Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『その名にちなんで』 ジュンパ ラヒリ

その名にちなんで (新潮文庫)その名にちなんで (新潮文庫)
(2007/10)
ジュンパ ラヒリ

商品詳細を見る


「ゴーゴリ」、このベンガル的でもアメリカ的でもない名前が、アメリカに住むベンガル人夫妻の長男に付けられた。本当はインドに住むおばあちゃんが、正式な名前を付けて書き送ってくれるはずだったのに、その手紙は届かず、「ゴーゴリ」が彼の名前になった。

このロシアの作家の名を持つアメリカに住むベンガル人とその家族の物語は、一見とても特殊なようだが、非常に普遍的なことを感じさせてもくれる。

ベンガル人は、本来名前を二つ持つという。小さい頃の愛称と正式な名前。親戚や友達からは生涯愛称で呼ばれ、正式な名は公の場面や各種書面で使われる。正式な名には「果てしない」「悲しみを乗り越える」などそれぞれに字義がある、というのは日本人の名前にも少し似ている。
またベンガル人は、夫婦で名前を呼び合わない。「ねぇ、ちょっと」というような呼びかけで会話が進む。ファーストネームで呼び合うアメリカ方式に比べると、私はベンガル式の方に共感を覚える。
ゴーゴリの両親は、やたらと本名を短縮して呼ばれるアメリカの幼稚園に対して、あまり良い感情をもっていない。

ベンガルとアメリカの違いは、名前のことについてだけに留まらない。ゴーゴリの両親が眉をしかめるようなアメリカ人の振る舞いは、
家の中でも靴を脱がないこと。
食べかけのサンドイッチや一囓りしただけのリンゴをぽいっとゴミ箱に投げ捨ててしまうこと。
社会的な地位のある人でもヤードセールで買いものをし、50セントのズボンを平気ではいていること。
色鮮やかで、ジャンキーで、お手軽な誕生パーティーのこと。(それに引き替えベンガル人の集まりのご馳走は何と手が込んでいておいしそうなこと!!!)
等々。
これらは、私がオーストラリアで感じていた違和感とほとんど同じものだ。アメリカはメルティングポットでなくサラダボウルだという言葉を聞いたことがあるが、それぞれの民族が溶け合ってしまわず、民族の違いを肌で感じながら暮らしているのが多民族国家の実態なのだ。

私がこの物語を「普遍的」だと評したのは、私がここで感じたベンガル人への共感の多くを、オーストラリアで出会ったエジプト人や台湾人の友人達、オージーと国際結婚した日本人達も、同じように感じるであろうと思うからだ。

ゴーゴリが小学生の頃の描写、両親の心情は、私たちがオーストラリアに暮らしていた頃を次々と思い出させてくれた。
子供達は、家では故郷の言語で喋り故郷の文字を学びながら、学校では英語も話せなければならない。故郷の料理を四苦八苦して作り続けていても、現地の食習慣は確実に入り込んでくる。クリスマスやイースターは学校行事にもなっているから、宗教としてではなく、イベント、習慣として受け入れざるを得ない。

それでも私たちは故郷に帰ることがわかっていたから、日本の文化や習慣を守ることができた。子供達は「日本人である」という自己意識をかえって確立できた。
しかしゴーゴリは、成長するに従って、混乱の境地に陥っていく。
それには、どこの国にもそんなファーストネームを持つ者はいない「ゴーゴリ」という名前も強く影響している。そんな名前に本人が悩み始める頃から先は、私の知らない世界だ。
ベンガルにルーツを持ち、非常にベンガル的な両親を持つけれど、アメリカ人として生きていかねばならぬゴーゴリがどのように人生を紡いでいくのか、とても興味深く読んだ。様々な人々、特に女性との付き合いの中で、ベンガルに反発し、アメリカにも反発し、アメリカに慣れ、ベンガルを懐かしみ、自分が何者なのかを探し続ける。
今でもオーストラリアにいる前述した友人達は、私よりも真剣な思いで、自分の子供達と重ねながら、この本を読むことだろう。

どんなにグローバル化、ボーダーレス化したといっても、世界には様々な民族がいて、それぞれの文化を持っている。名前の付け方などという普段は当たり前に思っていることでさえ、その民族の思想や文化が反映されている。そして、それらが一人一人の人間の人生に大きく関わり、人間の厚みや深みを作り出していく。
日本にいると今の生活に慣れすぎて、そういうことを忘れがちだが、本当はとても大事であるということを、この本が思い出させてくれた。


※同じ作者による短編で、こちらも異文化や生活習慣の違いによる心の機微が様々な舞台で展開されます。上に紹介した『その名にちなんで』と甲乙付けがたい作品です。

スポンサーサイト

『感染症と人との戦い 思いやりが新型流行防ぐ』 岡部信彦 & 我が家の新型インフルエンザ体験

新学期が始まり、新型インフルエンザの流行が心配されている。
我が家では夏休み中に家族の一人が新型インフルエンザに罹った。その経験から、重症化する可能性の低い普通の人は、必要以上に恐怖感を持たず冷静に対処すればよいと考えている。
とはいっても、素人の私がいくらそう書いたところで説得力がないので、新聞に掲載された、国立感染症研究所情報センター長である岡部信彦氏の論文を紹介しながら、我が家の体験も書き留めてみたい。

もしもインフルエンザに罹ったら、どうすればよいか?

ひとつは、新型インフルエンザに感染した際の、医療機関へのかかり方だ。症状が熱やせきなど一般的な程度であれば、総合病院や救急病院にかかるのは控えてもらいたい。新型といえども、ほとんどの人は熱やせき、のどの痛みといった症状が出るだけで、数日安静にしていれば治ることがわかってきた。タミフルやリレンザなどの治療薬は発症後48時間以内なら効果的。一晩寝てから、かかりつけの医師に診てもらっても間に合う。空調が適度に効いた部屋で、水分補給に気を配って、冷静かつ安静にしていればいいのだ。
(「感染症と人との戦い 思いやりが新型流行防ぐ」より)


家人の場合は、数日前から微熱が続いていたが、ある朝激しい頭痛を訴え熱が急上昇したので昼過ぎに近くの病院に行き、A型との判定が出た。お医者さんの説明によると、一般の病院ではA型かB型かの判定までしかできないが、今の時季に「A型」と出るのはほとんど新型だと思って良いとのこと。リレンザをもらい、一日で高熱から微熱になり頭痛はなくなり、薬を飲み終わる頃に微熱もなくなった。
特別な治療もなく、一般の病院で薬をもらっただけで完治した。

実はこれは二度目の検査だったことも、付け加えておこう。
当初集団感染で始まったので、少々の頭痛や微熱のある人は皆検査を行ったが、その時は陰性で、数日経って高熱が出て初めて陽性の判定がでたという人が他にも何人かいた。
後に、お医者さんに教えていただいたのだが、高熱が出る前に受診しても、陽性反応がでないことが多いそうだ。そうするとインフルエンザ用の薬はもらえない。結局二回病院に行くことになるので、あわて過ぎない方がよさそうだ。

岡部氏によれば、病院が混雑して重症化の可能性が高い人の診察が遅くなるのが問題だということなので、
「一晩寝てから、かかりつけの医師に診てもらっても間に合う。」
ということを覚えておき、あせって病院に行くのが早すぎて病院を混雑させることのないようにすることと、なるべく総合病院や救急病院は重症患者のために空けておくために一般の病院や診療所に行くようにすることが大切だと思う。

 もうひとつ、実はインフルエンザのような感染症の場合、個人個人の感染防止への「小さな」心がけが、社会的な被害を少なくすることにつながることを知っておいてほしい。とはいえ必ず感染防止につながる秘策などはない。うがいと手洗い、少しでも不調を感じたら外出を控え休息する、など基本的なことを実直にやるのみだ。
(「感染症と人との戦い 思いやりが新型流行防ぐ」より)


我が家の場合、夏休みで子供達はずっと家にいたにも関わらず、罹患者は一名だけで済み、他の家族は一人も罹らなかった。
夏で暑かったのと咳はしていなかったのとで、患者も家族もマスクはほとんどしていなかった。もう家族も感染しているだろう、感染しても免疫ができるから良い、と半分諦めてもいた。
しかし、念のため手洗いは頻繁にした。患者は鼻をかんだら手を洗う。家族は食事の前に手を洗う。こまめに手洗いをした。手洗いのついでにうがいもした。それ以外に特に対策はしていなかったので、手洗いとうがいは有効だったのではないだろうか。
誰にでも簡単にできることなので、身近な人が罹ったら、もうどうせだめだとかめんどうだとか思わずに、手洗いとうがいはしておいた方がよいだろう。

またこの期間、家族は睡眠を充分とるよう心がけ、また栄養も充分摂り免疫力がアップするというキノコ類も意識してメニューに加えた。もしも感染しても軽く済ませたいと考えたからだが、これでウィルスが取りつきにくくなったのかもしれない。医学的にはどうなのだろう?知りたいところだ。

岡部氏の論文は長いものではないので、ぜひ全文お読みいただきたいと思います。(↓クリックするとリンク先に飛びます。)
『感染症と人との戦い 思いやりが新型流行防ぐ』 岡部信彦 (産経新聞平成21年8月29日(土)朝刊)

※またお時間のある方には、次の本もお薦めです。
『病気の魔女と薬の魔女』 岡田晴恵
『パンデミック・フルー襲来-これが新型インフルエンザの脅威だ』 木村 良一

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。