Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1767]

子供は純粋な分、ある意味とても残酷な言動をしますからね。
それが、歳を重ね、いろいろなことを経験して(こういう本を読む事も)いくうちに学習し、していい事と悪い事を学んでいくんだと思うんですが・・・・・
今の時代、子育ての渦中にいないせいもあり、理解できないことが多過ぎます。
人間の本質がそんなに変わってしまっているのでしょうか。
  • 2007-01-30
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C1770] >マリリンさん

この本は、ああいじめってこういうたわいないことから始まるんだなぁとか、普段は優等生の子がきっかけをつくったりしちゃうんだ、とても現実にありそうなことが書かれています。気づかずに、同じようなことをしている子供が、この本を読んだら、きっとハッとするんじゃないかしら。

>理解できないこと

多いですよね。それも犯罪とかそういう特殊な例でなく、日常生活の中で理解できない行動を取る人が増えている気がしますね。(給食費未払いとか。)

[C2381]

初めまして。TBありがとうございました。
子どもたちにも、さりげなく読んでもらって、
さりげなく気づいてもらえそうな、いい物語
ですね。

[C2382] >ts-1863 さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
仰るとおり、さりげなく読んでほしい本ですね。いつの時代にもかわらない子供同士の人間関係が描かれていますね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T180] 教室の悪魔

今話題の「教室の悪魔」、みなさんは読まれたでしょうか?私は年末に母が購入したので、親子でまわし読みしました。いじめの陰湿さが良くわかる事例を沢山あげているので、現代のいじめを知るには解りやすい1冊だと思います。
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/116-ca862032
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『百まいのドレス』 ルイス スロボドキン・絵/エレナ エスティス・作/石井桃子・訳

百まいのドレス 百まいのドレス
ルイス スロボドキン、エレナ エスティス 他 (2006/11)
岩波書店
この商品の詳細を見る


最近の日本の学校のことは知らないけれど、この本では昔からよくある典型的ないじめの「芽」の部分が描かれている。本の帯や書評には「人種差別」がテーマだと書かれているが、私は人種はひとつのきっかけなのであって、どこにでも起こりうることとして読んだ。

学校一の人気者で見た目もきれいな子ペギーが、級友ワンダのちょっとした発言-「あたし、うちに、ドレス百まい、もってるの」-をウソじゃないかと聞き咎め、からかうことから始まる。毎日毎日、ドレスを何枚持っているかを尋ねて、みんなで笑うのだ。

ペギーの親友マデラインはそんな状況が嫌でたまらないのに何も出来ない。そんなマデラインの視点で物語は進んでいく。友人をからかう事への嫌悪感の一方で、自分がからかわれる側にはなりたくないという不安・・・。実際の学校でも、いじめの中心人物ではない傍観者的な子の人数の方が多いのではないか。だから、マデラインの心情というのは、きっと誰にも理解できると思う。

そんないじめの典型的な構図を持っていながら、怒りながら読むような本ではない。登場人物たちが底意地の悪い女の子ではないからだ。それにワンダ自身が「いじめ」と感じていたかどうかも、あまりはっきりしていない。
こんな風にして悪意のないままいじめがエスカレートしていくというのが、現実にも多いことではないかと思う。そして無意識のうちにそういうことをしてしまうかもしれない普通の子供達が、この本を読んでハッと気づくということもあるのではないだろうか。
この本では「百まいのドレス」が子供達をハッとさせ、立ち止まらせる。挿絵に描かれたドレスの鮮やかな色彩も読者を救ってくれる。そして物語の中でも、ぺギーとマデラインを救ってくれる。

小学校の低学年ぐらいでも理解できるやさしい言葉とシンプルなストーリーだが、マデラインの気持ちの動きについては微細に語られていて、大人が読んでも心に訴えかけてくるものがある。五十年も読み継がれている理由は、ここにあると思う。

4件のコメント

[C1767]

子供は純粋な分、ある意味とても残酷な言動をしますからね。
それが、歳を重ね、いろいろなことを経験して(こういう本を読む事も)いくうちに学習し、していい事と悪い事を学んでいくんだと思うんですが・・・・・
今の時代、子育ての渦中にいないせいもあり、理解できないことが多過ぎます。
人間の本質がそんなに変わってしまっているのでしょうか。
  • 2007-01-30
  • 投稿者 : マリリン
  • URL
  • 編集

[C1770] >マリリンさん

この本は、ああいじめってこういうたわいないことから始まるんだなぁとか、普段は優等生の子がきっかけをつくったりしちゃうんだ、とても現実にありそうなことが書かれています。気づかずに、同じようなことをしている子供が、この本を読んだら、きっとハッとするんじゃないかしら。

>理解できないこと

多いですよね。それも犯罪とかそういう特殊な例でなく、日常生活の中で理解できない行動を取る人が増えている気がしますね。(給食費未払いとか。)

[C2381]

初めまして。TBありがとうございました。
子どもたちにも、さりげなく読んでもらって、
さりげなく気づいてもらえそうな、いい物語
ですね。

[C2382] >ts-1863 さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
仰るとおり、さりげなく読んでほしい本ですね。いつの時代にもかわらない子供同士の人間関係が描かれていますね。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T180] 教室の悪魔

今話題の「教室の悪魔」、みなさんは読まれたでしょうか?私は年末に母が購入したので、親子でまわし読みしました。いじめの陰湿さが良くわかる事例を沢山あげているので、現代のいじめを知るには解りやすい1冊だと思います。
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/116-ca862032
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。