Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)』 高田好胤

平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)平山郁夫のお釈迦様の生涯 (おはなし名画シリーズ)
(1995/07)
高田 好胤

商品詳細を見る


師走に入り、クリスマスの飾り付けや音楽が目立つようになってきた。日本にはクリスチャンの割合はそう多くないのに、キリスト教の行事は盛んであり、イエス様の生涯についてはほとんどの日本人が何かの知識を持っている。馬小屋で生まれたとか、弟子の裏切りで磔になったとか・・・。日本人の多くは熱心ではなくとも仏教徒であるはずなのに、ではお釈迦様の生涯は?と訊かれたら、何も答えられない人が大多数ではないだろうか。私も以前はその一人であった。しかしカソリックの国に住んでいたときに、自分の国の宗教についてあまりに知らなすぎると気づき、最低限のことは知っておくべきだろうと考えて、帰国してからこの本を購入した。

お釈迦様の生涯についてのお話と平山郁夫画伯の仏教画。子供にもわかるように書かれているし、なによりとても美しい絵本である。その時々のお釈迦様の姿や、ゆかりの地の風景などが、大型絵本の片側1ページ、時には見開きいっぱいに描かれていて、物語を読んでも自分の頭だけでは限界がある想像力をぐんと広げてくれる。
物語の方も簡潔ではあるが、仏教の最も大切なことを伝えてくれていて、改めて自分の生き方に仏教の教えを取り入れようという気にさせられる。

後にお釈迦様となるシッタルダは、王様シュッドーダナの子、つまり王子であった。シュッドーダナは病人、老人、死を暗示させるものからシッタルダを遠ざけ、尽くせる限りの贅沢をあたえていた。ところが、隠されていた、

「すべて命のあるものは、いずれ死ななければなりません。人は老衰のため、あるいは病気になって死ぬのです。
誕生と同じ、ごくあたりまえのことなのです。」


という真実を知り、シッタルダは修行と瞑想の旅に出る。そしてついに悟りを開き、その悟った真理が仏教の教えの基となる。

「いかなる富も名誉も、永遠につづくものではない。そういうものにしがみつき、それを幸せのよりどころにしているかぎり、まことの幸せは得られない。
ほんとうの幸せをもとめるなら、それらへの執着を捨てなさい。」


お釈迦様は、四十五年もこの教えを説いて歩いた。その中のエピソードがいくつかこの本にも書かれているが、一歳の子を亡くした母親がその悲しみをお釈迦様に切々と訴えるお話が印象的だ。イエス様なら奇蹟を起こして亡くなる前に病気を治してくださりそうな場面である。お釈迦様は、

「悲しみをいやす方法が、ひとつだけあります。・・・」

と教える。その詳しい内容はここには書かないが、仏教ならではの教えだと私は感じた。

今朝、この本の絵を描かれた平山郁夫画伯がお亡くなりになったというニュースを知った。亡くなられた十二月二日の月齢は、お釈迦様がお亡くなりになったのと同じ満月であった。



※『おはなし名画シリーズ』は、絵画鑑賞とともに画家の生涯を知ることができるユニークなシリーズです。
関係の深い二人の画家を一冊にまとめた各巻は、内容も面白くお薦めです。
また、日本画の子供にも楽しく読める入門書というのはあまりないので貴重です。

    
スポンサーサイト

『絵本 源平絵巻物語 全10巻』 今西祐行・作/赤羽末吉・絵

絵本 源平絵巻物語 全10巻絵本 源平絵巻物語 全10巻
(2005/03/31)
今西 祐行

商品詳細を見る


我が子たちは、外国暮らしから解放され、自分の読みたい本を好きなだけ読むという自由を満喫している。そんな中で出会ったこの『源平絵巻物語』は、大袈裟でなく自然に誰の口からも「ああ、日本に帰ってきて良かった。」と出てしまうほどの素敵な本であった。

義経と弁慶の物語は、義経の伝記や『ノンちゃん雲に乗る』に出てくるお兄ちゃんの弁慶役の挿話によって、我が家ではお馴染みになっていた。現代の子供たちには、そう人気のある物語ではないのかもしれないが、『ノンちゃん・・・』を読めばわかるように、二昔くらい前は「義経と弁慶」といえば誰もが知っていて、しかも人気が高い“キャラクター”であったのだろう。外国滞在中は読める本が限られていたので、我が家では、このような古くさいキャラクターでも有り難く拝読していたのだ。

『源平絵巻物語』の第一巻は義経が、第二巻は弁慶が主人公。
我が子の一人は、もともと弁慶贔屓であったが、これを読んでますます好きになった。なにしろ、生まれたときにはもう三歳くらいの大きさで、修行に行った寺では他の小僧さんやお坊さんを片っ端から投げ飛ばす、知らない寺に忍び込んで自分で頭をジョリジョリ剃り袈裟を拝借して坊さんに成りすます・・・。自称「ふざけんぼう」の我が子のツボにはまったらしい。
もう一人の子は、義経の伝記を読んだとき、平清盛を前に義経の母と祖母がそれぞれ自分の身を犠牲にして家族を救おうとした場面に感動していた。この絵巻では、その場面を含む逃避行、兄弟との別れなどが、美しい絵になってより一層しみじみと味わえるようになっている。
義経と弁慶の生い立ちを復習すると、いよいよ源平の壮大な物語に入っていった。

「絵巻」と名付けられているとおり、大型絵本の片面いっぱいの挿絵が、全部のページに描かれている。ある時は主人公たちの白熱したやりとりのアップであり、ある時は合戦の行われた地形がわかる背景画に豆粒ほどの馬や人間がいっぱい描かれていたりする。どんなに小さくても、どんなにたくさん描かれていても、それぞれの馬や人間が丁寧に描かれていて、それが臨場感を醸しだしている。地形等については、作者の今西祐行氏と画家の赤羽末吉氏が、現地に赴いたそうで、その土地を知らない者にも、雰囲気がよく伝わるように描かれていると思う。赤羽氏の画風は、ほんわかと温かく、ユーモラスなところもあって、それがこのいにしえの物語をずいぶんと身近なものに感じさせてくれている。
そんな絵の魅力を子供たちには充分に感じさせたくて、この絵巻は十巻全て、私が読み聞かせた。もう読み聞かせの年齢ではない子も、挿絵に見入りながら聴いており、大人向け紙芝居という風情だった。いや、題材からして絵付きの琵琶法師というべきだろうか。

さて、十巻読み終えて、気に入った箇所はそれぞれに異なっていた。
弁慶好きはやはり、弁慶が機転を利かせる安宅の関に感心し、最後の立ち往生に感動していた。
もう一人は、平知盛が自分の愛馬が敵の手に渡ろうとも射殺すことをしなかった場面が印象深かったようだ。助けられた馬と知盛が別れを惜しみながら離れていくところに、いつまでも見入っており、その日の日記には、この本のことが書かれていた。
私は、木曾義仲と斉藤実盛の悲劇に涙した。

今西氏によると、この絵巻は『義経記』『平家物語』『源平盛衰記』『平治物語』などの他、謡曲や歌舞伎で親しまれている場面などを出来るだけ多く参考にし、ゆかりの地を歩かれて、制作されたそうだ。そのような大変な作業をされた原動力は、次の言葉に凝縮されていると思う。

・・・どこまでが事実かはわかりません。
しかし、昔から、義経ほど人々に好かれてきた人物はないようです。歴史的事実はどうあれ、私達の先祖が、義経という人物をこのようにつくりあげてきたということは、大切な事実です。その事実を、わたしたちが今、考えられるかぎり自然な、しかしもっとも美しい形で本にしようとしたのが、この日本の歴史絵物語です。


この本の副産物は、これを読んだために、他の日本文化がより一層楽しめるようになったことだ。
たとえば、博物館に絵を見に行くと、武士が倒れている絵があり、子供たちはその横に笛が落ちているのを見て「敦盛だ!」とわかる。「那須与一」など、お茶の子さいさいだ。
歌舞伎や能でも、義経や弁慶を題材にしたものには非常に興味を持つ。実際に観に行くと、多少セリフがわからなくても、物語の背景がわかっているから飽きることなく楽しんでいた。
今西氏の書かれているように、この物語をかつてわたしたちの先祖が好んだという事実は、とても大切なことだと実感している。

アニメやゲームのキャラクターもいいけれど、このちょっと古くさいキャラクターたちに目を向けてみてはどうだろうか。新しい世界が広がり、キャラクターを通しておじいちゃんやおばあちゃんとの会話も弾むかも。
まずは、豪快キャラクター『弁慶』あたりから読み始めてみよう。そして、『ウォーリーをさがせ』のように、挿絵の中に豆粒ほどの弁慶を捜しながら次々と読んでいく。これは我が子秘伝の楽しみ方である。

『和菓子のほん』(たくさんのふしぎ傑作集) 中山 圭子・文/阿部真由美・絵

和菓子のほん (たくさんのふしぎ傑作集)和菓子のほん (たくさんのふしぎ傑作集)
(2008/01)
中山 圭子

商品詳細を見る


今日六月十六日は「和菓子の日」である。
数年間住んでいた海外から最近帰国し、嬉しいことの一つに和菓子が頻繁に食べられるようになったことがある。六月には一年でこの月にしかお目にかかることのできない「水無月」が店頭に並ぶ。食べ損ねてはならないと、六月に入って早々に家族揃って頂いた。

子供たちも和菓子が大好きなのだが、同級生に和菓子の話をしたら、「和菓子って何?」と訊く子がいたと驚いて帰ってきた。海外での話ではない。帰国してからの日本の学校でのことである。
「和菓子」という言葉に馴染みがないだけかもしれない。お団子やお饅頭は知っているだろう。けれども、給食に出る草団子や煮豆を嫌う子供が多いのだそうだ。そういえば、私の友人の家でも、雛祭りには雛ケーキを食べたと言ってたっけ・・・。
私は子供たちの話を聞いて言いようのない寂しさを感じ、「和菓子の日」には子供向けの和菓子の本を紹介しようと決めていた。

『和菓子のほん』は絵本であるが、本格的な和菓子の知識がわかりやすく学べる「はじめての和菓子本」とも言える良書である。大人が読んでも、私たちって和菓子のこと意外と知らないのね、と思うのではないだろうか。
たとえば、
「柏餅のお餅と普通のお餅は原料が違うの?知らなかった。」
とか
「お花の形の生菓子(ねりきり)って外側の生地はただの餡じゃなかったのね。」
とか
「形を作るのにこんな道具を使うのね。へぇ、これお裁縫の和ばさみじゃない?」
とか。
たかが絵本と侮ってはいけない。

この本を書かれた中山圭子さんは、意匠(デザイン)の研究から和菓子の世界に入られた方なので、デザインや色についての説明もある。昔から伝えられてきた着物や器の紋様をおいしそうに工夫して取り入れたり、自然の風物をイメージして見立ての意匠をこしらえたり。和菓子職人には高度な感性が必要とされてきたことがわかる。

外国暮らしをして気づいたのは、「香り」の記憶というものの存在感。「ゆず」「しそ」「よもぎ」「桜」、これらの香りは、遠い異国で日本のことをあっという間に思い出すことのできる魔法の薬のようなものだった。その「香り」についても見開き一ページを使って書かれている。

そして、和菓子を語るときに忘れてはならないのは季節感である。季節ごと月ごとの様々なお菓子とそれにふさわしい名前がふんだんに紹介されている。「野あそび」「花ぐもり」「草ぼたる」「ふきよせ」「初霜」・・・。四季の移ろいに敏感な日本人の感覚、それを表す語彙が豊富な日本語、こういうものを大切にして行かなければならないとしみじみ思う。

「和菓子って何?」という子供がこれ以上増えませんように。日本の伝統行事をケーキで祝う習慣がこれ以上広まりませんように。そんな悲壮な思いを込めて、『和菓子のほん』を紹介した。

『赤い大地黄色い大河―10代の文化大革命』 アンコー チャン・作 絵/稲葉茂勝・訳/青野 繁治・監修

赤い大地黄色い大河―10代の文化大革命赤い大地黄色い大河―10代の文化大革命
(2005/08)
アンコー チャン、青野 繁治 他

商品詳細を見る


オリンピックの聖火リレーが行われた世界各地で、沿道に終結し、旗を振る中国人留学生たち。ネットでの言論を見ていると、彼らの行動を「まるで文化大革命だ」と感じた人もいたようだ。本当の文化大革命では、多数の中国人が、命を奪われたり、人前で辱めを受けたり、いわれのない拘束を受けたり、強制労働をさせられた。今回の留学生の行動に、そこまでの過激さはないが、全体主義国家に煽動された若者の集団という点では、やはり文化大革命を思い起こさずにはいられない。

あの留学生たちの多くは、自ら人権蹂躙に加担しようと思っているわけではないだろう。純粋な愛国心や中国人同士の仲間意識が行動の発端になっている人たちが多いのではないだろうか。しかし、その純粋な者たちが間違った指導者を頂くとどうなるか、それを教えてくれるのがこの絵本である。

作者である画家のアンコー・チャン氏は、北京で生まれで、ティーンエイジャー(13歳~19歳)という多感な時期のほとんどを文化大革命の渦中に過ごした。
この時期、若い世代は思想的な洗脳を受け、4つの「旧」を取り除く革命に競うようにして参加する。4つの旧とは「旧文化」「旧思想」「旧風俗」「旧風習」、すなわち従来は評価されたり尊敬されたりしていたほとんど全ての人や物を、排除し弾圧するのが革命の使命とされた。
アンコーの父親は作家であったため、「旧思想」をもつ者だという理由で紅衛兵に家を襲撃される。紅衛兵たちを引率してきてた父の運転手からアンコーはこう言われる。

「きみのお父さんは“黒五類”なんだ」と、おじさんが言いました。
「きみは、お父さんとの間に線を引かなくちゃいけない」
(※黒五類:地主、富農、反革命、壊分子(ごろつき)、右分子
 ※毛沢東は、古い考えを持つ人を「黒五類」とよび、悪い人だと断定しました。)


アンコーは学校の正門に張り出されたスローガン、「老子反動児壊蛋(親父が悪者なら息子はろくでなし)」という言葉を思い出し、自分はろくでなしなのだと思いこむ。

 いったいなぜこうなってしまったのか、私にはわかりませんでしたが、それを説明してくれる人もいませんでした。なぜなら、だれにもわからなかったからです。私は恥ずかしいような、それでいて腹立たしいような気持ちをずっといだいていました。それでも、『毛沢東語録』は、何度も何度も暗唱しました。意味があまりわからないままに。

その後父は逮捕され、家の一部が紅衛兵に占領され、叔母は自殺に追いやられるが、意味がわからないまま、運転手のおじさんの言うように父との間に「線を引き」、紅衛兵に憧れていく。

 彼らは、自分たちがどうやって「黒五類」の家を荒らしたのか、「黒五類」を追いはらったのか、たがいに自慢しあっていました。私は彼らといっしょにいるだけでも、なんだかわくわくしていました。私の頭には、自分の家族に起きたことなど、これっぽっちもありませんでした。とうとう私も文化大革命に加わることができたのです。

その後、下放運動に参加し、自分の人生を考え始め、自らの中に絵の才能を見いだすところで、この絵本は終わっている。
過酷な少年時代であったはずなのに、比較的淡々とした筆致で、誇張することなく、当時の中国社会の様子、自分の心情を書いている。アンコーの手による挿絵の数々は、文章では抑えているだろうものを伝えてもくれ、感情を揺さぶられる。

文化大革命を書いた本を読む度に、紅衛兵や革命に集団で加担した民衆を、得体の知れない恐ろしいものだと感じていた。この絵本を読むことで、素直で純粋な少年が「得体の知れない恐ろしいもの」に巻き込まれていく過程がよくわかり、ますます全体主義の恐ろしさを知ることになった。

※子供も読者に想定しているので、文化大革命についての用語説明や背景などについての解説が、随所に書かれています。
単行本版もあるそうです。
 ↓


※文化大革命の恐ろしさを信じられない思いで読み、それが「現代」の出来事だと知り愕然とした本です。
 ↓
  

『おさんぽ』 江國 香織・作/こみねゆら・絵

おさんぽ おさんぽ
江國 香織 (2002/07/12)
白泉社
この商品の詳細を見る


子供というものは、育ててみないとわからないことがいっぱいあって、その一つに絵本の選び方がある。大人が「子供が好きそう。」と思う絵本と、子供が実際に好む本にはズレがあり、時には「本当にこれでいいの?」と購入するのを躊躇することもある。

この『おさんぽ』は、我が子が幼稚園児の時に選んだ本だ。一見可愛らしい女の子が表紙に描かれているが、よく見るとずいぶん「こしゃまっくれて」いそうだ。そして読んでみると、本当にこしゃまっくれている。何かを頼まれる度に

「理由を言ってくださらなきゃ」

と言い、納得すると、

「そういう事情ならしかたないわね」

などと返答するのだ。頼む側も風変わりな登場人物たちで、いばった「お皿」、引っ越ししたばかりの「もぐら」、赤ちゃんが生まれた「へび」。そのどれもが慇懃な喋り方をする。

幼稚園児にこんな話が楽しいのだろうか?そう思って本屋さんの店先で、一度読んで聞かせると、ますますおもしろがって是非買って欲しいと言う。そして買って帰り、後には下の子もこの本を好きになった。
二人には、ここに出てくる慇懃な喋り方や、小難しい言葉が、なぜか楽しいらしい。

おばさんじみている、高飛車、やすやすと、無闇に、ごもっとも、ためつすがめつ、身をわななかせて憤慨し、新天地、腑に落ちる・・・

他の絵本にはおよそ出てきそうもない言葉の数々が、魔法の呪文のように聞こえるらしい。江國香織さんは、大人向けの本でもハッとするような言葉遣いをされるが、子供に対しても容赦なく言葉の魔力を駆使してくる。

小難しい言葉と、大人っぽいしゃれた挿絵、しかし内容はナンセンス絵本で、笑ってしまうようなところがある。
こんなに身なりを整えたおしゃまな女の子が、もぐらの新しい家のカーテンに、へびの赤ん坊のおくるみにと、スカートの後ろを切り分けてやり、おしりが丸見えになってしまう。それでも下品にならないのは、文章と絵に品があるからだ。

 おんなのこはあっさりと、
「そういう事情ならしかたがないわね。新しく生まれてきた赤ちゃんには、そりゃあ新しいおくるみがいるわ」
と、言いました。
「ただし、うしろから切ってね」

 こうしておんなのこのスカートはうしろばっかり見事に短くなりました。いまやおしりがまるみえです。 でも、おんなのこは気にしませんでした。こうして自分を見下ろすかぎり、きれいなレースのスカートでしたから。


高飛車なお皿との関係は?切られたスカートの行く末は?これらがきちんと収まるところに収まってしまう結末も、うまいなぁと唸らされる。

子供向けには難しいという印象からか、人気作家の江國さんの本にしてはあまり話題にならないが、『おさんぽ』といい、以前紹介した『おひさまパン』といい、子供を虜にする力がある。江國さんにはこれからも子供向けの本を書いてもらいたい。

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。