Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1582] 天長節

今日は天皇誕生日ですね。おめでたい日に、大変意味のある本のご紹介をありがとうございます。
今朝、靖国通りを歩いていたら、歩道の街灯1本1本に、布の日の丸が。本日東京は快晴。青い空に映える日の丸がとても美しかったですよ。
  • 2006-12-23
  • 投稿者 : asayake
  • URL
  • 編集

[C1583] TB有難うございました

奉祝、天皇御誕生日
確かおしょう様のところでお見かけしていたようですが。
これからもよろしくお願いします。
小堀 桂一郎氏は、私が大変尊敬する方の一人です。
このような画集も出版されていたのですね。
夢のある神話の教育も、子供たちには重要な情操教育になると思います。
国づくりが神話として伝えられている国も日本くらいのものではないでしょうか。

[C1586] >asayakeさん

東京の様子を教えてくださり、ありがとうございます。

>大変意味のある本
結局、戦争・敗戦で、修養道場は作られることなく、描かれた絵は日の目を見ることがなかったのだそうです。だから本当に意味のある本なのですよね。

[C1587] >小楠さん

こんにちは。仰るとおり、おしょうさんのところにもしばしば訪れておりますが、小楠さんのブログの「書棚の中の日本」も好きで、時々お邪魔していました。コメントも残さず、失礼いたしました。

この本は本当にすばらしいです。
神話の時代のことも、このような具体的かつ格調高い絵になっていると、子供も興味を持ちますね。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

[C1589] メリー・クリスマス

皇室のおかげで、どれだけ日本の外交は助けられていることか。
今年は、男の子のお孫さんが誕生されて、喜ばしい年になりましたね。

画集だから、子供に説明するにも良いですね^^
  • 2006-12-24
  • 投稿者 : さるすべり
  • URL
  • 編集

[C1591] >さるすべりさん

>皇室のおかげで、どれだけ日本の外交は助けられていることか。

本当にそうですよね。皇室のおかげで、日本は実際以上に品格のある国だと思われているような気がします。昔は実際の国の姿と一致していたのでしょうが、今は残念ながら国民の品格はズルズルとなくなってきていますね。

これらの絵は、子供にも訴えかける力があるようです。

[C1592]

すでに日が変わってしまいましたので、
メリー・クリスマスの方が相応しいのでしょうか?
迷いました・・・

>神代の時代から、私たち日本人は、何度天皇陛下の御誕生日を祝ってきたのだろう。今後もお祝いの回数を長く長く重ねていかれるような国であって欲しいと切に願う。

ただただ同感するばかりです。

最近は祝日の国旗掲揚もほとんど見なくなりました・・・
残念です・・・

TBありがとうございます。

[C1593] >刀舟さん

国旗掲揚はやはり少ないんですね。オーストラリアは普段から国旗だらけです。日本で国旗を揚げるのに勇気がいるような状況は早く改善されないかなぁと思います。
ブログでも、天長節の記事は意外と少なかったですね。クリスマスの記事はいっぱいあるのに。

[C1606] 大いに遅れてますが

こんばんは。
この本も面白そうですね。以前のエントリも読んだはずですが、様々な優先順位のなかで忘れてしまっていました。絵画を通じて自然に歴史に親しむのは、やはり上手いイントロダクションになるでしょうね。
小堀さんはわたしも尊敬している学者なので、内容も申し分なさそうです。

今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いしますm(_ _)m
  • 2006-12-28
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C1607] >cyber_bird さん

絵の力は凄いです。子供達も、この本を読んでやるときはかならず近くに来て絵を覗き込みます。
小堀先生はお祖父様が有名な日本画家でいらしたそうですね。ですから、この本の監修には最適だったのではないでしょうか。

今年は、私がブログを開設するきっかけを作ってくださったり、たくさんコメントをくださったりしてありがとうございました。
こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T156] 天長節、一般参賀に行きました

一般参賀に初めて行ってきました。永年の念願、ついに叶う!(時間はおよそ) 10:

[T157] 奉祝・御誕生日

奉祝・天皇陛下御誕生日 記者会見に臨まれる天皇陛下(宮内庁)  天皇陛下には本日73歳の御誕生日を御迎えになられた。国民として、晴れやかな参賀の儀を御祝い申し上げる。 ----- 御会見記録(宮内庁)  天皇陛下には、1

[T158] 奉祝 天皇誕生日

 今日は天皇誕生日です。陛下におかれましては、今日で73歳となられました。mixiのお仲間が集まって一般参賀に出掛けるそうですが、残念ながら私は参加できません。

[T159] 「根」と「元」と「情」と感謝報恩

更新できなかった間に、少し古くなってしまいましたが先月の会報の原稿をアップしたい
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/100-fa6124b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

『名画にみる國史の歩み』 小堀 桂一郎

名画にみる国史の歩み 名画にみる国史の歩み
小堀 桂一郎 (2000/04)
近代出版社
この商品の詳細を見る


採り上げるのは二度目になるが、今日はこの本を紹介するのに最もふさわしい日ではないかと思うので改めて紹介したい。なぜなら、この本の根幹を為す七十八点の名画は、昭和八年十二月二十三日今上天皇が皇太子殿下としてお生まれになったことがきっかけとなって描かれたものだからである。

小堀桂一郎氏の解説によると、親王殿下御誕生は国民的な歓びで迎えられ、東京府は記念事業として国民の修養道場の建設を企画した。そこに展示されるべくして描かれたのがこれらの国史絵画であった。
そして、当時まだ完成していなかった明治聖徳記念絵画館が明治の歴史を辿るものであったのに対し、この企画では、

日本帝國と國民の通史に拡大され、奉祝対象である皇太子継宮明仁親王の御先祖である皇祖天照大御神の出現に始まり、当の皇太子殿下御誕生の喜びを以て局を結ぶという連作になることも又極めて自然の発想であった。

このような経緯で描かれた一連の絵画の質が高くないはずがない。しかし、小堀氏はこれを画集と呼ばず、あえて歴史書と称している。その理由は、

収録した総数七十八点の絵画は、國史の中の絵になりやすくて且つ見栄えのする場面や人物に取材して任意に選ばれ、描かれたという性格のものではなく、日本の歴史を語り伝えるのにこれだけは是非必要と思われた人物・挿話を先づ厳しい基準で選抜し、体系的に排列し、それの含む意味と心とを絵画を以て表現せんとした試みだからである。

その体系的に排列された最後の一枚が「皇太子殿下の御誕生奉祝」と題された一枚で、二重橋を背景に御誕生の奉祝に集まった国民の列が描かれている。
この本を最初から見てゆき最後にこの絵に辿り着くと、国民が天皇陛下の御誕生日をお祝いするのは、明仁天皇ただお一人のことをお祝いしているのではなく、皇室をいただく日本が連綿と続いている事へのお祝いの気持ちも包含されていることに気づく。神代の時代から、私たち日本人は、何度天皇陛下の御誕生日を祝ってきたのだろう。今後もお祝いの回数を長く長く重ねていかれるような国であって欲しいと切に願う。


※前回採り上げた記事はこちら

10件のコメント

[C1582] 天長節

今日は天皇誕生日ですね。おめでたい日に、大変意味のある本のご紹介をありがとうございます。
今朝、靖国通りを歩いていたら、歩道の街灯1本1本に、布の日の丸が。本日東京は快晴。青い空に映える日の丸がとても美しかったですよ。
  • 2006-12-23
  • 投稿者 : asayake
  • URL
  • 編集

[C1583] TB有難うございました

奉祝、天皇御誕生日
確かおしょう様のところでお見かけしていたようですが。
これからもよろしくお願いします。
小堀 桂一郎氏は、私が大変尊敬する方の一人です。
このような画集も出版されていたのですね。
夢のある神話の教育も、子供たちには重要な情操教育になると思います。
国づくりが神話として伝えられている国も日本くらいのものではないでしょうか。

[C1586] >asayakeさん

東京の様子を教えてくださり、ありがとうございます。

>大変意味のある本
結局、戦争・敗戦で、修養道場は作られることなく、描かれた絵は日の目を見ることがなかったのだそうです。だから本当に意味のある本なのですよね。

[C1587] >小楠さん

こんにちは。仰るとおり、おしょうさんのところにもしばしば訪れておりますが、小楠さんのブログの「書棚の中の日本」も好きで、時々お邪魔していました。コメントも残さず、失礼いたしました。

この本は本当にすばらしいです。
神話の時代のことも、このような具体的かつ格調高い絵になっていると、子供も興味を持ちますね。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

[C1589] メリー・クリスマス

皇室のおかげで、どれだけ日本の外交は助けられていることか。
今年は、男の子のお孫さんが誕生されて、喜ばしい年になりましたね。

画集だから、子供に説明するにも良いですね^^
  • 2006-12-24
  • 投稿者 : さるすべり
  • URL
  • 編集

[C1591] >さるすべりさん

>皇室のおかげで、どれだけ日本の外交は助けられていることか。

本当にそうですよね。皇室のおかげで、日本は実際以上に品格のある国だと思われているような気がします。昔は実際の国の姿と一致していたのでしょうが、今は残念ながら国民の品格はズルズルとなくなってきていますね。

これらの絵は、子供にも訴えかける力があるようです。

[C1592]

すでに日が変わってしまいましたので、
メリー・クリスマスの方が相応しいのでしょうか?
迷いました・・・

>神代の時代から、私たち日本人は、何度天皇陛下の御誕生日を祝ってきたのだろう。今後もお祝いの回数を長く長く重ねていかれるような国であって欲しいと切に願う。

ただただ同感するばかりです。

最近は祝日の国旗掲揚もほとんど見なくなりました・・・
残念です・・・

TBありがとうございます。

[C1593] >刀舟さん

国旗掲揚はやはり少ないんですね。オーストラリアは普段から国旗だらけです。日本で国旗を揚げるのに勇気がいるような状況は早く改善されないかなぁと思います。
ブログでも、天長節の記事は意外と少なかったですね。クリスマスの記事はいっぱいあるのに。

[C1606] 大いに遅れてますが

こんばんは。
この本も面白そうですね。以前のエントリも読んだはずですが、様々な優先順位のなかで忘れてしまっていました。絵画を通じて自然に歴史に親しむのは、やはり上手いイントロダクションになるでしょうね。
小堀さんはわたしも尊敬している学者なので、内容も申し分なさそうです。

今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いしますm(_ _)m
  • 2006-12-28
  • 投稿者 : cyber_bird
  • URL
  • 編集

[C1607] >cyber_bird さん

絵の力は凄いです。子供達も、この本を読んでやるときはかならず近くに来て絵を覗き込みます。
小堀先生はお祖父様が有名な日本画家でいらしたそうですね。ですから、この本の監修には最適だったのではないでしょうか。

今年は、私がブログを開設するきっかけを作ってくださったり、たくさんコメントをくださったりしてありがとうございました。
こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

4件のトラックバック

[T156] 天長節、一般参賀に行きました

一般参賀に初めて行ってきました。永年の念願、ついに叶う!(時間はおよそ) 10:

[T157] 奉祝・御誕生日

奉祝・天皇陛下御誕生日 記者会見に臨まれる天皇陛下(宮内庁)  天皇陛下には本日73歳の御誕生日を御迎えになられた。国民として、晴れやかな参賀の儀を御祝い申し上げる。 ----- 御会見記録(宮内庁)  天皇陛下には、1

[T158] 奉祝 天皇誕生日

 今日は天皇誕生日です。陛下におかれましては、今日で73歳となられました。mixiのお仲間が集まって一般参賀に出掛けるそうですが、残念ながら私は参加できません。

[T159] 「根」と「元」と「情」と感謝報恩

更新できなかった間に、少し古くなってしまいましたが先月の会報の原稿をアップしたい
トラックバックURL
http://milesta.blog72.fc2.com/tb.php/100-fa6124b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。