Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C2628] 人の業ですかね

お金のために嘘をつく。無実の人まで巻き込んで。
でも長年その嘘のために苦しむ人を見て自分たちだけがのうのうと生きていられない そう考え なんとしても真実を伝えねばならないのだと思われた照屋さんは真の日本人だと思います。
お天道様が見てるのです。
もう60年もたつのです。真実を真実とすることをおそれないで。あらゆる人が本当のことをありのままに見つめその当時の当事者の気持ちを想像して真実を明らかにしていってほしいと思います。
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : さくらこ
  • URL
  • 編集

[C2629] すごいですね

被告がそんな馬鹿な反論をしてきたとは知らなかった。でも、証言の内容に関する議論では、論破できないと感じたのかもしれませんね。
この裁判こそ、原告に勝って貰いたいですが、判事が左よりじゃないといいんですけど・・・。
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C2630] フィルター

新聞に載ること、テレビに流れること
本当に編集者という人間を通すことによって純粋じゃない情報になってしまう。
最後はどこまで他人を信じれるかってとこになりますね。

メディア、マスコミの言葉への無責任さは許せないときがあります。
こないだもちょっとあり方に憤っちゃいましたけどね。
報道内容よりも報道のあり方にですね。
結論あきりが多すぎな気がします。
捕鯨にしろ、反戦闘争にしろですね。。
ふぅ。

[C2633] 個人の尊厳

この本は個人の尊厳を守る名著だと思います。
  • 2007-07-06
  • 投稿者 : さんぼ
  • URL
  • 編集

[C2634] >さくらこさん

照屋さんは、長い間本当のことを言えず、苦しまれてきたのだと思います。そうでなければ、もう赤松大尉が亡くなってしまったのに真実を明かそうと決意したりしないと思うのです。
赤松大尉も照屋さんも苦しまれてきて、島民達もそれをご存じだったのですね。それなのに沖縄のメディアや大学教授や活動家は、真実が明らかになった後でも、教科書から削除するなという運動をしたりして、

>当時の当事者の気持ちを想像して真実を明らかに

するということのできない人たちなのだと思います。沖縄の島民がかわいそうだなどと口では言いますが、本当に「かわいそう」だと思う気持ちを持っているのかと疑ってしまいます。

[C2635] > cyber_bird さん

私もこれには驚きました。一度ウソをつくとウソを重ねることになるのだなぁと。小山記者は、これがだめなら「照屋さんという人はいなかった」と言ってくるのではないかと書かれていました。

>判事が左よりじゃないといいんですけど・・・。

そうですよね。でもさすがに大江健三郎が取材をしないで書いたというのは痛いのではないのでしょうか。(と思いたい。)

[C2636] >ウナムさん

>こないだもちょっとあり方に憤っちゃいましたけどね。

いつもとちょっと違うのでアレレ?と思いました。
だけど、そうやって疑いながらテレビを観ている人が多ければいいんですよね。情報番組は最近「ちょっと疑え」という風潮ですけど、ニュースとか討論とかまじめな番組だと信用しちゃう人が多いですからね。

[C2637] >さんぼさん

>この本は個人の尊厳を守る名著だと思います。

そうですよね。この問題を語るのにはずせない本だと思うのですが、なぜか「クローズアップ現代」では採り上げられない。不思議ですね。

[C2643] 何の利権でしょうかね

 この連中にとって、真実などどうでも良いのでしょう。
 大江健三郎が、己以外の人間の命を如何に軽んじているか良く解ります。
 人1人が自らその命を絶とうと言うのに、命令だけで死ねるとでも思っているのでしょうか?
 軍が民間人を殺すつもりなら簡単ですよ。圧倒的な武器があるのだし、プロですから。
 しかし、皆さんは、自決された。
 晴れ着・正装の方も多かったと読んだことがあります。
 常に死ぬことに直面する覚悟があるはずの兵隊ですら、命令だけでは死にませんよ。己がそれに対価する何かに納得しなければ出来ないと思います。
 死人に口なし。
 自決された方々が、自ら命を絶ってまで守らねばならなかった物とは何だったのか?死を納得出来るだけの対価とは何だったのか、それがどれだけ重く崇高な物であったのかには、微塵の言にも及ばず、命令、関与等で片づけ、それをイデオロギーに利用しようとする等は、畜生にも劣る行為ではないでしょうか?
 自決された方々を、これ程に冒涜した話があるでしょうか?
 大江勘三郎を始め沖縄タイムス関係者等は、人非人として地獄の淵に立ち、自決された方々や、濡れ衣を着せられた方々に石を投げつけられながら、底へと落ちて行く事になるでしょう。
 

[C2645] >tonoさん

「沖縄島民がかわいそうだ。」と唱える人たちがなぜ他の人たちに名誉毀損のようなかわいそうなことを平気でするのでしょうね。
また、この件については、騒ぎ立てることが島民達をも苦しめてきたのです。そっとしておくということが何故できないのでしょう。そんなに自分たちの政治活動が立派なものだと思っているのでしょうか。奢りを感じます。

[C2649] 静かに慰霊すべき

極限状態に追い込まれて、敵が来れば酷い目に遭わされる、生き恥をさらすより…と自決なさったのでしょう。合掌。静かに慰霊しましょう。
大江氏などは、嘘がこれ以上つけなくなると、今度は例えば、「そのような心理状態にしたのは日本軍の宣伝、広義の軍命令と言える」などと言いそうですね。
  • 2007-07-11
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C2651] >練馬のんべさん

>「そのような心理状態にしたのは日本軍の宣伝、広義の軍命令と言える」

というのは、教科書記述を巡ってそう主張している人たちもいますよね。
何でも「広義」にして「軍が悪い」としたいんですね。

[C2880] TB有り難うございました。

照屋氏は、文書でこのことを書いたのでしょうか。それとも話しただけでしょうか。
クローズアップ現代もひどいものですね。
沖縄もいけない。
有り難うございました。
  • 2007-09-17
  • 投稿者 : お絵かき爺
  • URL
  • 編集

[C2881] >お絵かき爺 さん

ご訪問とコメントを有難うございました。
照屋さんの記事のリンク先アドレスが替わっていて読めなくなっていました。失礼いたしました。新しいリンク先に換えておきました。照屋さんは新聞のインタビューで証言されたようですね。文書にされているとは書かれていませんね。
報道も、運動家も、沖縄を利用するだけ利用して、ひどいですね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T281] NHKでまた偏向番組が放送されました!

今回は、反日放送局NHKが21日(木)に放送した、『クローズアップ現代』(集団自決”62年目の証言~沖縄からの報告~)極めて一方的で偏向した内容でしたので、以下にテキスト化してみました。本当に憤りを覚える内容です

[T285] 沖縄 戦

<明日沖縄戦「終結」62年>日本兵が住民を殺した/「軍隊」は県民を ...文部科学省が、来年4月から使われる高校日本史の教科書検定で沖縄戦での住民の集団自決に「日本軍の強制があった」とする表現に検定意見を付け、修正を求めたこ

[T349] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2007-09-29
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/174-0baa682d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!』 曽野 綾子 (過去記事)

沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった! 沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!
曽野 綾子 (2006/05)
ワック
この商品の詳細を見る


最近「沖縄集団自決」の検索ワードで当ブログに訪れてくださる方が多いので、過去に紹介した本ですが、もう一度アップいたします。
関心をもたれた方が多いのは、先月末(平成19年6月21日)にNHKの『クローズアップ現代』でこの問題が採り上げられたからのようです。番組の内容については「新・へっぽこ時事放談」さんが書き起こされていますので、そちらをご覧下さい。
「NHKでまた偏向番組が報道されました!」

また、大阪地裁で続いている「集団自決訴訟」で被告側(岩波書店、大江健三郎氏)が「(赤松隊長の命令は無かったと証言した)照屋さんは経歴詐称している」と主張していると沖縄タイムスが報じましたが、照屋さんは辞令を保管していて、その指摘は正しくないことがわかっているようです。こちらは、イザ!の小山裕士記者のブログ記事をご覧下さい。
「【続】5・26沖縄タイムス記事について新証拠を提示 」
同じ小山記者の慰霊祭についての記事には、このようなものもありました。
「無視される靖国参拝希望の声」

ここから先は過去にアップした記事です。




今年(平成18年)の八月末に、『「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん』(←ご存じない方はぜひお読みください。リンク先の中程に新聞のコピーがあり拡大できます。)というニュースがあった。長年、沖縄戦で住民を死へおいやったとされ非難され続けていた赤松元大尉が「自決命令を出した」というのは、遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れる援護法申請のための創作であったことがわかった。赤松元大尉も了承されていたことだが、今回証言なさった照屋さんの

「・・・赤松隊長が新聞や本に『鬼だ』などと書かれるのを見るたび『悪いことをしました』と手を合わせていた。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂ける思い、胸に短刀を刺される思いだった。・・・」(産経新聞平成18年8月27日)

という言葉を見ると、やるせない気持ちになる。
せめて赤松元大尉がご存命中に・・・と思うのは、部外者の勝手な感傷で、照屋さんご自身も、お辛い年月を過ごされていたのだろう。
照屋さんの証言にある『鬼だ』などと書いた新聞や本は数知れず、それが定説にもなっていた。ところが、そこに疑問をもち、当事者への徹底的なインタヴューを行い、真相を掘り起こそうとしたのが、曽野綾子さんである。
そして、昭和48年に『ある神話の背景』という題名で出版されたこの本が今では絶版になっていることに気づき、復刻に向けた活動を始めた方々がいらして、再び手に入れることができるようになっている。

曽野さんの緻密な取材で、事実は明らかになるというより、複雑化してくる。赤松元大尉の部隊は船舶特攻隊で、守備隊ではない。ところが諸般の事情で、実態としては渡嘉敷島の守備をすることになる。そして敵前という混乱した状況で、命令体系などは確立して居らず、法的解釈があいまいな事態も起こる。住民の心理状態も正常ではなくなる。読めば読むほど、混沌としてくる。
しかし、確実にわかるのは、当時島にいた住民や軍人の中に「赤松元大尉が自決命令を出した。」と証言した人は、一人もいないということだ。
照屋さんが琉球政府の職員として100人以上の住民にインタヴューをした際も「「一人もいなかった。これは断言する。女も男も集めて調査した」と冒頭に紹介したニュースでも証言されていた。

曽野さんがこの本を書いた時点では、擁護法申請のための創作だったという事実はご存じない。が、うわさ話として取り上げていた。曽野さんも「そういう事情があれば辻褄が合う」と思われたかもしれない。しかし、曽野さんは、感情や推測を排除し、インタヴューから得られる当事者の記憶の断片を繋げていく。それまでの新聞や本に、こうした公正な態度がなかったことが、事実でないことを広め、虚偽の「鬼のような赤松元大尉」像を作り上げたのだ。

事実を知った今、赤松元大尉と旧軍人、遺族が、渡嘉敷島で行われる『二十五周年忌慰霊祭』に出席しようと那覇空港に降り立った昭和45年の光景を読むと、悲しみと怒りでどうしようもなくなる。

 やがて赤松元大尉の耳にも、シュブレヒコールが聞こえる。「赤松帰れ!」「人殺し帰れ!」
 聞こえて来るのはシュプレヒコールばかりではない。
「今ごろ沖縄に来て何になる!」
「県民に謝罪しろ!」
「お前は沖縄人を何人殺したんだ!」
赤松氏は立ち止まる。直立不動の姿勢になり、彼は人々の怒号にさらされた。
 那覇市職労の山田義時氏が、抗議団(平和を守る沖縄キリスト者の会、歴史・社会科教育者協議会、日本原水爆禁止協議会沖縄県支部、日本平和委員会沖縄県支部、日本科学者協議会沖縄県支部)を代表して「渡嘉敷島の集団自決と虐殺の責任者赤松元陸軍大尉の来県に抗議する」という抗議文を読み上げる間、元大尉はじっと無言で立ちつくす。
 やがて朗読が終わり、抗議団から再び声があがる。
「三〇〇人の住人を死においやった責任はどうする」
「罪のない住民をスパイ容疑で惨殺したのにオメオメと来島できるか」
そこでやっと赤松元大尉は口を開く。
「事実は違う。集団自決の命令は下さなかった。捕虜になった住民に死刑を言い渡した覚えもない。」


このような那覇での抗議のため、赤松元大尉は渡嘉敷島には渡れなかった。その渡嘉敷島での様子は、『琉球新聞』に次のように書かれている。

「この日の渡嘉敷村は平日と変わらない静かなたたずまい。赤松元大尉が来島できなかったことや、その部下が初めて来島したことにも反応は少なく、報道陣が詰めかけたのが、異様にさえ感じているような冷静さ。赤松元隊長が本島まで来ていることを知らされても、『肉親を失ったことは忘れられないが、いまさら古傷にふれても仕方がない』と言った言葉が返ってくるだけ。本島でくり広げられた『赤松帰れ!』の騒ぎはウソのような『悲劇の島』二五回忌の慰霊祭-」

この新聞記事は、実に正直に、島民達が抗議団体の人達よりも冷静に、赤松隊の慰霊祭出席を受け入れていることを報道している。それはそうであろう。命令はなかったのだから。そして、関係者は皆、放っておいて欲しかったのだ。
しかし『沖縄タイムス』は、こう書く。

「・・・赤松氏の来島によって戦争の傷跡が鋭くえぐり出された。『いまさら傷にふれても仕方がない』と遺族の人達は言う。しかし筆者は、遺族にとっては酷な言い方であろうが、あえて言う。傷痕から目をそらせず凝視してほしい。血を吐くような苦痛を伴うだろうが、その痛みに耐えてほしい。身悶えするような苦悩をするだろうが、それと真剣に戦ってほしい。なぜなら、そこからしか真の反戦平和の思想は生まれてこない。戦争の傷痕こそ反戦闘争の原点であるから。(後略)」

真実より何より、反戦闘争ありきなのがよくわかる。ちなみに、曾野さん以外の多くの人が取材もせずに赤松元大尉の糾弾記事を書けたのは、元となる三つの資料があるからで、そのうちの一つはこの沖縄タイムス社編の『鉄の暴風』である。
このような「反戦」活動に熱心な、抗議団体やジャーナリスト、作家達が、赤松元大尉だけでなく、真実を知りながら口にできない島民の方々のことも苦しませてきたのだ。

彼らは、次の照屋さんの言葉をどのような思いで読むのだろうか。
 
「赤松隊長が余命3カ月となったとき、玉井村長に『私は3カ月しか命がない。だから、私が命令したという部分は訂正してくれないか』と要請があったそうだ。でも、(明らかにして)消したら、お金を受け取っている人がどうなるか分からない。赤松隊長が新聞や本に『鬼だ』などと書かれるのを見るたび『悪いことをしました』と手を合わせていた。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂ける思い、胸に短刀を刺される思いだった。玉井村長も亡くなった。赤松隊長や玉井村長に安らかに眠ってもらうためには、私が言わなきゃいけない」(産経新聞平成18年8月27日)

企業が不良品や欠陥商品を出したときには徹底的に書き立てる新聞が、このニュースを受けて自分たちの誤報を謝罪しただろうか。『沖縄ノート』で赤松元大尉を批判した大江健三郎氏に至っては、このことが明らかになった直後に北京に赴き「日本は全く反省しない現状を改めるべきだ」などと述べている。そして、いくつかの教科書に記述された「自決を強制された」という記述は、いつ、誰が訂正してくれるのだろう。
曽野綾子さんはよく、人間は罪深いもので自分が罪を犯さないとは言えないと書かれる。この本の中でも、そうした自己意識があれば、他人のことを安易に告発したり、責任を追及したりできないという、ご自身の気持ちが書かれている。
赤松元大尉を糾弾した人達には「自分は間違ったことをしていない。自分は正しい。」という傲慢さが見える。確かに、彼らは当時渡嘉敷島にいなかったのであり、自決命令は出していない。そのことについては間違ったことはしていない。しかし、「もしも自分がそこにいたら。」という視点で、謙虚に考え、取材し、わからないことはわからないと認める公正さがなければ、「誤報」という新たな罪を犯してしまうのだ。


※私の読んだのは平成4年PHP研究所から出版された『ある神話の背景』ですが、現在入手できるのは改題された『沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!』の方なので、そちらを題名に使いました。

14件のコメント

[C2628] 人の業ですかね

お金のために嘘をつく。無実の人まで巻き込んで。
でも長年その嘘のために苦しむ人を見て自分たちだけがのうのうと生きていられない そう考え なんとしても真実を伝えねばならないのだと思われた照屋さんは真の日本人だと思います。
お天道様が見てるのです。
もう60年もたつのです。真実を真実とすることをおそれないで。あらゆる人が本当のことをありのままに見つめその当時の当事者の気持ちを想像して真実を明らかにしていってほしいと思います。
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : さくらこ
  • URL
  • 編集

[C2629] すごいですね

被告がそんな馬鹿な反論をしてきたとは知らなかった。でも、証言の内容に関する議論では、論破できないと感じたのかもしれませんね。
この裁判こそ、原告に勝って貰いたいですが、判事が左よりじゃないといいんですけど・・・。
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C2630] フィルター

新聞に載ること、テレビに流れること
本当に編集者という人間を通すことによって純粋じゃない情報になってしまう。
最後はどこまで他人を信じれるかってとこになりますね。

メディア、マスコミの言葉への無責任さは許せないときがあります。
こないだもちょっとあり方に憤っちゃいましたけどね。
報道内容よりも報道のあり方にですね。
結論あきりが多すぎな気がします。
捕鯨にしろ、反戦闘争にしろですね。。
ふぅ。

[C2633] 個人の尊厳

この本は個人の尊厳を守る名著だと思います。
  • 2007-07-06
  • 投稿者 : さんぼ
  • URL
  • 編集

[C2634] >さくらこさん

照屋さんは、長い間本当のことを言えず、苦しまれてきたのだと思います。そうでなければ、もう赤松大尉が亡くなってしまったのに真実を明かそうと決意したりしないと思うのです。
赤松大尉も照屋さんも苦しまれてきて、島民達もそれをご存じだったのですね。それなのに沖縄のメディアや大学教授や活動家は、真実が明らかになった後でも、教科書から削除するなという運動をしたりして、

>当時の当事者の気持ちを想像して真実を明らかに

するということのできない人たちなのだと思います。沖縄の島民がかわいそうだなどと口では言いますが、本当に「かわいそう」だと思う気持ちを持っているのかと疑ってしまいます。

[C2635] > cyber_bird さん

私もこれには驚きました。一度ウソをつくとウソを重ねることになるのだなぁと。小山記者は、これがだめなら「照屋さんという人はいなかった」と言ってくるのではないかと書かれていました。

>判事が左よりじゃないといいんですけど・・・。

そうですよね。でもさすがに大江健三郎が取材をしないで書いたというのは痛いのではないのでしょうか。(と思いたい。)

[C2636] >ウナムさん

>こないだもちょっとあり方に憤っちゃいましたけどね。

いつもとちょっと違うのでアレレ?と思いました。
だけど、そうやって疑いながらテレビを観ている人が多ければいいんですよね。情報番組は最近「ちょっと疑え」という風潮ですけど、ニュースとか討論とかまじめな番組だと信用しちゃう人が多いですからね。

[C2637] >さんぼさん

>この本は個人の尊厳を守る名著だと思います。

そうですよね。この問題を語るのにはずせない本だと思うのですが、なぜか「クローズアップ現代」では採り上げられない。不思議ですね。

[C2643] 何の利権でしょうかね

 この連中にとって、真実などどうでも良いのでしょう。
 大江健三郎が、己以外の人間の命を如何に軽んじているか良く解ります。
 人1人が自らその命を絶とうと言うのに、命令だけで死ねるとでも思っているのでしょうか?
 軍が民間人を殺すつもりなら簡単ですよ。圧倒的な武器があるのだし、プロですから。
 しかし、皆さんは、自決された。
 晴れ着・正装の方も多かったと読んだことがあります。
 常に死ぬことに直面する覚悟があるはずの兵隊ですら、命令だけでは死にませんよ。己がそれに対価する何かに納得しなければ出来ないと思います。
 死人に口なし。
 自決された方々が、自ら命を絶ってまで守らねばならなかった物とは何だったのか?死を納得出来るだけの対価とは何だったのか、それがどれだけ重く崇高な物であったのかには、微塵の言にも及ばず、命令、関与等で片づけ、それをイデオロギーに利用しようとする等は、畜生にも劣る行為ではないでしょうか?
 自決された方々を、これ程に冒涜した話があるでしょうか?
 大江勘三郎を始め沖縄タイムス関係者等は、人非人として地獄の淵に立ち、自決された方々や、濡れ衣を着せられた方々に石を投げつけられながら、底へと落ちて行く事になるでしょう。
 

[C2645] >tonoさん

「沖縄島民がかわいそうだ。」と唱える人たちがなぜ他の人たちに名誉毀損のようなかわいそうなことを平気でするのでしょうね。
また、この件については、騒ぎ立てることが島民達をも苦しめてきたのです。そっとしておくということが何故できないのでしょう。そんなに自分たちの政治活動が立派なものだと思っているのでしょうか。奢りを感じます。

[C2649] 静かに慰霊すべき

極限状態に追い込まれて、敵が来れば酷い目に遭わされる、生き恥をさらすより…と自決なさったのでしょう。合掌。静かに慰霊しましょう。
大江氏などは、嘘がこれ以上つけなくなると、今度は例えば、「そのような心理状態にしたのは日本軍の宣伝、広義の軍命令と言える」などと言いそうですね。
  • 2007-07-11
  • 投稿者 : 練馬のんべ
  • URL
  • 編集

[C2651] >練馬のんべさん

>「そのような心理状態にしたのは日本軍の宣伝、広義の軍命令と言える」

というのは、教科書記述を巡ってそう主張している人たちもいますよね。
何でも「広義」にして「軍が悪い」としたいんですね。

[C2880] TB有り難うございました。

照屋氏は、文書でこのことを書いたのでしょうか。それとも話しただけでしょうか。
クローズアップ現代もひどいものですね。
沖縄もいけない。
有り難うございました。
  • 2007-09-17
  • 投稿者 : お絵かき爺
  • URL
  • 編集

[C2881] >お絵かき爺 さん

ご訪問とコメントを有難うございました。
照屋さんの記事のリンク先アドレスが替わっていて読めなくなっていました。失礼いたしました。新しいリンク先に換えておきました。照屋さんは新聞のインタビューで証言されたようですね。文書にされているとは書かれていませんね。
報道も、運動家も、沖縄を利用するだけ利用して、ひどいですね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3件のトラックバック

[T281] NHKでまた偏向番組が放送されました!

今回は、反日放送局NHKが21日(木)に放送した、『クローズアップ現代』(集団自決”62年目の証言~沖縄からの報告~)極めて一方的で偏向した内容でしたので、以下にテキスト化してみました。本当に憤りを覚える内容です

[T285] 沖縄 戦

<明日沖縄戦「終結」62年>日本兵が住民を殺した/「軍隊」は県民を ...文部科学省が、来年4月から使われる高校日本史の教科書検定で沖縄戦での住民の集団自決に「日本軍の強制があった」とする表現に検定意見を付け、修正を求めたこ

[T349] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2007-09-29
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/174-0baa682d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。