Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で』 水村 美苗

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
(2008/11/05)
水村 美苗

商品詳細を見る


最近評判のこの本を本屋さんでみつけた。それまでに読んだ書評から難しい言語学の本を想像しており、恐る恐る手にとって最初の数行を読む。

 九月のアイオワ・シティの朝はかなり冷え込む。
 ホテルの外に出れば、湯気の立つスターバックスのコーヒーを片手に、背中をちぢめてマイクロバスの到着を待つ作家たちの姿がちらほらとあった。


えっ?この本はエッセイなんだっけ?しかも「スターバックス」だって?ずいぶん今風なエッセイだ。と意外に思いながら、著者の水村美苗氏も参加した、世界各国から小説家たちが集まるあるプログラムの様子に引き込まれる。
西洋人とアジア人が自然と分かれて二台のバスに乗り込んでゆく。アジア人たちのバスには英会話があまり得意でない小説家たちもたくさんいる。彼らのほとんどは世界の「普遍語」である英語でなく、「自分たちの言葉」で小説を書いているのだ。水島氏は感慨にふける。

人はなんと色んなところで書いているのだろう・・・・・・。
地球のありとあらゆるところで人が書いている。


そんな経験から「普遍語」と「自分たちの言葉」に関する考察が始まる。

第一章のエッセイ風の文章のところから、これは研究室のなかの言語学の話ではないし、英語か日本語かという二者択一の単純な話ではないと感じていた。それが単純でないどころか、多次元の話になってくる。

世界には、英語以外を母語とした国々がある。しかも、違う母語をもつ他国人同士がロシア語やフランス語など英語以外の共通の言葉で話すこともある。共通の言葉の歴史を考えてみれば、学術の読み書きに使う言語はその昔ラテン語だった。ラテン語で読み書きしていた人を挙げれば、コペルニクス(ポーランド)、ガリレオ(イタリア)、ケプラー(ドイツ)、ニュートン(イギリス)・・・。つまり読み書きの言葉は時代や地域を超越した「文語」であり、話し言葉とは違っていた。「普遍語」と「国語」と「現地語」の違いは何か。日本での「国語」の成り立ちはどういうものだったか。インターネットの出現による普遍語としての英語の確実な定着。その時に供えて、日本の教育はどうすべきか。
場所を軸に、時間を軸に、次から次へと、言語に関する定義や歴史や課題が出てくるが、難解でも退屈でもなく、驚きや発見がいっぱいで、どきどきしながら読み進む。

なにより心を打たれたのは、水村氏の日本語や日本文学に対する愛情とその愛するものが消えゆくことへの憂いだ。
水村氏は、子供の頃から二十年もアメリカに暮らし、その間日本文学を読み耽り、大学ではフランス文学を専攻している。その言語の達人である水村氏(ご本人は英語に背を向けたと謙遜されているが)は、日本語の書き言葉は世界に類を見ないほどおもしろく、高みに達した言葉であるという。その例として、とてもわかりやすいものが挙げられていたのでここに紹介しよう。

 ふらんすへ行きたしと思へども
 ふらんすはあまりに遠し
 せめては新しき背広をきて
 きままなる旅にいでてみん。

という例の萩原朔太郎の詩も、最初の二行を

 仏蘭西へ行きたしと思へども
 仏蘭西はあまりに遠し

に変えてしまうと、朔太郎の詩のなよなよと頼りなげな詩情が消えてしまう。

 フランスへ行きたしと思へども
 フランスはあまりに遠し

となると、あたりまえの心情をあたりまえに訴えているだけになってしまう。だが、右のような差は、日本語を知らない人にはわかりえない。

 蛇足だが、この詩を口語体にして

 フランスへ行きたいと思うが
 フランスはあまりに遠い
 せめては新しい背広をきて
 きままな旅にでてみよう

に変えてしまったら、JRの広告以下である。


この例に「なるほど」と思われる方は多いのではないだろうか。
しかしインターネットの時代に突入した今、世界の書き言葉は普遍語である英語に駆逐されてしまう可能性があり、このような素晴らしい日本語を護ろうという情熱がなければ、日本語は亡んでしまうと、水村氏は危惧する。そして言語が亡びるということは、文化が亡びるということなのだ。

一千年前の紫式部のころから脈々と続く日本文学に表れる感性を護り続けるには、まずは日本近代文学を読み継ぐことに主眼を置くべきだという。私のブログには「古文」や「文語」は外国語みたいだというコメントが時折ある。そのような違和感をなくすには、まずは日本近代文学から、というのは現実的で着実な方法だと私も思う。

私達が子供の頃はまだ、教科書には近代文学の代表作がたくさん載っていたし、音楽の授業でも文語体の唱歌を教わった。父の蔵書や叔母から譲り受けた本の中には、旧仮名遣いの小説もあり、そうした本を違いを意識することなく普通に読んでいた。それが今、辛うじて文語文も楽しんで読めることに繋がっていると思う。

今は、生徒に人気がないからと日本近代文学は教科書や課題図書や受験問題から消え、当世の人気作家の軽くて読みやすい作品や、作家でも何でもない有名人の文章が採り上げられることが増えている。

しかし、水村氏の言うように、

教育とは、さらには、市場が与えないものを与えることである。

人気で教材を選んでいたら、つまり教育を市場原理に委ねてしまったら、過去の言葉で書かれた作品は誰にも読まれなくなってしまう。何という勿体ないことだろう。
日本の国語教育に必要なのは、「千年もの日本文学の蓄積をむざむざと捨て去ることはしない!」という強い意志なのである。

そして、それ以前に、普遍語としてますます重要度を増す英語を、日本の教育のなかで、どのような位置づけにするのかをきちんと決めるべきだというのが水村氏の主張だ。

このように、日本人の言語教育について、世界の情勢を見ながら、言語を巡る歴史を鑑みながら、国の政策として誰か考えている人はいるのだろうか。最近導入が決まった小学校の英語教育一つとっても、そこに何かしらの教育哲学があるとは到底思えず、世論に迎合しているようにしかみえない。

この本に対する評判が高いのは、たいへん重要な、しかしこれまであまり真剣に論議されていなかった問題について、水村氏が徹底して考察しているからではないだろうか。しかも本業が小説家であるからか、心に響き、魂に訴えかけるような文章にも出会える。著者渾身のパリでの講演の原稿などは、当日の熱気が伝わってくるような感動的な内容だ。

題名をご覧になって、堅苦しい本ではないかと尻込みされている方も、まず手にとって、最初の章だけでも読んでみていただきたいと思う。


※本書を読んで、「英語にだけは翻訳できない」というこの小説も読んでみたくなりました。

スポンサーサイト

『名歌でたどる日本の心―スサノオノミコトから昭和天皇まで』 小柳 陽太郎

名歌でたどる日本の心―スサノオノミコトから昭和天皇まで 名歌でたどる日本の心―スサノオノミコトから昭和天皇まで
小柳 陽太郎 (2005/08)
草思社
この商品の詳細を見る


葦原やしげらばしげれおのがままとても道ある世とは思はず

安倍首相は辞任を決意されたときに、どのような心境でいらしたか、そう考えたときに、後水尾天皇のこの句を思い出した。

寛永六年(一六二九)、天皇が当時、高僧として名高い沢庵和尚に紫衣(勅許によって賜る紫色の僧衣)を賜ったところ、幕府は朝廷のもっておられた栄典授与の権を剥奪、幕府が定めた法に反しているとして沢庵和尚を流刑にした。
 このことに激怒なさった天皇は突如、位をお譲りになったが、一首目の御製はそのときにお詠みになったものである。「葦原よ、繁りたいなら自分勝手に繁ればいい、この世の中には到底正しい道を求めようもないのだから」の意。その無念の思いはただならぬものがおありだった。だが、それはこの紫衣事件のことだけではなかった。とりわけ当時、幕府が定めた「禁中並公家諸法度」に見られる幕府の国の在り方に対する無知と傲慢には耐え難かいものがおありだったのである。


安倍首相は、ご自身の職務に邁進し一定の成果を上げながらも、他のことでマスコミから叩かれ、野党に罵倒され、若い首相に焼きもちを焼いた党内の政治家から誹られ、国民には自分の真意や実績を伝える手段がない。マスコミが情報をふるいにかけてしまうからだ。戦後レジームからの脱却という「正しい道」を求めようにも、戦後レジームの恩恵に授かっている人々の執拗な妨害で、とうとう万策尽きたということではなかったのだろうか。

日本では古来から、自分の力ではどうにもならないことに突き当たったとき、その怒り、わびしさ、祈りを和歌に込めていた。

藤原氏の讒言によって左遷された菅原道真は、九州に発つとき庭の梅の花に向かってこう詠んだ。
東風吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな(春な忘れそ)

建歴元年(千二百十一)に襲った大洪水に対する源実朝の歌。
時により過ぐれば民の嘆きなり八大龍王雨やめ給へ

元軍の再びの襲来の知らせに、身を投げ出して国を護る決意をするならば神も護ってくれるだろうと詠まれた亀山天皇。
世のために身をば惜しまぬ心ともあらぶる神はてらしみるらむ

和歌を詠むのは何かを憂える時だけではない。

国土の美しさを詠い、
大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登立ち 国見をすれば 国原は 煙立ち立つ 海原は 鴎立ち立つ うまそ国そ 蜻蛉(あきづ)島(舒明天皇)

桜を愛でて詠い、
桜花里にも野にも山べにも今をさかりと咲きにけるかな(本居宣長)

子を思って詠い、
瓜はめば 子ども思ほゆ 栗はめば まして偲はゆ 何処より 来たりしものぞ 眼交(まなかひ)に もとな懸かりて 安寝しなさす (山上憶良)

父母を思って詠う。
忘らむて野行き山行き我来れどわが父は母は忘れせぬかも(防人の歌・商長首麻呂)

楽しいことを詠い、
たのしみは妻子むつまじくうちつどひ頭ならべて物をくふ時(橘曙覧)

励ましの歌を詠う。
極まればまた甦る道ありていのちはてなし何かなげかむ(川出麻須美)

日本人は、上古の頃からことある事に和歌を詠み、和歌に心を託してきた。それで現代の私たちは、時代を超えて、身分を超えて、その時々の人々の思いを知ることが出来る。
和歌というと、古文であり、古いもので、難しいという印象がある。しかし、ほんの六十年前、戦争で若い命を落とした青年たちの多くが、辞世の句を詠んでいる。その頃までは、たしなみとして日常生活の中で和歌を詠んでいたのだろう。そうでなければ、いまわの際に突然和歌が作れるわけがない。

しかし現代に生きる私には和歌は日常的なものではなくなっているというのが正直なところだ。同世代の人たちの中に和歌を詠める人が何人いるだろうか。最古の和歌といわれる素戔嗚尊の歌から脈々と続いてきたこの敷島(和歌)の道が、私たちの時代に途絶えてしまうかもしれない。この本で、日本の歴史に添った和歌を読んでくると、和歌の断絶は歴史の断絶でもあるように思える。

本書では上古から昭和までを八つの時代に分け、その時代を代表する歌を紹介し、それを詠った人物や詠ったときの背景、歌の意味が説明されている。一般的な歌集と違い、歌の上手下手ではなく歴史や時代に関連した歌を多く選んでいるので、和歌で理解する日本史という趣だ。時代順に読み下ってくると、和歌が昔のものでも特別な人のものでもないことが、よくわかる。つい六十年前までは・・・。

安倍首相は辞任の思いを和歌に詠んだだろうか。そうした趣味があるとは聞いたことがないから恐らく詠んでいないだろう。しかし、それをもって「本当の保守ではない」と誰が非難できるだろう。戦後教育を受けたほとんどの人に和歌は詠めないのだ。和歌は失われた日本の象徴だ。大切なのは、戦後日本から失われたものに気づいているかどうか、失われたものを取り戻す志があるかどうかではないだろうか。

これのみぞ人の国よりつたはらで神代をうけし敷島の道(冷泉為相)
「この『敷島の道(和歌の道)』だけは他国から伝わることなく神代から伝わってきた日本独自の道である。」

『百人一首物語』 司代 隆三

百人一首物語 百人一首物語
司代 隆三 (1974/01)
ポプラ社
この商品の詳細を見る


「百人一首」と聞くと、「かるた」→「暗記」と連想して、「なるべく関わらないようにしておこう。」としてきた。とにかく暗記物が苦手だったからだ。
それでも、阿倍仲麿の「あまの原 ふりさけみれば かすがなる 三笠の山に いでし月かも」を覚えているのは、小学校の社会科で遣唐使のことを学んだときに、日本に帰れなかった仲麿が日本を懐かしんで詠んだ歌だと先生が教えてくださったからだ。仲麿の寂しげな様子が目に浮かび、その情景と共に歌がすっと入ってきた。
よく考えればわかることだが、この歌だけでなく、それぞれの歌には背景があり、それぞれの思いがある。その背景の部分をうまく整理して、わかりやすく、おもしろく書かれているのが、この本である。

例えば、先日読んだ児童書『鬼の橋』の主人公小野篁の「背景」はこんなふうだ。

小野篁は、百人一首に、
〈11〉わたの原 八十島かけて こぎ出ぬと 人にはつげよ 蜑(あま)のつり舟
(舟で漁をしている漁師たちよ、わたしの舟はかぞえきれない島々のあいだをぬってこぎだしていったと、都の親しい人たちにつたえてくれよ)
という歌を出している人です。篁は承和三年に、遣唐副使として出発しましたが、海があれていたため、とちゅうから引きかえしてきました。そして翌年ふたたび出発しようとしたのですが、そのときの遣唐大使の藤原常嗣は篁の船に乗ってしまい、篁には破損した船をあてがったのです。そこで篁はふんがいして、病気だといって船に乗らず、そのうえ遣唐使の悪口を詩に書きました。このため篁は官位をもぎとられ、隠岐の島へ流されしまいました。この歌は、隠岐に流されるときに読んだものです。


篁のやんちゃな性格が表れていて、数々の伝説が生まれたり、現代に至っても物語の主人公に選ばれるような個性的な人物であることがわかる。

小野篁が登場するのは「王朝文学の才女たち」の章である。小野小町の祖父かもしれないという繋がりがあるからだ。この章には、小野小町の他、清少納言、紫式部、和泉式部、伊勢、道綱の母が採り上げられている。その人生、作風、性格、周りの人々からの評判なども書かれており、「へぇ、高慢な人だったのね。」とか「ずいぶん簡単に恋に落ちちゃうのね。」などと、平安時代の才女たちがぐんと身近に感じられてくる。

また改めて、こんなに古くから女性が教養を身につける機会を与えられていたことに驚く。歌作りが上手であれば、女性であろうと、子供であろうと、大人の男性をやりこめることさえ出来るというのは痛快だ。和泉式部の娘、小式部内侍(こしきぶのないし)は、歌を母親に作ってもらっていると思われていた。ある時、両親が勤務地の丹後にいる間に、歌合に出場することになった小式部にむかって、藤原定頼が「歌合にだす歌がお母さんのところからとどきましたか」とからかう。そこで咄嗟に詠んだのが

〈60〉大江山 幾野のみちの 遠ければ まだふみもみず 天の橋立
(大江山を越え、幾野をとおっていく道は遠いので、まだ天の橋立をふんでみたこともなければ、そこからの文もうけとっていません)
つまり、お母さんがいなくても、自分でちゃんと歌がつくれるのですよと、即座に既知をひらめかせた歌を見せました。定頼はこの才気走った少女に、みごとにやりこめられたのです。


その歌が百人一首で採り上げられたことに、やはり痛快な思いを抱いたのであろう江戸時代の人が、

おとなを やりこめた歌を 定歌入れ

という川柳を作ったという後日談まで載っている。

このように川柳や狂歌に百人一首が採り上げられていること、万葉集と古今集の違いや、古今集の撰者たちや百人一首を撰んだ藤原定家のエピソード、不幸な生涯を送った歌人たちなど、さまざまな視点から百人一首が語られている。その中に挙げられている歌は、どれも活き活きとしていて、「暗記物」の様相は影をひそめている。

同じシリーズの『万葉のふるさと』に比べると、世の中が複雑になってきていて、恨み辛みや、皮肉、強がり、厭世といった心情を詠ったものも増えていることが感じられた。歴史上の人物が、陰謀や出世欲や不条理に、どのような思いを抱いていたかが、よくわかる。前にも書いたが、歴史と和歌は一緒に学んだ方が、理解も深まるし、楽しく学べるのではないかと思う。
しかし、この本も『万葉のふるさと』同様、今では手に入りにくくなっているのは、残念なことだ。

『万葉のふるさと』 清原 和義

万葉のふるさと 万葉のふるさと
清原 和義 (1973/01)
ポプラ社
この商品の詳細を見る


オーストラリアに住むことになって心配だったのは、日本の本が手に入らないだろうということ。来てみれば和書の古本屋さんがあり、送料はかかるけれどネットで購入することも可能だったが、とにかく来る前はそのことが心配だった。特に子供達には年齢に応じた本を読ませたかったから、出来る限りの子供の本を集めて持ってきた。

住んでいた地域の図書館でも、除籍になった本の中から幾冊か戴いてきた。除籍になるくらいだから、人気がなく貸し出しが一度もなかった本もある。この『万葉のふるさと』も貸し出し記録ゼロの不人気書籍だった。中学生向きの万葉集解説の本で、まず私が読み、子供が大きくなったら読ませればいいと思って何気なく選んだ。

和歌については、学校の古文の時間に習っただけで百人一首すら覚えていない。遠い昔に詠まれた歌は、外国語のようで、別の世界のものだと思っていた。

ところがこの本を読み進めると、確かにこれは、私たちの先祖が日本に暮らしていて、そこで感じたことを謳ったのだと実感できるようになる。なぜなら、ここには歌の解説だけでなく、その時代の様々なことが図や写真、地図などを使って説明されており、こんな場所で、こんな人たちが、こんな時に感じたことだったと、わかるようになっているからだ。
例えば

石見(いはみ)のや 高角山(たかつのやま)の 木の際(ま)より わが振る袖を 妹(いも)見つらむか

この句に対して「袖振る」の解説がある。現代人が手を振るのと同じく別れ際に「袖」を振った。しかし今より激しい愛の心を表し、時には求婚の意味もある。そしてこの「袖」とはどのようなものか、万葉時代の貴族の服装が描かれ、詳しい解説も載っている。続いて平民の服装も絵と文章で説明されている。
このように至れり尽くせりの解説で、当時の様子が目に浮かぶようになってくる。

「万葉の伝説歌」の章では、昔話の一場面を詠んだような歌がいろいろと紹介されている。もともと昔話は、文字ではなく歌の形で継承されてきたのだ。だから、同じ名前の姫が地域によって違うお話になっていたり、同じ題名のものでも結末が違ったりするのだろう。

「万葉の作家たち」の章は、歴史上の人物の詠んだ歌が、その人の功績や歴史的な出来事、ゆかりの地の写真などと共に紹介される。
「こんな大変な事件の時でも歌を詠んでいたのね。」とか、「深い心の傷を歌を詠むことで癒していたのね。」と、歴史上の人物の心に触れるような気がする。
中大兄皇子にはめられた有間皇子が護送される道で詠んだ歌や、大伯皇女が身辺の危機迫る弟大津皇子を思って詠んだ歌などは、歌に悲しみを込めるしかない辛さが伝わって涙を誘う。

ここで私ははっきり「和歌は外国語などではない。」と目が醒めた。和歌を詠んだ人間は、日本の歴史のどこかに実際存在していたのだ。
学校でも、このように歴史と和歌を一緒に教えてくれればわかりやすかったのに、とつくづく思った。和歌は歴史の中で謳われており、和歌が現代の私たちに歴史を伝えてくれているのだから。

この本が図書館で一度も借りられたことがないのは、本当に勿体ないことだ。中学生向きに書かれた本だけれど、「和歌って外国語みたいでわかりにくい。」と思っている大人もきっと楽しめる。そして和歌や歴史を学び直したくなるに違いない。


※紹介した本は手に入りにくいので、ちょっと調べてみたら同じ著者でこんなものも出ていました。


『日本語の歴史』 山口 仲美

日本語の歴史 日本語の歴史
山口 仲美 (2006/05)
岩波書店
この商品の詳細を見る


高校時代、「古文」「漢文」「現代国語」はそれぞれ別の先生が教えてくださっていたせいか、全く独立した別々の教科で、関連性がほとんど感じられなかった。ところが『日本語の歴史』を読むと、その三つが見事になめらかに繋がれていく。題名にあるように、日本語にも歴史がありすべてが続いているということが実感できる、とても楽しい本だった。

叔母の一人に料理上手な人がいる。自作の料理を食卓に出すときに必ず「これおいしいのよ。」という。この台詞がおいしい料理を二倍おいしくする。食べる前から「味が薄かったわ。」「焼き過ぎかも。」と言われるよりも、手前味噌でも何でも「おいしいわよ。」と言われる方が食欲が沸く。

この本の著者も私の叔母と同じで、とても勧め上手だ。「文字の誕生には秘密があるの。」「日本語の音って昔はもっとたくさんあったらしいのよ。」「係り結びって突然無くなったわけじゃないのよ。その経緯知りたくない?」という著者の陰の声が聞こえてきそうなほど、「日本語っておもしろいのよ~。」という気持ちが伝わってくる。
時代ごとの主題はそれぞれ興味を引きやすいものだし、使われている例や図表もわかりやすく、特に古文・漢文に強い人でなくても、なるほど!と思うように書かれている。

私も「なるほど!」と思うことだらけだったが、いくつか印象的なことを挙げてみる。

現代文で終止形(例:読む。)と連体形(例:読む本。)が同じなのは、鎌倉・室町時代に終止形が連体形に吸収されてしまったことに端を発するという。その時代、係り結びが乱用されて連体形で終わる形が多くなり、終止形との区別がつかなくなって、最終的に終止形が消えてしまったのだ。初めて古文を習ったときは、「・・・けり。」とか「・・・なり。」という文の終わり方は妙だなぁと思ったけれど、日本語の歴史を紐解けば、終止形がない現代文の方が妙だったのである。

武士の言葉は独特で、使役を使った強がりの表現をよく使う。例えば、「討たれた」ことを「討たせ」と書く。本当は敵の方が強くて「討たれ」たのであっても「討たせ」てやったのだと強がりを言う。何だか微笑ましいが、武士の台頭で、平安時代の情緒ある表現が消えていったのは残念な気がする。

目から鱗が落ちたのは、江戸語のべらんめえ調と、今の若者言葉が似ているという指摘だ。江戸語の落語を聴くと「なげーなめーだな、おめーは。(長い名前だな、お前は。)」など「えー」という音が目立つが、今の若者も「スゲー」「ヤベー」「ソーシテーヨ」と似たり寄ったりの言葉を使っているという。言われてみれば確かにそうだ。

明治時代には外国の文化が入ってきて、それらを説明する新しい漢語が生まれ、中国や韓国にも輸出されているという。
著者は、こうして新しい漢語が作られて日本語の語彙が増えすぎたり、同音異義語が多くて混乱することを心配している。そして話し言葉と書き言葉は乖離させてはならないと訴える。使用する語彙を減らして、誰でも読み書きできる平易な文章を心がけましょうということのようだが、この辺りは、賛成しかねるところもある。話し言葉の語彙が減るに任せて、書き言葉でも使用する語彙を減らしていったら、せっかくの日本語の豊かな表現力が削がれてしまうのではないかと思うからだ。

この本の帯には「こんなに面白いドラマだったのか」と書いてある。ジャンル分けすれば、言語学という地味な題材の本であるのに、こんなに面白く、事によっては「もっと詳しく知りたい。」と思えるものを書き上げた熱意は凄い。「古文なんて」「文法なんて」と思っている人にこそ、お薦めしたい。(「こそ」はもっとも永く生き残っていた係助詞。その理由はこの本で!)

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。