Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3510] こんな絵本があるのですか

こんにちは。
これは素敵な絵本ですね。
さすがmilestaさんはお子さんに読み聞かせる絵本も質が違いますね!

わたしも歌舞伎とかで源平の物語は親しんでいますが、平家物語までは敷居が高くてチャレンジできませんでした。この絵本は大人でも楽しめそうですね。
  • 2008-09-15
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C3513] >cyber_birdさん

いえいえ、本に飢えていたので、図書館の本を片っ端から見ていて偶然見つけただけで、たいていは普通の本を読んでいますよ。

これは仰るとおり、大人でも楽しめます。平家物語が、琵琶法師によって、津々浦々文字の読めない人々にまで親しまれていたことを彷彿とさせる、素晴らしい絵本だと思います。何と言っても、豊富で味のある絵がとても良いのです。
歌舞伎をご存じだと、「あっ、これは歌舞伎のあの場面をヒントに絵を描かれたんだな。」というような楽しみもあると思います。
ぜひぜひ図書館などで探してみてください。
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3514]

絵巻物っていうのが面白いそうですね。
なんだかんだで歴史に疎いので一度広げてみたいですね。
はたして図書館にあるのだろうか・・・
僕もちっこい弁慶を見つけてみたいですw
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C3515] >ウナムさん

横長の本で縦書きなので、かなり本当の絵巻に近い感覚で読むことができます。

もしも図書館になかったら、交渉して購入してもらってください!(笑)

私は「読み手」だったので、小さい弁慶に気づかなかったのですが、子供に教えてもらって探すとちゃんといるんですよ。帽子(頭巾?)が目印です。
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3517] これは・・・

 ご無沙汰しております。
 未読本がどんどん増える私でも、絵につられて読めるかな?
 日本の生活には慣れましたか?←変な質問?
 
 本をたくさん読みたい欲求と、読むと眠くなる体質?との狭間でもがき続けています。(ノД`)シクシク

[C3518] >tonoさん

こちらこそ大変ご無沙汰しております。

この本、大和櫻塾初等科の副読本にいかがですか?読み聞かせに最適でございます。読み聞かせていれば、眠ることもありません。お薦めですよ。

日本には慣れたような、慣れないような・・・。馴染みつつ、嘆きつつ、暮らしているという感じです。
  • 2008-09-18
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3519] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-09-21
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3520] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-09-22
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3616] 初めまして

初めてコメントさせて頂きます。サンタさんにお願いするプレゼントにこの絵巻をどうかと思って、検索していたら、こちらの日記に伺うことができました。いろいろと興味深いお話でとても嬉しく思っています。我が家は五歳と二歳の兄弟ですが、今年長男と義経千本桜を見て以来、すっかり源平にはまってしまいました。林原美術館から絵巻の図録を取り寄せたりして楽しんでいたのですが、子どもと読むなら大好きな赤羽画伯の絵巻本をぜひ読みたいと思っていました。ちなみに我が子は一ノ谷が大好きです。お子様は何歳ですか?とても奥深い楽しみ方ができるのですね。これからも参考にさせて頂きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
  • 2008-12-09
  • 投稿者 : お梅ママ
  • URL
  • 編集

[C3618] >お梅ママさん

初めまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。
義経千本桜、子供向けの鑑賞教室で私達も観ました。
源平は、興味を持つとっかかりがいろいろと用意されていますよね。それだけ長い間多くの人々に愛されてきた物語なのでしょう。
この本は、ご興味のある方には本当にお薦めです。サンタさんにお願いするのは、良いアイデアですね~。
今の時代に、五歳と二歳から源平の世界に浸れるとは、なんと幸せなお子さんたちでしょう!

我が子たちは、十代前半と小学校の中学年です。
上の子は、この絵本の後に、講談社「少年少女古典文学館」シリーズの『平家物語』も読んでいました。ご存じかもしれませんが、このシリーズは解説が詳しく、古典を楽しく読めます。

林原美術館の絵巻は知らなかったので、調べてみたら、平家物語絵巻の全巻揃った唯一のものなのですね。私も観てみたくなりました。

また是非お越し下さいね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T677] タイトル変更のお知らせ

このたび、ブログのタイトルを「THE.平成論壇進講所」と改めることにしました。 昨今の政治情勢、教育問題、外交問題など、私たちを取り...

[T678] 号外!メリルリンチを500億ドルでBOAが買収

  ||| メリルリンチをBOAが買収 ||| 危機のメリル・リンチを、5兆3千億円でバンク・オブ・アメリカが買収 米国老舗の証券会社リーマンは 財政危機脱せず、月曜ついに破産申告へ まずは数日の休筆をお詫び申し上げます。9月第1週は米国では新しい会計年度が始ま...

[T679] ウォールストリート大暴落、9/11以来のメルトダウン

  ||| ウォールストリート大暴落 ||| NYダウ株式市場1日で504ドルの大暴落、9/11以来最も深刻な局面に リーマン倒産、メリルリンチはBOAが買収、大手保険AIGも破産宣告へ [昨日からの続き] 雪崩は止まりません。米国のメディアでは夜っぴて経済アナリストが

[T680] 号外!AIGに8.9兆円連邦救済ローン、恐慌脱出か?

    ||| NY株式市場メルトダウン |||   どうなる、危機に直面したグローバル経済に大恐慌はくるのか?   AIGシンドローム、世界最大の保険会社倒産の危険性と波及効果 [昨日からの続き] 恐慌3日目。リーマン、メリルリンチに続いて、世界最大の保険会

[T681] 速報!パキスタン・マリオット爆破テロで40名死亡

   ||| イスラマバード・マリオット爆破テロ ||| パキスタンのイスラマバード・マリオットホテル爆破テロで40名死亡 パキスタン・イスラマバード発 |現地時間で20日土曜夜、パキスタンの首都イスラマバードを代表するホテル、マリオット・イスラマバードを自爆...

[T682] 警告!パキスタン軍、領空侵犯の米軍ヘリを砲撃!

     ||| 米国 VS パキスタンの対立急浮上 ||| 反米感情高まるパキスタン国境地帯で、政府軍と住民が米軍ヘリを砲撃 ザルダリ新政権、北ワジリスタン辺境地区への米軍領空侵犯に厳重警告 米国時間2008年9月21日 パキスタン・イスラマバード発  パキスタン

[T683] 「ビルマ自由の竪琴」政治犯ら9千名自由の身に

   ||| ビルマ、自由の竪琴 |||   ミャンマー軍事独裁政権、恩赦で政治犯ら6千名を釈放処分   国連総会開会日に、人権蹂躙への糾弾を恐れた政治的対策か 朗報! 昨年夏に托鉢を覆して、軍事独裁政権に決死の抗議を繰り広げたビルマの僧侶たち。『米流時評...

[T685] 不屈のビルマ 自由の僧衣・9千名解放のミャンマー恩赦

  ||| 不屈のビルマ 自由の僧衣 ||| ミャンマーの軍事独裁政権、特例恩赦で政治犯ら9千名を釈放処分へ 国連総会の開会日に、人権蹂躙への糾弾を恐れた国際世論への対策か 軍事独裁政権の圧政弾圧のもと、政府に対して反旗を掲げるものは即座に政治犯として逮捕

[T686] 中国汚染乳製品、グローバルに輸入禁止!

  ||| 中国乳製品のグローバル汚染禍 |||  死者4名罹患者5万3千名、汚染災禍で中国製食品輸入全面禁止へ  拡大するメラミン混入汚染乳製品問題に奔走する、世界各国の対応 米国時間 2008年9月24日 |米国連邦政府の FDA=食品医薬品局は24日水曜、メラミン...

[T687] 中国、乳製品汚染問題で台湾に公式謝罪

  ||| 中国、汚染食品問題で台湾に公式謝罪 |||  北京政府、中国産の乳製品汚染問題で台湾の馬英九総統に公式謝罪  国連総会出席の温家宝首相、食品にも国際的安全基準の設定を提案 珍しいこともあるもんです。温家宝首相が謝罪したそうですよ。ホオ~!ですね...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/238-59522842
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『絵本 源平絵巻物語 全10巻』 今西祐行・作/赤羽末吉・絵

絵本 源平絵巻物語 全10巻絵本 源平絵巻物語 全10巻
(2005/03/31)
今西 祐行

商品詳細を見る


我が子たちは、外国暮らしから解放され、自分の読みたい本を好きなだけ読むという自由を満喫している。そんな中で出会ったこの『源平絵巻物語』は、大袈裟でなく自然に誰の口からも「ああ、日本に帰ってきて良かった。」と出てしまうほどの素敵な本であった。

義経と弁慶の物語は、義経の伝記や『ノンちゃん雲に乗る』に出てくるお兄ちゃんの弁慶役の挿話によって、我が家ではお馴染みになっていた。現代の子供たちには、そう人気のある物語ではないのかもしれないが、『ノンちゃん・・・』を読めばわかるように、二昔くらい前は「義経と弁慶」といえば誰もが知っていて、しかも人気が高い“キャラクター”であったのだろう。外国滞在中は読める本が限られていたので、我が家では、このような古くさいキャラクターでも有り難く拝読していたのだ。

『源平絵巻物語』の第一巻は義経が、第二巻は弁慶が主人公。
我が子の一人は、もともと弁慶贔屓であったが、これを読んでますます好きになった。なにしろ、生まれたときにはもう三歳くらいの大きさで、修行に行った寺では他の小僧さんやお坊さんを片っ端から投げ飛ばす、知らない寺に忍び込んで自分で頭をジョリジョリ剃り袈裟を拝借して坊さんに成りすます・・・。自称「ふざけんぼう」の我が子のツボにはまったらしい。
もう一人の子は、義経の伝記を読んだとき、平清盛を前に義経の母と祖母がそれぞれ自分の身を犠牲にして家族を救おうとした場面に感動していた。この絵巻では、その場面を含む逃避行、兄弟との別れなどが、美しい絵になってより一層しみじみと味わえるようになっている。
義経と弁慶の生い立ちを復習すると、いよいよ源平の壮大な物語に入っていった。

「絵巻」と名付けられているとおり、大型絵本の片面いっぱいの挿絵が、全部のページに描かれている。ある時は主人公たちの白熱したやりとりのアップであり、ある時は合戦の行われた地形がわかる背景画に豆粒ほどの馬や人間がいっぱい描かれていたりする。どんなに小さくても、どんなにたくさん描かれていても、それぞれの馬や人間が丁寧に描かれていて、それが臨場感を醸しだしている。地形等については、作者の今西祐行氏と画家の赤羽末吉氏が、現地に赴いたそうで、その土地を知らない者にも、雰囲気がよく伝わるように描かれていると思う。赤羽氏の画風は、ほんわかと温かく、ユーモラスなところもあって、それがこのいにしえの物語をずいぶんと身近なものに感じさせてくれている。
そんな絵の魅力を子供たちには充分に感じさせたくて、この絵巻は十巻全て、私が読み聞かせた。もう読み聞かせの年齢ではない子も、挿絵に見入りながら聴いており、大人向け紙芝居という風情だった。いや、題材からして絵付きの琵琶法師というべきだろうか。

さて、十巻読み終えて、気に入った箇所はそれぞれに異なっていた。
弁慶好きはやはり、弁慶が機転を利かせる安宅の関に感心し、最後の立ち往生に感動していた。
もう一人は、平知盛が自分の愛馬が敵の手に渡ろうとも射殺すことをしなかった場面が印象深かったようだ。助けられた馬と知盛が別れを惜しみながら離れていくところに、いつまでも見入っており、その日の日記には、この本のことが書かれていた。
私は、木曾義仲と斉藤実盛の悲劇に涙した。

今西氏によると、この絵巻は『義経記』『平家物語』『源平盛衰記』『平治物語』などの他、謡曲や歌舞伎で親しまれている場面などを出来るだけ多く参考にし、ゆかりの地を歩かれて、制作されたそうだ。そのような大変な作業をされた原動力は、次の言葉に凝縮されていると思う。

・・・どこまでが事実かはわかりません。
しかし、昔から、義経ほど人々に好かれてきた人物はないようです。歴史的事実はどうあれ、私達の先祖が、義経という人物をこのようにつくりあげてきたということは、大切な事実です。その事実を、わたしたちが今、考えられるかぎり自然な、しかしもっとも美しい形で本にしようとしたのが、この日本の歴史絵物語です。


この本の副産物は、これを読んだために、他の日本文化がより一層楽しめるようになったことだ。
たとえば、博物館に絵を見に行くと、武士が倒れている絵があり、子供たちはその横に笛が落ちているのを見て「敦盛だ!」とわかる。「那須与一」など、お茶の子さいさいだ。
歌舞伎や能でも、義経や弁慶を題材にしたものには非常に興味を持つ。実際に観に行くと、多少セリフがわからなくても、物語の背景がわかっているから飽きることなく楽しんでいた。
今西氏の書かれているように、この物語をかつてわたしたちの先祖が好んだという事実は、とても大切なことだと実感している。

アニメやゲームのキャラクターもいいけれど、このちょっと古くさいキャラクターたちに目を向けてみてはどうだろうか。新しい世界が広がり、キャラクターを通しておじいちゃんやおばあちゃんとの会話も弾むかも。
まずは、豪快キャラクター『弁慶』あたりから読み始めてみよう。そして、『ウォーリーをさがせ』のように、挿絵の中に豆粒ほどの弁慶を捜しながら次々と読んでいく。これは我が子秘伝の楽しみ方である。

10件のコメント

[C3510] こんな絵本があるのですか

こんにちは。
これは素敵な絵本ですね。
さすがmilestaさんはお子さんに読み聞かせる絵本も質が違いますね!

わたしも歌舞伎とかで源平の物語は親しんでいますが、平家物語までは敷居が高くてチャレンジできませんでした。この絵本は大人でも楽しめそうですね。
  • 2008-09-15
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C3513] >cyber_birdさん

いえいえ、本に飢えていたので、図書館の本を片っ端から見ていて偶然見つけただけで、たいていは普通の本を読んでいますよ。

これは仰るとおり、大人でも楽しめます。平家物語が、琵琶法師によって、津々浦々文字の読めない人々にまで親しまれていたことを彷彿とさせる、素晴らしい絵本だと思います。何と言っても、豊富で味のある絵がとても良いのです。
歌舞伎をご存じだと、「あっ、これは歌舞伎のあの場面をヒントに絵を描かれたんだな。」というような楽しみもあると思います。
ぜひぜひ図書館などで探してみてください。
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3514]

絵巻物っていうのが面白いそうですね。
なんだかんだで歴史に疎いので一度広げてみたいですね。
はたして図書館にあるのだろうか・・・
僕もちっこい弁慶を見つけてみたいですw
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C3515] >ウナムさん

横長の本で縦書きなので、かなり本当の絵巻に近い感覚で読むことができます。

もしも図書館になかったら、交渉して購入してもらってください!(笑)

私は「読み手」だったので、小さい弁慶に気づかなかったのですが、子供に教えてもらって探すとちゃんといるんですよ。帽子(頭巾?)が目印です。
  • 2008-09-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3517] これは・・・

 ご無沙汰しております。
 未読本がどんどん増える私でも、絵につられて読めるかな?
 日本の生活には慣れましたか?←変な質問?
 
 本をたくさん読みたい欲求と、読むと眠くなる体質?との狭間でもがき続けています。(ノД`)シクシク

[C3518] >tonoさん

こちらこそ大変ご無沙汰しております。

この本、大和櫻塾初等科の副読本にいかがですか?読み聞かせに最適でございます。読み聞かせていれば、眠ることもありません。お薦めですよ。

日本には慣れたような、慣れないような・・・。馴染みつつ、嘆きつつ、暮らしているという感じです。
  • 2008-09-18
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3519] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-09-21
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3520] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-09-22
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3616] 初めまして

初めてコメントさせて頂きます。サンタさんにお願いするプレゼントにこの絵巻をどうかと思って、検索していたら、こちらの日記に伺うことができました。いろいろと興味深いお話でとても嬉しく思っています。我が家は五歳と二歳の兄弟ですが、今年長男と義経千本桜を見て以来、すっかり源平にはまってしまいました。林原美術館から絵巻の図録を取り寄せたりして楽しんでいたのですが、子どもと読むなら大好きな赤羽画伯の絵巻本をぜひ読みたいと思っていました。ちなみに我が子は一ノ谷が大好きです。お子様は何歳ですか?とても奥深い楽しみ方ができるのですね。これからも参考にさせて頂きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
  • 2008-12-09
  • 投稿者 : お梅ママ
  • URL
  • 編集

[C3618] >お梅ママさん

初めまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。
義経千本桜、子供向けの鑑賞教室で私達も観ました。
源平は、興味を持つとっかかりがいろいろと用意されていますよね。それだけ長い間多くの人々に愛されてきた物語なのでしょう。
この本は、ご興味のある方には本当にお薦めです。サンタさんにお願いするのは、良いアイデアですね~。
今の時代に、五歳と二歳から源平の世界に浸れるとは、なんと幸せなお子さんたちでしょう!

我が子たちは、十代前半と小学校の中学年です。
上の子は、この絵本の後に、講談社「少年少女古典文学館」シリーズの『平家物語』も読んでいました。ご存じかもしれませんが、このシリーズは解説が詳しく、古典を楽しく読めます。

林原美術館の絵巻は知らなかったので、調べてみたら、平家物語絵巻の全巻揃った唯一のものなのですね。私も観てみたくなりました。

また是非お越し下さいね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

10件のトラックバック

[T677] タイトル変更のお知らせ

このたび、ブログのタイトルを「THE.平成論壇進講所」と改めることにしました。 昨今の政治情勢、教育問題、外交問題など、私たちを取り...

[T678] 号外!メリルリンチを500億ドルでBOAが買収

  ||| メリルリンチをBOAが買収 ||| 危機のメリル・リンチを、5兆3千億円でバンク・オブ・アメリカが買収 米国老舗の証券会社リーマンは 財政危機脱せず、月曜ついに破産申告へ まずは数日の休筆をお詫び申し上げます。9月第1週は米国では新しい会計年度が始ま...

[T679] ウォールストリート大暴落、9/11以来のメルトダウン

  ||| ウォールストリート大暴落 ||| NYダウ株式市場1日で504ドルの大暴落、9/11以来最も深刻な局面に リーマン倒産、メリルリンチはBOAが買収、大手保険AIGも破産宣告へ [昨日からの続き] 雪崩は止まりません。米国のメディアでは夜っぴて経済アナリストが

[T680] 号外!AIGに8.9兆円連邦救済ローン、恐慌脱出か?

    ||| NY株式市場メルトダウン |||   どうなる、危機に直面したグローバル経済に大恐慌はくるのか?   AIGシンドローム、世界最大の保険会社倒産の危険性と波及効果 [昨日からの続き] 恐慌3日目。リーマン、メリルリンチに続いて、世界最大の保険会

[T681] 速報!パキスタン・マリオット爆破テロで40名死亡

   ||| イスラマバード・マリオット爆破テロ ||| パキスタンのイスラマバード・マリオットホテル爆破テロで40名死亡 パキスタン・イスラマバード発 |現地時間で20日土曜夜、パキスタンの首都イスラマバードを代表するホテル、マリオット・イスラマバードを自爆...

[T682] 警告!パキスタン軍、領空侵犯の米軍ヘリを砲撃!

     ||| 米国 VS パキスタンの対立急浮上 ||| 反米感情高まるパキスタン国境地帯で、政府軍と住民が米軍ヘリを砲撃 ザルダリ新政権、北ワジリスタン辺境地区への米軍領空侵犯に厳重警告 米国時間2008年9月21日 パキスタン・イスラマバード発  パキスタン

[T683] 「ビルマ自由の竪琴」政治犯ら9千名自由の身に

   ||| ビルマ、自由の竪琴 |||   ミャンマー軍事独裁政権、恩赦で政治犯ら6千名を釈放処分   国連総会開会日に、人権蹂躙への糾弾を恐れた政治的対策か 朗報! 昨年夏に托鉢を覆して、軍事独裁政権に決死の抗議を繰り広げたビルマの僧侶たち。『米流時評...

[T685] 不屈のビルマ 自由の僧衣・9千名解放のミャンマー恩赦

  ||| 不屈のビルマ 自由の僧衣 ||| ミャンマーの軍事独裁政権、特例恩赦で政治犯ら9千名を釈放処分へ 国連総会の開会日に、人権蹂躙への糾弾を恐れた国際世論への対策か 軍事独裁政権の圧政弾圧のもと、政府に対して反旗を掲げるものは即座に政治犯として逮捕

[T686] 中国汚染乳製品、グローバルに輸入禁止!

  ||| 中国乳製品のグローバル汚染禍 |||  死者4名罹患者5万3千名、汚染災禍で中国製食品輸入全面禁止へ  拡大するメラミン混入汚染乳製品問題に奔走する、世界各国の対応 米国時間 2008年9月24日 |米国連邦政府の FDA=食品医薬品局は24日水曜、メラミン...

[T687] 中国、乳製品汚染問題で台湾に公式謝罪

  ||| 中国、汚染食品問題で台湾に公式謝罪 |||  北京政府、中国産の乳製品汚染問題で台湾の馬英九総統に公式謝罪  国連総会出席の温家宝首相、食品にも国際的安全基準の設定を提案 珍しいこともあるもんです。温家宝首相が謝罪したそうですよ。ホオ~!ですね...
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/238-59522842
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。