにキレたり、いじめに走ったりするという。

また、自然や天災と神社の繋がりも各所に見られる。東日本大震災の時のいろいろなエピソード、阪神淡路大震災からの復興に大きく貢献した神社・・・そして、古事記の時代よりも前から「御神体」として祀られていた滝や岩などの自然物。「神道」とか「神社」という名前が付く前から、自然と日本と祈りというのは切り離せないものだったのだとわかる。
古くからの神社の記述の中に、熊野那智大社や十津川村の玉置神社が取り上げられていることに、私は、過敏だと思われるかもしれないが、鳥肌が立ってしまった。この本が書かれたあとに、那智大社も十津川村も大洪水の被害に遭っているのだ。自然災害と神社の繋がりが、著者も意図しないところで明らかになったと、私は感じ入りながらそれらの箇所を読んだ。

その他にも、この本の中に、神社のさまざまな顔を見ることができる。
神道を代表する伊勢神宮、出雲大社や宮中祭祀等の歴史と伝統から、外国に出て行った神職、共産党と協力して自然を守った神職、女性神職や、インターネットでのお参り、韓国人達が集まる神社など、従来の神道のイメージとはちょっと違うことまで、神社や神職のバラエティ豊かさに驚かされる。また昔から伝わる激しく厳しい禊ぎを通じて領土を守る「防人」とも言える神職には感動を覚え、神職のアドバイスを無視し神様に御礼もせず嘘までついた元首相には怒りを感じた。

この本を読み終えると、本来神道というのは時代に関係が無くまた開放的で普遍的であることがよくわかる。
そもそも神様のネットワークというのはとても広く網の目のように繋がっていて、敵同士であった筈の神様までいつの間にかネットワークの一員になっている。これが開放的な横の繋がりで、神様たちがどんどん子孫を増やしていき現代の私たちに至っているというのが縦の繋がりと考えると、縦横にもの凄く大きなネットワークを築いているということになる。
神社のイメージを古くて閉鎖的なものにしているのは、ご多分に漏れずアメリカの占領政策である。神道指令の基となる考え「国家神道が戦争を引き起こした」、その言葉の呪縛から逃れ、自然な気持ちでこの本を読むと、神道と日本人について見つめ直すことの大切さがわかってくる。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/307-effc34ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。