Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3661] 興味津々♪

なるほどファンタジー、とても楽しそうです。
先ずは図書館で…、明日にでも図書館に行ったとき探してみたいと思います(^^♪

図書館にいって、「ちょっと疲れたなぁ」…って感じたとき、
私はきまって児童文学コナーを覘きます。
「大きな本」が多いですね。
美しい挿絵に、大きな文字。
文章もやさしく、美しい表現の文章が綴られている。
何の気兼ねやてらいもなく、すーっと読み進むことができる。
文章や表現で考えさせると云うよりは、ひとつのものがたり全体で、何かをうったえようとする。
(あたかも、読後の全体感想を重視するかのような)そんな構成が大好きです。

実は私のブログ名のGraymanは、アニメのD.Gray-manからではなく、
ドイツ児童文学の中に登場する「“時間貯蓄銀行”と称する灰色の男たち」からの借用なのです。
  • 2009-02-14
  • 投稿者 : Grayman returns
  • URL
  • 編集

[C3663] >Grayman returnsさん

ファンタジー好きでいらっしゃいましたか!仰るような全体で何かを訴えようとするのがお好きでしたら、梨木香歩さんの『家守奇譚』↓などよいかもしれませんね。もうご存じかもしれませんね。
http://milesta.blog72.fc2.com/blog-entry-140.html
私の紹介するファンタジーは和風な物が多いのですよ。

“時間貯蓄銀行”、「灰色の男たち」って、『モモ』でしょうか?私はかつてはファンタジーをほとんど読まなかったので未読なのですが、『モモ』が好きという方多いですよね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T787] クリントンと日本/拉致被害者家族と東京で会談

   ||| クリントン長官の日本初訪問 |||  ヒラリー・クリントン国務長官、アジア外交旅行第一歩は日本初訪問  オバマ新政権、日本を最大の味方と重要視、北朝鮮拉致者家族と会談 ヒラリー・クリントンの変身には、何度も驚かされてきた。クリントン大統領が最...

[T788] クリントンと金正日/核と平和のアメとムチ

   ||| クリントンの半島対処外交 ||| クリントン国務長官「オバマ政権は半島問題解決に向けて直接対話の用意」 前回の記事の中では、きわめて重要な転機が記されていた。クリントンのアジア外交方針の演説の中で、特に中国よりも日本を「アメリカの友軍として再...

[T789] ハマスとイスラエル/絶望と希望のはざまで・ガザ停戦

  ||| ガザ停戦・絶望と希望のはざまで ||| ガザ地区のハマス政権、エジプトの仲介でイスラエルとの1年半の停戦協定を承諾 和平交渉役エジプトは、国境再開・捕虜交換・左岸とのパレスチナ統一政権を提案 昨年暮れのイスラエルのガザ侵攻以来、3週間の戦闘期間...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/247-36e684d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『つるばら村のはちみつ屋さん』 茂市 久美子・作/柿田 ゆかり・絵

つるばら村のはちみつ屋さん (わくわくライブラリー)つるばら村のはちみつ屋さん (わくわくライブラリー)
(2005/03)
茂市 久美子柿田 ゆかり

商品詳細を見る


バレンタインデーが近くなると、駅ビルやデパートの食品売り場はチョコレートを求める人で黒山の人だかりになる。人伝に聞いた話では、以前フランスから呼んだチョコレート職人(ショコラティエというらしい)のサイン会(!?)なるものが企画され、そこに若い女性が列を成したことがあるらしい。最近では女の子同士でチョコを交換する「友チョコ」も恒例らしく、そして今年話題になっているのは男の子から女の子に渡す「逆チョコ」だとか。
チョコレートは大好きだけど、あまり情緒のない盛り上がり方に、ちょっとうんざりという気分になっている。「バレンタインデーなんて、そもそも日本の行事じゃないのに!」なんて堅いことは言わないにしても、もう少し奥ゆかしく、微笑ましい雰囲気があってもいいのではないかと思ってしまうのは、つるばら村のバレンタインデーを知ってしまったからだろうか。

『つるばら村のパン屋さん』に始まるこのシリーズ前半の主人公はパン屋のくるみさんだ。
くるみさんは、わらぶき屋根の農家の台所でパンを焼いている宅配パン屋で、いつか自分の店を持ちたいと頑張っている。そこに時々訪れる、動物や精霊たちとの温かい交流とその物語にぴったりと合ったおいしそうなパンの数々。念願のお店を開店する『つるばら村の三日月屋さん』、ライバル店が現れる『つるばら村のくるみさん』と、次々読み進んでしまうのは、本当につるばら村があって、くるみさんもいて、おいしいパンを焼いてくれそうな気がするから。動物や精霊が出てきても、「嘘っぽい」とは感じないのは、登場人物(生物?)、筋書き、小道具が、「なるほど」と思うようなことばかりだからだ。読んでいる間の私の心の声をちょっと書いてみよう。

(カッパにふさわしいパンといったら、そりゃあキュウリのパンでしょう。納得。でも普通のキュウリサンドとはちょっと違った味付けをするのね。これは日本古来の生物カッパにはたまらないだろうなぁ。ああ私も食べたい。)

(節分の黒豆あんパンて、おいしそうだなぁ。でもこんなかわいい鬼の子に、「鬼は豆が嫌いだから黒豆あんパン食べさせてみよう。」なんて、くるみさんひどいっ。と思ったけど、へぇ鬼の子は豆を必要としていたのね。)

と、まぁこんな感じ。

物語が進むにつれ、作者の茂市久美子さんのスクラップブックや取材も充実していくとみえ、四作目の『つるばら村のはちみつ屋さん』には、養蜂や食べ物の説明に専門的な知識の片鱗が窺える。子供向けのお話だから、わかりやすく簡単に書いてあるが、その知識の裏付けが、より「嘘っぽくない」上質なファンタジーを作り上げている。

(ミツバチの巣から作った蜜ロウを型に塗って焼いた黒いお菓子って、カヌレ(ボルドーの郷土菓子)のことだ!)

と、食いしん坊の私は心の中で興奮して叫んでいたりする。このような実在する物になぞらえた描写、技術的な本当の話などが書き込まれていったところに、動物や精霊が登場すると、彼らも実在するもののような気がしてくるのだ。

つるばら村のバレンタインデーのお話は、『つるばら村の三日月屋さん』にも出てきて、こちらもほろりとする良いお話なのだが、私が好きなのは『つるばら村のはちみつ屋さん』のバレンタインデーの方だ。
最初の三作でちょっと気になる存在の脇役だったはちみつ屋さんのナオシさんが、「冬将軍」という紳士から、くるみさんに関する「すてきなもの」を贈られる。それはバレンタインデーの前夜のことだった・・・。
そして一ヶ月後、今度は「南風」の女の子がナオシさんの元へ、やはり贈り物を届けにやってくる。
粋な精霊たち、そしてなんてかわいらしいバレンタインデーの物語だろう。

「そもそも日本の行事じゃないのに!」という言葉を飲み込んで、「つるばら村のバレンタインデーってちょっといいかも?」と思ってしまうのは、茂市さんによる和魂洋才ファンタジーの魔法にかかってしまったからかもしれない。


  

2件のコメント

[C3661] 興味津々♪

なるほどファンタジー、とても楽しそうです。
先ずは図書館で…、明日にでも図書館に行ったとき探してみたいと思います(^^♪

図書館にいって、「ちょっと疲れたなぁ」…って感じたとき、
私はきまって児童文学コナーを覘きます。
「大きな本」が多いですね。
美しい挿絵に、大きな文字。
文章もやさしく、美しい表現の文章が綴られている。
何の気兼ねやてらいもなく、すーっと読み進むことができる。
文章や表現で考えさせると云うよりは、ひとつのものがたり全体で、何かをうったえようとする。
(あたかも、読後の全体感想を重視するかのような)そんな構成が大好きです。

実は私のブログ名のGraymanは、アニメのD.Gray-manからではなく、
ドイツ児童文学の中に登場する「“時間貯蓄銀行”と称する灰色の男たち」からの借用なのです。
  • 2009-02-14
  • 投稿者 : Grayman returns
  • URL
  • 編集

[C3663] >Grayman returnsさん

ファンタジー好きでいらっしゃいましたか!仰るような全体で何かを訴えようとするのがお好きでしたら、梨木香歩さんの『家守奇譚』↓などよいかもしれませんね。もうご存じかもしれませんね。
http://milesta.blog72.fc2.com/blog-entry-140.html
私の紹介するファンタジーは和風な物が多いのですよ。

“時間貯蓄銀行”、「灰色の男たち」って、『モモ』でしょうか?私はかつてはファンタジーをほとんど読まなかったので未読なのですが、『モモ』が好きという方多いですよね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3件のトラックバック

[T787] クリントンと日本/拉致被害者家族と東京で会談

   ||| クリントン長官の日本初訪問 |||  ヒラリー・クリントン国務長官、アジア外交旅行第一歩は日本初訪問  オバマ新政権、日本を最大の味方と重要視、北朝鮮拉致者家族と会談 ヒラリー・クリントンの変身には、何度も驚かされてきた。クリントン大統領が最...

[T788] クリントンと金正日/核と平和のアメとムチ

   ||| クリントンの半島対処外交 ||| クリントン国務長官「オバマ政権は半島問題解決に向けて直接対話の用意」 前回の記事の中では、きわめて重要な転機が記されていた。クリントンのアジア外交方針の演説の中で、特に中国よりも日本を「アメリカの友軍として再...

[T789] ハマスとイスラエル/絶望と希望のはざまで・ガザ停戦

  ||| ガザ停戦・絶望と希望のはざまで ||| ガザ地区のハマス政権、エジプトの仲介でイスラエルとの1年半の停戦協定を承諾 和平交渉役エジプトは、国境再開・捕虜交換・左岸とのパレスチナ統一政権を提案 昨年暮れのイスラエルのガザ侵攻以来、3週間の戦闘期間...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/247-36e684d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。