Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本人が知らない幸福』 武永 賢

日本人が知らない幸福 (新潮新書)日本人が知らない幸福 (新潮新書)
(2009/09)
武永 賢

商品詳細を見る


あっという間に読めて、内容が濃く、深く考えさせられるこの本を、多くの若者-中学生くらいから読めるだろう-に読んで欲しい。著者の人生や考え方の一つ一つに、生きていく上で役に立つだろうことがたくさん含まれているからだ。
また、これから子供を育てていく人たちにも読んで欲しい。子供に何を与え何を与えずに育てるべきかを考える参考になると思う。

著者武永堅(たけながけん)氏の以前の名前はヴー・ダン・コイ。中学生の時にベトナム難民として日本にやってきて、後に帰化して医者となった。1965年生まれだというから、だいたい今の中高生の親世代である。

武永氏はかつて「ボートピープル」だった。ベトナム戦争が終わった後、多くのベトナム人がボートで国外脱出を図った。小さなボートで、家族と別れて、水も食料もほとんどなく、当局に見付かったり海が荒れれば命の保証はない。そんな危険な国外脱出を、コイ少年は七回も試み、全て失敗に終わった。
それほどまでにベトナムでの生活は厳しかった。共産主義政権から逃れるために、未開のジャングルを切り開き自給自足を目指す父親と姉。町に残った自分はまだ恵まれていたという。恵まれているといっても、10歳から16歳までの毎朝、母親の商売のための荷物を闇市から運んでくるという日々だ。
縁あって日本に来てからは、ベトナムよりはマシだとしても、周りの日本人と比べれば、極貧といえるような生活を送った。

その後、武永氏は医学部に合格し医者になった。
日本語を知らずに中学に編入し、経済的な理由から塾に行くこともできなかったという境遇を考えると、その努力と苦労は相当なものであっただろう。ところが、自慢することも愚痴を言うこともなく、「私は幸せだった」「私は幸運だった」と繰り返す。
ベトナムでの生活と比べ、今の医者という肩書きは輝かしいものである。しかし、医者になったことに対してではなく、さまざまな辛い経験をすることができて幸福だったというのである。

ここが、この本の題名の意味するところなのである。
辛い経験が自分を育ててくれた。苦しい思いがその後の幸福感をより大きなものにしてくれた。数々のマイナス要因を肥やしにしてきた武永氏だからこそ感じられる本当の幸福を、日本人に伝えようとしてくれている。
日本は、本当の幸福を感じるにはあまりに豊かすぎ、あまりに便利すぎ、あまりに平和すぎるのだ。それどころか、今の日本人は、ちょっとの不足やちょっとの不便に耐えられなくなってしまい、なんと不平不満の多い日々を送っているのだろうと、恥ずかしい気持ちになってくる。

日本人からすると、信じられないような辛い半生を送ってきた武永氏が、こんなにも幸福感を抱けるのはどうしてなのか。この本に書かれていたことを思い出しながら考えてみると、それには次の三つが大きく影響しているのではないかと思う。
一、家族がお互いに愛情をもち、支え合っていたこと。
二、夢を追うときでも、自分の才能や境遇と照らし合わせながら現実的な道を選び、夢に執着しすぎなかったこと。
三、何に対しても感謝の気持ちを持っていること。

こんな風にまとめてしまうには勿体ないような至言の数々を、武永氏はわかりやすい日本語で書き記している。ぜひ多くの皆さんに、本書を手にとってご覧頂きたいと思う。
スポンサーサイト

『夏目漱石 (21世紀の日本人へ)』 夏目 漱石

夏目漱石 (21世紀の日本人へ)夏目漱石 (21世紀の日本人へ)
(1998/12)
夏目 漱石

商品詳細を見る


最近、「贈り物 本」というキーワードで検索をして、こちらのブログに訪れてくださる方が多い。毎年この時期になると増えてくる検索ワードだ。恐らく、卒業・入学祝い、就職祝いなどの本をお探しなのだろう。

はて、私ならどのような本を贈るだろう?
対象の年齢はわからないから、絵本から大人向けの本をいろいろと思い出してみる。その中で、この本なら中学校卒業から就職くらいまでの幅広い年齢層に薦められる内容であるし、『二十一世紀の日本人へ』というシリーズ名も、新天地へ一歩踏み出す若者達にふさわしいと考え、紹介することにした。

これは夏目漱石の講演をまとめたものだ。漱石は講演のうまさに定評があったそうだが、このような講演録を読むだけでも、落語のようなユーモアと勢いがあり、人を惹きつけて飽きさせない講演だったのだろうと想像がつく。

この中で恐らく最も有名な『私の個人主義』は、若者達への訓辞としてすばらしく、多くの現代の若者にも読んで欲しいと思える内容だ。

『私の個人主義』では、大きく分けて二つのことを話しており、一つは自分が大学を卒業する頃の不安な思いをどう克服したかを語っている。

私はこの世に生まれた以上何かしなければならん、といって何をして好いか少しも見当が付かない。私はちょうど霧の中に閉じこめられた孤独な人間のように発ち竦んでしまったのです。

文豪も自分と同じような悩みを抱えていたことにほっとする人も多いのではないだろうか。
そのような煩悶の日々であったが、自分の専門分野である「文学」について突き詰めて考えていって、ある時「突き抜けた」という。西洋人の評価を鵜呑みにして「とうていわが所有とも血とも肉ともいわれない、よそよそしいものを我物顔でしゃべって歩く」ようなことをしていたことが、不安を招いていたとわかったのだ。

今までまったく他人本位で、根のない萍のように、そこいらをでたらめに漂っていたから、だめであったという事にようやく気が付いたのです。

そして「他人本位」をやめて「自己本位」で行こうと決心する。漱石のいう「自己本位」とは、「自分勝手」や「我が儘」とは違い、自分で考え、自分の価値観を持つということである。

私はこの自己本位という言葉を自分の手に握ってから大変強くなりました。

そして若者達に、自分と同じように煩悶が起こったら、「ああ、ここにおれの進むべき道があった!ようやく掘り当てた!」と、何かに打ち当たるまでいくことが必要で、そうすると容易に打ち壊されない自信ができてくると助言している。

さて、もう一つは、学習院での講話であることから、権力や金力を持つ者はどうあるべきかを語っている。

第一に自己の個性の発展を仕遂げようと思うならば、同時に他人の個性も尊重しなければならないという事。第二に自己の所有している権力を使用しようと思うならば、それに付随している義務というものを心得なければならないという事。第三に自己の金力を示そうと願うなら、それに伴う責任を重んじなければならないという事。

上記は、やや西洋風の整理の仕方であるように思うので、より日本人にわかりやすい部分も、内容は重複するが抜粋しておこう。ちなみに「三者」「三つ」とあるのは、「個性」「権力」「金力」のことである。

この三者を自由に享け楽しむためには、その三つのものの背景にあるべき人格の支配を受ける必要が起こって来るというのです。もし人格のないものが無闇に個性を発展しようとすると、他を妨害する、権力を用いようとすると、濫用に流れる、金力を使おうとすれば、社会の腐敗をもたらす。ずいぶん危険な現象を呈するに至るのです。そうしてこの三つのものは、あなたがたが将来においてもっとも接近しやすいものであるから、あなたはどうしても人格のある立派な人間になっておかなくてはならないだろうと思いました。

この本を私は検索で訪れてくる方々へのサービスのつもりで紹介し始めたが、この部分を引用しているうちに、この春から難関校へ通うことになるエリート候補達、社会人となってエリートの第一歩を踏み出す人達には、ぜひとも読んでおいて貰いたくなった。頭が良くても人格が伴わない人々が三つのもの(個性、権力、金力)を握ったら、どうなるか。今でも実際そういう例があるのではないか?将来のエリート達には、修養を積んで貰って、上手に個性を発揮し権力やお金を有効に使ってもらわなければ困るのだ。

「個人主義」と「国家主義」の関係についても、偏りのない、納得のいく説明をしていて、これはエリートであろうがなかろうが、国民皆がわかっておいた方が良いことではないかと思う。

ここで採り上げなかった『現代日本の開化』『おはなし』『道楽と職業』についても、本当は紹介したい内容が盛りだくさんだ。「ぴょいぴょいと飛んで行く」ような日本の近代化とその軽薄さについて、近代化による職業や人間らしさについて、作家の役割について・・・、前代未聞の急速な近代化を目の当たりにした漱石の感受性と分析力に感嘆する。

堅苦しくなく、でも知的で、今後の生き方に役立つ、こんな本を、若者達の人生の節目に贈ってあげたらいかがだろうか。


※こちらでも読めます。↓

 


『14歳の君へ―どう考えどう生きるか』 池田 晶子

14歳の君へ―どう考えどう生きるか14歳の君へ―どう考えどう生きるか
(2006/12/23)
池田 晶子

商品詳細を見る


中学生の頃、心が不安定になるきっかけは、至る所に転がっている。友人関係、勉強、親、お金、将来・・・、ちょっとしたことが気になって気になって、誰にも相談できずに悩みが深まるというのは、この,年代にはよくあることだ。

でもその気になった事って本当に重要なこと?
悩みの本質は何?
視点を変えて、ちょっとじっくり、自分のことや世の中のことを考えてみない?

と、哲学者の故池田晶子氏が呼びかける。

池田氏にかかると、どんな悩みも「な~んだそんなちっぽけなこと」に変わってしまう。
例えば、「成績下がっちゃった。」「勉強っておもしろくねぇ。」なんてところから始まって、「そもそも今やってる勉強って、知らなくても生きていけるよね。」と思い至った人へは、次のような言葉を紹介しよう。

勉強をするのは、いい学校に行って、いい生活をするためではなくて、賢い人間になって、賢い人生を送るためだ。賢い人間になることこそが、人生の目的だ。

今の学校は、いい学校に行くための勉強が多いから、成績がよいからといって賢くなるわけではないという。

 文法や年号を覚えて、試験でいい点をとることなんか、その意味では簡単だ。自分で考える必要がないからだ。だから自分で考えずに覚えただけのことなんか、試験が終われば忘れちゃうんだ。それで賢くなっているわけがないじゃないか、だって忘れちゃうんだから。
 自分で考えたこと、自分の頭を使って自分でしっかり考えたことというのは、決して忘れることがない。その人の血となり、肉となり、本当の知識となって、その人のものになるんだ。人間が賢くなるということは、こういうことだ。


そう聞くと、成績がちょっとくらい下がっても、「なんだそんなこと。」と少し気分が楽にならない?
だからといって学校の勉強をしなくていいというわけではなくて、同じ勉強をするにしても、成績や暗記という憂鬱なことを忘れて、考える楽しさを知ろうということだ。

友人関係については『友愛』の章が、自由やうるさい決まりについてのことは『道徳』の章が、何か大事なことを気づかせてくれるだろう。

この本を読んで何かを気づくのは、子供だけとは限らない。むしろ大人が読むと、ズキンと胸に突き刺さったり、へぇこういう発想もあるのかと、とても考えさせられる。そして、今の大人のようになったらダメだよ、というメッセージのように聞こえる部分さえある。

例えば、『個性』の章では「自分探し」をする若者や大人を「不毛」だと断じている。

「本当に好きなこと」「本当の自分」というのがどこかにあって、それを探さなくちゃいけないのだと最近の大人は思っている。・・・

・・・でも、本当に好きなものが、きっとどこかにあるに違いないと探し続けて、結局何が好きだったかわからずに終わる人生というのは、何だか空しい人生じゃないか。


「本当の自分」は、どこかよそにあるのだろうか。

悩んだり、文句をいったり、自分を探したりしているその自分、自分探しをすることができるのは、まさに自分がいるからだという、ものすごく当たり前なことに君は気がつかないか。

つまり、探さなくても「自分」は今ここにこうしているのである。

全ての事柄をこのように突き詰めて考えていくと、「お金儲け」や「男か女か」などということも、たいした問題ではなくなるという。

ラクしてもうけられるなら、その方がいいに決まってるじゃーん。君はそう思うかな?それなら考えてごらん?

せっかくだから、ここから先は自分で考えよう!

「男か女か」は、十四歳よりずっと大人の、特に女性がよく問題視するテーマだ。

 人間にはそれぞれ個性があるのに、男、女の型にはめるのはよくないと主張する女性がいる。型にはめるのは男の発想で、女の個性を無視しているというんだ。だけど、おかしいね。「女はこれこれと思う」という言い方で、女の個性を無視しているのは、他でもないその人だ。「女はこれこれと思う」と思っているのはその人であって、すべての女がそう思っているわけじゃないからだ。だいいち、主語になっている「女」なんて、この世のどこにも存在しない。存在するのは一人一人の個性を持った女だけだ。

私は生まれてこの方「女らしい」と言われた記憶がなく、型にはめられたくない方だ。しかしそれは「女だからと差別しないで!」と叫ぶ人々の感覚とは全く違うのだ。私はその人々の決めた「男に見下され、虐げられ、自由がないと感じる」という女の型からも逸脱している。その私の気持ちを、ここで池田氏が代弁してくれているように感じる。。
このような女性の意見というのはあまり公になる機会がないようなので、もう少し引用しておこう。

 女は男に差別されていると主張する人は、男か女かは、敵か味方だと思ってるみたいだ。
女の敵は男であり、男の味方は女の敵だって具合にね。敵か味方でしか人間を見ることができないのは、これはすごく貧しいことだ。とても貧しい人生だ。
 女は子供を産む道具じゃないなんて、必ず損か得かで発想する。でも、女が産むんでなけりゃ、男が産むと言うのかな?
 たまたま肉体の自然がそうなっているというそれだけの事実に、敵か味方か、損か得かのものさしを持ち込んでいるのは、その人でしかない。「差別」というのは、外にあるものではなくて、その人の心の中にあるもの、そう見るその人の心の中にしかないものなんだ。
 だけど、差別を外にある、女性は差別されていると見る人は、だから「自由」を外に要求する。女を不自由にしているのは男だ、男が作った社会のせいだ、女にも自由をよこせってね。
 でも、君にはもうわかるだろう。男、女にこだわることで、自分を不自由にしているのは他でもないその人だ。人間は本来同じ人間であり、男、女は偶然そうであるにすぎない。偶然そうであるにすぎないことにこだわると、人は必ず不自由になる。自分で自分を不自由にしているのに、社会に自由を要求するのは無理なことだ。


池田氏の主張は、この例のように強く賛同できることが多いが、そうでもないことも時々ある。それは個性であり、考えていることは一人一人違うからだ。
他人の考えていることを知り、そしてまた自分が考える。
考える事って、なんておもしろいんだろう。
その繰り返しで、自律した、ちょっとやそっとのことでは動じない、個性的な自分ができていく。そのおもしろさを知ったら、これまでの悩みなんて、ちっぽけなものに思えてくるのではないだろうか。

『父・こんなこと』 幸田 文

父・こんなこと (新潮文庫)父・こんなこと (新潮文庫)
(1967/01)
幸田 文

商品詳細を見る


この本に収録されている二つの随筆、『父』では「死」を、『こんなこと』では「生」を、題材にしている。この二つは対を為しており決して別つことのできない組み合わせだと思う。
幸田文は、自分の生活の中の生と死に真っ向から挑み、がっぷり四つに組み戦っている。そして、過ぎるほどの鋭敏な感受性と、並みではない体力と、露伴の娘ならではの言語感覚で、幸田父子の生と死の記録を残したのだ。

高名な父親の死を、後世の研究者のために書き留めておくべきだと考えたと、幸田文は『父』の中に書いている。発端は「公」の精神であった。しかし、露伴の死の兆候に誰よりも早く気づき、それにとまどい、呆れるほどの献身的な看護をする文子(文)の視点や行動は「私」のそれであり、その為に読む人の心を捉え、死と向き合うことの苦しみに読者は伴走することになる。
特に父露伴の死期が近いことにただ一人気づいてしまうくだりは、息を詰めて一気に読み進み、私まで動揺し、動揺していることを悟られぬよう必死に取り繕う文子の姿が自分に重なる。私にも同様の経験があるからだ。

一方『こんなこと』では、文子は「生」と戦っている。生と言っても大げさなことではなく、日常の家事全般である。生母を早くに失った文子に家事を教えたのは、露伴である。文が「稽古」と書くほどにその教えは厳しく、文子はことごとく戦っている。掃除、草取り、障子の張り替え、薪割り・・・、理にかなったやり方で、美しい所作で、徹底的にやらなければならない。その厳しさに不満を持ちながらも、いつでも父は一枚上手で正しかったから、文子は戦っていた。
障子張りで指が赤くふくらんで痛くなっても、不平を言えば、余計に厳しい言葉を投げかけられる。

「一人前でないやつが指の痛いのは言う方は馬鹿で、痛くなくっちゃ覚えるやつは無いよ」というからたまらない。二度目には歯ぎしり噛んでも、痛いとは云わない。ちいさい時にはおとうさんだって痛かったんだろうと思えば、ヤイミロという微笑がわいて我慢しちまうのである。

と、不満を独特のおかしみに換えて、黙々と稽古に励む。
気を回したつもりで自己判断で事を急くと失敗し、

「余計な自分料簡を出してサルをやったのは、孔子様のおっしゃった退いて学ぶに如かずという訓えを蔑ろにするものだ」

と言われ、そうか孔子様の教えを守ればいいのだと会得したかと思うと、

「孔子様なんぞにふんづかまえられて一生うごきのとれないけちくそでいいのか」
と変化してくる。


父に押しつけられ、あらがいながらの生の日々があったからこそ、死にゆく父への思慕が募り、動揺が走る。生の実感が強ければ強いほど死の実感も強くなるのではないか。私が、この二つの随筆が対であり分かち難いと考える理由は、そこにある。

現代の「生」と「死」もやはり対を為しているのだと思う。
家に籠もってゲームやテレビやネットの画面上の疑似体験に多くの時間を費やし、身体を伴った「生」の体験をしていない人たちは、「死」を現実の物として捉えにくいのではないだろうか。
社会に出て一見活発な生活をしている人だって、他者と心の交流のない上滑りな日々を送っていれば、「生」の実感は薄いかもしれない。
「生きている」という実感の薄い人は、「生きていない」状態との距離が近く、その境界を簡単に乗り越えてしまえるのではないかという気がしてならない。
そういえば、『父』では、父が生命力を失っていく象徴として何度も「眼」が描写されている。

表情のどこにも畏れとか失望とか緩みとか、もちろん喜びというものがなかった。ただ見る眼だけだった。

私はここ十数年、危篤でもなく歳も若い男の人の顔に、この「ただ見る眼」を感じることが時々ある。こういう人は生と死の距離が近い気がして、体を揺さぶって「眼」を覚まさせたくなる。この本を片手に、草むしりをしてみればいい、薪割りをしてみればいい、掃除をしてみればいい・・・と言いたくなるけれど、もしもそれがいいとなったら「露伴の草むしりゲーム」とか、「文の掃除ゲーム」を作ってしまう時代だ。自分料簡でサルをやるのは止めておこう。

『日本ぶらりぶらり』 山下 清

日本ぶらりぶらり (ちくま文庫)日本ぶらりぶらり (ちくま文庫)
(1998/04)
山下 清

商品詳細を見る


知り合いに自閉症の男の子がいて、一緒に水族館へ行った時のことである。
「アシカのショーが20分後に始まります。」
というアナウンスがあり、皆観客席に座ってショーの開始を待っていた。すると間もなく、その男の子と母親がすすっと階段を下りどこかへ行ってしまった。飽きてしまって魚の泳ぐ水槽を観に行ったのだ。確かに、その時私たちも飽きていた。20分間何もない空っぽの舞台を見つめ、何百人もの人々がただ座っている。よく考えると妙な光景ではないか?もちろん彼はショーを見逃したのだが、見逃したから何なのだろう?めいっぱいきれいな熱帯魚やサメやイルカが見られたよと喜ぶ姿を見たら、素直に生きるってすごい!と得も言われぬ感動を覚えた。

「裸の大将」として知られている山下清のこの旅日記にも、素直に生きている様子が書かれていて、時々警察や家族に迷惑をかけるけれど、なぜか憎めない。それどころか、私たちがいかに普段、先入観にまみれ、物知り顔で暮らしているかということを突きつけられ、恥ずかしくなってしまうくらいだ

山下清は画家として有名になっていたから、各地でサインを求められる。しかし

サインというのは、ぼくの子どものときなどはなかったので、いまの子どもがどうしてサインがすきなのか、おとなでもサインが好きな人がいるのはどういうわけか、さっぱりわからない。

と不思議がる。先生に聞いてみても、あれはサイン病だとか有名税だとか言われて、ますますわからなくなる。
 
サインをしてもらったものは、どこへしまっておくのか。それをときどきだしてながめて面白がっているのか、忘れてしまうのか、聞いてみようと思ったことがあるがめんどうなのでそのままにしておきました。

本当に、皆さんどうしているのだろう?

ぼくの母や弟や妹がサインをたのまないのに、知らない人がどうしてサインをたのむのか、そのわけもきいてみようと思ったことがありました。

なるほど、この辺りにサインを貰いたがる理由のヒントがありそうだ。

しかしそれもぼくだけが知らないことかもわからないので、笑われると恥ずかしいから弟にもききません。

いや逆に、サインをもらった人が「そういえば何のために?」「はて、どこに置いておこう?」と、これを読んで恥ずかしがっているかもしれない・・・。

桜は日本にしかないと思っていたのに、アメリカにたくさん送って方々に大きな桜があると聞いて、こんな心配もしている。

そうすると日本の桜が世界一だとえばっていても、いつアメリカの桜が日本のをおいこすかわからないので安心してはいられないでしょう。世界一はもうアメリカだろうかと心配して新発田の人にきいたら、まだ大丈夫日本だというので安心しましたが、やはり心配です。アメリカは何でも世界一をつくれる金持ちの国だから、サクラもそうなると日本は富士山だけになって淋しくなるだろうとぼくは気がもめてきました。

しかし、なによりも鋭いと感じたのは、新聞と世論についての感想だ。

 ぼくは新聞はめったにみないが、ときどきよむとみんな本当のことばかりではない気がするので、嘘と本当はどのくらいのわりあいに世の中にあるものだか、わからなくなる。大ぜいが本当だといえば、嘘でも本当になるかもわからないので、世の中のことは、ぼくにはよくわからないのです。

いえいえご謙遜を。おわかりじゃないですか。と言いたくなるのは私だけではないだろう。

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。