Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3352] WGIP

 中共の文化大革命を調べると、戦後日本が経験したGHQによるWGIPと重なるものを感じます。
 勿論、中国の方が短時間にドラスティックな方法で進行したわけですが、逆に日本の方が長時間に真綿をくるむように行われたことでより根の深い洗脳計画であったような気はしていますが...。
 ひょっとしたら昨年よく言われていたKY(空気読めない)も、同質化圧力という意味で同根のように感じられて仕方有りません。

PS.
 全体主義国家は事の善し悪しを別にして、国家戦略を推進しやすい国家形態だと認めざるを得ません。
(文化大革命のようなことは、仮に必要であっても主権在民国家では実施できる要素がありません)
 中共の壮大な国家戦略と互角に戦える国家百年の計を、持てる日本であって欲しい...。

[C3353] 文革

こちらこそご無沙汰しています。
いつもながら良い本をご紹介されますね。
権力の座から遠のいた毛沢東が、自己の権力奪還のために、とんでもない事をしでかしたということですね。
若者には、常日頃押さえつけられてきた目上や教師などを好きなように糾弾できるということで、首席のお墨付きだから好き放題できることが、あれほどの無茶な行動になったのでしょうし、また毛沢東もそれを狙っていたのでしょう。結果は当時の権力者が一掃されたわけですから。

[C3354] ワイルドスワン

ワイルドスワン。衝撃的な本でしたね。
今だ忘れる事ができません。
真面目な青少年、少女たちを、情報操作で利用し、切り捨てる。誤った行動へと煽動した、毛沢東。
吐き気がします。
  • 2008-05-09
  • 投稿者 : さんぼ
  • URL
  • 編集

[C3355] 紅旗集団

 灯火リレーに動員された中国人たちを見て紅衛兵や文化革命を連想するのは、当を得た連想だろうと思います。今大阪で働いている知り合いの中国人が文化革命のことを批判するのを聞いたことがありました。しかし、比較的若い世代の中国人には、そのような批判の視点が欠けているという印象を受ける場合が少なくありません。もちろん例外もあるのですが、全体的には愚民政策の結果が現れているように見えますね。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : のらりひょん
  • URL
  • 編集

[C3357] >山本大成さん

>中共の壮大な国家戦略と互角に戦える国家百年の計を、持てる日本であって欲しい...。

本当ですね。百年先を考えたら、パンダを借りている場合じゃないと思うのですけど・・・。

真綿で首を絞められるようにして洗脳された日本の方が、、過激でない分、おかしさに気づき目が醒めるのが難しいのでしょう。

  • 2008-05-10
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3358] >小楠さん

この本は、絵の力がもの凄いのです。経験した本人が描いているので、気持ちが入っているというか、抑えても溢れ出てくる何かを感じます。

>常日頃押さえつけられてきた目上や教師などを好きなように糾弾できる

本当に「好きなように」していたようで、むちゃくちゃですね。その結果、権力者だけでなく知識人も一掃されてしまい、あれでは国が良くなるはずがありませんよね。
日本でも最近「格差社会」という言葉が流行っていますが、それが行きすぎると、同様のことになりそうで、ちょっと怖いと思っています。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3359] >さんぼさん

『ワイルドスワン』は衝撃的ですよね。できるだけ多くの人に読んで欲しい本ですが、かなりの長編なので、こんな絵本からでも、文革のことを知って欲しいと思って紹介しました。
こちらは『ワイルドスワン』ほどの恐ろしい描写はありませんが、文革に巻き込まれてしまった人の深い悲しみのようなものを感じる作品です。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3360] >のらりひょんさん

中国の若者は文革についてどのように教えられ、どのように思っているのでしょうね。あの留学生たちにとっては、遠い昔の出来事なのか、詳しくは教えられていないのか・・・。

今回の記事を書くときに、「紅衛兵」も「下放」も変換できずに苦労しました。中共は国民に対しても「なかったこと」にしたい出来事なのかもしれませんね。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3361] 教育の違い

>あの留学生たちにとっては、遠い昔の出来事なのか、詳しくは教えられていないのか・・・。

 天安門事件の前後に友人のところに出入りしていた留学生は、いろいろ知っているように感じました。やはり天安門が大きな節目だったのではないかと思います。あの事件のあと、中共政府は悪いことは徹底的に隠し、良いことはでっち上げてでも宣伝する姿勢を強めたようです。今の留学生は、その方針に沿った教育を受けているので、ほんとにデキル学生以外は愚民化しているという印象を受けます。王千源さんの事件などは、そういう情況をあぶり出したと言えるでしょう。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : のらりひょん
  • URL
  • 編集

[C3362] 文化大革命

milesta さんのブログを見ていていつも思うのは、建設的だなあということです。最近、愚痴ばっかり書いている自分が情けないです。中国の思想統制で連想するのは文化大革命でもそうですが、江沢民の反日教育です。また、カンボジアのクメールルージュも文化大革命の模倣ですよね。ホントに教育、思想統制は恐ろしいです。日本もまだアメリカに洗脳されている気がします。さて、これからは僕も次元の低いブログから脱却しなくては。
  • 2008-05-11
  • 投稿者 : HIRO。
  • URL
  • 編集

[C3363] >のらりひょんさん

なるほど天安門が境目ですか。しかし文革を経験している人たちがまだたくさんいる中で隠し通そうとしても、真実も漏れてしまい、良識的な人もわずかにせよ出てくるのでしょうね。といっても、真実を知る人には生きにくい国のようですが。
  • 2008-05-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3364] >HIRO。さん

お褒めいただき恐縮です。私はいつもHIRO。さんの、お仕事にお勉強に少林寺にと頑張っていらっしゃるご様子を、ブログで拝見して、私って何て社会に貢献していないんだろうと申し訳ないような気持ちになります。せめて、忙しい方々に、読んだ本の内容を伝えたり、本選びの参考になるようなことを書けたらよいなぁと思って、記事を書いています。

思想統制のことを考えると、私たちはそれぞれが、自分で意識して情報収集をして、自分の頭でものを考えることがとても重要だと思います。図書館のお仕事は、それを助けることになりますね。
  • 2008-05-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3413] ワイルドスワンは成都が舞台でなかったかしら・・・

四川省の省都が成都だと覚えたのは、ワイルドスワンを読んだときです。今回の地震、ユン・チュアンさんも思いをはせていらっしゃるだろうなー、咄嗟にそう思いました。
天安門事件の当事者世代は、文化大革命時代には小さくて、親世代から、革命政府は何をしたかを耳で聞いている世代ですね。10年ほど前の北京旅行でガイドさんの話ですが、インテリとみなされた父親の背中にはアイロン(焼きコテか)の跡が残っています。父は、当時の記録として、今も、あの頃の服を捨てないで保存しています、と。ワイルドスワンは中国では発行禁止(今もかしら?)。北京大学で国際政治を専攻した彼は、バスの中でえっ!そんなことまで話していいの、と思うほど、日本語で、中国事情を語ってくれました。

[C3414] >街中の案山子さん

そうでしたか!成都って何だか馴染みのある地名だと思っていたのですが、ワイルドスワンの舞台でしたか!私は記憶力が悪くて、特に人の名前や地名はすぐに忘れてしまうのです。

バスガイドさん、そんなにいろいろ話して大丈夫だったのでしょうかね。かえってこちらが心配してしまいますね。
  • 2008-06-15
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3416] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2008-06-16
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3417] >鍵コメさん

詳しく教えていただき有難うございます。びっくりするお話ばかりでした。
拙ブログは、彼の国からはアクセスできないようにブロックされており、チェックされることもあるかもしれず、念のため非公開にしておきました。

「ミーハー」な面は意外でした。しかし、かなり国際派インテリミーハーですね。(笑)

またいろいろと教えてください。
  • 2008-06-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3418] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2008-06-17
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3420] >3418のコメントの方

中身の濃いご旅行でしたね。外国はガイドさんによって印象がずいぶん違ったりしますよね。
しかし聞けば聞くほど、その後が気になってしまいます。(いろいろな意味で)ご無事なのでしょうかね。
  • 2008-06-17
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T580] 日本の真ん中でフリーチベットと叫ぶ!胡錦濤来日反対デモ参加報告編

  ||| 胡錦濤来日反対デモ参加レポート  ||| 日比谷で代々木で表参道で…日本の真ん中でフリーチベットと叫ぶ! フリーチベットブロガーズ特集・胡錦濤来日反対デモ参加レポート 胡錦濤来日反対の抗議デモ。日比谷の松本楼へ出向いて、会談に臨む虐殺主席の代理

[T581] 歩く天安門よ、帰れ! 早稲田・日比谷の胡錦濤来日反対デモ

    ||| 歩く天安門よ、大陸へ帰れ! ||| スクープ! 憲法違反? 陛下の胡錦濤滞在先訪問に関する「閣議決定」がない! 早稲田で雪山獅子旗と五星紅旗の対決!松本楼レポート「胡錦濤、裏門から去る」 これほど歓迎されなかった国家元首来日が、いまだかつてあ

[T586] 死者1万名!中国四川省大地震第1報

 ||| 中国四川省大地震・第1報  ||| 中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に 成都市で学校8校倒壊、生徒生き埋めに 化学工場から有毒物質流出 米国時間 2008年5月12日 | AP通信・成都発/北京支局経由 | 『米流時評』ysbee 訳 四川省成都発

[T589] 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名

   ||| 四川大地震レポート・4日目 ||| 四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま 米国時間 2008年5月15日 | MSNBCニュース・四川省瀘沽発 | 訳『米流時評』ysbee 14日木曜の新華社通信の報道によると、中国四川省の大地震による

[T590] 四川大地震で難民500万人!チベット人自治区汶川・北川壊滅

   ||| 四川大地震ルポ4日目・後編  ||| 四川省地震難民500万! 壮絶な被害、全市壊滅で復興絶望の地区も アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出 米国時間 2008年5月15日 | MSNBCニュース・四川省瀘沽発 | 訳『米流時評』ys...

[T591] 号外!中国 聖火リレーを一時中止 地震の犠牲者慰霊で3日間

  ||| 聖火リレー、慰霊で3日間中止  ||| 北京オリンピックの聖火リレーを 地震の犠牲者慰霊で3日間中止 米国時間 2008年5月18日 | ロイター通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee 四川省北川発 | 現地時間で18日日曜、北京五輪の主催者である
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/226-fb214e8a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『赤い大地黄色い大河―10代の文化大革命』 アンコー チャン・作 絵/稲葉茂勝・訳/青野 繁治・監修

赤い大地黄色い大河―10代の文化大革命赤い大地黄色い大河―10代の文化大革命
(2005/08)
アンコー チャン、青野 繁治 他

商品詳細を見る


オリンピックの聖火リレーが行われた世界各地で、沿道に終結し、旗を振る中国人留学生たち。ネットでの言論を見ていると、彼らの行動を「まるで文化大革命だ」と感じた人もいたようだ。本当の文化大革命では、多数の中国人が、命を奪われたり、人前で辱めを受けたり、いわれのない拘束を受けたり、強制労働をさせられた。今回の留学生の行動に、そこまでの過激さはないが、全体主義国家に煽動された若者の集団という点では、やはり文化大革命を思い起こさずにはいられない。

あの留学生たちの多くは、自ら人権蹂躙に加担しようと思っているわけではないだろう。純粋な愛国心や中国人同士の仲間意識が行動の発端になっている人たちが多いのではないだろうか。しかし、その純粋な者たちが間違った指導者を頂くとどうなるか、それを教えてくれるのがこの絵本である。

作者である画家のアンコー・チャン氏は、北京で生まれで、ティーンエイジャー(13歳~19歳)という多感な時期のほとんどを文化大革命の渦中に過ごした。
この時期、若い世代は思想的な洗脳を受け、4つの「旧」を取り除く革命に競うようにして参加する。4つの旧とは「旧文化」「旧思想」「旧風俗」「旧風習」、すなわち従来は評価されたり尊敬されたりしていたほとんど全ての人や物を、排除し弾圧するのが革命の使命とされた。
アンコーの父親は作家であったため、「旧思想」をもつ者だという理由で紅衛兵に家を襲撃される。紅衛兵たちを引率してきてた父の運転手からアンコーはこう言われる。

「きみのお父さんは“黒五類”なんだ」と、おじさんが言いました。
「きみは、お父さんとの間に線を引かなくちゃいけない」
(※黒五類:地主、富農、反革命、壊分子(ごろつき)、右分子
 ※毛沢東は、古い考えを持つ人を「黒五類」とよび、悪い人だと断定しました。)


アンコーは学校の正門に張り出されたスローガン、「老子反動児壊蛋(親父が悪者なら息子はろくでなし)」という言葉を思い出し、自分はろくでなしなのだと思いこむ。

 いったいなぜこうなってしまったのか、私にはわかりませんでしたが、それを説明してくれる人もいませんでした。なぜなら、だれにもわからなかったからです。私は恥ずかしいような、それでいて腹立たしいような気持ちをずっといだいていました。それでも、『毛沢東語録』は、何度も何度も暗唱しました。意味があまりわからないままに。

その後父は逮捕され、家の一部が紅衛兵に占領され、叔母は自殺に追いやられるが、意味がわからないまま、運転手のおじさんの言うように父との間に「線を引き」、紅衛兵に憧れていく。

 彼らは、自分たちがどうやって「黒五類」の家を荒らしたのか、「黒五類」を追いはらったのか、たがいに自慢しあっていました。私は彼らといっしょにいるだけでも、なんだかわくわくしていました。私の頭には、自分の家族に起きたことなど、これっぽっちもありませんでした。とうとう私も文化大革命に加わることができたのです。

その後、下放運動に参加し、自分の人生を考え始め、自らの中に絵の才能を見いだすところで、この絵本は終わっている。
過酷な少年時代であったはずなのに、比較的淡々とした筆致で、誇張することなく、当時の中国社会の様子、自分の心情を書いている。アンコーの手による挿絵の数々は、文章では抑えているだろうものを伝えてもくれ、感情を揺さぶられる。

文化大革命を書いた本を読む度に、紅衛兵や革命に集団で加担した民衆を、得体の知れない恐ろしいものだと感じていた。この絵本を読むことで、素直で純粋な少年が「得体の知れない恐ろしいもの」に巻き込まれていく過程がよくわかり、ますます全体主義の恐ろしさを知ることになった。

※子供も読者に想定しているので、文化大革命についての用語説明や背景などについての解説が、随所に書かれています。
単行本版もあるそうです。
 ↓


※文化大革命の恐ろしさを信じられない思いで読み、それが「現代」の出来事だと知り愕然とした本です。
 ↓
  

18件のコメント

[C3352] WGIP

 中共の文化大革命を調べると、戦後日本が経験したGHQによるWGIPと重なるものを感じます。
 勿論、中国の方が短時間にドラスティックな方法で進行したわけですが、逆に日本の方が長時間に真綿をくるむように行われたことでより根の深い洗脳計画であったような気はしていますが...。
 ひょっとしたら昨年よく言われていたKY(空気読めない)も、同質化圧力という意味で同根のように感じられて仕方有りません。

PS.
 全体主義国家は事の善し悪しを別にして、国家戦略を推進しやすい国家形態だと認めざるを得ません。
(文化大革命のようなことは、仮に必要であっても主権在民国家では実施できる要素がありません)
 中共の壮大な国家戦略と互角に戦える国家百年の計を、持てる日本であって欲しい...。

[C3353] 文革

こちらこそご無沙汰しています。
いつもながら良い本をご紹介されますね。
権力の座から遠のいた毛沢東が、自己の権力奪還のために、とんでもない事をしでかしたということですね。
若者には、常日頃押さえつけられてきた目上や教師などを好きなように糾弾できるということで、首席のお墨付きだから好き放題できることが、あれほどの無茶な行動になったのでしょうし、また毛沢東もそれを狙っていたのでしょう。結果は当時の権力者が一掃されたわけですから。

[C3354] ワイルドスワン

ワイルドスワン。衝撃的な本でしたね。
今だ忘れる事ができません。
真面目な青少年、少女たちを、情報操作で利用し、切り捨てる。誤った行動へと煽動した、毛沢東。
吐き気がします。
  • 2008-05-09
  • 投稿者 : さんぼ
  • URL
  • 編集

[C3355] 紅旗集団

 灯火リレーに動員された中国人たちを見て紅衛兵や文化革命を連想するのは、当を得た連想だろうと思います。今大阪で働いている知り合いの中国人が文化革命のことを批判するのを聞いたことがありました。しかし、比較的若い世代の中国人には、そのような批判の視点が欠けているという印象を受ける場合が少なくありません。もちろん例外もあるのですが、全体的には愚民政策の結果が現れているように見えますね。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : のらりひょん
  • URL
  • 編集

[C3357] >山本大成さん

>中共の壮大な国家戦略と互角に戦える国家百年の計を、持てる日本であって欲しい...。

本当ですね。百年先を考えたら、パンダを借りている場合じゃないと思うのですけど・・・。

真綿で首を絞められるようにして洗脳された日本の方が、、過激でない分、おかしさに気づき目が醒めるのが難しいのでしょう。

  • 2008-05-10
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3358] >小楠さん

この本は、絵の力がもの凄いのです。経験した本人が描いているので、気持ちが入っているというか、抑えても溢れ出てくる何かを感じます。

>常日頃押さえつけられてきた目上や教師などを好きなように糾弾できる

本当に「好きなように」していたようで、むちゃくちゃですね。その結果、権力者だけでなく知識人も一掃されてしまい、あれでは国が良くなるはずがありませんよね。
日本でも最近「格差社会」という言葉が流行っていますが、それが行きすぎると、同様のことになりそうで、ちょっと怖いと思っています。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3359] >さんぼさん

『ワイルドスワン』は衝撃的ですよね。できるだけ多くの人に読んで欲しい本ですが、かなりの長編なので、こんな絵本からでも、文革のことを知って欲しいと思って紹介しました。
こちらは『ワイルドスワン』ほどの恐ろしい描写はありませんが、文革に巻き込まれてしまった人の深い悲しみのようなものを感じる作品です。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3360] >のらりひょんさん

中国の若者は文革についてどのように教えられ、どのように思っているのでしょうね。あの留学生たちにとっては、遠い昔の出来事なのか、詳しくは教えられていないのか・・・。

今回の記事を書くときに、「紅衛兵」も「下放」も変換できずに苦労しました。中共は国民に対しても「なかったこと」にしたい出来事なのかもしれませんね。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3361] 教育の違い

>あの留学生たちにとっては、遠い昔の出来事なのか、詳しくは教えられていないのか・・・。

 天安門事件の前後に友人のところに出入りしていた留学生は、いろいろ知っているように感じました。やはり天安門が大きな節目だったのではないかと思います。あの事件のあと、中共政府は悪いことは徹底的に隠し、良いことはでっち上げてでも宣伝する姿勢を強めたようです。今の留学生は、その方針に沿った教育を受けているので、ほんとにデキル学生以外は愚民化しているという印象を受けます。王千源さんの事件などは、そういう情況をあぶり出したと言えるでしょう。
  • 2008-05-10
  • 投稿者 : のらりひょん
  • URL
  • 編集

[C3362] 文化大革命

milesta さんのブログを見ていていつも思うのは、建設的だなあということです。最近、愚痴ばっかり書いている自分が情けないです。中国の思想統制で連想するのは文化大革命でもそうですが、江沢民の反日教育です。また、カンボジアのクメールルージュも文化大革命の模倣ですよね。ホントに教育、思想統制は恐ろしいです。日本もまだアメリカに洗脳されている気がします。さて、これからは僕も次元の低いブログから脱却しなくては。
  • 2008-05-11
  • 投稿者 : HIRO。
  • URL
  • 編集

[C3363] >のらりひょんさん

なるほど天安門が境目ですか。しかし文革を経験している人たちがまだたくさんいる中で隠し通そうとしても、真実も漏れてしまい、良識的な人もわずかにせよ出てくるのでしょうね。といっても、真実を知る人には生きにくい国のようですが。
  • 2008-05-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3364] >HIRO。さん

お褒めいただき恐縮です。私はいつもHIRO。さんの、お仕事にお勉強に少林寺にと頑張っていらっしゃるご様子を、ブログで拝見して、私って何て社会に貢献していないんだろうと申し訳ないような気持ちになります。せめて、忙しい方々に、読んだ本の内容を伝えたり、本選びの参考になるようなことを書けたらよいなぁと思って、記事を書いています。

思想統制のことを考えると、私たちはそれぞれが、自分で意識して情報収集をして、自分の頭でものを考えることがとても重要だと思います。図書館のお仕事は、それを助けることになりますね。
  • 2008-05-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3413] ワイルドスワンは成都が舞台でなかったかしら・・・

四川省の省都が成都だと覚えたのは、ワイルドスワンを読んだときです。今回の地震、ユン・チュアンさんも思いをはせていらっしゃるだろうなー、咄嗟にそう思いました。
天安門事件の当事者世代は、文化大革命時代には小さくて、親世代から、革命政府は何をしたかを耳で聞いている世代ですね。10年ほど前の北京旅行でガイドさんの話ですが、インテリとみなされた父親の背中にはアイロン(焼きコテか)の跡が残っています。父は、当時の記録として、今も、あの頃の服を捨てないで保存しています、と。ワイルドスワンは中国では発行禁止(今もかしら?)。北京大学で国際政治を専攻した彼は、バスの中でえっ!そんなことまで話していいの、と思うほど、日本語で、中国事情を語ってくれました。

[C3414] >街中の案山子さん

そうでしたか!成都って何だか馴染みのある地名だと思っていたのですが、ワイルドスワンの舞台でしたか!私は記憶力が悪くて、特に人の名前や地名はすぐに忘れてしまうのです。

バスガイドさん、そんなにいろいろ話して大丈夫だったのでしょうかね。かえってこちらが心配してしまいますね。
  • 2008-06-15
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3416] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2008-06-16
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3417] >鍵コメさん

詳しく教えていただき有難うございます。びっくりするお話ばかりでした。
拙ブログは、彼の国からはアクセスできないようにブロックされており、チェックされることもあるかもしれず、念のため非公開にしておきました。

「ミーハー」な面は意外でした。しかし、かなり国際派インテリミーハーですね。(笑)

またいろいろと教えてください。
  • 2008-06-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C3418] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2008-06-17
  • 投稿者 :
  • 編集

[C3420] >3418のコメントの方

中身の濃いご旅行でしたね。外国はガイドさんによって印象がずいぶん違ったりしますよね。
しかし聞けば聞くほど、その後が気になってしまいます。(いろいろな意味で)ご無事なのでしょうかね。
  • 2008-06-17
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

6件のトラックバック

[T580] 日本の真ん中でフリーチベットと叫ぶ!胡錦濤来日反対デモ参加報告編

  ||| 胡錦濤来日反対デモ参加レポート  ||| 日比谷で代々木で表参道で…日本の真ん中でフリーチベットと叫ぶ! フリーチベットブロガーズ特集・胡錦濤来日反対デモ参加レポート 胡錦濤来日反対の抗議デモ。日比谷の松本楼へ出向いて、会談に臨む虐殺主席の代理

[T581] 歩く天安門よ、帰れ! 早稲田・日比谷の胡錦濤来日反対デモ

    ||| 歩く天安門よ、大陸へ帰れ! ||| スクープ! 憲法違反? 陛下の胡錦濤滞在先訪問に関する「閣議決定」がない! 早稲田で雪山獅子旗と五星紅旗の対決!松本楼レポート「胡錦濤、裏門から去る」 これほど歓迎されなかった国家元首来日が、いまだかつてあ

[T586] 死者1万名!中国四川省大地震第1報

 ||| 中国四川省大地震・第1報  ||| 中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に 成都市で学校8校倒壊、生徒生き埋めに 化学工場から有毒物質流出 米国時間 2008年5月12日 | AP通信・成都発/北京支局経由 | 『米流時評』ysbee 訳 四川省成都発

[T589] 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名

   ||| 四川大地震レポート・4日目 ||| 四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま 米国時間 2008年5月15日 | MSNBCニュース・四川省瀘沽発 | 訳『米流時評』ysbee 14日木曜の新華社通信の報道によると、中国四川省の大地震による

[T590] 四川大地震で難民500万人!チベット人自治区汶川・北川壊滅

   ||| 四川大地震ルポ4日目・後編  ||| 四川省地震難民500万! 壮絶な被害、全市壊滅で復興絶望の地区も アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出 米国時間 2008年5月15日 | MSNBCニュース・四川省瀘沽発 | 訳『米流時評』ys...

[T591] 号外!中国 聖火リレーを一時中止 地震の犠牲者慰霊で3日間

  ||| 聖火リレー、慰霊で3日間中止  ||| 北京オリンピックの聖火リレーを 地震の犠牲者慰霊で3日間中止 米国時間 2008年5月18日 | ロイター通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee 四川省北川発 | 現地時間で18日日曜、北京五輪の主催者である
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/226-fb214e8a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。