Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C101] そうそう

わたしもmilestaさんの言うとおりだと思います。作品の中に描かれている数学が、とても自然に溶け合っていますよね。
「コンパクト」な天才数学者・・・うーん、誰だろう??
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C102] >cyber_bird

天才数学者はノーベル賞を取った人で、奇行で有名な人。それしか覚えていません・・・。cyber_bird さん、わかったら教えてください。(これだけじゃ無理?)本の題名も忘れてしまった!

「コンパクト」は「閉じているけど終わりがない」とかなんとか書かれていて、それがどんなものか想像できず、気になって気になって仕方がなかったんです。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C105] 内容が

とても気になる本ですね。

数学の魅力と、
人間の魅力が描かれてる作品なのでしょうか?

オイラーの公式の偉大さは分かりますが、
何故に物語性?
感性の無い私には不思議です。

興味深々です。

[C106] 数学

と聞いた時点で既に引き気味なわけですが、
milestaさんが面白いと仰るなら読んでみようか・・・
数学かあ・・・
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C107] 私も

夫も、長女も、揃って先日読了しました。
夫は理系、私は文系、共に感動と興味を抱くことが出来ました。
本当に静かな感動、静かな驚き、そして静かな愛への尊敬の念を抱かされました。
近いうちに記事にしたいと思っていましたが
milestaさんの記事が代弁してくださったような気もしてしまいました^^;
もし書けたら、TBさせて下さいね♪

[C112] >刀舟さん

オイラーの公式の数学的な意味は、私にはよくわかっていません。(笑)
それでもあの記号には、とてもとても大事な意味があるんです。どんな意味かは書けないけど。
さぁもう読むしかないですよ~。

数学好きだけど読書が苦手という生徒さんにもお勧め。中・高生にも読みやすい本だと思います。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C113] >かっぱやろうさん

大丈夫です!私も数学苦手ですけど楽しめましたから。映画もいいらしいですよ。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C114] >新歌さん

お嬢さん、8歳ですよね。読んだんですか!すごい!

うちも主人が理系、私が文系なので、勧めているところ。普段は読書傾向が違うのですが、これはおもしろがるかな?と思って。

TBお待ちしています。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C115] そんなに面白いなら?

そんなに面白いですか?
映画の方で、気にはなっていたのですが、、、。

読んでみたくなりました。
本を沢山読んでいる方の紹介は、自分で選ぶ能力が極端に欠如している私には、大変参考になります。

因みに私は「でもしか理系」_| ̄|○

[C116] >tonoさん

話題の本は、期待が大きすぎて、「そんなに面白くなかった・・・。」ということも多いのですが、この本は期待を超えていました。というより、「予想」を超えていたという方が正しいかな?

私も店頭で本を選ぶことができないので、ブログ等の書評が頼りです。
  • 2006-07-14
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C118] 映画で

映画の宣伝を見て、すごく惹かれるものがありました。寺尾あきらと深津絵里のなんとも温かい雰囲気が印象的でした。うちも旦那は理系、私は文系ですが、残念ながら旦那には情緒というものが全くありません。以前私が本を読んで感動の涙を流していると「ええ?本を読んで泣くの!?」と本当に驚いていましたから(苦笑)。
とりあえず私が一人で読んで感動します!

[C121] >ゆうさん

読んでみたら旦那様にも勧めたくなるかも?
  • 2006-07-14
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C124] こんにちは

映画化されたときに、興味があって読んで見たいと思っていたのですが、「数式」で引いてしまって、書店へ行っても通り過ぎてしまうと言った感じです。

でも、そんなに魅力のあるものだったら読んで見たいな。

今読んでいる本のタイトルは「明日の記憶」で、若更年アルツハイマーの話で、映画にもなりましたよね?

今、クライマックスに向かっているところですが、未来をどう生きるか?では無く、今をどう生きるか?
自分が、または夫がアルツハイマーと診断されたら、ネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えるにはどうしたら良いのか?色々考えさせられました。

この後「ダビンチ・コード」が待ってます。
  • 2006-07-14
  • 投稿者 : ちさと
  • URL
  • 編集

[C127] >ちさとさん

「明日の記憶」、映画を観たいなぁと思っていました。本で読むのもいいですね。こんど捜してみよう。

キリスト教の国にいて聖書の話などがとても身近なので、「ダビンチ・コード」も興味深いです。
  • 2006-07-15
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C184] 映画も楽しみな1冊

ルートくん、かわいいですよね^^
本はサラリと読んでしまった印象なので、映像と合わせて感想に結論をつけようかなと思っています。

我が家も”理系オット×超!文系ツマ”の組合せ。読書のチョイスは全くかぶりません☆

[C191] >きゆさん

映画、観る予定ですか?観たらブログに感想書くのかな?
楽しみにしています。

多いですね、”理系オット×超!文系ツマ”。
  • 2006-07-19
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T54] 博士の愛した数式 / 小川洋子 [書評]

登場人物それぞれが思いやり豊かに描かれ、一方で、「私」が心に抱えていた喪失感や博士に寄せる愛情はさらりと描かれていて臭みがない。過剰な説明もなく、物語は終始淡々と綴られ、それだけにこの物語の提示する美しさが深く静かに心に染み込んでくる。美しく、そして、印

[T143] 博士の愛した数式

博士の愛した数式事故で記憶力を失い、80分しか記憶することができない老数学者の博士と、博士のもとに派遣された家政婦とその息子のふれあいの物語・・と聞いて、最初はちょっとあざとい設定じゃない?と思ったのですが、淡々とした文章を読み進むうちに、最初のイメー....
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/16-236e1eeb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『博士の愛した数式』 小川 洋子

博士の愛した数式 博士の愛した数式
小川 洋子 (2003/08/28)
新潮社
この商品の詳細を見る


数学と文学の美しい融合。この作品の感想を一言で表せばこうなる。(もう誰かが使っている表現だろうか?)

これまで、主人公の少年が算数の問題を悩みながら解いていく児童文学や、天才数学者の伝記などを読んだことがあるが、算数や数学の解説部分はそこだけ一度脇道に逸れ、再び本筋に戻ってきて話が次へ進むという具合だった。天才数学者の伝記では「コンパクト」という言葉の定義に引っかかり、読み終わるまでそのことが気になって物語に没頭できなかった。

しかし『博士の愛した数式』は、その物語に没頭してしまう。80分間しか記憶が続かない博士とその義姉に雇われた家政婦親子。彼らのいる空間に、自分もこっそり存在している気分になってしまう。その空間に漂っているのが数字や数式であり、親子が知らず知らずのうちに数学の魅力に取り憑かれているのと一緒に、自分も取り憑かれていることに気づく。そして同時に博士の優しさにも取り憑かれていくのだ。

心温まる物語と数式の美しさが溶け合い、別つことのできないものになっている。「オイラーの公式」のe,π,iと1。この中に物語性を持たせたところで、この文学と数学の融合は頂点に達する。

理系の人にも文系の人にも静かな感動を与えてくれる作品ではないかと思う。


※他の本ブログを見に行く都合上サイドバーに「本ブログ」のバナーを貼ったところ、思いがけずボタンを押してくださる方がいらして、ランキングが上がってきてびっくりするやら、嬉しいやら・・・。押してくださった方、どうもありがとうございます!


16件のコメント

[C101] そうそう

わたしもmilestaさんの言うとおりだと思います。作品の中に描かれている数学が、とても自然に溶け合っていますよね。
「コンパクト」な天才数学者・・・うーん、誰だろう??
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C102] >cyber_bird

天才数学者はノーベル賞を取った人で、奇行で有名な人。それしか覚えていません・・・。cyber_bird さん、わかったら教えてください。(これだけじゃ無理?)本の題名も忘れてしまった!

「コンパクト」は「閉じているけど終わりがない」とかなんとか書かれていて、それがどんなものか想像できず、気になって気になって仕方がなかったんです。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C105] 内容が

とても気になる本ですね。

数学の魅力と、
人間の魅力が描かれてる作品なのでしょうか?

オイラーの公式の偉大さは分かりますが、
何故に物語性?
感性の無い私には不思議です。

興味深々です。

[C106] 数学

と聞いた時点で既に引き気味なわけですが、
milestaさんが面白いと仰るなら読んでみようか・・・
数学かあ・・・
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : かっぱやろう
  • URL
  • 編集

[C107] 私も

夫も、長女も、揃って先日読了しました。
夫は理系、私は文系、共に感動と興味を抱くことが出来ました。
本当に静かな感動、静かな驚き、そして静かな愛への尊敬の念を抱かされました。
近いうちに記事にしたいと思っていましたが
milestaさんの記事が代弁してくださったような気もしてしまいました^^;
もし書けたら、TBさせて下さいね♪

[C112] >刀舟さん

オイラーの公式の数学的な意味は、私にはよくわかっていません。(笑)
それでもあの記号には、とてもとても大事な意味があるんです。どんな意味かは書けないけど。
さぁもう読むしかないですよ~。

数学好きだけど読書が苦手という生徒さんにもお勧め。中・高生にも読みやすい本だと思います。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C113] >かっぱやろうさん

大丈夫です!私も数学苦手ですけど楽しめましたから。映画もいいらしいですよ。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C114] >新歌さん

お嬢さん、8歳ですよね。読んだんですか!すごい!

うちも主人が理系、私が文系なので、勧めているところ。普段は読書傾向が違うのですが、これはおもしろがるかな?と思って。

TBお待ちしています。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C115] そんなに面白いなら?

そんなに面白いですか?
映画の方で、気にはなっていたのですが、、、。

読んでみたくなりました。
本を沢山読んでいる方の紹介は、自分で選ぶ能力が極端に欠如している私には、大変参考になります。

因みに私は「でもしか理系」_| ̄|○

[C116] >tonoさん

話題の本は、期待が大きすぎて、「そんなに面白くなかった・・・。」ということも多いのですが、この本は期待を超えていました。というより、「予想」を超えていたという方が正しいかな?

私も店頭で本を選ぶことができないので、ブログ等の書評が頼りです。
  • 2006-07-14
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C118] 映画で

映画の宣伝を見て、すごく惹かれるものがありました。寺尾あきらと深津絵里のなんとも温かい雰囲気が印象的でした。うちも旦那は理系、私は文系ですが、残念ながら旦那には情緒というものが全くありません。以前私が本を読んで感動の涙を流していると「ええ?本を読んで泣くの!?」と本当に驚いていましたから(苦笑)。
とりあえず私が一人で読んで感動します!

[C121] >ゆうさん

読んでみたら旦那様にも勧めたくなるかも?
  • 2006-07-14
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C124] こんにちは

映画化されたときに、興味があって読んで見たいと思っていたのですが、「数式」で引いてしまって、書店へ行っても通り過ぎてしまうと言った感じです。

でも、そんなに魅力のあるものだったら読んで見たいな。

今読んでいる本のタイトルは「明日の記憶」で、若更年アルツハイマーの話で、映画にもなりましたよね?

今、クライマックスに向かっているところですが、未来をどう生きるか?では無く、今をどう生きるか?
自分が、または夫がアルツハイマーと診断されたら、ネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えるにはどうしたら良いのか?色々考えさせられました。

この後「ダビンチ・コード」が待ってます。
  • 2006-07-14
  • 投稿者 : ちさと
  • URL
  • 編集

[C127] >ちさとさん

「明日の記憶」、映画を観たいなぁと思っていました。本で読むのもいいですね。こんど捜してみよう。

キリスト教の国にいて聖書の話などがとても身近なので、「ダビンチ・コード」も興味深いです。
  • 2006-07-15
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C184] 映画も楽しみな1冊

ルートくん、かわいいですよね^^
本はサラリと読んでしまった印象なので、映像と合わせて感想に結論をつけようかなと思っています。

我が家も”理系オット×超!文系ツマ”の組合せ。読書のチョイスは全くかぶりません☆

[C191] >きゆさん

映画、観る予定ですか?観たらブログに感想書くのかな?
楽しみにしています。

多いですね、”理系オット×超!文系ツマ”。
  • 2006-07-19
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2件のトラックバック

[T54] 博士の愛した数式 / 小川洋子 [書評]

登場人物それぞれが思いやり豊かに描かれ、一方で、「私」が心に抱えていた喪失感や博士に寄せる愛情はさらりと描かれていて臭みがない。過剰な説明もなく、物語は終始淡々と綴られ、それだけにこの物語の提示する美しさが深く静かに心に染み込んでくる。美しく、そして、印

[T143] 博士の愛した数式

博士の愛した数式事故で記憶力を失い、80分しか記憶することができない老数学者の博士と、博士のもとに派遣された家政婦とその息子のふれあいの物語・・と聞いて、最初はちょっとあざとい設定じゃない?と思ったのですが、淡々とした文章を読み進むうちに、最初のイメー....
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/16-236e1eeb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。