Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争に関する本 平成24年度

今日は終戦記念日です。毎年この時期になると戦争に関する本を検索する方が多くなるので、一覧を再掲します。

昨日韓国の李大統領による不敬発言がありましたが、日本人は韓国人ほど学校で日韓の歴史を習うことがないので、本を読んで日韓の歴史を知っておくべきだと改めて思いました。
そこで『ほんとうは「日韓併合」が韓国を救った!』をリストに追加しました。中高生、韓流ファンの方々、嫌韓の方々、みなさんに読んでいただきたい、わかりやすい本です。

-----------------------------------

終戦記念日が近づいてきましたので、これまでに紹介した戦争に関する本を改めて一覧に致しました。
テーマは、戦時中のこと、子供の目から見た戦争、台湾や朝鮮のこと、戦後の引き揚げや捕虜や抑留そして裁判や占領のこと、とさまざまです。領土問題も敗戦に端を発しているので、リストに載せました。
本の形式も、小説、ノンフィクション、伝記、児童書などいろいろです。
内容は濃いけれど読みやすいという本を多く採り上げたつもりですので、ぜひお読みになってみて下さい。
題名の部分をクリックすると、紹介記事が出てきます。

『台湾人生』 酒井 充子(2010/04/21 - ノンフィクション(アジア))

『流れる星は生きている』 藤原 てい(2009/08/21 - 伝記)

『葡萄色のノート』 堀内 純子・作/広野 多珂子・絵(2008/06/27 - 童話・児童書)

『「北方領土」上陸記』 上坂 冬子(2008/06/03 - ノンフィクション(日本))

『日本の島々、昔と今。』 有吉 佐和子(2008/05/20 - ノンフィクション(日本))

『チンチン電車が走ってた』 菅原 治子(2007/11/12 - 童話・児童書)

『宋姉妹―中国を支配した華麗なる一族 』 伊藤 純、伊藤 真(2007/08/27 - ノンフィクション(アジア))

『遠い日の戦争』 吉村 昭(2007/08/16 - 吉村昭)

『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』 江藤 淳(2007/06/30 - 歴史(日本))

『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論』 小林 よしのり(2007/06/20 - ノンフィクション(アジア))

『特攻へのレクイエム』 工藤 雪枝(2007/06/13 - ノンフィクション(日本))

『白洲次郎 占領を背負った男』 北 康利(2007/05/03 - 伝記)

『生活者の日本統治時代―なぜ「よき関係」のあったことを語らないのか』 呉 善花(2007/03/04 - ノンフィクション(アジア))

“Passage to Freedom The Sugihara Story” Ken Mochizuki (杉原千畝物語)(2006/11/14 - 洋書)

『アーロン収容所』 会田 雄次(2006/11/12 - ノンフィクション(日本))

『沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!』 曽野 綾子(2006/10/30 - 歴史(日本))

『「南京事件」日本人48人の証言』 阿羅 健一(2006/09/28 - ノンフィクション(日本))

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』 辺見じゅん(2006/08/19 - ノンフィクション(日本))

『おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状』 中條高徳(2006/08/15 - ノンフィクション(日本))

『南十字星に抱かれて―凛として死んだBC級戦犯の「遺言」』 福冨 健一(2006/07/28 - 歴史(日本))

『夢顔さんによろしく』 西木正明(2006/06/29 - 歴史(日本))

『台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸を張りなさい』 蔡 焜燦(2006/06/23 - ノンフィクション(アジア))

『ビルマの竪琴』 竹山道雄

『ほんとうは「日韓併合」が韓国を救った!』 松木 國俊


映画 『樺太1945年夏 氷雪の門』
スポンサーサイト

戦争に関する本

この時期になると戦争に関する本を検索する方が多くなるので、一覧を再掲します。
一番下に、映画 『樺太1945年夏 氷雪の門』を紹介したリンク先も加えました。
8月11日、最新記事『ビルマの竪琴』も追加しました。

-----------------------------------

終戦記念日が近づいてきましたので、これまでに紹介した戦争に関する本を改めて一覧に致しました。
テーマは、戦時中のこと、子供の目から見た戦争、台湾や朝鮮のこと、戦後の引き揚げや捕虜や抑留そして裁判や占領のこと、とさまざまです。領土問題も敗戦に端を発しているので、リストに載せました。
本の形式も、小説、ノンフィクション、伝記、児童書などいろいろです。
内容は濃いけれど読みやすいという本を多く採り上げたつもりですので、ぜひお読みになってみて下さい。
題名の部分をクリックすると、紹介記事が出てきます。

『台湾人生』 酒井 充子(2010/04/21 - ノンフィクション(アジア))

『流れる星は生きている』 藤原 てい(2009/08/21 - 伝記)

『葡萄色のノート』 堀内 純子・作/広野 多珂子・絵(2008/06/27 - 童話・児童書)

『「北方領土」上陸記』 上坂 冬子(2008/06/03 - ノンフィクション(日本))

『日本の島々、昔と今。』 有吉 佐和子(2008/05/20 - ノンフィクション(日本))

『チンチン電車が走ってた』 菅原 治子(2007/11/12 - 童話・児童書)

『宋姉妹―中国を支配した華麗なる一族 』 伊藤 純、伊藤 真(2007/08/27 - ノンフィクション(アジア))

『遠い日の戦争』 吉村 昭(2007/08/16 - 吉村昭)

『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』 江藤 淳(2007/06/30 - 歴史(日本))

『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論』 小林 よしのり(2007/06/20 - ノンフィクション(アジア))

『特攻へのレクイエム』 工藤 雪枝(2007/06/13 - ノンフィクション(日本))

『白洲次郎 占領を背負った男』 北 康利(2007/05/03 - 伝記)

『生活者の日本統治時代―なぜ「よき関係」のあったことを語らないのか』 呉 善花(2007/03/04 - ノンフィクション(アジア))

“Passage to Freedom The Sugihara Story” Ken Mochizuki (杉原千畝物語)(2006/11/14 - 洋書)

『アーロン収容所』 会田 雄次(2006/11/12 - ノンフィクション(日本))

『沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!』 曽野 綾子(2006/10/30 - 歴史(日本))

『「南京事件」日本人48人の証言』 阿羅 健一(2006/09/28 - ノンフィクション(日本))

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』 辺見じゅん(2006/08/19 - ノンフィクション(日本))

『おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状』 中條高徳(2006/08/15 - ノンフィクション(日本))

『南十字星に抱かれて―凛として死んだBC級戦犯の「遺言」』 福冨 健一(2006/07/28 - 歴史(日本))

『夢顔さんによろしく』 西木正明(2006/06/29 - 歴史(日本))

『台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸を張りなさい』 蔡 焜燦(2006/06/23 - ノンフィクション(アジア))

『ビルマの竪琴』 竹山道雄

映画 『樺太1945年夏 氷雪の門』

必読『未来予想図 選択的夫婦別姓を問う』 安藤慶太(産経新聞)

はじめにお断りしておくが、これは書籍ではない。今朝まで三回に渡って新聞に連載された「フィクション」を交えた記事である。とても読みやすく、かつ考えさせられるので、このテーマに関心がある人もない人も、ぜひ読んでいただきたいと思う。(記事の下にリンクを貼りました。)

現政権が、積極的に成立させようとしている「選択的夫婦別姓」。国民の間にはまだよく知られていない法案で、賛否両論あるようだが、各種アンケートやインタビューを見ていると、女性には比較的好意的に受け止められているようだ。「男女平等のためには必要だ。」「自分は別姓にしたくないけど、自由に選べるのは良いことだ。」などが、その理由になっている。

しかし、私はどうもこの法案には薄気味の悪いものを感じていた。
「子供が18歳になったら『家族解散式』をやろう。」と著書に書いている福島瑞穂少子化担当大臣が、この法案にたいへん積極的であることからも、この法案を望んでいる人たちは、家族の絆を軽視している人々が多いような気がしていたからだ。
推進派の人たちは「慣れ親しんだ姓を捨てることを苦痛に思う人が多い。」という。そんなことが我慢できないなら、結婚生活や子育てをしていく上で次々と出てくる自分の意に沿わないことにどう対処していくのだろう。親の自分都合の選択によって、子供が「親と別姓であることに感じる苦痛」が生まれないとも限らない。
社会のあり方さえ変えてしまうこの法律に対して、「選択したい人はすればいい」という他人事にしておいてよいとは思えなかった。

新聞紙上に連載されたこの「フィクション」は、もしも選択的夫婦別姓法が成立してしまったら、どのような事が起こるのかを、具体的にいくつかの家庭を想定して描かれている。各三回の内容は、次の通り。

上『ほころぶ家族の絆 お父さんだけ違う姓』
◇夫婦別姓を希望する女性と別姓に反対の男性との結婚準備をめぐるゴタゴタ
 田中京子は結婚を目前に控え、憂鬱だった。・・・
◇夫婦別姓を選んだ両親の元に暮らす中学生の心の内
 佐藤りえは中学2年生。両親が別姓を選択した。・・・
◇夫を亡くした女性が、亡夫の婚外子だという見も知らぬ人物に息子と同等の相続を与えなければならなくなった困惑と焦燥
 自分も死にたいと、大山妙子は思った。四十数年連れ添った夫が先日、急逝した。・・・

中『自立からすれ違い 米国の教訓』
◇女性の経済的自立こそ女性の幸福だと信じて別姓を選択したアメリカ人女性の結婚生活
 「ローラ、もしもの時に男性に頼らなくても生きていけるように仕事を持っておきなさい」 母は、娘の私に繰り返しこう話した。・・・

下『廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位』
◇結婚と同棲の垣根がなくなっていき、戸籍やお墓も個人別になっていく究極の個人社会
 選択的夫婦別姓法が導入されると、やがて戸籍の個人別管理をめざす「戸籍改革」が掲げられた。・・・

選択的夫婦別姓法の思想的な背景には「マルクス・レーニン主義」の目指す完全な個人社会があるという。
そう聞くと、とても難しい問題のような気がして思考停止や無関心になりそうだが、この連載記事は身近な例に置き換えて、どのようなことが起こるのかがよくわかるように書かれている。
新聞紙面の中でも、比較的難しくなく読める記事だと思う。ぜひ、リンク先で読んでいただきたい。(上中下それぞれの表題をクリックするとすぐに読めます。)

『未来予想図 選択的夫婦別姓を問う』
 上『ほころぶ家族の絆 お父さんだけ違う姓』
 中『自立からすれ違い 米国の教訓』
 下『廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位』


『WiLL ( マンスリーウィル ) 2010年 03月号』-外国人参政権の特集に注目!

WiLL ( マンスリーウィル ) 2010年 03月号 [雑誌]WiLL ( マンスリーウィル ) 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/01/26)
不明

商品詳細を見る


最近になって、ようやく国会の質疑の中でも「外国人参政権」の問題が採り上げられるようになってきた。しかし多くの日本人は、反対する意見があることに「何が問題なのか?」と思っているのかもしれない。
そう気づいたのは、昨年の秋。歴史認識についていろいろと本を読まれていて、中国のプロパガンダなどにも敏感なブロガーの方が、外国人参政権の何が問題かよくわからないと書いていらしたからだ。
思えば、私も会社勤めをしていた頃なら、新聞もテレビもじっくり見る暇はなく、大きく採り上げられない話題についてはよく知らないという日々を過ごしていた。多くのマスコミが話題にしてこなかった「外国人参政権」の問題については知らないのが普通なのだ。

しかし、私はオーストラリアにいたときに、中国の拡張主義のあれこれを目の当たりにした。実際に親中派のラッド氏が首相になるという「政権交代」も体験し、その選挙には中国系の移民の票が大きく影響したという報道もあり、外国人参政権の問題には大きな不安を抱かざるを得なかった。

そこで、前述のブロガー氏へのコメント欄に、僭越ながら次のように書き込みをした。
(面倒な方は、コメント部分を読み飛ばしてください。)

〈平成21年10月12日〉
「例えば、対馬に在日朝鮮人が大勢引っ越しをし参政権を得たら、本国(韓国)寄りの条例を作ってしまうことが可能になります。土地の売買を規制することも難しくなり、実質的に韓国が支配する島になりかねません。

さらに民主党は最終的には国政選挙の権利まで与えようとしていますし、在日朝鮮人に与えたのなら在日中国人も・・・、ということになります。

一昨日のことですが、最高裁で国外退去が決定していた不法入国の中国人二人に対して、千葉法務大臣が独断で特別滞在許可を出しました。(司法を冒涜した越権行為です。)
このまま民主党が政権にいれば、これまでの彼らの発言や行動から、
不法滞在→滞在許可→永住権→地方参政権→国政への参政権
となり、他国が意図的に人間を送り込んで日本を乗っ取ることも可能になります。

日本がチベットやウィグルのような中国の自治区になることを危惧している人たちもいます。
なぜなら、中国の要人が何年か前にオーストラリアを訪れたとき、日本などという国はそのうち無くなると発言しているからです。

心配しすぎだと言われるかもしれませんが、私はオーストラリアにいるときに、中国の拡張主義を目の当たりにして、本当に恐ろしいと感じました。例えば
①オーストラリアに千人ものスパイを送り込み共産化しようと画策していること。(在豪の中国人外交官が亡命して告白。)
②南太平洋の島々に対してさかんに経済援助し中国の傘下に入れようとしていること。特に親台湾の国々を台湾から引きはがそうと必死でした。
南半球でさえこれですから、隣国の日本はもっと危ないと思いました。」


そのブロガー氏は私の危惧を理解してくださったが、一介の主婦が不安を訴えても説得力に欠けるのは否めない。やはり多くの人の目に触れる場で、信用のおける人が、論理的に説明して欲しいと願っていた。

その直後『撃論ムック迷走日本の行方』で、《「日本人のもの」でなくなる日本》という特集が組まれたが、拙ブログで紹介する機会を逸してしまった。
この度、『Will3月号』で、とてもわかりやすい特集を組んでいるので、ぜひ読んでみて欲しい。
《総力大特集 許すな!外国人参政権》は、4つの記事から成っている。

一、“国家とは何か、国民とは何か” 金美麗・渡辺昇一
長い間在日台湾人でいらしたが最近日本に帰化した金美齢氏の渡辺昇一氏との対談。日本人の気づいていない日本国籍を持つことの優位性や、帰化するきっかけとなった台湾民進党の敗退などについて、ご自身のご経験を踏まえて話されている。

二、“なぜ「帰化」ではダメなのか” 百地章
外国人参政権が憲法違反か否かについての最高裁での扱いや憲法学者の見解、外国の状況などが、わかりやすく書かれている。

三、“「永住外国人」というまやかし” 田中稔
永住権を取る仕組みやその実態が書かれていて、永住権を取ることがいかに容易いかということがよくわかる。犯罪歴などの制限がない、一度永住権を取ってしまえば「永住」だから取り消されることがない、虚偽申請に協力する行政書士の存在など、国家としてそれで良いのか?と思うような現状に驚く。

四、“中国人移住者を厳戒せよ” 河添恵子
私が外国人参政権に不安を抱くきっかけとなった中国の拡張主義について、詳しく書かれている。これを読んで脅威に思わない人はいないのではないか。

この号の表紙や背表紙には「小沢」の文字が大きく印刷されているが、そんなことが些細なことのように思えてしまうほど、外国人参政権の問題は大きく深い問題であると再認識させられる。

お知らせ

前の記事に書きましたspiralさんの妹さんから連絡を頂きました。妹さんのブログでspiralさんの近況報告をしていくので、アドレスとパスワードを皆さんにお知らせして欲しいとのことでした。
アドレス http://may0216.blog63.fc2.com/
パスワード sriracha

Appendix

本のブログ

にほんブログ村 本ブログへ

プロフィール

milesta

Author:milesta
◇これまでに紹介した本の一覧は下の「全タイトルを表示」の文字をクリックすると、ご覧になれます。
◇コメントとTBは承認制にしました。
◇記事に関係がなかったり、このサイトにふさわしくないコメントやTBは削除することもあります。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事+コメント

カテゴリー表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。