Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C83] 名訳だと信じてます

「とおりぬけき・・・」とか「おたんじゃうびおめでたおめでと」とか、ほんとうに読む側に立ってくれた、名訳だと思います。初めて読んでから、30年以上経つのに、その部分が、ありありと思い出せる・・・そうだ、物置にあったんだ!また読もうっと。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C84] こんばん

先日は私の拙いブログに遊びに来ていただいてありがとございました。
私もお邪魔させていただきました。
『くまのプーさん』の言葉の勘違いが好きで、
本当に、くすっと笑ってしまうんですよね。
私もディズニーのアニメより、この本のほうが好きです。

また遊びに来ますね。

[C85]

ディズニーのぷーさん。
いつの間にかコブタくんがピグレットになり
うさぎさんがラビットになってしまった。
声も変わったし。
昔のバージョンで育った僕には結構ピグレットっていうのはいただけない。

僕もこれ読んだことあります。
多分おさない頃に読んだらつまらないって感想だったと思います。
子供むけにみせた大人むけですよ、たぶん。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C86] こんばんは

いつもわたしのブログに書込みありがとうございます。
童話って、大人になってから読んでも味わい深いものですよね。わたしもミヒャエル・エンデの「モモ」や「はてしない物語」を読んで感動しました。
プーさんは読んだことありませんが、今度読んでみたいですね。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C87] >失敗だらけだフニャさん

物置にあるのによく覚えてますね~。名訳ですよね。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C88] >masakoさん

ご訪問ありがとうございます。
センスの良いmasakoさんに賛同して頂けて嬉しいです。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C89] >ウナムさん

ウナムさんも「コブタ」「ウサギ」世代なんですか?ピグレット、いただけないですよね~。

やはり大人向きですよね。子供には何でおかしいのかわからないところいっぱいありますよね。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C90] >cyber_birdさん

いらっしゃいませ。お待ちしていました。
ミヒャエル・エンデ、感受性の豊かなcyber_birdさんらしいですね。実は私はいろいろな人から勧められて何度も挑戦しては挫折しているんです・・・。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C92] 読んだことはありませんが

プーさんと言えば「ネズミーランド」の「ハニーハント」くらいしか知らない私。

>考えてみると、英語圏の子供が“Piglet(子豚)”“Owl(ふくろう)”という名前を聞いた時の感覚を、日本の子供が同じように感じ取るには“コブタ”“フクロ”の方がふさわしくないだろうか?

これは、絵本に限らずそうだと思いますよ。小学生の英語必須問題なんかも同一線上でしょうか?
翻訳は、その民族の文化・意味・意義を含めて伝えた方が良いと思います。

[C94] >tonoさん

さすがtonoさん。意をくんで下さりありがとうございます。
何でも「英語がカッコイイ!」という風潮に疑問を感じています。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C95] まったく

同感です。

>日本の子供が同じように感じ取るには“コブタ”“フクロ”の方がふさわしくないだろうか?

すでに、tono様も書かれていますが、
その通りだと思います。

『カッコ良く』すれば良いというものではありません。
正しく言語のニュアンスを伝えるべきだと思います。

[C96] あちしも

>日本の子供が同じように感じ取るには“コブタ”“フクロ”の方がふさわしくないだろうか?

ふさわしいと思います。
tonoさんの意見に賛成です。
絵本て一番最初に読む本ですから、
良い本を買ってあげたいです。
最近は「どろにんげん」てのが流行ってるらしいでスねえ。

[C97] >刀舟さん

賛同して頂き、嬉しいです。
ニュアンス大事ですよね。動物の名前をそのままつけた素朴な名前と、聞いたこともない「ピグレット」という固有名詞のような名前。全然イメージ違いますよね。 
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C98] >かっぱやろうさん

『どろにんげん』は長新太さんですね?
長新太さんの絵本て、意味不明なのにおかしいんですよね。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C99]

世代かどうかはわかりませんが、
物心ついたときにうちにあったビデオはコブタにウサギです。

やっぱり「コブタくん」「ウサギさん」があたたかくていいですよ。
うん。

プーさんの声も前のほうがあたたかくて好き。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C100] >ウナムさん

物心ついた時にうちにあったプーさんのものといえば!
ソノシート(知ってる?)付き紙芝居ですから、世代的には全然違いましたね。(笑)
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C103] それにしても

「ピグレット」は最低ですね。
仏語なんだから、せめて「ピグレ」なんじゃないですかね??
たぶん、英語でも最後の子音はほとんど音にならないはず。
あんまり外国語の話をするとボロが出そうですが・・・
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C104] >cyber_birdさん

ピグレット-評判悪いですね~。私一人じゃなかったんですね。
ウナムさんによると、ディズニーも以前は日本名だったみたいなのに、なんで変えちゃったんでしょうね。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C108]

なんででしょうね~。
本当残念です。
世界で世界で規格統一みたいなことしたかったのかな。。。
でも、今の子はそれでなじんじゃってるから複雑。

ソノシート。
知ってますよ。
僕が小学生低学年まで小学生の付録についてきた記憶があります。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C110] >ウナムさん

>でも、今の子はそれでなじんじゃってるから複雑。

そうそう。その方がメジャーになっちゃって、ちょっと悲しい。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C183] 私も1票

>日本の子供が同じように感じ取るには“コブタ”“フクロ”の方がふさわしくないだろうか?
↑コチラの意見に私も同感!
いいとか悪いとかではないかもしれないけど、日本の子供たちは”くまのプーさん”と言えば、黄色いボディに赤い上着を着た、”例のプー”なんですよねー。
本に馴染みの無い人なら、大人になってもそのまま。
私もネズミーランド関係は好きだけど、原作の風合いをもっと大事にしたいですよね☆

[C190] >きゆさん

きゆさんに一票入れてもらって嬉しいです。
  • 2006-07-19
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C526] やっと読みました

日曜の休みを利用して一気に読ませていただきました。
なんか、ほのぼのとして可愛らしいお話ですね。

>私は大人になればなるほど「くすっ」と笑う回数が増えてくる本だと思う。

確かにそんな気がします。ひょっとしたら子供ができるともっとわかるようになるのかな?って気もしました。プーやコブタの振る舞いって、まさに子供の持つ純真さなのではないかな・・・??
  • 2006-08-20
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C527] >cyber_bird さん

そうですね。「ほのぼの」していますね。
子供達の遊びを見ていると、「な~んで、こんなことが面白いんだろう?」と思うようなことで盛り上がっていたりして、そんなところはプーやコブタと似ていますね。

前のお返事で「さん」が抜けて、呼び捨てになっていました。修正いたしました。失礼しました。

[C3299]

はじめまして☆
石井さんの記事にTBありがとうございました!
実は、まだこの絵本は手にしたことがなくて・・・
さっそく読んでみたくなりました(^^)
  • 2008-04-03
  • 投稿者 : ☆だ~な
  • URL
  • 編集

[C3302] >☆だ~なさん

初めまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。
石井桃子さん亡くなられてしまったのですね。☆だ~なさんの記事で知りました。
『くまのプーさん』は、記事にも書いたように大人向けのような気がするので、楽しんでお読みになってみてくださいね。
  • 2008-04-03
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C4074]

5年遅れでコメント勝手に書かせてもらいます、すみません(^^;)

だって自分がずーと思っていたことの代弁だったので思わずコメントしちゃいました。
まさにその通りですね。
自分はミルン&シェパードのプーさんから入ったので、余計にディズニーのプーさんにはディズニーランドに行くたびにため息がでます。
とにかくみんな違うけど特にコブタはなんであんなのになっちゃうんだ、ミルンのコブタ感が少しもない。トラーも…。

ウォルトディズニーはアニメ化の版権を取ったときにスタッフには原作のこのプーさんの雰囲気、味わいを決して壊さないようにと注意したはずなのに…。
キャラクターの絵も違うけどあの原作の雰囲気もアニメはまったく違うんだよなぁ。

ディズニーの力が強すぎるから、ミルン&シェパードのプーさんよりディズニーのプーさんが世間では本物になっているのが切なくてしょうがありません。
プーさん=ミルン&シェパードだともっとわかってほしいんですが。

ディズニーランドのお土産屋で一緒に来た子にプーさんはこれじゃないとわざわざこの夢の国の雰囲気を壊すような野暮なことは言えずいつもグッとこらえています(^^;)
たまにはでもミルン&シェパードのプーさんも可愛いんだよと言ってしまいますが。
  • 2011-11-07
  • 投稿者 : タロ
  • URL
  • 編集

[C4078] >タロさん

ですよね、ですよね~。
どのキャラクターもだけど、本当にもう、特にあのコブタは無いですよね。なんでわざわざあんな風にしちゃうのだろう?
そしてあれしか知らない子供たちはかわいそうですよね。本物を知って欲しいですよね。
ああ、私も久しぶりにこの大問題を思い出して興奮してしまいました。(笑)

昔の記事へのコメント大歓迎です!
ご訪問とコメント有り難うございました。

  • 2011-11-09
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T546] 石井桃子さん死去。。。

石井桃子さんが2日に亡くなられたということを格闘技と絵本と自分さんのブログの記事で知りました。 名前を聞いて??と思っても、翻訳した作品を聞けば手元にある方も多いと思います。 クマのプーさん (岩波少年文庫 (008)) ピーターラビットのおはなし (ピータ
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/13-603a43c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『クマのプーさん』 A.A.ミルン、石井 桃子訳、アーネスト・H・シェパード挿絵

クマのプーさん クマのプーさん
A.A.ミルン、石井 桃子他 (2000/06)
岩波書店
この商品の詳細を見る


私には理解が出来ないことがある。ディズニーの『くまのプーさん』に出てくるピグレットはなぜあんなに不細工に描かれているのか、だ。もう一つ納得がいかないこともある。あの子の名前は“コブタ”であって“ピグレット”ではない。しかし、これには主人からクレームがついた。
「だって原書ではPigletという名前だから、こちらが本物だよ。」
けれども、私にとっての『クマのプーさん』は、石井桃子訳、アーネスト・H・シェパード挿絵のこの本なのだ。“コブタ”は吹けば飛ぶような姿で一生懸命大活躍しなければならないし、物知りで小難しい言葉で喋るのは“フクロ”でなければならない。決して“オウル”などというへんてこな名前であってはならない。

考えてみると、英語圏の子供が“Piglet(子豚)”“Owl(ふくろう)”という名前を聞いた時の感覚を、日本の子供が同じように感じ取るには“コブタ”“フクロ”の方がふさわしくないだろうか?
この命名も含め、石井桃子さんの訳は素晴らしいと思う。プーやコブタはよく言葉の勘違いをする。また自作の詩や歌を披露する。そんな場面も、違和感のない日本語にしてあるのだ。

プーと仲間たちは、よく何かを思いつき、それを一生懸命遂行する。それ何の意味があるの?と聞いたりしてはいけない。世の中にはあまり意味がないこともある。それに人が真剣に頑張っていることを邪魔したりするのは良くないことだから。それでも時々、あまりの無意味さに「くすっ」と笑ってしまうことがある。そして「みんな一生懸命なのにごめんね。」と心の中で謝ったりする。

『クマのプーさん』は、子供のために書かれたというのは本当だろうか?私は大人になればなるほど「くすっ」と笑う回数が増えてくる本だと思う。




28件のコメント

[C83] 名訳だと信じてます

「とおりぬけき・・・」とか「おたんじゃうびおめでたおめでと」とか、ほんとうに読む側に立ってくれた、名訳だと思います。初めて読んでから、30年以上経つのに、その部分が、ありありと思い出せる・・・そうだ、物置にあったんだ!また読もうっと。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : 失敗だらけだフニャ
  • URL
  • 編集

[C84] こんばん

先日は私の拙いブログに遊びに来ていただいてありがとございました。
私もお邪魔させていただきました。
『くまのプーさん』の言葉の勘違いが好きで、
本当に、くすっと笑ってしまうんですよね。
私もディズニーのアニメより、この本のほうが好きです。

また遊びに来ますね。

[C85]

ディズニーのぷーさん。
いつの間にかコブタくんがピグレットになり
うさぎさんがラビットになってしまった。
声も変わったし。
昔のバージョンで育った僕には結構ピグレットっていうのはいただけない。

僕もこれ読んだことあります。
多分おさない頃に読んだらつまらないって感想だったと思います。
子供むけにみせた大人むけですよ、たぶん。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C86] こんばんは

いつもわたしのブログに書込みありがとうございます。
童話って、大人になってから読んでも味わい深いものですよね。わたしもミヒャエル・エンデの「モモ」や「はてしない物語」を読んで感動しました。
プーさんは読んだことありませんが、今度読んでみたいですね。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C87] >失敗だらけだフニャさん

物置にあるのによく覚えてますね~。名訳ですよね。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C88] >masakoさん

ご訪問ありがとうございます。
センスの良いmasakoさんに賛同して頂けて嬉しいです。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C89] >ウナムさん

ウナムさんも「コブタ」「ウサギ」世代なんですか?ピグレット、いただけないですよね~。

やはり大人向きですよね。子供には何でおかしいのかわからないところいっぱいありますよね。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C90] >cyber_birdさん

いらっしゃいませ。お待ちしていました。
ミヒャエル・エンデ、感受性の豊かなcyber_birdさんらしいですね。実は私はいろいろな人から勧められて何度も挑戦しては挫折しているんです・・・。
  • 2006-07-11
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C92] 読んだことはありませんが

プーさんと言えば「ネズミーランド」の「ハニーハント」くらいしか知らない私。

>考えてみると、英語圏の子供が“Piglet(子豚)”“Owl(ふくろう)”という名前を聞いた時の感覚を、日本の子供が同じように感じ取るには“コブタ”“フクロ”の方がふさわしくないだろうか?

これは、絵本に限らずそうだと思いますよ。小学生の英語必須問題なんかも同一線上でしょうか?
翻訳は、その民族の文化・意味・意義を含めて伝えた方が良いと思います。

[C94] >tonoさん

さすがtonoさん。意をくんで下さりありがとうございます。
何でも「英語がカッコイイ!」という風潮に疑問を感じています。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C95] まったく

同感です。

>日本の子供が同じように感じ取るには“コブタ”“フクロ”の方がふさわしくないだろうか?

すでに、tono様も書かれていますが、
その通りだと思います。

『カッコ良く』すれば良いというものではありません。
正しく言語のニュアンスを伝えるべきだと思います。

[C96] あちしも

>日本の子供が同じように感じ取るには“コブタ”“フクロ”の方がふさわしくないだろうか?

ふさわしいと思います。
tonoさんの意見に賛成です。
絵本て一番最初に読む本ですから、
良い本を買ってあげたいです。
最近は「どろにんげん」てのが流行ってるらしいでスねえ。

[C97] >刀舟さん

賛同して頂き、嬉しいです。
ニュアンス大事ですよね。動物の名前をそのままつけた素朴な名前と、聞いたこともない「ピグレット」という固有名詞のような名前。全然イメージ違いますよね。 
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C98] >かっぱやろうさん

『どろにんげん』は長新太さんですね?
長新太さんの絵本て、意味不明なのにおかしいんですよね。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C99]

世代かどうかはわかりませんが、
物心ついたときにうちにあったビデオはコブタにウサギです。

やっぱり「コブタくん」「ウサギさん」があたたかくていいですよ。
うん。

プーさんの声も前のほうがあたたかくて好き。
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C100] >ウナムさん

物心ついた時にうちにあったプーさんのものといえば!
ソノシート(知ってる?)付き紙芝居ですから、世代的には全然違いましたね。(笑)
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C103] それにしても

「ピグレット」は最低ですね。
仏語なんだから、せめて「ピグレ」なんじゃないですかね??
たぶん、英語でも最後の子音はほとんど音にならないはず。
あんまり外国語の話をするとボロが出そうですが・・・
  • 2006-07-12
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C104] >cyber_birdさん

ピグレット-評判悪いですね~。私一人じゃなかったんですね。
ウナムさんによると、ディズニーも以前は日本名だったみたいなのに、なんで変えちゃったんでしょうね。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C108]

なんででしょうね~。
本当残念です。
世界で世界で規格統一みたいなことしたかったのかな。。。
でも、今の子はそれでなじんじゃってるから複雑。

ソノシート。
知ってますよ。
僕が小学生低学年まで小学生の付録についてきた記憶があります。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : ウナム
  • URL
  • 編集

[C110] >ウナムさん

>でも、今の子はそれでなじんじゃってるから複雑。

そうそう。その方がメジャーになっちゃって、ちょっと悲しい。
  • 2006-07-13
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C183] 私も1票

>日本の子供が同じように感じ取るには“コブタ”“フクロ”の方がふさわしくないだろうか?
↑コチラの意見に私も同感!
いいとか悪いとかではないかもしれないけど、日本の子供たちは”くまのプーさん”と言えば、黄色いボディに赤い上着を着た、”例のプー”なんですよねー。
本に馴染みの無い人なら、大人になってもそのまま。
私もネズミーランド関係は好きだけど、原作の風合いをもっと大事にしたいですよね☆

[C190] >きゆさん

きゆさんに一票入れてもらって嬉しいです。
  • 2006-07-19
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C526] やっと読みました

日曜の休みを利用して一気に読ませていただきました。
なんか、ほのぼのとして可愛らしいお話ですね。

>私は大人になればなるほど「くすっ」と笑う回数が増えてくる本だと思う。

確かにそんな気がします。ひょっとしたら子供ができるともっとわかるようになるのかな?って気もしました。プーやコブタの振る舞いって、まさに子供の持つ純真さなのではないかな・・・??
  • 2006-08-20
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C527] >cyber_bird さん

そうですね。「ほのぼの」していますね。
子供達の遊びを見ていると、「な~んで、こんなことが面白いんだろう?」と思うようなことで盛り上がっていたりして、そんなところはプーやコブタと似ていますね。

前のお返事で「さん」が抜けて、呼び捨てになっていました。修正いたしました。失礼しました。

[C3299]

はじめまして☆
石井さんの記事にTBありがとうございました!
実は、まだこの絵本は手にしたことがなくて・・・
さっそく読んでみたくなりました(^^)
  • 2008-04-03
  • 投稿者 : ☆だ~な
  • URL
  • 編集

[C3302] >☆だ~なさん

初めまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。
石井桃子さん亡くなられてしまったのですね。☆だ~なさんの記事で知りました。
『くまのプーさん』は、記事にも書いたように大人向けのような気がするので、楽しんでお読みになってみてくださいね。
  • 2008-04-03
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

[C4074]

5年遅れでコメント勝手に書かせてもらいます、すみません(^^;)

だって自分がずーと思っていたことの代弁だったので思わずコメントしちゃいました。
まさにその通りですね。
自分はミルン&シェパードのプーさんから入ったので、余計にディズニーのプーさんにはディズニーランドに行くたびにため息がでます。
とにかくみんな違うけど特にコブタはなんであんなのになっちゃうんだ、ミルンのコブタ感が少しもない。トラーも…。

ウォルトディズニーはアニメ化の版権を取ったときにスタッフには原作のこのプーさんの雰囲気、味わいを決して壊さないようにと注意したはずなのに…。
キャラクターの絵も違うけどあの原作の雰囲気もアニメはまったく違うんだよなぁ。

ディズニーの力が強すぎるから、ミルン&シェパードのプーさんよりディズニーのプーさんが世間では本物になっているのが切なくてしょうがありません。
プーさん=ミルン&シェパードだともっとわかってほしいんですが。

ディズニーランドのお土産屋で一緒に来た子にプーさんはこれじゃないとわざわざこの夢の国の雰囲気を壊すような野暮なことは言えずいつもグッとこらえています(^^;)
たまにはでもミルン&シェパードのプーさんも可愛いんだよと言ってしまいますが。
  • 2011-11-07
  • 投稿者 : タロ
  • URL
  • 編集

[C4078] >タロさん

ですよね、ですよね~。
どのキャラクターもだけど、本当にもう、特にあのコブタは無いですよね。なんでわざわざあんな風にしちゃうのだろう?
そしてあれしか知らない子供たちはかわいそうですよね。本物を知って欲しいですよね。
ああ、私も久しぶりにこの大問題を思い出して興奮してしまいました。(笑)

昔の記事へのコメント大歓迎です!
ご訪問とコメント有り難うございました。

  • 2011-11-09
  • 投稿者 : milesta
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T546] 石井桃子さん死去。。。

石井桃子さんが2日に亡くなられたということを格闘技と絵本と自分さんのブログの記事で知りました。 名前を聞いて??と思っても、翻訳した作品を聞けば手元にある方も多いと思います。 クマのプーさん (岩波少年文庫 (008)) ピーターラビットのおはなし (ピータ
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/13-603a43c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。