Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トコトンやさしいバイオガスの本 』(B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ) 澤山 茂樹

トコトンやさしいバイオガスの本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)トコトンやさしいバイオガスの本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)
(2009/06)
澤山 茂樹

商品詳細を見る


理科音痴の私が、この本を中身も見ないでアマゾンで注文する気になったのは、「トコトンやさしい」という言葉に惹かれたのと、以前読んだ小泉武夫先生の本に「生ゴミは発酵させるとエネルギーになる」ことが書かれていて興味を持っていたからだ。
また、この本を薦めてくださった方は、「トコトンやさしいけど専門家にも重宝がられている本だ」というようなことを仰っていた。子供だましではないということだ。

さて、読んでみて「トコトンやさしい」は看板通りだった。
まず第一章では「バイオガス」と「バイオマス」の用語の違いから始まり、何が原料で、どういう化学的反応でガスが発生するか、どのようなプラントで作るのか、どう利用するのか、それが社会に及ぼす影響などが、簡潔に説明されている。
簡潔にと言っても、それぞれの項目ごとに見開きで、右側に文章、左側に図解や写真が載せられた丁寧な構成になっていて、これは二章以降も最後まで同じレイアウトが続く。
二章以降は、一章で説明されたことが、さらに細かく解説される。

第一章「バイオガスってどんなもの?」1~11
第二章「バイオガスができるまで」12~23
第三章「バイオガスの原料はどんなもの?」24~34
第四章「バイオガスを利用しよう」35~43
第五章「もっと知りたいバイオガス化事情」44~55
第六章「バイオガスの新しい技術」56~68


各章の後ろについている数字が、見開きになっている説明項目の通し番号である。細分化されていて読みやすい。
体系立てて、バイオガスを原料から、法律、実際の利用、研究内容まで幅広く取り上げているので、専門家が重宝がるというのもよくわかる。

折しも、津波による原発事故が起こり、自然エネルギーが注目されているが、バイオガスに関しては、既存の原発や火力の代替エネルギーとして考える類の物ではないという感想をもった。

まずは原料からして同じ品質のものを供給できない。牛の糞尿と豚の糞尿では糞と尿の割合に相当な差があるし、生ゴミではその度ごとに中身の成分が違う。
ガス化過程でも、原料や温度が違えば、発酵されて出てくる成分が違う。違ってしまえば、ガスにならない場合もある。という非常に不安定なものである。

また、工場内プラントなどで原料が一定に保てても、エネルギー発生の効率は悪く、たとえば、適正にガス化するための温度調節に使う分のエネルギーしか供給できなかったり、食品製造では容器の洗浄分のエネルギーにしかならなかったりする。

しかし、効率が悪くてもバイオガスを利用する意味は大きい。これまでは海や山に捨てられ、環境を破壊していた「生ゴミ」「産廃」「糞尿」類を、ガスや電気や副産物である肥料などに変えて無害化でき、僅かであっても化石燃料や原発の利用を減らすことができる。このような、発生するエネルギー量に換算できない利点もある。

とはいっても、効率が良いに越したことはない。この本にも、さまざまな研究チームや実験プラントのことが紹介されているが、この分野は研究途上であるようなので、さらに研究を進めてほしい。バイオガスの先進国はドイツだとされているが、日本が本気を出せば追いつくことも夢ではない。最後の第六章「バイオガス化の新しい技術」を読んでいると、そう思えてくる。

「トコトンやさしい」シリーズ(正式名称「今日からモノ知り」シリーズ)には、「太陽電池」や「エネルギー」や「天然ガス」などもあるので、原発事故以降エネルギーに興味を持ち始めた方は、そちらもご覧になると良いかもしれません。
スポンサーサイト

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。