Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3664]

文章で読む素敵な人たちが
舞台に立った途端うまく花が咲かないパターンをここ数年よく見てるような気がします。。。
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C3665] >ウナムさん

叩かれている人をみると応援したくなるウナムさん、ぜひ中川さんを応援してください。絶対将来の日本のためになりますから。

私達が思う素敵な人とマスコミの思う素敵な人はどうも違うようで・・・。

[C3666] TB有難うございます

サケ呑みがサケだけで麻薬中毒みたいな状態になるはずない(のんべが力説(笑))ですね。睡眠薬成分含有の風邪薬を多量に飲んで、サケで睡眠薬効果をパワーアップしたらああなる、というのはわからんでもないですが…
それはともかく、中川氏のような国益を守ろうとする政治家は見事なほどみな潰されますね。マスコミと野党と自民左と公明は余程国益が嫌いらしい。のんべんだらりとしたのんべに過ぎない私もさすがに堪忍袋の緒が切れています。なんとかせねば…
中川議員、安倍議員の捲土重来を期待します。
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C3667] >練馬のんべさん

のんべさんがそう仰るなら間違いないでしょう。(笑)

私も堪忍袋の緒が切れて、この本を採り上げました。さらに次回もいきますよ~。国益を守ろうとする政治家シリーズ第二弾、中山成彬氏の予定です。(いつになるかは・・・?)

[C3668] ありがとうございます

いいエントリーですね。こんなに書いて貰えれば、中川(酒)さんも政治家冥利に尽きるでしょう。私もいいもの読ませて戴いたと思って居ます。有難う御座いました。
TB戴いた事を感謝申し上げます。
  • 2009-02-21
  • 投稿者 : sonoraone
  • URL
  • 編集

[C3669] >sonoraoneさん

ご訪問とコメント有難うございました。
sonoraone さんもブログで書かれているように、私も今回ばかりは産経(特にイザ!)のイエローペーパーのような報道ぶりに失望しました。いかなるマスコミにも、冷静な報道を求めるのは、もう無理なのかと考え、こんな弱小ブログでも何かを書いていかなければ!と、この記事を書いた次第です。
ご感想を頂き、大変心強い思いです。

[C3670] ものすごく深い根

中川さん はめられましたね。
中山さんや田母神さんのように
日本の国を思って独立国日本を目指す人ほどつぶされる。
すべて戦後の体制yesの敗戦利得者がえげつないほどに攻勢をかけてくるのです。
マスコミ、教育を牛耳られ洗脳され本当のことが分からなくなる国民。
もっと自分の頭で考えなければ。
良い本を紹介くださってありがとうございます。
  • 2009-02-21
  • 投稿者 : さくらこ
  • URL
  • 編集

[C3671] >さくらこさん

戦後の体制yesの人たちは今がチャンスだと必死ですし、その他の人たちは「面白ければいい」という軽薄きわまりないスタンスですね。
だから仰るとおり、後者の人たちには自分の頭で考えるようになって欲しいと思います。この軽薄さが払拭できなければ、日本はこのまま終わってしまいそうで、怖いです。

[C3672] 惜しいこと

こんにちは。
今回の件はとりわけ残念に思っていました。
しかし、薬が原因だとしても、あの姿が世界中に配信されてしまった以上、辞任はやむを得なかったのでしょうね・・・。当分は表舞台に復帰できないでしょうが、安倍さんともども裏からしっかりサポートしてもらいたいですね。

政治家の中でも、彼のように確固とした信念と実力を持った人は、10人に、いや100人に一人しかいないでしょうから、再起のチャンスは何度でもあるのではないでしょうか。
  • 2009-02-22
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C3673] >cyber_bird さん

必ず再起していただきたいですね。
この本の中に、政治家に何か悪評がたつと影響があるのは海外の交渉相手からまともに相手をして貰えなくなることだという主旨のことが書かれています。それで、今回のことは、騒ぎを大きくすることが国益を損ねると考えていました。
しかし、どなたかがこれで「名を売った」という考え方もあると書かれていました。逆転の発想で、再起された折には今まで以上に国際社会での活躍を期待してもよいのかも・・・と少しだけほっとしました。

しかし、考えを異にする勢力にとっては、中川さんは嫌な存在でしょうから、三度の潰しにかかるかもしれません。気を付けなければなりませんね。

[C3674] 参考まで

こんばんは。
わたしのブロ友(?)のふっきー氏が面白いエントリを書いてました。お時間ありましたら、リンク先の動画を見てみてください。

http://acccafe.blog67.fc2.com/blog-entry-764.html

確かに、この頃の産経もつまらない紙面ですね・・・。改めて日本にはタブロイドしか選択肢がないなあと悲しくなります。不買運動したいくらいだけど、阿比留さんのような方もおられるし。購読料を記者指名で振り込めればいいのに。
  • 2009-02-23
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C3675] ご無沙汰してます。

久しぶりにTBしていただいてなんかうれしいです。
近しい人達と話すと中川大臣を酷評する人が多いわけでもなく、やんややんやと騒ぐマスコミとのギャップに頭が混乱している今日この頃。とはいえ、すでにマスコミ報道には距離を起きつつなるべく自分で情報を取り自分で考え判断するようには心がけているのですが、それには相当なエネルギーを要するのでどうしても新聞等からの情報をたよらざるを得ない。だから最近とても混乱するんです。信用に値する媒体と思えなくなっているもので。(というのも若干表現が違いますけど)

  • 2009-02-23
  • 投稿者 : B.R
  • URL
  • 編集

[C3676] >cyber_bird さん

動画のご紹介有難うございます。さっそく見ました。これ関西でしか流れていないのは勿体ないですね。しかし、この事件が大連立にまで繋がっているということまでは想像がつきませんでした。

阿比留さんの所では、自民党が野に下ったら最強の野党になるから、安倍さんとか中川さんとかが、これまで言いたくても言えなかったことをガンガン代表質問すればいいんだ、というような意見も出ていましたね。もしもそうなったら国会中継から目が離せませんね。
但し、日教組出身の文部科学大臣だけは勘弁して欲しい。民主政権となったら恐ろしいのはそこです。

>購読料を記者指名で

面白いですね。二十年以上前に産経に乗り換えた理由は、署名記事が多かったからでした。だからずっと記者の名前も気にしながら読んでいるので、今、指名したい記者の名前がいくつか浮かびました。

[C3677] >B.R さん

お久しぶりです。コメント下さりありがとうございます。

バリバリ仕事をしている方々は、情報を精査する時間なんてないですよね。私も企業に勤めていたときは、そんな時間はありませんでした。

B.R さんは、平均的な(平凡なと言う意味では全くないですよ)都会の知識人だというイメージがあり、ニュートラルな意見や感覚を知りたいときに、貴ブログを拝見しに行きます。

中川昭一氏の件についても、先入観のない、しかもマスコミを鵜呑みにしていない、冷静で素直なご意見でしたよね。思わずTBしてしまいました。

中川氏については、cyber_bird さんが紹介されている動画↑もおもしろかったです。B.R さんのように官僚の責任を問題視していました。お時間があればどうぞ。

[C3678] お久しぶりです

TB有り難うございます。中川昭一氏のような憂国の士だからこそ、標的になるのでしょうね。同じ中川でも(女)の方は放置状態から米国のポチへと転身。使い出があるから潰さないのでしょう。

[C3679] >藤田達男さん

ご無沙汰しておりました。

(酒)と(女)は比べるのも嫌なほど、違いますね。
G7では、中川(酒)さんは、アメリカの保護主義を牽制したという評価もありましたものね。

お好きな言葉は
「永遠の友も永遠の敵もなく、あるのは永遠の国益だけ」
だそうです。国士ですね。

[C3687] 初めまして

本会議やそれに付随する交渉に問題があったかどうか問うことなく、辞任に追い込むメディアの暴力には呆れるばかりです。中川氏にはまだまだ日本のために尽してほしい。そんな思いで、今日応援のハガキを出したばかりです。一緒に応援しよう!
  • 2009-02-25
  • 投稿者 : 水瓶
  • URL
  • 編集

[C3688] >水瓶さん

初めまして。ご訪問とコメントを有難うございます。
本当に仰るとおりです。G7での日本への評価を見れば、なんと立派なお仕事をなさってきたか。
こんなメディアの横暴で、中川さんを潰してはなりませんね。応援していきましょう。

[C3848] 中川先生に合掌

まことに残念…
先生のご冥福をお祈り申し上げます。
  • 2009-10-04
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C3849] >練馬のんべさん

本当に残念でたまりません。
中川さんの日本を思う気もちを、皆で受け継いでいかねばなりませんね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T791] 中川大臣

中川財務大臣が辞任 ふらふら会見の責任とり与謝野氏の「3大臣」兼任、公務に支障で早期解消へ北野武、大臣辞任の中川氏ばっさり麻生首相、中川前大臣辞任問題で陳謝 小泉発言の余波が求心力低下に拍車かける 『飛翔する日本』 中川 昭一「ローマの窮日」中川昭一は陥れ

[T792] 国旗と火と犬は、コリアンの必須攻撃アイテムみたいね。(今の報道の異常ぶりがわかるよ)

すっかり見慣れてしまった韓国の反日。 今回は日の丸バッテンバージョン。 安心して! 日章旗だけでなく中国の国旗も大変なことになって...

[T793] 「投げられた卵」村上春樹とイスラエル-2

    ||| 「投げられた卵」村上春樹とイスラエル-2 ||| meixiさんのブログから Jerusalem Post 紙「村上春樹エルサレム賞受賞」対訳 このブログ『米流時評』を始めた当初からおつき合いいただいている方々がいる。「かたがた」と言うのもてれくさいようなポン友な...

[T794] 「沈黙の壁を越えて」村上春樹とイスラエル-3

   ||| 沈黙の壁を越えて・作家の魂 ||| 作家としての村上春樹の生き方:『朱雀式』2/17号「羊男のエルサレム」より 村上春樹氏のエルサレム賞受賞式でのスピーチは、ずいぶん沢山のブログでとりあげられ、そのどれもが彼の行動と勇気に敬意を表するものでした。...

[T795] 中川大臣辞任で誰が一番得をしたのか?

  青山氏の動画です。                  関連エントリ 中川会見騒動で消された「史上最大の貢献」 http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/920095/ 読売の消えた女性記者「中川酒騒動」はマッチポンプか!? http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entr...

[T796] 品性なき悪意の追い打ち

朝日新聞が辞職した中川氏をさらに叩き続けている。件の会見後に訪れたバチカンで立入禁止区域に立ち入ったり、展示物を素手で触ったりした、とその行動を「非常識」と攻撃している(朝日電子版)。 >主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)での「もうろう記者会...

[T797] 中川財務相、辞任

中川昭一財務・金融担当相が、予算案と関連法案が衆院通過後に辞表を提出する意志を明らかにしました。麻生太郎首相は庇ってましたが、内外の批判が大きく自ら身を引いたようです。 昨日までは誰が財務大臣か知らなかったのですが、ヒラリー・クリントン国務長官も劇団...

[T798] 民主党社民党連立与党で合意!

 民主党・社民党・国民新党が連立するようです。  まるで悪夢のような政権が成立するということです。 引用元:産経新聞 ============================================================= 民主党の小沢一郎代表は20日、都内の個人事務所で国民新党の亀井静香代表...

[T799] 意見書・産経新聞殿

毎日と、同化することなかれ 産経新聞社に意見書送付  産経新聞社殿に意見を送りましたので、小稿に報告します。博士の独り言/写真は...

[T801] マスコミも崖っぷち「内閣支持率11%」

恣意的な設問、サンプル数の多寡、昼間の電話での質問に一体誰が回答しているか等、そもそもマスコミによる「世論調査」の手法自体が不明朗ではないか…という議論は、ここでは措いておく。 新聞・TVのタイトルに踊る「11%」という数字は、視覚・聴覚効果極めて大で

[T947] 中川昭一氏落選に思う

いみじくも、鈴木宗男が立会演説会で言っていた。 『北海道の食糧需給率は200%だ!だから、北海道は、独立国家と成り得る!』 以前のソ連で言えばウクライナみたいな存在だと思う。確かにそうだ。 その中心的存在は十勝である。 その十勝を護り、日本国家までも護ってきた...

[T961] 中川昭一氏が急死・・・・・。

中川元財務・金融相、自宅で急死  警視庁によると、中川昭一元財務・金融相(56)が4日、東京都世田谷区の自宅で死亡しているのが確認された。  4日午前8時半ごろ、自宅の2階ベッドでうつぶせに倒れている中川氏を妻が見つけて119番通報した。救急隊が到着...

[T962] 中川昭一氏のご冥福をお祈りします。

中川昭一氏と最後にお会いしたのは、「表現者」9月号に収録された、平沼赳夫氏、安倍晋三氏と同席する座談会に立ち会ったときだ。 以前から中川氏は、拉致問題、教科書問題、歴史認識問題など日本にとって非常に重要な問題に取り組んでいた。一方、例のG7金融サミット

[T963] 中川昭一氏

☆【中川昭一氏死去】自宅のベッドで死亡、目立った外傷なし 中川昭一元財務相(56)が4日朝、東京都世田谷区下馬の自宅のベッドで死亡しているのが見つかった。警視庁世田谷署によると、目立った外傷はなく、これまでに遺書は見つかっていない。同署は死因などを調べ...

[T964] 中川昭一氏の著書がAmazonで1位に

中川昭一元財務相急死 著書がAmazonランキング1位に - ITmedia News お考えが多くに人に読まれて喜んでおられるかもしれませんね。 謹んでお悔やみ申し上げます。 どうぞ安らかに。 飛翔...

[T966] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-10-05
  • 発信元 :

[T971] 無念!中川昭一氏逝去

 保守派の大御所、中川昭一氏が逝去なされました。  無念でなりません。  まずは産経新聞より引用です。 引用元:産経新聞 ======================================================  中川昭一元財務相の突然の訃報に、政界には衝撃が走った。先の衆院選での自らの...

[T972] 故・中川昭一氏に捧ぐ:大伴旅人「酒を讃むる歌十三首」

中川氏の死去に際しても 酩酊会見の映像ばかりを流したり、その部分だけをコメントするマスコミにはうんざりだが、改めて会見シーンを見ると、その仕組まれた異常性を痛感する。理由は以前書いた通り。 また、同様に酒癖ばかりを強調して書いている外道ブロガーがいる。私...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/248-7fec5df4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『飛翔する日本』 中川 昭一

飛翔する日本飛翔する日本
(2008/09)
中川 昭一

商品詳細を見る


中川前財務・金融担当大臣は、以前からネット上では親しみを込めて「中川(酒)さん」と書かれることがあった。ここに非難のニュアンスは全くなく、「お酒好きだが頼りになる親分」という思いでこう書いていた人がほとんどだろう。実際、中川氏はとても頼りになる政治家だからだ。
誰も気にも留めていなかった頃から、拉致問題や歴史教育問題に取り組まれていた。BSE問題ではアメリカに対し、東シナ海のガス油田問題では中国に対し、一歩も引かない姿勢を貫いてくださった。憲法改正、核保有の是非、日教組の弊害等、口に出すことさえタブーとなっている政治課題について、議論することの重要性を説いていらした。「事を荒立てて選挙に影響したらまずい。」と他の政治家なら二の足を踏むような発言や行動もなさっていて、政治屋とは一線を画した本物の政治家だと思っていた。
中川氏が昨年出された『飛翔する日本』を読むと、ますますその思いを強くする。

中川氏の政治信条は、はっきりとしている。一言で言えば「国益を守る」、ということだ。中川氏が「国益を守る」と発言すると、タカ派だという人たちがいる。しかし中川氏の考える国益とは、

国益追求の究極の目的は、日本が独立を守り、安全で豊かな国である続けることにある。逆に、国益を損なう究極の事態は、日本が独立国家として自由な意志を発揮できなくなることを意味する。

だという。至極真っ当な考えではないだろうか。
そしてどんな国も「国益を守る」のが当たり前なのだから、外国と対峙したときはお互いの国益と国益がぶつかり合い、そこから話し合いをスタートするのが当然だという。そして、数々の外国との交渉を行ってきた実感として、日本人の美徳である「譲り合い」は外国には通用しないそうだ。ご自身の好きなテニスに例えて、日本の外交はそんなルールはないのに「これ以上強い球を打ったら相手に悪い」「これ以上、走り回ったら駄目だ」という謙虚な態度で臨み、そのうち舐められてしまうことが多いという。
中川氏は、それでは国益を守れないと考え、理不尽な要求はしないが譲れないところは決して譲らないという交渉を心がけているという。その結果「ニュイサンス・バリュー」(嫌がらせになるくらいの効果)だと言われたこともあるそうだ。だから日本にとっては「頼りになる」のだ。

そんなタフネゴシエーターの印象とはちょっと違う面も、この本からは感じられる。思っていたよりずっと、寛容で柔軟だということだ。

例えば、東シナ海のガス油田問題では決して中国には譲らないという姿勢を貫く一方で、環境汚染に悩む中国の指導者に求められて環境問題に関する三つのレポートを提出したという。二酸化炭素の排出量にしても、中国のような発展途上の国には一時的にはエネルギーを非効率に使うことも認め、日本の技術で改善を支援しようという協力的な考え方だ。

この本では、中川氏が扱うテーマとしては目新しい環境問題や水の問題についていろいろと言及している、「国益を守る」こととともに「地球を守る」ということも行っていかねばならないと強く思っていらっしゃるようだ。頑固な印象を持っていたが、重要だとなれば、ご自分の専門外の分野も勉強し、発言し、行動していく、という柔軟性もあるのだと感心した。これまでも、その柔軟性をもって、農水大臣、経産大臣、財務・金融大臣と、さまざまな分野の大臣を歴任していらしたのだろう。

この他、経済問題については一章分を割いている。女性の働き方については、多少私は考えを異にするが、労使関係、日本の得意な輸出だけでなく「買い負け」に目を向けるなどバランスのとれた見方をしていると感じた。
教育、医療、憲法、防衛については、従来の考え方が書かれているが、中川氏をあまりご存じない方は、ぜひともこの機会に読んで欲しいと思う。
そして、合わせて『閉ざされた言語空間』を読んだり、数年前のNHKや朝日新聞が安倍・中川両氏を貶めようとした事件について調べていただければ、マスコミがなぜ中川氏のちょっとした不手際に大騒ぎして、無垢な国民感情まで煽って辞任にまで追い込んだか、想像がつくだろう。・・・と思っていたが、マスコミはもうそんな難しい事を画策しているレベルではないのかもしれない。中川氏はこう書いている。

・・・特に政治部の人たちは、政局に関係がないと、大事な国家的政策でもあまり記事にしなかった。中には、政策を語った後の質問で、「大臣を辞めるのか」「総理に文句をつけるのか」などと尋ねて、話を政局に持っていこうとする記者もいた。こういう人たちのやりとりは、歯車がかみ合わない感じで苛立ちを覚えた。
 最近は政治をゲームのように捉える傾向が強くなり、「瞬間的に面白い」「瞬間的に腹が立つ」という話題に人の目が向かう。それだけに、地味な議論より派手でわかりやすい動きをマスコミは求めるのだろう。マスコミもビジネスだから、視聴率を上げたり、売り上げを伸ばすという意識が働く人を否定するつもりはない。古代ローマの時代から「今度の法廷がどうした」と人の口にのぼったそうだが、いつの時代でも支配階級や政治家のゴシップは関心が高い。それはある意味で人間の性かもしれない。その性を商売にするのがマスコミであり、仕方がないと思う半面、何によってビジネスが成り立っているのか、ジャーナリズムの本質とは何かという点を忘れずに仕事をして欲しいと願う。何百人、何千人の人たちが新聞、テレビを通じて、情報を入手する。その情報がゴシップ刹那的に面白いことばかり目立つのはいかがなものかと首をひねりたくなる。


政策より政局、政局よりゴシップと、情報内容が劣化しているマスコミによって、辞任に追い込まれた本物の政治家(政治屋ではなく)は、どんなに悔しかったことか。
「日本の醜態」は会見の模様などではなく、くだらないゴシップで自国の大事なネゴシエーターを国際交渉の場から引きずり下ろしてしまったことではないのだろうか。海外の政治家は、手強い相手がいなくなったことにほっとしたり、ほくそ笑んでいるに違いない。

※追記(平成21年10月6日)
10月4日、中川昭一さんはお亡くなりになってしまいました。
追悼の気持ちをこめて新しい記事を書きましたので、よろしかったらそちらもご覧下さい。
「中川昭一氏の言霊-『飛翔する日本』を思い出して・・・」

20件のコメント

[C3664]

文章で読む素敵な人たちが
舞台に立った途端うまく花が咲かないパターンをここ数年よく見てるような気がします。。。
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C3665] >ウナムさん

叩かれている人をみると応援したくなるウナムさん、ぜひ中川さんを応援してください。絶対将来の日本のためになりますから。

私達が思う素敵な人とマスコミの思う素敵な人はどうも違うようで・・・。

[C3666] TB有難うございます

サケ呑みがサケだけで麻薬中毒みたいな状態になるはずない(のんべが力説(笑))ですね。睡眠薬成分含有の風邪薬を多量に飲んで、サケで睡眠薬効果をパワーアップしたらああなる、というのはわからんでもないですが…
それはともかく、中川氏のような国益を守ろうとする政治家は見事なほどみな潰されますね。マスコミと野党と自民左と公明は余程国益が嫌いらしい。のんべんだらりとしたのんべに過ぎない私もさすがに堪忍袋の緒が切れています。なんとかせねば…
中川議員、安倍議員の捲土重来を期待します。
  • 2009-02-20
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C3667] >練馬のんべさん

のんべさんがそう仰るなら間違いないでしょう。(笑)

私も堪忍袋の緒が切れて、この本を採り上げました。さらに次回もいきますよ~。国益を守ろうとする政治家シリーズ第二弾、中山成彬氏の予定です。(いつになるかは・・・?)

[C3668] ありがとうございます

いいエントリーですね。こんなに書いて貰えれば、中川(酒)さんも政治家冥利に尽きるでしょう。私もいいもの読ませて戴いたと思って居ます。有難う御座いました。
TB戴いた事を感謝申し上げます。
  • 2009-02-21
  • 投稿者 : sonoraone
  • URL
  • 編集

[C3669] >sonoraoneさん

ご訪問とコメント有難うございました。
sonoraone さんもブログで書かれているように、私も今回ばかりは産経(特にイザ!)のイエローペーパーのような報道ぶりに失望しました。いかなるマスコミにも、冷静な報道を求めるのは、もう無理なのかと考え、こんな弱小ブログでも何かを書いていかなければ!と、この記事を書いた次第です。
ご感想を頂き、大変心強い思いです。

[C3670] ものすごく深い根

中川さん はめられましたね。
中山さんや田母神さんのように
日本の国を思って独立国日本を目指す人ほどつぶされる。
すべて戦後の体制yesの敗戦利得者がえげつないほどに攻勢をかけてくるのです。
マスコミ、教育を牛耳られ洗脳され本当のことが分からなくなる国民。
もっと自分の頭で考えなければ。
良い本を紹介くださってありがとうございます。
  • 2009-02-21
  • 投稿者 : さくらこ
  • URL
  • 編集

[C3671] >さくらこさん

戦後の体制yesの人たちは今がチャンスだと必死ですし、その他の人たちは「面白ければいい」という軽薄きわまりないスタンスですね。
だから仰るとおり、後者の人たちには自分の頭で考えるようになって欲しいと思います。この軽薄さが払拭できなければ、日本はこのまま終わってしまいそうで、怖いです。

[C3672] 惜しいこと

こんにちは。
今回の件はとりわけ残念に思っていました。
しかし、薬が原因だとしても、あの姿が世界中に配信されてしまった以上、辞任はやむを得なかったのでしょうね・・・。当分は表舞台に復帰できないでしょうが、安倍さんともども裏からしっかりサポートしてもらいたいですね。

政治家の中でも、彼のように確固とした信念と実力を持った人は、10人に、いや100人に一人しかいないでしょうから、再起のチャンスは何度でもあるのではないでしょうか。
  • 2009-02-22
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C3673] >cyber_bird さん

必ず再起していただきたいですね。
この本の中に、政治家に何か悪評がたつと影響があるのは海外の交渉相手からまともに相手をして貰えなくなることだという主旨のことが書かれています。それで、今回のことは、騒ぎを大きくすることが国益を損ねると考えていました。
しかし、どなたかがこれで「名を売った」という考え方もあると書かれていました。逆転の発想で、再起された折には今まで以上に国際社会での活躍を期待してもよいのかも・・・と少しだけほっとしました。

しかし、考えを異にする勢力にとっては、中川さんは嫌な存在でしょうから、三度の潰しにかかるかもしれません。気を付けなければなりませんね。

[C3674] 参考まで

こんばんは。
わたしのブロ友(?)のふっきー氏が面白いエントリを書いてました。お時間ありましたら、リンク先の動画を見てみてください。

http://acccafe.blog67.fc2.com/blog-entry-764.html

確かに、この頃の産経もつまらない紙面ですね・・・。改めて日本にはタブロイドしか選択肢がないなあと悲しくなります。不買運動したいくらいだけど、阿比留さんのような方もおられるし。購読料を記者指名で振り込めればいいのに。
  • 2009-02-23
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C3675] ご無沙汰してます。

久しぶりにTBしていただいてなんかうれしいです。
近しい人達と話すと中川大臣を酷評する人が多いわけでもなく、やんややんやと騒ぐマスコミとのギャップに頭が混乱している今日この頃。とはいえ、すでにマスコミ報道には距離を起きつつなるべく自分で情報を取り自分で考え判断するようには心がけているのですが、それには相当なエネルギーを要するのでどうしても新聞等からの情報をたよらざるを得ない。だから最近とても混乱するんです。信用に値する媒体と思えなくなっているもので。(というのも若干表現が違いますけど)

  • 2009-02-23
  • 投稿者 : B.R
  • URL
  • 編集

[C3676] >cyber_bird さん

動画のご紹介有難うございます。さっそく見ました。これ関西でしか流れていないのは勿体ないですね。しかし、この事件が大連立にまで繋がっているということまでは想像がつきませんでした。

阿比留さんの所では、自民党が野に下ったら最強の野党になるから、安倍さんとか中川さんとかが、これまで言いたくても言えなかったことをガンガン代表質問すればいいんだ、というような意見も出ていましたね。もしもそうなったら国会中継から目が離せませんね。
但し、日教組出身の文部科学大臣だけは勘弁して欲しい。民主政権となったら恐ろしいのはそこです。

>購読料を記者指名で

面白いですね。二十年以上前に産経に乗り換えた理由は、署名記事が多かったからでした。だからずっと記者の名前も気にしながら読んでいるので、今、指名したい記者の名前がいくつか浮かびました。

[C3677] >B.R さん

お久しぶりです。コメント下さりありがとうございます。

バリバリ仕事をしている方々は、情報を精査する時間なんてないですよね。私も企業に勤めていたときは、そんな時間はありませんでした。

B.R さんは、平均的な(平凡なと言う意味では全くないですよ)都会の知識人だというイメージがあり、ニュートラルな意見や感覚を知りたいときに、貴ブログを拝見しに行きます。

中川昭一氏の件についても、先入観のない、しかもマスコミを鵜呑みにしていない、冷静で素直なご意見でしたよね。思わずTBしてしまいました。

中川氏については、cyber_bird さんが紹介されている動画↑もおもしろかったです。B.R さんのように官僚の責任を問題視していました。お時間があればどうぞ。

[C3678] お久しぶりです

TB有り難うございます。中川昭一氏のような憂国の士だからこそ、標的になるのでしょうね。同じ中川でも(女)の方は放置状態から米国のポチへと転身。使い出があるから潰さないのでしょう。

[C3679] >藤田達男さん

ご無沙汰しておりました。

(酒)と(女)は比べるのも嫌なほど、違いますね。
G7では、中川(酒)さんは、アメリカの保護主義を牽制したという評価もありましたものね。

お好きな言葉は
「永遠の友も永遠の敵もなく、あるのは永遠の国益だけ」
だそうです。国士ですね。

[C3687] 初めまして

本会議やそれに付随する交渉に問題があったかどうか問うことなく、辞任に追い込むメディアの暴力には呆れるばかりです。中川氏にはまだまだ日本のために尽してほしい。そんな思いで、今日応援のハガキを出したばかりです。一緒に応援しよう!
  • 2009-02-25
  • 投稿者 : 水瓶
  • URL
  • 編集

[C3688] >水瓶さん

初めまして。ご訪問とコメントを有難うございます。
本当に仰るとおりです。G7での日本への評価を見れば、なんと立派なお仕事をなさってきたか。
こんなメディアの横暴で、中川さんを潰してはなりませんね。応援していきましょう。

[C3848] 中川先生に合掌

まことに残念…
先生のご冥福をお祈り申し上げます。
  • 2009-10-04
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C3849] >練馬のんべさん

本当に残念でたまりません。
中川さんの日本を思う気もちを、皆で受け継いでいかねばなりませんね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

18件のトラックバック

[T791] 中川大臣

中川財務大臣が辞任 ふらふら会見の責任とり与謝野氏の「3大臣」兼任、公務に支障で早期解消へ北野武、大臣辞任の中川氏ばっさり麻生首相、中川前大臣辞任問題で陳謝 小泉発言の余波が求心力低下に拍車かける 『飛翔する日本』 中川 昭一「ローマの窮日」中川昭一は陥れ

[T792] 国旗と火と犬は、コリアンの必須攻撃アイテムみたいね。(今の報道の異常ぶりがわかるよ)

すっかり見慣れてしまった韓国の反日。 今回は日の丸バッテンバージョン。 安心して! 日章旗だけでなく中国の国旗も大変なことになって...

[T793] 「投げられた卵」村上春樹とイスラエル-2

    ||| 「投げられた卵」村上春樹とイスラエル-2 ||| meixiさんのブログから Jerusalem Post 紙「村上春樹エルサレム賞受賞」対訳 このブログ『米流時評』を始めた当初からおつき合いいただいている方々がいる。「かたがた」と言うのもてれくさいようなポン友な...

[T794] 「沈黙の壁を越えて」村上春樹とイスラエル-3

   ||| 沈黙の壁を越えて・作家の魂 ||| 作家としての村上春樹の生き方:『朱雀式』2/17号「羊男のエルサレム」より 村上春樹氏のエルサレム賞受賞式でのスピーチは、ずいぶん沢山のブログでとりあげられ、そのどれもが彼の行動と勇気に敬意を表するものでした。...

[T795] 中川大臣辞任で誰が一番得をしたのか?

  青山氏の動画です。                  関連エントリ 中川会見騒動で消された「史上最大の貢献」 http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/920095/ 読売の消えた女性記者「中川酒騒動」はマッチポンプか!? http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entr...

[T796] 品性なき悪意の追い打ち

朝日新聞が辞職した中川氏をさらに叩き続けている。件の会見後に訪れたバチカンで立入禁止区域に立ち入ったり、展示物を素手で触ったりした、とその行動を「非常識」と攻撃している(朝日電子版)。 >主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)での「もうろう記者会...

[T797] 中川財務相、辞任

中川昭一財務・金融担当相が、予算案と関連法案が衆院通過後に辞表を提出する意志を明らかにしました。麻生太郎首相は庇ってましたが、内外の批判が大きく自ら身を引いたようです。 昨日までは誰が財務大臣か知らなかったのですが、ヒラリー・クリントン国務長官も劇団...

[T798] 民主党社民党連立与党で合意!

 民主党・社民党・国民新党が連立するようです。  まるで悪夢のような政権が成立するということです。 引用元:産経新聞 ============================================================= 民主党の小沢一郎代表は20日、都内の個人事務所で国民新党の亀井静香代表...

[T799] 意見書・産経新聞殿

毎日と、同化することなかれ 産経新聞社に意見書送付  産経新聞社殿に意見を送りましたので、小稿に報告します。博士の独り言/写真は...

[T801] マスコミも崖っぷち「内閣支持率11%」

恣意的な設問、サンプル数の多寡、昼間の電話での質問に一体誰が回答しているか等、そもそもマスコミによる「世論調査」の手法自体が不明朗ではないか…という議論は、ここでは措いておく。 新聞・TVのタイトルに踊る「11%」という数字は、視覚・聴覚効果極めて大で

[T947] 中川昭一氏落選に思う

いみじくも、鈴木宗男が立会演説会で言っていた。 『北海道の食糧需給率は200%だ!だから、北海道は、独立国家と成り得る!』 以前のソ連で言えばウクライナみたいな存在だと思う。確かにそうだ。 その中心的存在は十勝である。 その十勝を護り、日本国家までも護ってきた...

[T961] 中川昭一氏が急死・・・・・。

中川元財務・金融相、自宅で急死  警視庁によると、中川昭一元財務・金融相(56)が4日、東京都世田谷区の自宅で死亡しているのが確認された。  4日午前8時半ごろ、自宅の2階ベッドでうつぶせに倒れている中川氏を妻が見つけて119番通報した。救急隊が到着...

[T962] 中川昭一氏のご冥福をお祈りします。

中川昭一氏と最後にお会いしたのは、「表現者」9月号に収録された、平沼赳夫氏、安倍晋三氏と同席する座談会に立ち会ったときだ。 以前から中川氏は、拉致問題、教科書問題、歴史認識問題など日本にとって非常に重要な問題に取り組んでいた。一方、例のG7金融サミット

[T963] 中川昭一氏

☆【中川昭一氏死去】自宅のベッドで死亡、目立った外傷なし 中川昭一元財務相(56)が4日朝、東京都世田谷区下馬の自宅のベッドで死亡しているのが見つかった。警視庁世田谷署によると、目立った外傷はなく、これまでに遺書は見つかっていない。同署は死因などを調べ...

[T964] 中川昭一氏の著書がAmazonで1位に

中川昭一元財務相急死 著書がAmazonランキング1位に - ITmedia News お考えが多くに人に読まれて喜んでおられるかもしれませんね。 謹んでお悔やみ申し上げます。 どうぞ安らかに。 飛翔...

[T966] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2009-10-05
  • 発信元 :

[T971] 無念!中川昭一氏逝去

 保守派の大御所、中川昭一氏が逝去なされました。  無念でなりません。  まずは産経新聞より引用です。 引用元:産経新聞 ======================================================  中川昭一元財務相の突然の訃報に、政界には衝撃が走った。先の衆院選での自らの...

[T972] 故・中川昭一氏に捧ぐ:大伴旅人「酒を讃むる歌十三首」

中川氏の死去に際しても 酩酊会見の映像ばかりを流したり、その部分だけをコメントするマスコミにはうんざりだが、改めて会見シーンを見ると、その仕組まれた異常性を痛感する。理由は以前書いた通り。 また、同様に酒癖ばかりを強調して書いている外道ブロガーがいる。私...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/248-7fec5df4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。