Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3830] TBありがとうございます

>そうならないうちに、私たちは早く自立した国民の集まりにならなければいけないと思う。
・仰せの通りです。
 民主主義、帰する所国民の責任ですね。
 権利を自由を行使するならば、義務を負うべきだしその責任を負わねばなりません。

[C3831] >tonoさん

自民党の中でも早々と当選した人たちをみるとテレビで名を売った半芸能人みたいな人たちで、酷い法案を成立しないよう地道にがんばってくれた人たちが知名度がないために落選してしまった例も多く、結局決め手は有名かどうかなのかと、悲しい気持ちになりました。
皆が自立して、真剣に投票しないと、大変なことになると思います。

[C3832] kazu4502

TB頂きありがとございます。
韓国や中国のニュースを観ますとほとんどが民主党政権誕生を歓迎しています。
さすが友愛ですね。
しかしこの鳩山の友愛とは非常に危険な愛であって同胞愛などより博愛が優先されるんです。つまり、汝 隣人を愛せよという価値観が強い、これは本人も言ってますよね。
自分を愛せない自虐史観に犯されている男が同士愛や民族愛など持てるはずがありませんよ。
この男は外交は戦争だということが未だにわかっていないお坊ちゃまなんです。
したがって国益が最優先されることなどちっとも思ってないと思いますよ。
これから社民と連立政権協議に入ると思いますが、日米地位協定問題などで特に非核三原則については間違いなくもめますからお楽しみに。必ず、持ち込ませずでぶれますよ。(笑)
しかし今まで特亜から歓迎された政権は日本では初めてではないでしょうか。
それから元気出してね。大丈夫、必ず民主はガタガタになりますよ。心配しないで。
一年だけさせましょう。

[C3833] >kazuさん

今日、早速ラジオで各党の代表者の討論会みたいな番組をやっていましたが、民主党が一番はっきりしたことを言えずに、元気がありませんでした。党内の事情を考えれば、「やはり」という感じですが、危ないのは社民の福島氏に良いように操縦されてしまいそうなことです。一番うれしそうに張り切っていたのは福島氏でしたから。

私たちの国はどこへ向かっているのでしょう・・・。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T937] 衆院選が終わって

衆院選が終わりました。投票前からマスコミで民主党の大勝だと報じられていましたが、その通りの結果になりました。 この国民の審判の結果...

[T938] 自民党は出直せ!

 自民党は大敗した。  いや、退廃と言うべきかも知れない。  理由は色々あろうが、これも歴史の流れである。  いつも言うように、過去...

[T939] 保守よ 今こそチャンスだ 国賊民主党を打ちのめせ 

【筆者記・復活版】 なんとなく、夏が終わろうとしています。 ブログを復活した初夏、まだまだ暑い日が続くと思いながら、ふと気が付くと朝晩、めっきり涼しくなり、ほんとうに過ごしやすくなってきました。 昨年の今頃は我家の庭先には多くのアブラゼミが生息しうるさい

[T940] 民主党が圧勝 ~妙な法案を通されないように監視を~

ついに決着がつきました。 結果は民主党の圧勝。 こうやって選挙によって結果が出た訳ですから、 今更ゴチャゴチャ言うつもりはありません...

[T941] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-09-02
  • 発信元 :

[T942] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-09-02
  • 発信元 :

[T950] 懲りない日本人

 総選挙直後に離日し、帰国が新政権発足の十六日となる。その間、日本の情報には一切触れる機会がなかった。私は一人勝手に興醒め選挙と名付けて成田を発つたのだが、この半月もどうせ同じことだらう、今これを帰りの機内で書き始めたが、自民も民主も、興醒めなドタバタ...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/262-63900b99
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『あのころはフリードリヒがいた』 ハンス・ペーター・リヒター

あのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520))あのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520))
(2000/06)
ハンス・ペーター・リヒター

商品詳細を見る


日本人の「ブーム好き」は最近エスカレートしているように感じる。宣伝の巧みなドーナツ屋に行列を作ったり、亡くなった途端に突然忌野清志郎ファンが増えたり、ちょっと子供っぽいけれど、別に害を及ぼすわけでもなし、まぁこれが日本の国民性なのか・・・と流してしまうこともできる。
けれども、そうした日常が、結局は政治的な態度にも結びついていて、それが国の盛衰にも関わってくるとなると、ある種の恐怖感が湧いてくる。

ことの始まりは四年前の自民党大勝。「郵政民営化」というワンフレーズが国民を動かした。
続いて「国家の品格」のブームと「美しい国」を唱えた安倍元首相の人気。
それもつかの間、マスコミや自民党内からの安倍バッシングで安倍元首相の人気が急落。
そのままマスコミがじわじわと自民党批判を続け、「政権交代」というワンフレーズ選挙に結びつき、民主党の圧勝。たった四年前に国民が支持した「郵政民営化」はあっという間に悪者だ。
こんなジェットコースターに乗っているような政治の責任の一端は、間違いなく国民にある。
印象的なフレーズやマスコミの報道に、国民の大半が感化され、一気に政治的態度を変更する。一昔前なら「転向」とか「変節」と言われた行動を、気軽にとってしまう風潮に、私は「恐怖」を感じる。
これはいわゆる「全体主義」というものではないのだろうか。

『あのころはフリードリヒがいた』はドイツの作家による自伝的児童文学である。ヒトラーの台頭と共に、近所の住民達や自分や家族がどのような行動をとるようになったかが、少年時代の体験を踏まえて書かれている。そこには、自分の考えというものをなくし、周りの「空気」や「勢い」に同調し、皆が一斉に行動することで興奮状態が生み出され、ますます勢いづいていく住民の姿が描かれている。発達する台風のように周囲をどんどん巻き込んで勢力は強大になり、ついには誰にも止められなくなってしまう。

「みんながやっているから」というだけで、理由もわからないまま行動するこのドイツの住民達と、今の日本人とどれほどの違いがあるのだろう。
私たちは、民主主義社会にいるのに、独裁者を頂いているわけではないのに、なぜもこんなに全体が一気に動いてしまうのだろう。

マスコミの多くは、日本の戦時中を全体主義だといって嫌悪していたはずだ。
マスコミの号令で右を向かせるも左を向かせるも自由自在という現在の日本社会は、全体主義ではないのだろうか。
もしも、全体主義は危険だという認識をもっているなら、耳障りの良いフレーズで国民を煽動するような報道は謹んで欲しい。政策論議とは無関係に、特定の政治家の揚げ足取りや悪い印象を植えつける報道を執拗に行うべきではない。

教育者の多くは、国民に同じ方向を向かせる戦前の教育を批判してきたはずだ。
それなら、自分自身で偏りのない正しい情報を取捨選択する技術や、物事の本質を見極める力をきちんと伸ばす教育をして欲しい。凝り固まった思想を広めることなど以ての外だ。「自由」とは、自分勝手なことでも、気ままに軽薄に生きることでもなく、自立した思考のことであると子供達に教えて欲しい。

私も含め親や祖父母は、子供や孫から「誰々ちゃんも持っているよ。」と言われて物を買い与えることをやめなければならない。「みんなと同じ」という安易な価値基準に寄りかからない人間を育てるために、心を鬼にしなければならない。もちろん自分たちも、同じような消費行動や価値判断は慎まなければならない。

こうして考えてみると、全体主義的傾向からの脱却への道のりは簡単ではないだろう。しかし今のうちならまだ間に合う。
「これは間違った方向だ。」とわかっていても、雪崩のようにそれに巻き込まれてしまう社会など、想像しただけでぞっとする。そうならないうちに、私たちは早く自立した国民の集まりにならなければいけないと思う。


※ドイツ全体主義の中で自立し続けた作家ケストナーの伝記です。 
『ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家』 クラウス コルドン

※自立した思考のために、一人一人がまず「閉ざされた言語空間」から抜け出さなければなりません。
『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』 江藤 淳

4件のコメント

[C3830] TBありがとうございます

>そうならないうちに、私たちは早く自立した国民の集まりにならなければいけないと思う。
・仰せの通りです。
 民主主義、帰する所国民の責任ですね。
 権利を自由を行使するならば、義務を負うべきだしその責任を負わねばなりません。

[C3831] >tonoさん

自民党の中でも早々と当選した人たちをみるとテレビで名を売った半芸能人みたいな人たちで、酷い法案を成立しないよう地道にがんばってくれた人たちが知名度がないために落選してしまった例も多く、結局決め手は有名かどうかなのかと、悲しい気持ちになりました。
皆が自立して、真剣に投票しないと、大変なことになると思います。

[C3832] kazu4502

TB頂きありがとございます。
韓国や中国のニュースを観ますとほとんどが民主党政権誕生を歓迎しています。
さすが友愛ですね。
しかしこの鳩山の友愛とは非常に危険な愛であって同胞愛などより博愛が優先されるんです。つまり、汝 隣人を愛せよという価値観が強い、これは本人も言ってますよね。
自分を愛せない自虐史観に犯されている男が同士愛や民族愛など持てるはずがありませんよ。
この男は外交は戦争だということが未だにわかっていないお坊ちゃまなんです。
したがって国益が最優先されることなどちっとも思ってないと思いますよ。
これから社民と連立政権協議に入ると思いますが、日米地位協定問題などで特に非核三原則については間違いなくもめますからお楽しみに。必ず、持ち込ませずでぶれますよ。(笑)
しかし今まで特亜から歓迎された政権は日本では初めてではないでしょうか。
それから元気出してね。大丈夫、必ず民主はガタガタになりますよ。心配しないで。
一年だけさせましょう。

[C3833] >kazuさん

今日、早速ラジオで各党の代表者の討論会みたいな番組をやっていましたが、民主党が一番はっきりしたことを言えずに、元気がありませんでした。党内の事情を考えれば、「やはり」という感じですが、危ないのは社民の福島氏に良いように操縦されてしまいそうなことです。一番うれしそうに張り切っていたのは福島氏でしたから。

私たちの国はどこへ向かっているのでしょう・・・。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

7件のトラックバック

[T937] 衆院選が終わって

衆院選が終わりました。投票前からマスコミで民主党の大勝だと報じられていましたが、その通りの結果になりました。 この国民の審判の結果...

[T938] 自民党は出直せ!

 自民党は大敗した。  いや、退廃と言うべきかも知れない。  理由は色々あろうが、これも歴史の流れである。  いつも言うように、過去...

[T939] 保守よ 今こそチャンスだ 国賊民主党を打ちのめせ 

【筆者記・復活版】 なんとなく、夏が終わろうとしています。 ブログを復活した初夏、まだまだ暑い日が続くと思いながら、ふと気が付くと朝晩、めっきり涼しくなり、ほんとうに過ごしやすくなってきました。 昨年の今頃は我家の庭先には多くのアブラゼミが生息しうるさい

[T940] 民主党が圧勝 ~妙な法案を通されないように監視を~

ついに決着がつきました。 結果は民主党の圧勝。 こうやって選挙によって結果が出た訳ですから、 今更ゴチャゴチャ言うつもりはありません...

[T941] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-09-02
  • 発信元 :

[T942] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-09-02
  • 発信元 :

[T950] 懲りない日本人

 総選挙直後に離日し、帰国が新政権発足の十六日となる。その間、日本の情報には一切触れる機会がなかった。私は一人勝手に興醒め選挙と名付けて成田を発つたのだが、この半月もどうせ同じことだらう、今これを帰りの機内で書き始めたが、自民も民主も、興醒めなドタバタ...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/262-63900b99
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。