Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3947]

撃論ムックの最新刊、ご覧になりましたか。江藤淳氏のその論文が書評で取り上げられてます。ところで江藤氏の論文は当初憲法学会がオール無視をしてましたね。多分現在もそうでしょう。無視しなければ彼らの立論のかなりの部分が崩壊してしまいますからね。それだけに多くの人に知ってほしいと思います。そして現在の政治社会状況の歪みは過去の『閉ざされた言語空間』にその端緒があると言っても過言ではないでしょう。
  • 2010-03-11
  • 投稿者 : 水瓶
  • URL
  • 編集

[C3948] >水瓶さん

外国人参政権の特集ですよね。今週は本屋さんに行く機会がまだなく、見ていませんが、かなり内容が濃そうですね。個人的には、帰化した方々の対談に興味があります。

やはり、情報格差の問題を突き詰めていくと、結局この『閉ざされた言語空間』に突き当たるのですよね。
社会状況の歪みの端緒でもあるし、またその歪みを修正できるかどうかが、この言葉にかかっていると思います。
この言葉を広め、その意味がわかる人を増やしていくことが、日本の正常化に繋がると思います。
撃論ムック、たくさんの人が読んでくださると良いですね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T993] 新聞記事の批評方法について

メデイアパトロールジャパン発足により、マスコミ批判手法が標準化されレベルアップされ、結果としてマスコミを凌駕する存在になることを祈念いたします。
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/275-704c26eb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

日本人の、日本人による、日本人のためのメディア『メディア・パトロール・ジャパン』

本日、メディア・パトロール・ジャパン(MPJ)が開設されました。
インターネット上の「日本人の、日本人による、日本人のためのメディア」だそうです。

動画による時事問題の解説や毎日更新されるオリジナルのコラムに加え、最新の重要ニュースのヘッドラインや「日本が大好きな人たちのブロク」の更新情報も一目でわかるようになっています。
毎朝新聞を開くように、このサイトをチェックするというのが習慣になるかもしれません。

この新しいメディアを立ち上げたのは、
『ドラゴンクエスト』の音楽などを作曲されたすぎやまこういち氏
『「反日マスコミ」の真実』を編集された西村幸祐氏
『新世紀のビッグブラザーへ』の著者である三橋貴明氏
日頃から、既存メデイアでは伝えられていない真実を重んじ、情報格差をなくしていくことの大切さを訴えていらっしゃる方ばかりです。

マスメディアではタブーになっていて私たちには知らされないこと、誤って報道されていることを、正しく伝えていただけるのではないかと期待しています。
一日でも早く『閉ざされた言語空間』に風穴を開けてほしいと思います。
『閉ざされた言語空間』て何だろう?と思った方には、特にお薦めしたいサイトです。

Media Patrol Japan
http://mp-j.jp/

2件のコメント

[C3947]

撃論ムックの最新刊、ご覧になりましたか。江藤淳氏のその論文が書評で取り上げられてます。ところで江藤氏の論文は当初憲法学会がオール無視をしてましたね。多分現在もそうでしょう。無視しなければ彼らの立論のかなりの部分が崩壊してしまいますからね。それだけに多くの人に知ってほしいと思います。そして現在の政治社会状況の歪みは過去の『閉ざされた言語空間』にその端緒があると言っても過言ではないでしょう。
  • 2010-03-11
  • 投稿者 : 水瓶
  • URL
  • 編集

[C3948] >水瓶さん

外国人参政権の特集ですよね。今週は本屋さんに行く機会がまだなく、見ていませんが、かなり内容が濃そうですね。個人的には、帰化した方々の対談に興味があります。

やはり、情報格差の問題を突き詰めていくと、結局この『閉ざされた言語空間』に突き当たるのですよね。
社会状況の歪みの端緒でもあるし、またその歪みを修正できるかどうかが、この言葉にかかっていると思います。
この言葉を広め、その意味がわかる人を増やしていくことが、日本の正常化に繋がると思います。
撃論ムック、たくさんの人が読んでくださると良いですね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T993] 新聞記事の批評方法について

メデイアパトロールジャパン発足により、マスコミ批判手法が標準化されレベルアップされ、結果としてマスコミを凌駕する存在になることを祈念いたします。
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/275-704c26eb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。