Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『海の翼 』 秋月 達郎

海の翼 (新人物文庫)海の翼 (新人物文庫)
(2010/01/05)
秋月 達郎

商品詳細を見る


友人のご家族がタイに駐在しており、先頃までの内戦に近い状態がやや治まったことにほっとしている。
外国で危険な事態が発生した際、在外邦人救出の目的で自衛隊機・艦船を派遣することは法律上できず、現在、自民党がプロジェクトを立ち上げ法改正の検討を始めたばかりだという。今のままで有事が起きれば、またイラン・イラク戦争当時のようなことになってしまう。

イラン・イラク戦争の時、イラクのフセイン大統領がテヘランへの無差別攻撃を宣言。各国が自国民を救出すべく、定期便の座席は優先的に自国民に割り当て、特別便を飛ばしてくる中、邦人は乗るべき航空機が無かった。定期便はなく、自衛隊機は法律に阻まれて派遣できない。勇気ある機長の申し出にも拘わらず、組合の反対で民間機も使えなかった。

このような状況で、日本人のためならと、航空機を飛ばしてくれたのはトルコ政府である。

「いつの日か必ず日本に恩返しをしなければならない」

と、百年も思い続け、伝え続けてくれたトルコの国、トルコの人々。
百年も伝え続けてくれ、命をかけて恩返しをしてくれるほどのこととは、何だったのだろう?
それは明治初期のこと。日本近海で遭難したトルコのエトゥールル号の乗員達を日本人が救助したのである。そう聞いただけでは、なぜ百年も?との疑問が残るだろう。私はその逸話は知っていたが、こうして小説になったものを読んでみると、救助に携わった小さな島の島民達の献身ぶりに改めて驚き、トルコの人達の感謝の理由がよくわかる。
また逆に、潔く日本人の救出を優先してくれたトルコの人々の比類ない優しさにもさらに驚かされる。

このようなトルコとの温かい交流があったことは、全ての日本人に知って欲しい。学校教育のなかでも教えて欲しい。
そして今度はこの日本で、

「いつの日か必ずトルコに恩返しをしなければならない」

と百年でも二百年でも伝えたい。

また私たち日本人の祖先の善行が、百年後の他国の政治判断まで動かしたことにも感謝し、私たちも子孫に恥ずかしくない日本人にならなければならないと思う。
そのためには、危険なことは他国に任せっぱなしという現状も変えていかねばならない。あの時、トルコ政府やトルコの人達の親切に甘え、とても恥ずかしい国であったという反省も必要だと、この本を読みながら痛切に感じた。
自民党の進める法整備が、速やかに行われることを願いたい。

この小説では、エルトゥールル号の海難事故とイランからの邦人救出に加え、日露戦争でのトルコとの繋がりも描かれ、厚みのある内容になっている。史実を淡々と書いているだけではなく、小説としてのドラマチックな展開もあり、誰にでも堅苦しくなく読めるだろう。気軽に手に取り、是非ご家族皆さんで読んでみていただきたい。
スポンサーサイト

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。