Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3935] 選択的夫婦別姓法案に反対。

 日本人の誰がこの「選択制別姓法案」を導入して欲しいと言っているのか?と問いたい。推進しているのが社民党の福島瑞穂氏と民主党の千葉法務大臣(拉致実行犯の北朝鮮辛ガンス釈放要求書に署名した)とともに北朝鮮シンパのご両人である。それだけでもこの法案の意図するものが分かるだろう。
 この別姓法案で先ず考えられ、懸念されるのが「戸籍」問題であり、本当は「これ」こそが目的、戸籍廃止、イコール、家族制度の廃止、「日本解体」と言われる所以だ。
 「核家族化」以降から、孤人、孤老という言葉を生んだ。この法案成立後の日本人に来るものは? 漂流者?
 これに関連してYOUTUBEに動画を掲載しています。秋がテーマで季節外れですが・・・。
http://www.youtube.com/watchv=xpN15b_ZUUQ 

[C3936] 先程投稿のの訂正。

先ほどのYOUTUBEのアドレス間違っていました。下記に訂正分を。<http://www.youtube.com/watchv=2KaD35v78IE

[C3937] 別姓論議を耳にしてから

かれこれ30年以上経ちます。70年代に別姓を唱えていた女性たちは、嫁という立場からの解放があった、という思いです。
当時の嫁は、嫁入り道具の一つ一つに、あれこれ言われ、、嫁の実家は○○を持ってくるものだ、とか言われたものです。大学まで出してもらったのに、いまさら、親にも頼みたくもなく、ああ、別姓なら・・・、自立を目指さなければ、と、惨めで、歯軋りしました。
あれから幾星霜。昨今のこの論議に、あまり嫁の立場のせつなさ、が出てきませんね。
世の中すっかり変わったのでしょうか。

[C3938] >日高よし子さん

はじめまして。
この法案を推進している人たちの考えていることは、どうしても普通の日本人の価値観とはかけ離れているように感じます。なぜ、これほどまで徹底的に家族や戸籍というものを壊したいのか、理解ができません。

[C3939] >街中の案山子さん

かつては嫁の立場は、今よりずっとせつないものだったのかもしれないですね。今は物わかりの良いお舅・お姑さんが増えたり、また同居でなくて距離があったりして、緩和されているのではないかと思いますが、嫁と婚家に何も問題がなくなるということは永遠にないのでしょう。(笑)

夫婦別姓だけを考えると嫁と婚家の問題ですが、子供が生まれると親子別姓になり、子供は選択できません。そして嫡出子と非嫡出子の区別がなくなり・・・となると、「家族」や「結婚」は無意味で「貞操」という観念が失われた社会になってしまいます。

ただでさえ、家族の絆が薄れていることや、親子間での虐待や暴力が問題になっているのに、なぜそんな社会を目指すのかが私には理解できないのですよね。

[C3940]

マスゴミは報道しないテロで隠蔽!草の根で拡散希望!!

驚愕!『子供手当て』の外国人優遇内容

2010/3/8 参議院予算委・丸川珠代(自由民主党・改革クラブ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9958237
(子供手当に関する質疑・・・19分20秒ぐらいから)

3月8日の国会質疑で丸川珠代さんが追及している。
↓動画
http://bit.ly/a0xRw4
(子供手当に関する質疑・・・18分58秒ぐらいから)

2010/3/5 衆議院厚生労働委・田村憲久(自由民主党・改革クラブ)
「アラブの王族に50人の子供がいて50人分支給される」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9928944
  • 2010-03-09
  • 投稿者 : june
  • URL
  • 編集

[C3943] >juneさん

これはTVで放送されていないのですね?こうしたわかりやすい議論を国民に見せないとは!
参議院選挙に間に合わせるため、子供手当が杜撰な設計のままあわてて施行されると、はっきりわかりますね。

ご紹介有難うございます。

[C3945] >milestaさんへ

私が知るかぎりでは今のところ夕刊フジと中日新聞が取り上げているだけです
テレビでは「たかじん委員会」で勝谷氏が発言していますが周りから信用できない
とつっこまれただけで終わっています
他はニュースはもちろんのことNHKの国会中継もありません

【拡散希望】棚橋氏の質疑を追加

驚愕!『子供手当て』の外国人優遇内容

衆議院TV http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php → ビデオライブラリ3月10日(クリック)
→ 厚生労働委員会(クリック)  → 棚橋泰文(自由民主党・改革クラブ)(クリック)

2010/3/10 衆議院厚労委・棚橋初代無双(自由民主党・改革クラブ) 1/3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9979035

>棚橋氏 「脱北者へも子供手当ては出すんですか、北朝鮮にはどうやって書類確認するんです」
>長妻氏 「一般論ではどの国も同じです、支払います」

テレビを中心としたメディアがほとんど追求せず黙っていてくれると確信しているからこそ
長妻はこんな開き直り答弁を平気で言い放つのでしょうね

1人でも多くの人にこの事実を知ってもらわなければならないと考えます
  • 2010-03-11
  • 投稿者 : june
  • URL
  • 編集

[C3946] >juneさん

我が家はこれまで海外勤務をしてきて、これからも可能性があるので、子供手当が貰えないかもしれません。それなのに、外国人への子供手当、外国支配下の高校の無償化などに使われた借金をうちの子供たちが背負わなければならないのですよね。「日本国民」て何なのでしょうね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/278-23cf2173
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

必読『未来予想図 選択的夫婦別姓を問う』 安藤慶太(産経新聞)

はじめにお断りしておくが、これは書籍ではない。今朝まで三回に渡って新聞に連載された「フィクション」を交えた記事である。とても読みやすく、かつ考えさせられるので、このテーマに関心がある人もない人も、ぜひ読んでいただきたいと思う。(記事の下にリンクを貼りました。)

現政権が、積極的に成立させようとしている「選択的夫婦別姓」。国民の間にはまだよく知られていない法案で、賛否両論あるようだが、各種アンケートやインタビューを見ていると、女性には比較的好意的に受け止められているようだ。「男女平等のためには必要だ。」「自分は別姓にしたくないけど、自由に選べるのは良いことだ。」などが、その理由になっている。

しかし、私はどうもこの法案には薄気味の悪いものを感じていた。
「子供が18歳になったら『家族解散式』をやろう。」と著書に書いている福島瑞穂少子化担当大臣が、この法案にたいへん積極的であることからも、この法案を望んでいる人たちは、家族の絆を軽視している人々が多いような気がしていたからだ。
推進派の人たちは「慣れ親しんだ姓を捨てることを苦痛に思う人が多い。」という。そんなことが我慢できないなら、結婚生活や子育てをしていく上で次々と出てくる自分の意に沿わないことにどう対処していくのだろう。親の自分都合の選択によって、子供が「親と別姓であることに感じる苦痛」が生まれないとも限らない。
社会のあり方さえ変えてしまうこの法律に対して、「選択したい人はすればいい」という他人事にしておいてよいとは思えなかった。

新聞紙上に連載されたこの「フィクション」は、もしも選択的夫婦別姓法が成立してしまったら、どのような事が起こるのかを、具体的にいくつかの家庭を想定して描かれている。各三回の内容は、次の通り。

上『ほころぶ家族の絆 お父さんだけ違う姓』
◇夫婦別姓を希望する女性と別姓に反対の男性との結婚準備をめぐるゴタゴタ
 田中京子は結婚を目前に控え、憂鬱だった。・・・
◇夫婦別姓を選んだ両親の元に暮らす中学生の心の内
 佐藤りえは中学2年生。両親が別姓を選択した。・・・
◇夫を亡くした女性が、亡夫の婚外子だという見も知らぬ人物に息子と同等の相続を与えなければならなくなった困惑と焦燥
 自分も死にたいと、大山妙子は思った。四十数年連れ添った夫が先日、急逝した。・・・

中『自立からすれ違い 米国の教訓』
◇女性の経済的自立こそ女性の幸福だと信じて別姓を選択したアメリカ人女性の結婚生活
 「ローラ、もしもの時に男性に頼らなくても生きていけるように仕事を持っておきなさい」 母は、娘の私に繰り返しこう話した。・・・

下『廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位』
◇結婚と同棲の垣根がなくなっていき、戸籍やお墓も個人別になっていく究極の個人社会
 選択的夫婦別姓法が導入されると、やがて戸籍の個人別管理をめざす「戸籍改革」が掲げられた。・・・

選択的夫婦別姓法の思想的な背景には「マルクス・レーニン主義」の目指す完全な個人社会があるという。
そう聞くと、とても難しい問題のような気がして思考停止や無関心になりそうだが、この連載記事は身近な例に置き換えて、どのようなことが起こるのかがよくわかるように書かれている。
新聞紙面の中でも、比較的難しくなく読める記事だと思う。ぜひ、リンク先で読んでいただきたい。(上中下それぞれの表題をクリックするとすぐに読めます。)

『未来予想図 選択的夫婦別姓を問う』
 上『ほころぶ家族の絆 お父さんだけ違う姓』
 中『自立からすれ違い 米国の教訓』
 下『廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位』


9件のコメント

[C3935] 選択的夫婦別姓法案に反対。

 日本人の誰がこの「選択制別姓法案」を導入して欲しいと言っているのか?と問いたい。推進しているのが社民党の福島瑞穂氏と民主党の千葉法務大臣(拉致実行犯の北朝鮮辛ガンス釈放要求書に署名した)とともに北朝鮮シンパのご両人である。それだけでもこの法案の意図するものが分かるだろう。
 この別姓法案で先ず考えられ、懸念されるのが「戸籍」問題であり、本当は「これ」こそが目的、戸籍廃止、イコール、家族制度の廃止、「日本解体」と言われる所以だ。
 「核家族化」以降から、孤人、孤老という言葉を生んだ。この法案成立後の日本人に来るものは? 漂流者?
 これに関連してYOUTUBEに動画を掲載しています。秋がテーマで季節外れですが・・・。
http://www.youtube.com/watchv=xpN15b_ZUUQ 

[C3936] 先程投稿のの訂正。

先ほどのYOUTUBEのアドレス間違っていました。下記に訂正分を。<http://www.youtube.com/watchv=2KaD35v78IE

[C3937] 別姓論議を耳にしてから

かれこれ30年以上経ちます。70年代に別姓を唱えていた女性たちは、嫁という立場からの解放があった、という思いです。
当時の嫁は、嫁入り道具の一つ一つに、あれこれ言われ、、嫁の実家は○○を持ってくるものだ、とか言われたものです。大学まで出してもらったのに、いまさら、親にも頼みたくもなく、ああ、別姓なら・・・、自立を目指さなければ、と、惨めで、歯軋りしました。
あれから幾星霜。昨今のこの論議に、あまり嫁の立場のせつなさ、が出てきませんね。
世の中すっかり変わったのでしょうか。

[C3938] >日高よし子さん

はじめまして。
この法案を推進している人たちの考えていることは、どうしても普通の日本人の価値観とはかけ離れているように感じます。なぜ、これほどまで徹底的に家族や戸籍というものを壊したいのか、理解ができません。

[C3939] >街中の案山子さん

かつては嫁の立場は、今よりずっとせつないものだったのかもしれないですね。今は物わかりの良いお舅・お姑さんが増えたり、また同居でなくて距離があったりして、緩和されているのではないかと思いますが、嫁と婚家に何も問題がなくなるということは永遠にないのでしょう。(笑)

夫婦別姓だけを考えると嫁と婚家の問題ですが、子供が生まれると親子別姓になり、子供は選択できません。そして嫡出子と非嫡出子の区別がなくなり・・・となると、「家族」や「結婚」は無意味で「貞操」という観念が失われた社会になってしまいます。

ただでさえ、家族の絆が薄れていることや、親子間での虐待や暴力が問題になっているのに、なぜそんな社会を目指すのかが私には理解できないのですよね。

[C3940]

マスゴミは報道しないテロで隠蔽!草の根で拡散希望!!

驚愕!『子供手当て』の外国人優遇内容

2010/3/8 参議院予算委・丸川珠代(自由民主党・改革クラブ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9958237
(子供手当に関する質疑・・・19分20秒ぐらいから)

3月8日の国会質疑で丸川珠代さんが追及している。
↓動画
http://bit.ly/a0xRw4
(子供手当に関する質疑・・・18分58秒ぐらいから)

2010/3/5 衆議院厚生労働委・田村憲久(自由民主党・改革クラブ)
「アラブの王族に50人の子供がいて50人分支給される」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9928944
  • 2010-03-09
  • 投稿者 : june
  • URL
  • 編集

[C3943] >juneさん

これはTVで放送されていないのですね?こうしたわかりやすい議論を国民に見せないとは!
参議院選挙に間に合わせるため、子供手当が杜撰な設計のままあわてて施行されると、はっきりわかりますね。

ご紹介有難うございます。

[C3945] >milestaさんへ

私が知るかぎりでは今のところ夕刊フジと中日新聞が取り上げているだけです
テレビでは「たかじん委員会」で勝谷氏が発言していますが周りから信用できない
とつっこまれただけで終わっています
他はニュースはもちろんのことNHKの国会中継もありません

【拡散希望】棚橋氏の質疑を追加

驚愕!『子供手当て』の外国人優遇内容

衆議院TV http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php → ビデオライブラリ3月10日(クリック)
→ 厚生労働委員会(クリック)  → 棚橋泰文(自由民主党・改革クラブ)(クリック)

2010/3/10 衆議院厚労委・棚橋初代無双(自由民主党・改革クラブ) 1/3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9979035

>棚橋氏 「脱北者へも子供手当ては出すんですか、北朝鮮にはどうやって書類確認するんです」
>長妻氏 「一般論ではどの国も同じです、支払います」

テレビを中心としたメディアがほとんど追求せず黙っていてくれると確信しているからこそ
長妻はこんな開き直り答弁を平気で言い放つのでしょうね

1人でも多くの人にこの事実を知ってもらわなければならないと考えます
  • 2010-03-11
  • 投稿者 : june
  • URL
  • 編集

[C3946] >juneさん

我が家はこれまで海外勤務をしてきて、これからも可能性があるので、子供手当が貰えないかもしれません。それなのに、外国人への子供手当、外国支配下の高校の無償化などに使われた借金をうちの子供たちが背負わなければならないのですよね。「日本国民」て何なのでしょうね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/278-23cf2173
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。