Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C139] 『名画にみる國史の歩み』

小学生のときから歴史の授業は苦手で、高校卒業までは勉強しても分からないの一辺倒でした。
歴史小説で幕末の本を読むようになると面白くて、近代史が気になります。こういう本で近代史が勉強できるとコンプレックス払拭できそう。
  • 2006-07-15
  • 投稿者 : 若せんせ
  • URL
  • 編集

[C140] おおお!欲しい!

これはアナでした!
絵は見るんですが、エピソードが分からない。エピソードを読むんですが、イメージが湧かない。この連続でした。
こういう本が欲しかったんですよね。なのに、自分が何を必要としているのか、分からず、ただ「???」と感じていたんですね。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C141]

手に取り
中を見てみたくなりました。
(*^ ^*)
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : あすとろ
  • URL
  • 編集

[C142] 一冊

買うでス。
3500円?
むう・・・
か、買うでスよ。
勉強になりそうだし。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C143]

こんにちは。
私のことまで紹介して下さり、ありがとうございます。
かっぱやろうさんがお値段にちょっと戸惑っていましたが、本書はサイズも大きめの、オールカラーの画集なので、少々お高くなるのは致し方ないと思います。
美しく繊細な絵画で紹介される歴史の場面は、感動的で、素敵な歴史絵巻になっています。
milestaさんの言われるように、学校へ置いて貰って子供たちに見て欲しいですね。

[C144] 自国の美しさ!?

国を愛すには、まずは「自国の美しさ」を伝えなければなりませんね・・・
PS:さきほどTBかけさせていただきました、お許し下さい。
(「ブログ村」のご登録、今夜になって気が付きました。遅くなり申し訳ございません。さっそく応援して還ります。また明日も、当然応援いたします・・・)

[C145] 読んでみたいです~

受験勉強ですっかり歴史嫌いになり、今でも後遺症をひきずり、いまひとつ歴史ものには良い印象を持ち得ませんが、子供ならずとも、読んで歴史に対する認識を変えてみたいと思いました。
お値段に見合う内容のようですので購入して読んでみたいです。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C146] >若せんせさん

>小学生のときから歴史の授業は苦手

私も苦手・・・というか、あまりおもしろいと感じなかったんですよね。でも若せんせの仰るように歴史小説はおもしろいですよね。
このおもしろさを、もっと早いうちから知っておきたかったなぁと思うんですよね。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C147] >失敗だらけだフニャさん

私は絵画のことがわからないので、失敗だらけだフニャ さんが、この記事をどう思われるか気になっていました。
だからこのコメント、跳び上がるほど嬉しいです。

  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C148] >あすとろさん

ぜひご覧になってみて下さい。
画集のような、それでいて歴史書のような、素敵な本です。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C149] >かっぱやろうさん

私も「むう・・・」と思いましたが、思い切って買って良かったです。絵の鑑賞、歴史の理解、と一冊二役なので、お得です。(私は近代出版社の営業マンか!?)
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C150] >spiralさん

記事にも書きましたが、良い本を紹介してくださって本当にありがとうございます。しかも補足説明までして頂き恐縮です。
また良い本がありましたら教えてくださいね。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C151] >エセ男爵さん

ちょうど男爵さんの所も今絵画の話題ですね。
応援ありがとうございます。
ランキングのことをあまり気にしていなかったのですが、上がってくると嬉しいものですね。
  • 2006-07-17
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C152] >マリリンさん

私も暗記物としての歴史は嫌いです。「覚えなくちゃ」という意識から解放されて本を読むと、知らなかった感動的な話などが出てきて、「何で学生時代にこういうのを教えてくれなかったの~?」と思うんですよね。
  • 2006-07-17
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C153]

こんばんは。
TB有難う御座いました。
近代史を知る本(子供向けで)というのはなかなか無いですよね。
私も購入してみたいと思います。

それと新しいエントリをアップしましたのでTBさせていただきました。
エントリとあまり関係のない様な内容ですので、問題があれば削除してください。
お手数をおかけして申し訳ありません。
  • 2006-07-17
  • 投稿者 : 田舎の神主
  • URL
  • 編集

[C154] >田舎の神主さん

この本は第一章は天照大神、神武天皇など神の時代、第二章の聖徳太子からが本格的な歴史となって昭和8年の皇太子殿下(今上天皇)のご生誕で終わる、日本の通史になっています。文章は子供向けではないけれど、絵が補ってくれるので、親や先生が解説をしてやれば楽しめると思います。

TBありがとうございましした。いつも良いお話でためになります。
  • 2006-07-17
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C166] 私も

そういった教育を受けたかった
と思いました。
なんせ、学生時代は、
歴史に興味が持てなかったもので…

[C171] >刀舟さん

今考えると、興味が持てないのは、歴史そのものがつまらないのではなかったんですよね。
そのことに大人になってから気づくのじゃ勿体ないですよね。
  • 2006-07-19
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C1176]

「名画に見る國史の歩み」は一家に一冊置いて欲しい本です。
小さな子供から大人まで、日本の神話からの歴史を、興味を持って見ることが出来ると思います。

[C1178] >まささん

ご訪問、TB、コメントありがとうございます。
そうですね、一家に一冊あるといいですね。子供達が、自分の国について、自然と共通認識が出来ますね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T16] 涙をぬぐい去るためには

去る04月17日、会津の「ならぬことはならぬ」さんから以下のコメントを頂戴いたしました。 2005年11月10日『ならぬことは、ならぬものです』より 皆さんご存知と思いますが、靖国神社は、当初は戊辰戦争において亡くなった官軍方の兵士を祭るために造られた神社です。そ

[T17] 光陽展広島展によせて:「なぜに、フェルメール回想となるか?」

添付画像: Photo gallery for "Girl with a Pearl Earring, 2003"(映画「真珠の首飾りの少女」フォトギャラリーより)上記掲載画像は「写真画像」である。フェルメール作品の模写ではなく、コピーでもない。本物のフェルメール絵画のコピーと見比べていただきた

[T18] 日曜テレビ朝日の番組に、櫻井よしこ女史をお見受けするものの・・

 昨日日曜日の午前中、久しぶりに「テレビ朝日」の政治評論番組に櫻井先生がご出演された。田原総一郎という賞味期限のとっくに過ぎた過剰過信「ナルシスト政治評論家」の司会なる自己満足情緒丸出し売国奴的輩殻は、ずっと以前から悪臭漂い、いかにも悪人風嘘つき発言の典

[T19] 苦は楽の種!

 ガキの時分、父や母から「苦労は買ってでもせよ」などと、しばしば云い聞かされたも

[T61] 日本の歴史教育に欠けているもの パート1

今日は、おしょうの「ぼやき」です。私事ではありますが、私が歴史(日本史)に興味を持ちはじめたのは、実は大人になってからです。具体的に言えば、25を過ぎたころからでしょうか。子どものころは歴史という教科な
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/21-ea454563
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『名画にみる國史の歩み』 小堀桂一郎 所功

名画にみる国史の歩み 名画にみる国史の歩み
小堀 桂一郎 (2000/04)
近代出版社
この商品の詳細を見る


オーストラリアの学校では、国民の祝日・記念日の前後にはその由来や歴史的なことを学ぶ集会や授業が行われる。1月26日建国記念日の際はファーストフリート(イギリスから最初にオーストラリアに渡ってきた人たち)のことを教わり、4月25日の戦争メモリアルデイには退役軍人の方が講話してくださったり、メモリアルのシンボルであるローズマリーの小枝を胸につけて帰宅したりする。

日本では、歴史のことは歴史(社会科)の時間に、それも古代史から順に学んでいくのが一般的だ。イギリス人入植後のオーストラリアより遙かに古くから続く日本の歴史は、子供にとっては気が遠くなるほど長くて果てしない。だがどうだろう。小さいうちから歴史の中の象徴的な場面をいくつか話してやったら・・・。歴史が長いだけに、子供達の興味を引くようなエピソードには事欠かない。それをきっかけに自国の歴史に関心を持つようになり、その後の歴史の学習がうんと楽しくなるに違いない。

この『名画にみる國史の歩み』は、子供に歴史的場面を印象づけるのに打ってつけの一冊である。「名画」というだけあって一枚一枚の絵の存在感は圧倒的である。
勝海舟の待つ部屋にゆっくりと向かう西郷隆盛、水の中に半分浸かった馬の上から扇を狙う那須与一、それまでは着物姿の絵ばかりであったのに突然洋装の男女が居並ぶ帝国憲法発布。神話の時代にまで遡れば、天照大神がお隠れになった天岩屋戸の前に集まる神々。
断片的にでも、小さいうちにこれらの印象的な場面を知ることは、とても大事なことではないかと思う。実際の年号、政治的な背景、それによって日本がどう変化したのか・・・そういうことは始めから教えなくとも、興味を持てば自分から知りたくなるだろう。

小・中学校のクラスに一冊ずつこの本があって、折に触れて担任の先生がその中の一ページを読み、必要があれば解説してくだされば、歴史好きの子供が増えるに違いない。
子供達には自分の国のことに関心を持って欲しい。「知りたい。」という気持ちを持って学んで欲しい。他の国の人達がうらやましがるような長い歴史を持った国なのだから。

※この本は“新・へっぽこ時事放談”のspiralさんに教えて頂きました。大人にとっても大変読み応えがあり、絵が美しいので何度も読み返したくなります。我が家になくてはならない本になっています。ありがとうございました。

20件のコメント

[C139] 『名画にみる國史の歩み』

小学生のときから歴史の授業は苦手で、高校卒業までは勉強しても分からないの一辺倒でした。
歴史小説で幕末の本を読むようになると面白くて、近代史が気になります。こういう本で近代史が勉強できるとコンプレックス払拭できそう。
  • 2006-07-15
  • 投稿者 : 若せんせ
  • URL
  • 編集

[C140] おおお!欲しい!

これはアナでした!
絵は見るんですが、エピソードが分からない。エピソードを読むんですが、イメージが湧かない。この連続でした。
こういう本が欲しかったんですよね。なのに、自分が何を必要としているのか、分からず、ただ「???」と感じていたんですね。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C141]

手に取り
中を見てみたくなりました。
(*^ ^*)
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : あすとろ
  • URL
  • 編集

[C142] 一冊

買うでス。
3500円?
むう・・・
か、買うでスよ。
勉強になりそうだし。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C143]

こんにちは。
私のことまで紹介して下さり、ありがとうございます。
かっぱやろうさんがお値段にちょっと戸惑っていましたが、本書はサイズも大きめの、オールカラーの画集なので、少々お高くなるのは致し方ないと思います。
美しく繊細な絵画で紹介される歴史の場面は、感動的で、素敵な歴史絵巻になっています。
milestaさんの言われるように、学校へ置いて貰って子供たちに見て欲しいですね。

[C144] 自国の美しさ!?

国を愛すには、まずは「自国の美しさ」を伝えなければなりませんね・・・
PS:さきほどTBかけさせていただきました、お許し下さい。
(「ブログ村」のご登録、今夜になって気が付きました。遅くなり申し訳ございません。さっそく応援して還ります。また明日も、当然応援いたします・・・)

[C145] 読んでみたいです~

受験勉強ですっかり歴史嫌いになり、今でも後遺症をひきずり、いまひとつ歴史ものには良い印象を持ち得ませんが、子供ならずとも、読んで歴史に対する認識を変えてみたいと思いました。
お値段に見合う内容のようですので購入して読んでみたいです。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C146] >若せんせさん

>小学生のときから歴史の授業は苦手

私も苦手・・・というか、あまりおもしろいと感じなかったんですよね。でも若せんせの仰るように歴史小説はおもしろいですよね。
このおもしろさを、もっと早いうちから知っておきたかったなぁと思うんですよね。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C147] >失敗だらけだフニャさん

私は絵画のことがわからないので、失敗だらけだフニャ さんが、この記事をどう思われるか気になっていました。
だからこのコメント、跳び上がるほど嬉しいです。

  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C148] >あすとろさん

ぜひご覧になってみて下さい。
画集のような、それでいて歴史書のような、素敵な本です。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C149] >かっぱやろうさん

私も「むう・・・」と思いましたが、思い切って買って良かったです。絵の鑑賞、歴史の理解、と一冊二役なので、お得です。(私は近代出版社の営業マンか!?)
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C150] >spiralさん

記事にも書きましたが、良い本を紹介してくださって本当にありがとうございます。しかも補足説明までして頂き恐縮です。
また良い本がありましたら教えてくださいね。
  • 2006-07-16
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C151] >エセ男爵さん

ちょうど男爵さんの所も今絵画の話題ですね。
応援ありがとうございます。
ランキングのことをあまり気にしていなかったのですが、上がってくると嬉しいものですね。
  • 2006-07-17
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C152] >マリリンさん

私も暗記物としての歴史は嫌いです。「覚えなくちゃ」という意識から解放されて本を読むと、知らなかった感動的な話などが出てきて、「何で学生時代にこういうのを教えてくれなかったの~?」と思うんですよね。
  • 2006-07-17
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C153]

こんばんは。
TB有難う御座いました。
近代史を知る本(子供向けで)というのはなかなか無いですよね。
私も購入してみたいと思います。

それと新しいエントリをアップしましたのでTBさせていただきました。
エントリとあまり関係のない様な内容ですので、問題があれば削除してください。
お手数をおかけして申し訳ありません。
  • 2006-07-17
  • 投稿者 : 田舎の神主
  • URL
  • 編集

[C154] >田舎の神主さん

この本は第一章は天照大神、神武天皇など神の時代、第二章の聖徳太子からが本格的な歴史となって昭和8年の皇太子殿下(今上天皇)のご生誕で終わる、日本の通史になっています。文章は子供向けではないけれど、絵が補ってくれるので、親や先生が解説をしてやれば楽しめると思います。

TBありがとうございましした。いつも良いお話でためになります。
  • 2006-07-17
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C166] 私も

そういった教育を受けたかった
と思いました。
なんせ、学生時代は、
歴史に興味が持てなかったもので…

[C171] >刀舟さん

今考えると、興味が持てないのは、歴史そのものがつまらないのではなかったんですよね。
そのことに大人になってから気づくのじゃ勿体ないですよね。
  • 2006-07-19
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C1176]

「名画に見る國史の歩み」は一家に一冊置いて欲しい本です。
小さな子供から大人まで、日本の神話からの歴史を、興味を持って見ることが出来ると思います。

[C1178] >まささん

ご訪問、TB、コメントありがとうございます。
そうですね、一家に一冊あるといいですね。子供達が、自分の国について、自然と共通認識が出来ますね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

5件のトラックバック

[T16] 涙をぬぐい去るためには

去る04月17日、会津の「ならぬことはならぬ」さんから以下のコメントを頂戴いたしました。 2005年11月10日『ならぬことは、ならぬものです』より 皆さんご存知と思いますが、靖国神社は、当初は戊辰戦争において亡くなった官軍方の兵士を祭るために造られた神社です。そ

[T17] 光陽展広島展によせて:「なぜに、フェルメール回想となるか?」

添付画像: Photo gallery for "Girl with a Pearl Earring, 2003"(映画「真珠の首飾りの少女」フォトギャラリーより)上記掲載画像は「写真画像」である。フェルメール作品の模写ではなく、コピーでもない。本物のフェルメール絵画のコピーと見比べていただきた

[T18] 日曜テレビ朝日の番組に、櫻井よしこ女史をお見受けするものの・・

 昨日日曜日の午前中、久しぶりに「テレビ朝日」の政治評論番組に櫻井先生がご出演された。田原総一郎という賞味期限のとっくに過ぎた過剰過信「ナルシスト政治評論家」の司会なる自己満足情緒丸出し売国奴的輩殻は、ずっと以前から悪臭漂い、いかにも悪人風嘘つき発言の典

[T19] 苦は楽の種!

 ガキの時分、父や母から「苦労は買ってでもせよ」などと、しばしば云い聞かされたも

[T61] 日本の歴史教育に欠けているもの パート1

今日は、おしょうの「ぼやき」です。私事ではありますが、私が歴史(日本史)に興味を持ちはじめたのは、実は大人になってからです。具体的に言えば、25を過ぎたころからでしょうか。子どものころは歴史という教科な
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/21-ea454563
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。