Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仏像のひみつ』 山本 勉

仏像のひみつ仏像のひみつ
(2006/05/27)
山本 勉

商品詳細を見る


「修学旅行の時に仏像について調べたことがある。」というような人には、この本はあまりお薦めしない。なぜなら、本当に仏像のことを何も知らない人にぴったりの、基礎の基礎が書かれている本だからだ。

国立東京博物館に勤務していらした著者は、この本の基となる展示を、子供対象と想定して企画されたらしい。しかし意外にも大人にも好評だったという。私も、もしその展示を観ていたら、好評を述べた一人になっていただろう。なにしろ修学旅行では、夜何時まで起きていられるかとか、どこで何のお土産を買うかということに忙しくて、仏像の基礎について調べている余裕がなかった。(笑)だけど、大人になってからこんなことも知らないなんて誰にも言えない。・・・と思っていたが、実は多くの人が知らなかったからこそ、大人にも好評だったのであろう。少しほっとした。

その展示をご覧になった方の声がきっかけとなり、この本が作られたそうだ。だから、大人でも知っていそうで知らない「仏像のひみつ」がたくさん載っている。

たとえば、仏像は様々な手の形があるが、手のひらを正面に向け立てているのはどういう意味なのか。では「願いを叶えてあげる」という意味を表す手の形は、どんなものか。
たとえば、如来の特徴として、舌の大きさはどのくらいか、おでこの丸いほくろみたいなものは何なのか。
たとえば、なぜ菩薩の方が如来よりもアクセサリーをたくさん付けていておしゃれなのか。

この本には、それらの「ひみつ」が、わかりやすいイラスト入りで紹介されている。文章も子供向けなので、とても読みやすい。難しい仏教用語もほとんどない。

個人的に最もためになったのは、「仏像のソシキ(組織)」について、すっきりと体系づけて教えてもらったことだ。仏像にも、人の社会のようなピラミッド型の組織があり、頂点に立つのは如来、次が菩薩、そして明王、天となる。そして、菩薩の中にも観音様とか文殊様とかいろいろあって・・・と、ああ本当にすっきりした、というさわやかな読後感だ。

ちょっとした豆知識みたいなところにも味があって、私が特に好きなのは、「お釈迦様の人生名シーン」の一コマ、お母様である摩耶夫人の脇の下からお生まれになったところを表現した仏像の写真である。摩耶夫人が横に伸ばした右手の袖の下から、小さな小さなお釈迦様の上半身がぴょこんと出ている姿を見たとき、おかしいような、かわいいような、有り難いような、こんな仏像もあるのか!となぜか嬉しくなってしまった。

気軽に読める本なのに、専門知識に裏打ちされているというところも安心できる。著者の山本勉氏は、国立東京博物館に20年以上も勤めていらしたそうで、ご専門は日本彫刻史だそうだ。専門知識がありながら、それを素人にもわかるレベルにぐんと落とし込んで解説してくださるのは、こうした経歴の賜だろう。
最近の博物館は、いろいろと工夫がされていて、予備知識がなくても楽しめるようによくできている。その傾向が書物にまで及んでいることを感じた。


※仏像鑑賞を楽しむおもしろ本としては、みうらじゅんさんの『見仏記』が有名ですが、みうらさんがかなりの見巧者なので、全く知識のない方はこちらの『仏像のひみつ』を先に読まれた方がより楽しめるかもしれません。
 


スポンサーサイト

緊急連絡 『新・へっぽこ時事放談』spiralさんへメーセージを!

私がブログを始めたのは、リンク先の筆頭にあります『新・へっぽこ時事放談』spiralさんの執筆姿勢に感銘を受けたからでした。
心臓が弱く時々体調を崩されながらも、日本の将来を思い、少しでもこの国を良くしていこうと、実にさまざまなメディアから情報を集めて、冷静な筆致で紹介し続けてくださっています。
その姿勢に学び、専業主婦の私でも何か世の中のお役にたつことができないかと、本を紹介するこのブログを立ち上げました。

その私の師匠(歳は若いですが)ともいうべきspiralさんが、この度ペースメーカーを入れる手術を受けられることになりました。ご本人のブログでお知らせがあり、初めての手術への不安を訴えられています。
『新・へっぽこ時事放談』の読者の方々、ぜひお知らせのコメント欄にメッセージを送ってあげてください。
spiralさんの記事に学び、勇気づけられ、「まだまだ日本も大丈夫かもしれない。」「日本に生まれて良かった。」と感じられたことはありませんか?
手術の後も、元気になったspiralさんの記事をお読みになりたいと思われませんか?

書き込まれたコメントは妹さんを通じて、ご本人に伝えられると思います。
ご賛同いただける方はこちらをご覧下さい。 → 『頑張ります』

また、これを機会に書きたいことがあります。
「電車の中や人混みでは、出来る限り携帯電話の電源を切るようにしましょう。マナーモードではなく、電源そのものを切りましょう。」
以前新聞に、ペースメーカーを入れている方が電車の中で倒れてしまったところに居合わせた高校生の投書が載っていて、そのように主張されていました。その高校生は、マナーモードなら大丈夫だろうと勘違いしていたそうです。
またペースメーカーを入れている方が、シルバーシートにしかいらっしゃらないとは限りません。人混みでは、必要のない時はなるべく電源を切るようにした方がよいのではないかと思います。


Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。