Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争に関する本一覧

終戦記念日が近づいてきましたので、これまでに紹介した戦争に関する本を改めて一覧に致しました。
テーマは、戦時中のこと、子供の目から見た戦争、台湾や朝鮮のこと、戦後の引き揚げや捕虜や抑留そして裁判や占領のこと、とさまざまです。領土問題も敗戦に端を発しているので、リストに載せました。
本の形式も、小説、ノンフィクション、伝記、児童書などいろいろです。
内容は濃いけれど読みやすいという本を多く採り上げたつもりですので、ぜひお読みになってみて下さい。
題名の部分をクリックすると、紹介記事が出てきます。

『台湾人生』 酒井 充子(2010/04/21 - ノンフィクション(アジア))

『流れる星は生きている』 藤原 てい(2009/08/21 - 伝記)

『葡萄色のノート』 堀内 純子・作/広野 多珂子・絵(2008/06/27 - 童話・児童書)

『「北方領土」上陸記』 上坂 冬子(2008/06/03 - ノンフィクション(日本))

『日本の島々、昔と今。』 有吉 佐和子(2008/05/20 - ノンフィクション(日本))

『チンチン電車が走ってた』 菅原 治子(2007/11/12 - 童話・児童書)

『宋姉妹―中国を支配した華麗なる一族 』 伊藤 純、伊藤 真(2007/08/27 - ノンフィクション(アジア))

『遠い日の戦争』 吉村 昭(2007/08/16 - 吉村昭)

『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』 江藤 淳(2007/06/30 - 歴史(日本))

『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論』 小林 よしのり(2007/06/20 - ノンフィクション(アジア))

『特攻へのレクイエム』 工藤 雪枝(2007/06/13 - ノンフィクション(日本))

『白洲次郎 占領を背負った男』 北 康利(2007/05/03 - 伝記)

『生活者の日本統治時代―なぜ「よき関係」のあったことを語らないのか』 呉 善花(2007/03/04 - ノンフィクション(アジア))

“Passage to Freedom The Sugihara Story” Ken Mochizuki (杉原千畝物語)(2006/11/14 - 洋書)

『アーロン収容所』 会田 雄次(2006/11/12 - ノンフィクション(日本))

『沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!』 曽野 綾子(2006/10/30 - 歴史(日本))

『「南京事件」日本人48人の証言』 阿羅 健一(2006/09/28 - ノンフィクション(日本))

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』 辺見じゅん(2006/08/19 - ノンフィクション(日本))

『おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状』 中條高徳(2006/08/15 - ノンフィクション(日本))

『南十字星に抱かれて―凛として死んだBC級戦犯の「遺言」』 福冨 健一(2006/07/28 - 歴史(日本))

『夢顔さんによろしく』 西木正明(2006/06/29 - 歴史(日本))

『台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸を張りなさい』 蔡 焜燦(2006/06/23 - ノンフィクション(アジア))
スポンサーサイト

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。